当サイト案内
FLEXISPOT 7月セール情報

そのほか10,000円OFFクーポンや「E7 Pro」が当たるキャンペーン中
ルーレット会場はコチラ

デスオ
サイト管理人
デスク環境周辺アイテムを発信するサイト。

更新頻度は不定期だが、在宅で快適に過ごせるDIYや環境構築に力を入れている。

1mmでも誰かの参考になれば嬉しい。


FLEXISPOT 7月のセール対象商品> 詳細をみる

【FLEXISPOT E1/E2/E3/EC5/E7(Pro)/EG8/L字型】13種類の違いを徹底比較|選び方完全ガイド

FLEXISPOTデスク比較
FLEXISPOT 7月セール情報

そのほか10,000円OFFクーポンや「E7 Pro」が当たるキャンペーン中
ルーレット会場はコチラ

FLEXISPOTの電動昇降デスクなんでこんな種類あんの?
何がどう違うの?

購入前に死ぬほど迷い、結局レビューが1つもないの人柱になることを決意した。
当記事では、最終的にE7を購入した者が決め手となるまで模索したあらゆる情報をまとめておこうと思う。

というのもFLEXISPOT(フレキシスポット) E6より前のモデルは、発売から数年経っており、検索結果やYouTubeにもレビューは充実していた。
しかし、旧SANODESKのEJ2・E7→新FLEXISPOT EJ2・E7以降のシリーズは、2020年5月に発売されたばかり(日本では)でほとんど情報がなかったのだ…

それに電動昇降デスクは、決して安い買い物ではない。
だが、結論を言えば本当に買ってよかったアイテムであり、価格以上に価値のある代物だと断言しておく。

デスク環境に投資するキッカケ、腰痛、肩こりからの脱却、近未来の体験など、たった一台の電動昇降デスクが俺にもたらしたメリットはあまりにも大きい。

だからこそ、後続の方には商品選定を絶対に失敗してほしくない。

そんな思いも込め、分かりにくい各シリーズの特徴やポイントを徹底的に比較したので、迷っている方の参考になれば幸いだ。

手前味噌だが、比較記事としてはなかなかの超大作だから、本題に入る前に組み立て直後の動画を見てテンションを上げていってくれ。

※2020年8月発売分より商品名が「SANODESK E7」から「FlexiSpot E7」に変更されている。

簡単にまとめてみたよ
FLEXISPOT電動デスク選び方の結論
  • 身長180cm以上、ミニマル環境の方
    \パワーと耐荷重は弱いが一番安い/
    FLEXISPOT EF1で十分
  • 身長180cm以上、パワーと耐荷重も欲しい方
    \数量限定のコスパモンスター/
    FLEXISPOT EB2がおすすめ
  • 身長179cm以下、少しでも価格を抑えたい方
    \楽天限定だが上位モデルより5,000円安い/
    Sanodesk EC5がおすすめ
  • 身長179cm以下、とにかくハイスペックが良い方
    \一番人気の最強モデル/
    FLEXISPOT E7一択

身長は座り作業を考慮してのもの。
なおフットレストや室内履きで、ある程度の高さ調整可。

目次

FLEXISPOT 電動昇降デスク13種類の比較表

まずは各シリーズごとに分けたスペック表を作成した。
それぞれ天板付き脚のみタイプがあるので、そこにも注目しよう。

気になっている商品の早見表

FLEXISPOT E1シリーズ比較表

FLEXISPOT-E1シリーズ
FLEXISPOT-E1シリーズ

FLEXISPOTフレキシスポットの初期型で、価格帯も一番安い。
その分やや安定性に欠けるので、予算に余裕があれば後継機E3シリーズ以降がおすすめだ。

2021年より「EC1→EG1」に商品名が変更されている。

シリーズ 価格 カラー 耐荷重 本体重量 モーター数 昇降速度 昇降範囲 天板対応
サイズ
メモリ数 障害物
探知機能
ロック機能 アラーム機能
タップで拡大
FLEXISPOT EG1脚フレーム
EG1
脚のみ
25,300円 ブラック
ホワイト
70kg 21.1kg
脚のみ
シングル 25mm/s 71〜121cm

天板の厚み
幅:100〜160cm
奥行:50〜80cm
厚み:2cm以上
タップで拡大
FLEXISPOT EG1リモコン
なし
タップで拡大
FLEXISPOT EG1天板セット
EG1
天板セット
35,200円

46,200円
天板による

ブラック|ホワイト
天板
10色展開
36.1kg

39.1kg
天板含む
74〜124cm
天板含む
幅:100/120/140cm
奥行:60/70cm
厚み:2/2.5cm
→横にスクロールしてね
シリーズ 価格 カラー 耐荷重 本体重量 モーター数 昇降速度 昇降範囲 天板対応
サイズ
メモリ数 障害物
探知機能
ロック機能 アラーム機能
タップで拡大
FLEXISPOT EN1脚フレーム
EN1
脚のみ
28,600円 ブラック
ホワイト
70kg 22.4kg
脚のみ
シングル 25mm/s 71〜121cm

天板の厚み
幅:100〜160cm
奥行:50〜80cm
厚み:2cm以上
タップで拡大
FLEXISPOT EN1リモコン
タップで拡大
FLEXISPOT EN1天板セット
EN1
天板セット
38,500円

