MENU
デスオ
サイト管理人
デスク環境周辺アイテムを発信するサイト。

1mmでも誰かの参考になれば嬉しい。

当サイト限定でFlexiSpot10%OFFクーポンが発行されたぞ。→詳細はこちら


↓ FLEXISPOTのすべてをここに置いておく ↓

FlexiSpot E3の組み立て方|説明書を見ながらやって失敗した俺を教訓にしてくれ

以前 FlexiSpot E7の組み立て方 もアップしたが、今回は FlexiSpot E3FlexiSpot 丸角120cm天板の組み立て方を解説する。

両者は微妙にパーツが違うので、組み立て方も微妙に違う。

まずはお決まりの完成後の動画をどうぞ。

相変わらずメタクソ重いんだけど、2回目なので写メをパシャパシャ取りつつ、解説記事の構想を練っていた。

がしかし、完全に舐め腐って説明書も流し読みしていたところ、普通に手順をすっ飛ばしてしまったので、これから組む方は俺の失敗を教訓にしてほしい。

もちろん動作に問題はないし、強度も十分だけど本来使うはずの付属品を使わずに完成させてしまったのである。

ということで、FlexiSpot E3 の組み立て方を解説していく。

詳しいレビューは以下に書いている。

また FlexiSpot E3天板セット は当サイト限定のクーポンコードも発行されたので、購入を検討している方はぜひ使ってくれ。

クーポンコードの詳細については以下どうぞ。

目次

FlexiSpot E3と丸角120cm天板が到着

FLEXISPOT E3天板セット

2回目だけど、やっぱデカイな。

実家にいる妹は、重くて運べなかったそうだ。各梱包サイズはこんな感じ。

FLEXISPOT E3寸法
E3脚フレーム
サイズ長さ:114.5cm×縦:24cm×奥行:26cm
重量35.6kg
FLEXISPOT120cm天板寸法
120cm天板
サイズ幅:130cm×奥行:69cm×厚み:7.4cm
重量15.4kg(下記の画像参照)

今回はデカイ商品の重量も測れる計量器をワザワザ購入したので、ついでに載せておく。

脚フレームの方はほぼ段ボールに記載してあるとおり、丸角120cm天板は約15kgだ。

両方で50kg前後あるので、宅配の受け取り時間調整戸建てで上階に運ぶ方は気合で運び切るか、キツそうなら先にバラしてから運ぼう。

デスオのアイコン画像デスオ

35kgは十分腰痛になり得る重さなので、無理しないように。

FlexiSpot 丸角120cm天板の開封と重量

それではここから開封していこう。

まずは天板から開けるのがおすすめだ。カッターで青矢印の方向に切り込みを入れていこう。

ちなみに、段ボールカッターはコイツがおすすめ。マグネットがついてるからデスクにペタッと貼っておける優れもの。

MIDORIカッター
MIDORIカッター
ブラック|グリーン

そして開封〜。

おぉ〜輝いてますな〜(この時はまだこの輝きが一瞬であることを知らない……

左側にシールが貼ってあるがキレイに剥がれるのでご安心を。

また天板のみの重量は約13kgだ。

FlexiSpot E3の開封と重量

段ボールの端っこをカッターでサクッと。

そしてドンっ!!!!

FLEXISPOT E3重量
デスオのアイコン画像デスオ

昇降支柱は片側9kgあるから、運ぶ時注意してくれ。ってことでここから組み立てていくぜ。

FlexiSpot E3の組み立て方手順

FLEXISPOT E3部品

まず部品の確認をしよう。上記のパーツが揃っていればOKだ。(SANODESK E7の時は揃ってなかったからしっかりと確認した方がいい)

STEP
ビームに昇降ユニットを取り付ける
FLEXISPOT E3組み立て方

使用する物

  • ビーム
  • 昇降ユニット×2
  • 六角レンチ(大)※画像は表記ミス
  • 六角ボルト(C)4本
FLEXISPOT E3組み立て方

昇降ユニットをひっくり返したら、ビームを乗せて番号順に増し締めしていく。
※画像表記ミス(六角ボルト→六角レンチ)

STEP
ビームにサポートプレートを取り付ける
FLEXISPOT E3組み立て方

使用する物

  • サポートプレート×2
  • 六角レンチ(大)※画像表記ミス(六角ボルト→六角レンチ)
  • 六角ボルト(C)×4本

ビームの一番端の穴にサポートプレートを番号順に増し締めしていく。

STEP
ビームの幅を天板サイズに調整する
FLEXISPOT E3組み立て方

使用する物

  • 六角レンチ(小)※画像表記ミス(六角ボルト→六角レンチ)

