当サイト案内

FLEXISPOT×新生活応援セール
おすすめ電動昇降デスク

公式サイト限定、セール期間中に毎日回せるルーレット で最大3,000円OFFクーポンが当たる。
※.セール価格と併用可能

セール期間| 2月29日 23:59まで!!

デスオ
サイト管理人
デスク環境周辺アイテムを発信するサイト。

更新頻度は不定期だが、在宅で快適に過ごせるDIYや環境構築に力を入れている。

1mmでも誰かの参考になれば嬉しい。


俺のデスクツアー> 見てみる

SANODESK E150の組み立て方|簡易組立の手軽さに驚いた

当ページのリンクには広告が含まれています。
SANODESK E150組み立て方

FLEXISPOT×新生活応援セール
おすすめ電動昇降デスク

公式サイト限定、セール期間中に毎日回せるルーレット で最大3,000円OFFクーポンが当たる。
※.セール価格と併用可能

セール期間| 2月29日 23:59まで!!

いままで電動昇降デスクを4回組み立ててきたが、今回は組立簡易モデルなるものを提供してもらったので、あらたに解説していく。

昇降デスクの組み立てで一番面倒な箇所といえば、天板にビームを取り付ける作業だ。
しかしこのは最初から取り付けた状態で届くため、脚付けて、ひっくり返して終わりである。

また天板と脚部が一緒に梱包されているため、開封時のスペースも取らず、非常に合理的だ。

目次

SANODESK E150を開封

SANODESK E150梱包
サイズ
横幅:131cm
奥行:71.3cm
厚み:14.5cm
重量:28.9kg

いままでのFLEXISPOTデスクと比べると、天板セットで30kgを切るとは驚きの軽さである。
とはいえ、2階まで運ぶのはかなりしんどかったので、運搬時は十分に注意してほしい。

SANODESK E150開封

まずは段ボールをひっくり返して、裏側のビニールをカット

SANODESK E150開封②

もう一度ひっくり返して、外箱をオープン

SANODESK E150開封③

脚部をどかすと、一番下に天板が入っている

SANODESK E150の組み立て手順

SANODESK E150付属品
付属品
  • 天板
  • 昇降支柱×2
  • 取扱説明書
  • 脚部×2
  • フック×2
  • 収納トレイ
  • 電源用ケーブル
  • アダプター
  • リモコン用ケーブル
  • コントローラー
  • プラスドライバー
  • 各種ネジ類