49,500円
天板による

ブラック|ホワイト
天板
10色展開
34.4kg

37.4kg
天板含む
74〜124cm
天板含む
幅:100/120/140cm
奥行:60/70cm
厚み:2/2.5cm
3つ なし あり
→横にスクロールしてね
シリーズ 価格 カラー 耐荷重 本体重量 モーター数 昇降速度 昇降範囲 天板対応
サイズ
メモリ数 障害物
探知機能
ロック機能 アラーム機能
タップで拡大
FLEXISPOT EF1脚のみ
EF1
脚のみ
28,600円 ブラック
ホワイト
70kg 22.1kg
脚のみ
シングル 25mm/s 71〜121cm

天板の厚み
幅:100〜160cm
奥行:50〜80cm
厚み:2cm以上
タップで拡大
FLEXISPOT EF1リモコン
タップで拡大
FLEXISPOT EF1天板セット
EF1
天板セット
38,500円

51,700円
天板による

ブラック|ホワイト
天板
10色展開
37.1kg

40.1kg
天板含む
74〜124cm
天板含む
幅:100/120/140cm
奥行:60/70cm
厚み:2/2.5cm
4つ あり なし
→横にスクロールしてね
シリーズ 価格 カラー 耐荷重 本体重量 モーター数 昇降速度 昇降範囲 天板対応
サイズ
メモリ数 障害物
探知機能
ロック機能 アラーム機能
タップで拡大
FLEXISPOT EF1-48
EF1-48
天板セットのみ
33,000円 脚ーブラック
×
天板ーブラック
脚ーホワイト
×
天板ーメープル
タップで拡大
FLEXISPOT EF1-48天板
天板前部
60kg
天板後部
15kg
31.2kg シングル 25mm/s 73〜123cm
天板含む
幅:120
奥行
手前35cm
奥側25cm
厚み:1.8cm
タップで拡大
FLEXISPOT EF1リモコン
4つ あり なし
→横にスクロールしてね

一応比較するために書いたが、基本的にE1シリーズはおすすめできない。
まず昇降範囲だが、最低高71cm(+天板の厚み)〜74cmはかなり高めの設定だ。
低身長の方はこの時点で選択肢から消える。

特に一番上の「EG1」は上下ボタンしかなく、これでは電動昇降デスクにする意味がなくなってしまう。

それ以外はローエンドとはいえ、基本的なスペックは、E3以降とさほど変わらない。
気になるのは、昇降時のモーターが「シングル」である点だ。

シングルとデュアルの違いは、単純に1人で持ち上げるか、2人で持ち上げるかと思っていただいて差し支えない。
デスク上が重くなればなるほど、モーターへの負荷はかかるため、耐久年数に大きく影響するだろう。

この辺りはデスク環境に依存するため、心配な方は「デュアルモーター」をおすすめする。

そして変わった仕様なのが「EF1-48」だ。

天板後部が高く設計されており、一段目がキーボードトレイのような役割を果たす。
個人的にロマンをくすぐられる商品だが、天板後部の耐荷重は15kgしかなく、かなり頼りない…。

そのほか、モーターが1つしか付いていないため、後述するモデルより昇降速度が遅く、耐久年数に懸念が残ること、耐荷重が60〜70kgのため安定性に欠けることも合わせて押さえておこう。

ということで、この先からが本命のE3シリーズ以降に発売されたものを比較していく。

FLEXISPOT E3(在庫切れ)→Sanodesk EC5 比較表

FLEXISPOT-E6シリーズ

E3以降になると、スペックや価格差はほとんどない。
おそらく迷っている方の多くはこれ以降シリーズだと思うので、ぜひお気に入りの一台を見つけてくれ。

現在E3は在庫切れ中、再入荷は未定だ。
代わりに楽天でのみ、改良版「Sanodesk EC5」が販売されている。
以下の比較表にて、両者の違いを確認してほしい。

シリーズ 価格 カラー 耐荷重 本体重量 モーター数 昇降速度 昇降範囲 天板対応
サイズ
メモリ数 障害物
探知機能
ロック機能 アラーム機能
タップで拡大
FLEXISPOT E3
E3
(在庫切れ)
45,000円 ブラック
ホワイト
100kg 35.4kg
脚のみ
デュアル 38mm/s 60〜123cm

天板の厚み
幅:120〜200cm
奥行:60〜80cm
厚み:2cm以上
タップで拡大
FLEXISPOT E3リモコン
3つ なし あり
シリーズ 価格 カラー 耐荷重 本体重量 モーター数 昇降速度 昇降範囲 天板対応
サイズ
メモリ数 障害物
探知機能
ロック機能 アラーム機能
タップで拡大
Sanodesk EC5
Sanodesk
EC5(脚のみ)
45,100円 ブラック
ホワイト
100kg 28.2kg デュアル 35mm/s 62〜127cm
天板含む
幅:120〜180cm
奥行:60〜80cm
厚み:2cm以上
タップで拡大
Sanodesk EC5リモコン
タップで拡大
Sanodesk EC5天板セット
Sanodesk
EC5天板セット
58,000円
ブラック|ホワイト
天板
ブラック|ホワイト
メープル|マホガニー
44.2kg 65〜130cm
天板含む
幅:140
奥行:70cm
厚み:2.5cm
4つ あり
※USBポート付き
Type-A×1
なし
→横にスクロールしてね