六角レンチで番号順に緩めていく。

FLEXISPOT E3組み立て方

ボルトを緩めるとビームが左右に開くようになるので、天板のサイズに合わせて引っ張る

天板裏を傷つけたくない方は、天板上での作業はおすすめしない。(俺は提供品だったから適当に組み立ててる)

その際、真ん中にレールが見えるが、こちらもあとでネジ留めするので、穴が真ん中付近に見えるようにしておく。

デスオのアイコン画像デスオ

レールの穴が左右にずれてる場合は、穴に工具を突っ込んで引っ張り出そう。
また増し締めは、あとでやるから緩めたままでOK。

説明書だとこのあと脚を取り付けるように指示があるけど、重くなるだけなので脚は最後でいい。

STEP
天板にビームを取り付ける
FLEXISPOT E3組み立て方

使用する物

  • ①電動ドライバー
  • ②ドリルビット(3mm)
  • ③プラスドライバー
  • ④プラスビット
  • ⑤プラスネジ(B)×16本
FLEXISPOT E3組み立て方

天板を貫かないようにドリルビットにマスキングテープを貼っておこう。ビットの先端がネジより少し短くなるように巻くとより安全だ。

FLEXISPOT E3組み立て方

※FLEXISPOTの120cm天板を購入された方は「外側の穴」を天板の穴に合わせよう

そうしないと、天板側面に余裕がなくなりクランプ系アイテムなどの取り付けができなくなってしまう

FLEXISPOT E3
デスオのアイコン画像デスオ

何も考えずに組んだもんだから俺のは失敗例として参考にしてくれ。

ちなみに140cm以上の天板ならどっちの穴でも問題ない。


天板の穴にビームの穴を重ねたら、左右8本分、プラスドライバーで軽く手締め→ドリルドライバーで増し締めしよう。

※画像は内側の穴で締めちゃってるけど、120cm天板購入された方は「外側の穴」ね。

続いて、ネジ留めしていない方の8カ所をドリルビットで穴を開ける。

木屑が出るのでハンディ掃除機も準備しておこう。

あとは同じ要領で、8カ所のネジを増し締めしていこう。

STEP
ビーム中央をネジ留めする
FLEXISPOT E3組み立て方

使用する物

  • ①プラスドライバー
  • ②電動ドライバー
  • ③ドリルビット
  • ④プラスビット
  • ⑤プラスネジ(B)×6本
  • ※画像にないが付属のスペーサーも必要
FLEXISPOT E3組み立て方

ドリルドライバーで青枠の6カ所に穴を開ける。

木屑はハンディ掃除機で吸い吸い。

FLEXISPOT E3組み立て方

左右4カ所のみ、プラスドライバーで手締め→電動ドライバーで増し締めする。

FLEXISPOT E3組み立て方

上下のネジ穴はスペーサーを噛ませてから、ネジ留めする。

デスオのアイコン画像デスオ

俺はミスって、先にネジ留めしちゃったから気をつけてくれ。

STEP
リモコンを取り付ける
FLEXISPOT E3組み立て方

使用する物

  • ①プラスドライバー
  • ②リモコン(コントロールパネル)
  • ③プラスネジ(B)×2本
  • ④プラスビット
  • ⑤電動ドライバー
FLEXISPOT E3組み立て方

リモコンはFLEXISPOTの天板であれば最初から穴が開いているので、プラスドライバーと電動ドライバーで留めるだけ。

社外天板をご使用の方は、お好みの位置に穴を開けてくれ。

STEP
コントローラーを取り付ける
FLEXISPOT E3組み立て方

使用する物

  • コントローラー
  • ※コントローラーを固定しない人はここから下は不要
  • 電動ドライバー
  • プラスドライバー
  • ドリルビット
  • プラスビット
  • プラスネジ(B)×2本
デスコのアイコン画像デスコ