天板を裏向きのまま置いたら、ほかの付属品は捌けておこう。

STEP
収納トレイを取り付ける
SANODESK E150トレイ組立

収納トレイは非常に薄く、点線に沿って手で折りたためる仕様だ

SANODESK E150収納トレイ完成

収納トレイ組み立て後

SANODESK E150収納トレイ取り付け

天板裏に収納トレイ用の穴が空いているので、位置を合わせて取り付ける

SANODESK E150収納トレイ取り付けネジ

収納トレイの取り付けには(A)のネジ4本を使う

SANODESK E150収納トレイ取り付け後

収納トレイ取り付け後
※俺は売却時のことも考慮しているため、付属ネジは使わず、M3六角10mmボルトを使用した。

SANODESK E150収納トレイ取り付け後イメージ

デスク完成時の収納トレイ

STEP
フックを取り付ける
SANODESK E150フック取り付け

続いて、天板左右にフックを取り付ける
収納トレイと同じ(A)ネジ2本を使う

取り付け後のイメージ
耐荷重は4.5kgあるため、軽いバッグやヘッドホンならぶら下げ可能

STEP
コントローラーを取り付ける
SANODESK E150コントローラー取り付け

コントローラー用の穴も空いているため、ネジ止めする方はこのまま取り付けてしまおう。

デスオ

ただし、以前の組み立てで解説したマグネットを使った取り付け方法を採用される方は一番最後でも大丈夫

STEP
天板に昇降支柱を取り付ける
SANODESK E150昇降支柱取付

昇降支柱側のくぼみとビーム側のネジを捻りながわ合わせる

SANODESK E150昇降支柱ネジ止め

「C」ネジを使用し、残り2本も増し締めする
反対側も同じように取り付けよう

STEP
昇降支柱に脚を取り付ける
SANODESK E150脚取り付け

昇降支柱の底と脚の穴を合わせる

SANODESK E150脚ネジ締め

「D」ネジ4本使用し、増し締めする
反対側も同じように取り付けよう

STEP
デスクをひっくり返す
SANODESK E150組み立て後

脚部と昇降支柱=4.5kg×2
天板=13.5kg
合計:22.5kgあるため慎重に…。

デスコ

とはいえ以前のモデルは50kg近くあったから、かなり軽くなってるわね

STEP
ケーブル類を繋げる
SANODESK E150ケーブル類

ケーブル4本とコントローラー

アダプターにコントローラー用ケーブルを挿し込む
挿し込み後、ロックする

SANODESK E150電源ケーブル

アダプターの反対側に電源ケーブルを挿し込む
そのままコンセントも繋いでおく

SANODESK E150アダプタートレイ

収納トレイにアダプターを乗せる

SANODESK E150コントローラーケーブル

最後にコントローラーに昇降用ケーブルとリモコン用ケーブルを挿し込んだら終了

STEP
昇降の動作確認

問題なく駆動すればOK

デスオ

お疲れさま
これで今日から昇降デスクライフの始まりや

結論:簡易組立モデルは15分くらいで組み立てられるよ

以上、の組み立て方を解説した。

簡易組立モデルは想像以上にラクだったわ。
たぶん最初の一台がこれだと、ほかの電動昇降デスクに乗り換えた時、重さとビームの取り付けに苦戦するかも…。

それでは良きデスクライフを。

FLEXISPOT×新生活応援セール
おすすめ電動昇降デスク

公式サイト限定、セール期間中に毎日回せるルーレット で最大3,000円OFFクーポンが当たる。
※.セール価格と併用可能

セール期間| 2月29日 23:59まで!!

SANODESK E150組み立て方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると励みになるぜ!!
  • URLをコピーしました!

記事の感想や質問はこちらからどうぞ

この記事に投稿された内容 (11件)

  • こんにちは!売却時のことを考えて市販のネジとありますが、ボックスだけ違うネジなのはなぜでしょうか?
    私も売却前提で、なんならボックス組み立てたくないまであるのですが笑
    真似しようかと考えています。
    また、引越し時は足の部分だけスッと取り外せる感じですかね?

    • クラブ様

      初めまして。
      付属している「ボックス」と「左右のフック」用ネジはタッピングネジといって、ネジ先が尖ったものになります。
      タッピングネジ
      このタイプは一度取り付けてから外すと、ネジ穴が広がってしまい、2度目は緩んでしまいます。
      そのため、当記事では付属ネジより小さいサイズのものを使用して撮影しました。

      もし売却前提でボックスが不要なのであれば、取り付けなくても問題ありません。

      また以下の記事で解説した鬼目ナットを使用する方法であれば、ネジの抜き差しが可能になりますので、売却時にその説明と使用したネジを付属すれば問題ないかと思います。
      鬼目ナットを使用した組立方法

      鬼目ナットの使い方

      引越し時は足の部分だけスッと取り外せる感じですかね?

      はい、取り外せます。
      一応手順としては以下の通りです。

      ①コントローラー等のケーブルを外したら天板をひっくり返す。
      ②当記事のSTEP5「脚の取り付け」で使用した左右計8本のネジを外す。
      ③昇降支柱を捻って外す。

      の3ステップで組立前の状態に戻せます。

      以上、ご確認よろしくお願い致します。

  • お詳しくありがとうございます。
    申し訳ないのですが、初心者でして、、続けて教えてください。因みにボックス無しの場合はアダプタはマグネットだったりで裏になんとか固定するとかになりますかね?また、タッピングネジが使用されているのはボックス部分だけなのでしょうか?引越しが割とあり得るので、難しくなければ鬼目ナットを買ってみたいと思います。電動ドリル欲しいですかね、記事を今から見させていただきます。

    • クラブ様

      いえいえ、納得いくまで何度でも聞いてくださって構いませんよ。
      ボックスを使わない場合、マグネットよりもこちらの記事にて紹介しているマジックテープでの取り付け方法が良いかもしれません。