E3以降から耐荷重100kgになったので、安定性が増した。
モーターも2つになり、昇降速度や耐久年数も向上している。
また脚フレームの天板奥行は80cmまで対応できるので十分だろう。

注意点として、障害物探知機能が付いていないので、必要な方は別のモデルを検討しよう。

\E3に関しては以前レビューしている/

Sanodesk EC5の特徴

楽天限定で販売されているEC5。
価格帯はE3を引き継いでいるが、機能面は大幅に改善されている。

大きく変わった点は、以下の3つだ。

リモコンデザインがめちゃくちゃカッコよくなっている。
そのほかメモリは4つに増設、USB端子も1つ追加された。
ただし、E3の頃にあったアラーム機能は廃止されている。

脚部のデザインも変更されている。
個人的には、E3の角張った形状がベストだった。
手前に傾斜があると、お掃除ロボットが乗り上げてしまうからだ。

Sanodesk EC5障害物探知機能

Sanodesk EC5には、障害物探知機能が追加されている。
これが欲しくてE3を諦めていた方も少なくないはず。

E3とEC5の違い

E3 シリーズ EC5
45,000円

65,000円
価格差 45,100円

58,000円
60〜123cm
+
天板の厚み
昇降範囲 62〜127cm
+
天板の厚み
あり アラーム なし
なし 障害物検知 あり
幅:200cmまで 対応天板 幅:180cmまで

\Sanodesk EC5を見てみる/

余談だが、デュアルモニター以上を予定しているのであれば、天板幅140cmは欲しいところ。
参考までに幅140cmに23.8インチのデュアル&13インチノートを置くとこんな感じだ。

デスク環境

デスク周辺機器については「管理人のデスク環境」で紹介している。

FLEXISPOT EJ2/E7シリーズの違い
(2020年発売モデル)

2020年5月に発売されたモデル。
俺が購入したのはSANODESK E7 の方。
※2020年8月発売分より商品名が「SANODESK EJ2/E7」から「FlexiSpot EJ2/E7」に変更されている。

シリーズ 価格 カラー 耐荷重 本体重量 モーター数 昇降速度 昇降範囲 天板対応
サイズ
メモリ数 障害物
探知機能
ロック機能 アラーム機能
タップで拡大
FLEXISPOT EJ2脚フレーム
EJ2
脚のみ
38,500円 ブラック
ホワイト
100kg 29.5kg
脚のみ
デュアル 38mm/s 69〜118cm

天板の厚み
幅:120〜210cm
奥行:60〜80cm
厚み:2cm以上
タップで拡大
FLEXISPOT EJ2リモコン
タップで拡大
FLEXISPOT EJ2天板セット
EJ2
天板セット
51,700円

60,500円

ブラック|ホワイト
天板
15色展開
44.5kg

47.5kg
天板含む
72〜121cm
天板含む
幅:120/140/160cm
奥行:60/70cm
厚み:2/2.5cm
4つ あり なし
→横にスクロールしてね
シリーズ 価格 カラー 耐荷重 本体重量 モーター数 昇降速度 昇降範囲 天板対応
サイズ
メモリ数 障害物
探知機能
ロック機能 アラーム機能
タップで拡大
FLEXISPOT E7脚フレーム
E7
脚のみ
51,700円 ブラック
ホワイト
125kg 35.6kg
脚のみ
デュアル 38mm/s 58〜123cm

天板の厚み
幅:120〜210cm
奥行:60〜80cm
厚み:2cm以上
タップで拡大
FLEXISPOT E7リモコン
タップで拡大
FLEXISPOT E7天板セット
E7
天板セット
64,900円

78,100円

ブラック|ホワイト
天板
15色展開
50.6kg

53.6kg
天板含む
61〜126cm
天板含む
幅:120/140/160cm
奥行:60/70cm
厚み:2/2.5cm
4つ あり なし

FLEXISPOT EJ2/E7は、メモリ機能が4つに増設されているほか、障害物探知機能も両シリーズに完備された。
ここで見ておくべきは、価格差昇降範囲の違いだ。

EJ2の最低高69cm+天板の厚みというのは、身長の低い方には少し高めの設定にあたる。
逆にE7の58cmは、全シリーズでもっとも低い。

そして価格差は、約13,000円…。
この部分をあなたの身長とお財布事情と相談しよう。

そして天板セットは、幅120/140/160cmの3つから選べるため、自由度がもっとも高いシリーズである。

FLEXISPOT EG8//EB2/E7 Proの違い
(2021年発売モデル)

シリーズ 価格 カラー 耐荷重 本体重量 モーター数 昇降速度 昇降範囲 天板対応
サイズ
メモリ数 障害物
探知機能
ロック機能 アラーム機能
タップで拡大
FLEXISPOT EG8
EG8
ガラス天板
52,000円 ブラック
ホワイト
50kg 44.3kg シングル 25mm/s 72〜121cm
天板含む
幅:120cm
奥行:60.6cm
厚み:5cm
タップで拡大
FLEXISPOT EG8リモコン
4つ あり
※USB充電ポート付き
Type-A×2
Type-C×1
なし
→横にスクロールしてね
シリーズ 価格 カラー 耐荷重 本体重量 モーター数 昇降速度 昇降範囲 天板対応
サイズ
メモリ数 障害物
探知機能
ロック機能 アラーム機能
タップで拡大
FLEXISPOT EB2
EB2
脚のみ
33,000円 ブラック
ホワイト
100kg 35.4kg
脚のみ
デュアル 38mm/s 71〜120cm