コントローラーは左右どちらにつけてもOKよ。
ご自宅のコンセント位置に合わせて調整してね。

デスオのアイコン画像デスオ

一応ケーブルカバーだけでも支えることはできるから、天板に穴を開けたくない方やコントローラーの位置を変更するかもしれない方はネジ留めしなくてもいいよ。

FLEXISPOT E3組み立て方

位置が決まったら、コントローラーにケーブルを接続する。全部で4カ所だ。

FLEXISPOT E3組み立て方

このあと上からケーブルカバーを被せるので、そのことも考慮してケーブルをコントローラー横に収納する。

コントローラーの位置が決まったら、ドリルドライバーで穴を開けよう。

FLEXISPOT E3組み立て方

いったんコントローラーをどかして木屑を吸い上げよう。

その後に、プラスドライバーで手締め→電動ドライバーで増し締めする。

STEP
ケーブルカバーを取り付ける
FLEXISPOT E3組み立て方

青枠8カ所のネジ部分にケーブルカバーの大きい穴から被せる。

FLEXISPOT E3組み立て方

小さい方の穴にスライドしてハメ込んだら、プラスドライバーでしっかり留める。

反対側も同じ要領で行う。

デスオのアイコン画像デスオ

ここのネジはなめりやすいから、力加減気をつけてね。

FLEXISPOT E3組み立て方

余ったケーブルはコントローラーと逆側のケーブルカバーの中に閉まっておこう。

STEP
脚を取り付ける
FLEXISPOT E3組み立て方

使用する物

  • 脚×2本
  • 六角ボルト(A)×8本
  • 六角レンチ(大)
デスコのアイコン画像デスコ

付属の六角ボルトを留めるだけだから私でもできたわ。
でもデスクを支える4カ所は緩んでるから手締めを忘れないでね。

STEP
組み立て完成
FLEXISPOT E3組み立て方

あとはひっくり返せば完成だ。これを見ながらやってくれた方はお疲れ様。

一応重量を測ってみたら、約45kgあったぜ。

そして〜〜〜〜ドンっ!!!!

デスオのアイコン画像デスオ

組み立ては大変だったけど、完成品を見るとテンション上がるぜ〜。

FlexiSpot E3とE7で違うパーツはココだ!!

せっかくE7も持っているので、ここからは各パーツの違いを比較してみた。

リモコン機能とデザイン

※画像は「SANODESK」となっているが、2020年8月発売分より商品名は「FLEXISPOT」に統一された。(つまり現行機はロゴもFLEXISPOTとなっている)

まずデザインの違いだ。これは誰が見ても E7 の圧勝だろう。E3 の方は発売から数年経っているのでオールド感は否めない。

その他機能の違いは以下の表を参考にしてくれ。

シリーズメモリ数ロック機能アラーム昇降範囲スイッチ形式
FLEXISPOT E33つ×60〜123cm

天板の厚み
ボタン式
FLEXISPOT E74つ×58〜123cm

天板の厚み
タッチパネル
各機能の解説
  • メモリ数:昇降位置を記憶できる
    2人以上で共有するなら4つがおすすめ
  • ロック機能:長押しすると指定の位置でロックされる
    小さなお子さんがいる家庭で活躍
  • アラーム:セットした時間になると音が鳴る
    立ち座りの切り替え用に考案されたみたい
  • 昇降範囲:最小高のみ2cm違う
    ほぼ同じなので気にしなくて良し
  • スイッチ形式:リモコン操作の方法
    ボタン式、結構強く押す必要がある
    タッチパネル、軽く触れただけで動いてしまう
デスオのアイコン画像デスオ

両方使ってみてだけど、アラーム機能はいらないし、ロックもほぼ使わない、スイッチ形式はボタンの方がストレスなく使える。

脚フレーム

脚フレーム端っこの形状・幅と高さが違う。

FLEXISPOT E3FLEXISPOT E7
幅:8cm幅:9cm
高さ:2.5cm高さ:3cm

フレームの形状については、E3がおすすめ。

その理由については、E3のレビューで書いている。

ケーブルカバーの形状

E3 は左右にカバーが分かれている

E7 は長いカバー1枚だけ。

結論として E3 の方が使いやすい。詳細はE3レビューに書いている。

サポートプレートの取り付け方

E3 は昇降ユニット取り付け後、上からネジ留めするのに対し、E7 はビームに直接取り付けられるので、軽くて組み立てが簡単。

ぶっちゃけ真ん中のビームさえ天板に取り付けてしまえば、あとはどうにでもなる

両方で18kgもある昇降ユニットを取り付けてからひっくり返すのもダルいし、その状態でビームの幅をひっぱって調整するのもダルい。

この点に関しては、E7のが圧倒的にラクだ。

FLEXISPOT E3各パーツの重さ

多分誰も興味ないと思うが、このためだけに50kgまで測れる計量器を買ったので、各パーツの重さを測ってみた。

戸建てで上階に運ぶ際などの参考になるかもしれない。

この計量器はメモリ部分がケーブルで繋がってるから、大型商品を測るのに最適。

家電レビューをする方なんかは重宝するかも?

Sutekusデジタルスケール

FLEXISPOT E3の組み立て方・まとめ

以上、FLEXISPOT E3の組み立て方を解説した。

初めて組み立てた E7の組み立て方に比べるとよりわかりやすく作れた(はず)

俺の結論としては

  • コスパが良いのは E3
  • カッコイイのは E7

かな。

E7・E3のレビューやFLEXISPOTデスク比較表、天板の選び方などもアップしているので、良かったら参考にしてくれ。

電動スタンディングデスクは安い買い物ではないから、じっくり悩んで最高の選択をしてほしいと思う。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアよろしく!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

質問・感想・助言・指摘・専用フォーム

何かあればこちらにご記入ください

※日本語が含まれていないコメントは投稿できません。(スパム対策)

目次
閉じる