      またタッピングネジを使用する箇所は「ボックス」と左右に取り付ける「フック2箇所」になります。

      なるほど、引っ越しが多い方であれば、間違いなく鬼目ナットを使用した方法がおすすめです。
      DIYなどに慣れていない方であれば、少々手こずるかもしれませんが、先ほどの組み立て方の記事を読みながらやれば大丈夫だと思います。

  • ありがとうございます!ではお言葉に甘えさせていただきます。
    M4×10mmのつばなし鬼目ナットを購入してフックの取り付けをしようと思うのですが、鬼目ナットは既存の穴に六角レンチで取り付け可能でしょうか?やはり穴をいい感じに広げないと厳しいですかね。そこの調節が難しそうです、、
    またアダプター収納ですが、リンクのマジックテープを使用した場合、一生剥がせないor剥がす際に破損してしまう気がしてしまうのですが、剥がすのは容易でしょうか?
    所謂魔法のテープなどの方が良いでしょうか?

    • クラブ様

      鬼目ナットの直径は、付属ネジより太くなりますので、既存の穴にそのまま取り付けるのは不可です。
      木工用ドリルで鬼目ナットのサイズに合わせた穴を空ける必要があります。
      その調整方法やサイズも組立記事にて解説しておりますので、サイズさえ間違えなければ大丈夫かと思います。

      アダプター収納の件ですが、こちらの「SANODESK E150」は、以下のようにアダプターもビーム部分に最初から収納されているタイプであることを忘れていました。
      SANODESK E150 アダプター
      ですので、やはりボックスはなくても大丈夫だと思います。

      おそらく気になるとしたら、配線関係(コードが垂れる)だと思いますので、その場合はこちらの記事で解説した「ケーブルクリップ」を利用するのが良いと思われます。

      以上、ご確認よろしくお願いします。

  • ありがとうございました。購入させていただきました。とりあえずコントローラーだけ付けましたが、もしかしてコントローラーもタッピングネジだったりしましたかね?まあもう関係ないですが笑。
    また、今鬼目ナットか小さいネジを買うか迷っているのですが、デスオ様のように小さいネジを購入する場合でも何度か作り直すことは可能でしょうか?鬼目ナットの穴をきれいに開ける自信がなく、、、

    • クラブ様

      あっコントローラーもタッピングネジですね。
      申し訳ない、組み立て記事にて「マグネットを使用した取り付け方法」を解説していたので、お伝えし忘れてました。

      いえ、小さいネジでも何度も取り付けるのは厳しいです。
      私の場合は撮影後すぐ売却予定でしたので、とりあえず写真さえ撮れればと思い、小ねじで対応しました。

      それか、最初から空いている穴にタッピングネジで留めてしまい、次回は少しズラした位置に穴をあける手もあります。
      天板裏に穴の数は増えてしまいますが、普段は見えない場所なので良いのかなと。
      また売却時もそのことを説明すれば問題ないと思いますがいかがでしょう?

      以上、ご確認よろしくお願いします。

  • ありがとうございます。次回取り付け時には考えないとですね。ありがとうございます。もう一つ穴を開けることも考えさせていただきます。色々とありがとうございました。

  • すみません、最後です。m4×10の鬼目ナットを購入しましたが、ネジは付属のタッピングネジではなく、記事の18mmのネジを購入した方が良いのでしょうか?

    • クラブ様

      いえいえ、お気になさらなくて大丈夫ですよ。

      はい、記事で紹介しているネジを推奨しています。
      付属のものは”プラスネジ”ですが、記事のものは”六角ネジ”です。

      プラスネジはなめりやすいうえに、頭が平らなので、潰れると外しにくい(ドリルで穴あけなど手間がかかる)んですよね。
      紹介している六角であれば、頭が突起しているため、最悪潰れてもペンチなどの代用品で摘むことができます。

      クラブ様はDIYなどに慣れていないご様子でしたので、やはり記事で紹介しているネジをおすすめします。

      以上、ご確認よろしくお願いします。

コメント入力欄

※日本語が含まれていないコメントは投稿できません。(スパム対策)

目次