天板の厚み
幅:120〜180cm
奥行:60〜80cm
厚み:2cm以上
タップで拡大
FLEXISPOT EB2リモコン
タップで拡大
FLEXISPOT EB2天板セット
EB2
天板セット
46,200円

55,000円

ブラック|ホワイト
天板
15色展開
50.7kg

53.7kg
天板含む
74〜123cm
天板含む
幅:120/140/160cm
奥行:60/70cm
厚み:2/2.5cm
3つ あり なし あり
→横にスクロールしてね
シリーズ 価格 カラー 耐荷重 本体重量 モーター数 昇降速度 昇降範囲 天板対応
サイズ
メモリ数 障害物
探知機能
ロック機能 アラーム機能
タップで拡大
FLEXISPOT E7Pro脚フレーム
E7 Pro
脚のみ
※コの字型
55,000円 ブラック
ホワイト
100kg 36.8kg
脚のみ
デュアル 38mm/s 60〜125cm

天板の厚み
幅:120〜210cm
奥行:60〜80cm
厚み:2cm以上
タップで拡大
FLEXISPOT E7Proリモコン
タップで拡大
FLEXISPOT E7Pro天板セット
E7 Pro
天板セット
※コの字型
68,200円

77,000円

ブラック|ホワイト
天板
15色展開
51.8kg

54.8kg
天板含む
63〜128cm
天板含む
幅:120/140/160cm
奥行:60/70cm
厚み:2/2.5cm
4つ あり
※USB充電ポート付き
Type-A×1
なし
→横にスクロールしてね

FLEXISPOT EG8の特徴

FLEXISPOT EG8

まずは2021年1月に発売されたEG8。
組み立てに電動ドリルを使わず、付属の六角レンチ1本で完了する仕様は素晴らしい改善だ。

ただし、こちらは過去のデスクとは全く別物と考えた方が良いだろう。
結論からいうと、オススメできない。

組み立て以外に大きく変わった箇所は以下の4つだ。

FLEXISPOT EG8ガラス天板

天板がガラスのため、モニターアームなどの取り付け不可。
また指紋もめちゃくちゃ目立つ。

FLEXISPOT EG8引き出し

天板下に引き出しが付いている。
これは便利そう。

FLEXISPOT EG8つなぎ貫

脚フレーム中央につなぎ貫が取り付けてある。
おそらくガラス天板を支えるためだろう。
※かなり邪魔

FLEXISPOT EG8ボタン

ボタン類が天板に組み込まれている。
USBポート付きはGood。

う〜ん、なぜガラス天板にしたのか謎である。
普通にメラミンとかにしておけばもっと需要があったはずだ。

電動昇降デスクは、デスク下空間も大きなメリットの1つだが、これも「つなぎ貫」により潰している。

ただ天板直付の「引き出し」と「操作パネル」については、改善されている。
ロックボタンが端っこにあって分かりやすいし、USBポート付きってのも良い。

\FLEXISPOT EG8を見てみる/

FLEXISPOT EB2の特徴

FLEXISPOT EB2

EB2はスペック的にも、E3の後継機にあたる。

リモコンに関しては、以前のものをそのまま使用している。

両シリーズの違い

E3 シリーズ EB2
45,000円

65,000円
価格差 33,000円

55,000円
60〜123cm
+
天板の厚み
昇降範囲 71〜120cm
+
天板の厚み
なし 障害物検知 あり
幅:200cmまで 対応天板 幅:180cmまで

正直このデスクはかなり狙い目。
昇降範囲の最低高をクリアできる方にはコスパ最強。

おそらく身長180cm以上あれば、気にならないと思うが、71cm+天板の厚みは、低身長の方には高すぎる。
ここさえ、問題なければ価格的にもかなり安く、超おすすめ。

\FLEXISPOT EB2を見てみる/

FLEXISPOT E7 Proの特徴

FLEXISPOT E7Pro

2020年大好評だった「E7」の改良機である。
主な変更点は以下の2つ。

FLEXISPOT E7 Pro脚フレーム

脚部が「コの字型」になっており、デスク下スペースをより有効活用できるようになった。

FLEXISPOT E7 Proコントローラー

リモコンの右側に「USB-A」充電ポートが追加されている。

両シリーズの違い

E7 シリーズ E7 Pro
51,700円

78,100円
価格差 55,000円

77,000円
125kg 耐荷重 100kg
58〜126cm
+
天板の厚み
昇降範囲 60〜128cm
+
天板の厚み

個人的には従来の「H字型」でも十分デスク下スペースは取れているので「E7 Pro」には惹かれないかな。
ただレビューする媒体を持っているなら、新作を買って最速でアップする戦略はありだと思うぜ。

\FLEXISPOT E7 Proを見てみる/

FLEXISPOT E2L/EG1-L比較表
(L字型デスク)

FLEXISPOT EG1-L

FLEXISPOTから新たに発売された(L字型デスク)は、2種類ある。
アイデアは良いが、かなり貧弱な作りのため、まったく推奨しない。

シリーズ 価格 カラー 耐荷重 本体重量 モーター数 昇降速度 昇降範囲 天板対応
サイズ
メモリ数 障害物
探知機能
ロック機能 アラーム機能
タップで拡大
FLEXISPOT E2L
E2L(L字型)
37,400円
ホワイト
天板
メープル
55kg 37kg シングル 25mm/s 73〜123cm
天板含む
幅:140
奥行:59〜87cm
厚み:1.8cm
タップで拡大
FLEXISPOT E2Lリモコン
4つ あり なし
→横にスクロールしてね
タップで拡大
FLEXISPOT EG1-L
EG1-L(L字型)
37,400円
ブラック
天板
ブラック
55kg 40.5kg シングル 25mm/s 73〜123cm
天板含む
幅:140×2
奥行:60cm
厚み:1.6cm
タップで拡大
FLEXISPOT EG1-Lリモコン
なし
→横にスクロールしてね

耐荷重は55kg、シングルモーター、最低高は73cm、天板の厚みは1.6〜1.8cm、EG1-Lにいたっては、上下ボタンのみ…
軽くスペックを見ただけで、ツッコミどころ満載だ。

FLEXISPOT E2Lの特徴

FLEXISPOT E2L

FLEXISPOT初のL字型デスク。
カラーは脚:ホワイト×天板:メープルのみ。

FLEXISPOT E2LW

天板の奥行は、カーブしたところが87cm、直角のところが59cm。

組み立て方は、公式が動画を出している。

FLEXISPOT EG1-Lの特徴

FLEXISPOT EG1-L

面白い形をしたL字型デスク。
カラーはブラック×ブラックの1色のみ。

FLEXISPOT EG1-Lサイズ

詳細のサイズはこんな感じ。
これだけデカイのに、シングルモーターにした謎。
ちょっとスペックが頼りない。

FLEXISPOT EG1-Lボタン

そしてこのデスクを推奨しない最大の要因は、リモコンが上下ボタンのみだから。
マジで宝の持ち腐れというかなんというか…脚フレームをメモリ付きのに変更すれば、絶対もっと売れると思うけどね。

ということで、この先は「E1シリーズ」「EG8」「L字型」はおすすめできないので、それらを除いた各項目ごとに解説していく。
特に以下の4項目は、チェックしておこう。

FLEXISPOT E3以降の違いを徹底解説

コストパフォーマンス

電動昇降デスク比較一覧表

シリーズ 価格 カラー 耐荷重 本体重量 モーター数 昇降速度 昇降範囲 天板対応
サイズ
メモリ数 障害物
探知機能
ロック機能 アラーム機能
タップで拡大
Sanodesk EC5
Sanodesk
EC5(脚のみ)
45,100円 ブラック
ホワイト
100kg 28.2kg デュアル 35mm/s 62〜127cm
天板含む
幅:120〜180cm
奥行:60〜80cm
厚み:2cm以上
タップで拡大
Sanodesk EC5リモコン
タップで拡大
Sanodesk EC5天板セット
Sanodesk
EC5天板セット
58,000円
ブラック|ホワイト
天板
ブラック|ホワイト
メープル|マホガニー
44.2kg 65〜130cm
天板含む
幅:140
奥行:70cm
厚み:2.5cm
4つ あり
※USBポート付き
Type-A×1
なし
→横にスクロールしてね
シリーズ 価格 カラー 耐荷重 本体重量 モーター数 昇降速度 昇降範囲 天板対応
サイズ
メモリ数 障害物
探知機能
ロック機能 アラーム機能
タップで拡大
FLEXISPOT EJ2脚フレーム
EJ2
脚のみ
38,500円 ブラック
ホワイト
100kg 29.5kg
脚のみ
デュアル 38mm/s 69〜118cm

天板の厚み
幅:120〜210cm
奥行:60〜80cm
厚み:2cm以上
タップで拡大
FLEXISPOT EJ2リモコン
タップで拡大
FLEXISPOT EJ2天板セット
EJ2
天板セット
51,700円

60,500円

ブラック|ホワイト
天板
15色展開
44.5kg

47.5kg
天板含む
72〜121cm
天板含む
幅:120/140/160cm
奥行:60/70cm
厚み:2/2.5cm
4つ あり なし
→横にスクロールしてね
シリーズ 価格 カラー 耐荷重 本体重量 モーター数 昇降速度 昇降範囲 天板対応
サイズ
メモリ数 障害物
探知機能
ロック機能 アラーム機能
タップで拡大
FLEXISPOT E7脚フレーム
E7
脚のみ
51,700円 ブラック
ホワイト
125kg 35.6kg
脚のみ
デュアル 38mm/s 58〜123cm

天板の厚み
幅:120〜210cm
奥行:60〜80cm
厚み:2cm以上
タップで拡大
FLEXISPOT E7リモコン
タップで拡大
FLEXISPOT E7天板セット
E7
天板セット
64,900円

78,100円

ブラック|ホワイト
天板
15色展開
50.6kg

53.6kg
天板含む
61〜126cm
天板含む
幅:120/140/160cm
奥行:60/70cm
厚み:2/2.5cm
4つ あり なし
シリーズ 価格 カラー 耐荷重 本体重量 モーター数 昇降速度 昇降範囲 天板対応
サイズ
メモリ数 障害物
探知機能
ロック機能 アラーム機能
タップで拡大
FLEXISPOT EB2
EB2
脚のみ
33,000円 ブラック
ホワイト
100kg 35.4kg
脚のみ
デュアル 38mm/s 71〜120cm

天板の厚み
幅:120〜180cm
奥行:60〜80cm
厚み:2cm以上
タップで拡大
FLEXISPOT EB2リモコン
タップで拡大
FLEXISPOT EB2天板セット
EB2
天板セット
46,200円

55,000円

ブラック|ホワイト
天板
15色展開
50.7kg

53.7kg
天板含む
74〜123cm
天板含む
幅:120/140/160cm
奥行:60/70cm
厚み:2/2.5cm
3つ あり なし あり
→横にスクロールしてね
シリーズ 価格 カラー 耐荷重 本体重量 モーター数 昇降速度 昇降範囲 天板対応
サイズ
メモリ数 障害物
探知機能
ロック機能 アラーム機能
タップで拡大
FLEXISPOT E7Pro脚フレーム
E7 Pro
脚のみ
※コの字型
55,000円 ブラック
ホワイト
100kg 36.8kg
脚のみ
デュアル 38mm/s 60〜125cm

天板の厚み
幅:120〜210cm
奥行:60〜80cm
厚み:2cm以上
タップで拡大
FLEXISPOT E7Proリモコン
タップで拡大
FLEXISPOT E7Pro天板セット
E7 Pro
天板セット
※コの字型
68,200円

77,000円

ブラック|ホワイト
天板
15色展開
51.8kg

54.8kg
天板含む
63〜128cm
天板含む
幅:120/140/160cm
奥行:60/70cm
厚み:2/2.5cm
4つ あり
※USB充電ポート付き
Type-A×1
なし
→横にスクロールしてね

とりあえずの一覧表なので、気になる商品に目を通しておこう。
それでも迷ったら、以下を参考にしてみてね。

簡単にまとめてみたよ
FLEXISPOT電動デスク選び方の結論
  • 身長180cm以上、ミニマル環境の方
    \パワーと耐荷重は弱いが一番安い/
    FLEXISPOT EF1で十分
  • 身長180cm以上、パワーと耐荷重も欲しい方
    \数量限定のコスパモンスター/
    FLEXISPOT EB2がおすすめ
  • 身長179cm以下、少しでも価格を抑えたい方
    \楽天限定だが上位モデルより5,000円安い/
    Sanodesk EC5がおすすめ
  • 身長179cm以下、とにかくハイスペックが良い方
    \一番人気の最強モデル/
    FLEXISPOT E7一択

身長は座り作業を考慮してのもの。
なおフットレストや室内履きで、ある程度高さ調整可。

追記:天板専用の比較ページも作ったので、よろしければこちらもどうぞ。

そして次章の昇降範囲の差こそ、電動昇降デスクを購入する上でもっとも大切なポイントなので絶対に押さえておこう。

昇降範囲の違い

PC作業の姿勢

画像出典:Bauhutte

ぶっちゃけ身長195cm越えとかでなければ、立ち作業時の最大高は気にしなくていい
ただ座り作業の最低高は、シリーズによって10cm以上差があるので、ポジショニングがかなり変わってきてしまう。

そのため、シッティング作業も快適にしたいのであれば、自身の身長に合わせて選ぶ必要がある。
以下の動画によると、同じ座り仕事でも書き作業キーボード作業ではベストポジションが異なるそうだ。

\動画再生時間:1分13秒/

書き作業 仕事内容 キーボード作業
座面高:39cm
デスク:67cm
身長
160cm
座面高:39cm
デスク:62cm
座面高:42cm
デスク:72cm
身長
170cm
座面高:42cm
デスク:67cm
座面高:44cm
デスク:76cm
身長
180cm
座面高:44cm
デスク:71cm
Sanodesk EC5 昇降範囲
Sanodesk EC5脚フレーム 脚フレームのみ
62〜127cm

天板の厚み
天板セット
65〜130cm
FLEXISPOT EJ2 昇降範囲
FLEXISPOT EJ2脚フレーム 脚フレームのみ
69〜118cm

天板の厚み
天板セット
72〜121cm
FLEXISPOT E7 昇降範囲
FLEXISPOT E7脚フレーム 脚フレームのみ
58〜123cm

天板の厚み
天板セット
61〜126cm
FLEXISPOT EB2 昇降範囲
FLEXISPOT EB2 脚フレームのみ
71〜120cm

天板の厚み
天板セット
74〜123cm
FLEXISPOT E7 Pro 昇降範囲
FLEXISPOT E7Pro脚フレーム 脚フレームのみ
60〜125cm

天板の厚み
天板セット
63〜128cm
専用天板の厚みは2.5cm(竹板天板のみ2cm)
(表示される数値上は+3cm)
※社外品を取り付ける場合は、天板の厚みを足すこと

ここで見てほしいのは「 EJ2」「EB2」2つの昇降範囲だ。
最低高69〜71cmは、先ほどの動画によると180cm以上の方でないとベストポジションにならない。

また実際は、天板を乗せるので+2〜3cm=71〜74cmが実寸値である。
つまり価格は安いが、低身長向きのデスクではないということだ

ということで、低身長の快適なシッティングポジションは58〜62cmに収まる「EC5」または「E7シリーズ」の二択となる。

参考までに、身長163cmの短足がバランスボール65cmに座って作業すると、最低高67cmくらいがベストポジションだ。

FlexiSpotセール
デスオ

毎月開催されている公式サイトのSALE情報は必ずチェックしておこう
お目当ての商品が安くなっているかもしれないぞ

正直ここまでで重要なスペックの90%は比較してある。
この先は実用性ではなく、デザインなど視認性の比較がメインだ。

リモコン性能の違い

SANODESK E7リモコン

各シリーズごとの微妙な違いを一応紹介しておく。

シリーズ メモリ数 スイッチ形式 パネル表示
タップで拡大
FLEXISPOT E3リモコン
EB2
3つ ボタン式 LED
※アラーム機能付き
タップで拡大
Sanodesk EC5リモコン
1Sanodesk
EC5
4つ タッチパネル
タップで拡大
FLEXISPOT EJ2/E7リモコン
EJ2
E7
タップで拡大
FLEXISPOT EG8リモコン
2EG8
タップで拡大
FLEXISPOT E7 Proリモコン
3E7 Pro
※アラーム機能なし
1EC5(USB-A×1付き
2EG8(USB-A×2/USB-C×1付き
3E7 Pro(USB-A×1付き

アラーム機能は、デスク本体に時間を指定できる。
座り作業と立ち作業の切り替え用に開発されたものだ。
ただし、アラーム機能をデスクに求める必要性はないので、これが決め手にはならないだろう。
需要がなかったためか、FLEXISPOT EJ2・E7以降では排除されている。

代わりに指定した位置を記憶できるメモリを増設しており

  • 立った状態の
    書き作業|デスク作業
  • 座わった状態の
    書き作業|デスク作業

の4つに分けられるため、メモリは「4つ」備わっているモデルが一番おすすめだ。

パネル点灯時

「E3とEB2」はグリーンに点灯。
その他はホワイトに点灯。

外観の違い

脚フレームの形状もモデルにより、多少異なる。
E3は四角い形をしており、E6/E7は台形のような形だ。
その他、それぞれ幅:1cm、高さ:5mmの差異がある。

当サイトでは「E3/E7」両方を実機レビューしているが、結論としてE3の形状が一番理想的だった。
床面に対し傾斜があると、お掃除ロボットが乗り上げてしまうからだ…。

詳しくは→脚の形状はE3が理想的で解説している。

天板デザインやサイズの違い

2021年7月時点で販売されているのは、上記の3種類だ。
※以前販売されていた「北欧風天板」は長方形天板に統合された。

長方形天板

FLEXISPOT長方形天板

カラー
※1ブラック|※3ホワイト|※1.3マホガニー
※1.3メープル|※2マーブルグレー
※2ホワイトウッド|※2グレイウッド
※2ライトグレイウッド|※2ビンテージウッド
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サイズ展開:横幅×奥行×厚み
100cm×60cm×2.5cm
120cm×60cm×2.5cm
140cm×70cm×2.5cm
160cm×70cm×2.5cm
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※1のみ100cm天板に対応
※2は120cm天板のみ
※3のみ160cm天板に対応

天然竹板天板

FLEXISPOT天然竹板天板

カラー:バンブーのみ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サイズ展開:横幅×奥行×厚み
120cm×60cm×2cm
140cm×70cm×2cm
2021年より新作カーブ型の販売開始

カーブ型天板

FLEXISPOTカーブ型天板

カラー
ブラウン|ウォルナット
ウッド|トープ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サイズ展開:横幅×奥行×厚み
140cm×70cm×2.5cmのみ
現在ブラックカラーは廃止された

注意点としては、天然竹天板の厚みは2cmしかないため、クランプ系アームを複数取り付け予定の方は、強度が心配だ。

また長方形天板のみ、幅100cm(EG1/EN1/EF1のみ対応)と160cmを選択できる点も合わせて押さえておこう。

最後に、カーブ型天板の実寸値と特徴を述べておく。

FLEXISPOTカーブ型天板

前面のカーブ形状もそうだが、俺は壁ピタでデスクを置きたかったので、左右に開いた配線用の穴が意外と便利

デスク背面に配線をまとめると、配線径のサイズ分前に出すようだし、天板横から持ってくるなら無駄に長いケーブルを買わなければいけないからだ。

またクランプ式(天板に挟むタイプ)でアーム類を付けると、その厚み分は前に出てしまうが、約7mmなのでほぼ壁ピタといっていいだろう。

FLEXISPOTカーブ天板

ただし、配線用カバーは社外品を別途購入する必要がある

デスオ

読者さんのコメントより、最近のカーブ天板はキャップが付いてくるみたいよ

さて、ここまで色々比較してきたが、上記を参考にぜひお気に入りの一台を見つけてほしいと思う。
この先はデスク環境を構築する上で、役立ちそうな周辺機器を紹介する。

FLEXISPOTの電動昇降デスク周辺機器を紹介

ここまで読んで、ほしいデスクは決まったかもしれない。
しかしFLEXISPOTはデスクだけでなく、様々な周辺機器も販売している。

今回FLEXISPOTさんからいくつか商品提供いただいたので、合わせて紹介しておく。
簡単にいうと「無償で商品渡すからレビューよろしく」といった内容だ。

もちろん俺は読者ファーストなので、そっちに忖度しねぇよ?という前提条件を飲んでもらった上の話である。
以下から気になる商品があればどうぞ。

FLEXISPOTの天板全シリーズ

FLEXISPOT天板おすすめ

再三の案内になるがFLEXISPOTは脚フレームに負けじと天板も豊富に用意されている。
特に欲しい天板などがなければセット購入も検討しよう。

MacBookと相性が良いコスパ最強モニター

Dell P2421DCレビュー

新たなデスク環境を機に、モニターも探しているなら「Dell P2421DC」も検討してみてはいかがだろうか?
3万円台まで出せるなら、非常におすすめのモニターである。

特にMacBookや給電対応したノートパソコンとの相性が良いので、気になる方はレビューをどうぞ。

モニターを宙に浮かせるブラックアーム

モニターを浮かせば、デスク上がスッキリするだけでなく、集中した作業環境を構築できる。
当環境は、Amazon Basicsのモニターアーム「シングル&デュアル」を購入した。
エルゴトロンにこだわりがない方なら、こっちで十分のはずだ。

ゲーミングチェアならBauhutte

Bauhutteゲーミングチェアヘッドレスト付きモデル

日本人向けに作られたモデルが多く、海外製ゲーミングチェアやオフィスチェアだとサイズが合わんって方におすすめ。

絶妙なサイズ感のマウスパッド

QCK EDGE XL レビュー

新たにデスクを新調した方は、マウスパッドの使用を強くすすめる。
天板の保護はもちろん、マウスの操作感がまるで違う。
個人的には横長タイプが推奨だ。

電動昇降デスクの重量にも余裕で耐えうる最強ジョイントマット

リーディングエッジジョイントマット

硬度80というホームセンターなどではあまり売っていない、ゲキ硬のジョイントマットだ。
敷くのは少々大変だが、完成後はご覧のとおりブラックデスク環境と相性抜群である。

在宅ワーカーの没入感を最大化する無音ヘッドホン

WH-1000XM4レビュー

ヘッドホンの有無については、ここで語る必要はないだろう。
紹介すべきは、FLEXISPOTデスクのDIY術だ。

WH-1000XM4マグネットフック

まずビーム部分に巨大マグネットをつけて、ぶら下げた。

これにより、デスク上にヘッドホンスタンドを置く必要がなくなる

WH-1000XM4マグネット式充電ケーブル

さらに充電はマグネットケーブルを使用し、端子の抜き差しから解放された。

詳しくは以下で解説しているので、気になる方はどうぞ。

FLEXISPOTデスク×ヘッドホン収納&充電DIY術

ちなみに、配線収納はこちらのケーブルオーガナイザーを使用している。

デスク環境構築に役立つ激安アイテム10選

デスク環境構築おすすめ

こちらは、FLEXISPOTのデスク環境構築する上で、実際に使って役立ったアイテムを10個まとめた。
すべて2,000円以下というのがポイントで、俺ならではのアイディアを詰め込んでいる。

もちろん電動昇降デスクの特性を活かしたDIYなので、他のメーカーでも応用可能、何かの参考になれば嬉しい。

結論
E3→EC5かE7にしておけば間違いない
高身長の方はEJ2かEB2のが安く済む
E1シリーズ・EG8・L字型はオススメしない

以上FLEXISPOTの電動昇降デスク全シリーズの比較を書いた。
正直、性能自体はE3以降であれば、どれを選んでも満足いただけるだろう。

ただし、昇降範囲は各シリーズで10cm以上差があるため、低身長の方は特に注意を払ってほしい
その場合、実質「EC5かE7」の二択となる。

身長180cm以上あれば「EJ2かEB2」にしたほうが安く済むのでおすすめ。
特に「EB2」は、かなりお得。

そして

  • E1シリーズ最低高73cm〜と高めであり、シングルモーターによる耐久年数の懸念点。
  • EG8も同じく最低高72cm〜と高く、耐荷重の貧弱さやガラス天板によりモニターアームを設置できない点。
  • L字型は脚部が貧弱で心もとない点。

を考慮するとオススメできないという結論だ。

簡単にまとめてみたよ
FLEXISPOT電動デスク選び方の結論
  • 身長180cm以上、ミニマル環境の方
    \パワーと耐荷重は弱いが一番安い/
    FLEXISPOT EF1で十分
  • 身長180cm以上、パワーと耐荷重も欲しい方
    \数量限定のコスパモンスター/
    FLEXISPOT EB2がおすすめ
  • 身長179cm以下、少しでも価格を抑えたい方
    \楽天限定だが上位モデルより5,000円安い/
    Sanodesk EC5がおすすめ
  • 身長179cm以下、とにかくハイスペックが良い方
    \一番人気の最強モデル/
    FLEXISPOT E7一択

身長は座り作業を考慮してのもの。
なおフットレストや室内履きで、ある程度高さ調整可。

シリーズ 価格 カラー 耐荷重 本体重量 モーター数 昇降速度 昇降範囲 天板対応
サイズ
メモリ数 障害物
探知機能
ロック機能 アラーム機能
タップで拡大
Sanodesk EC5
Sanodesk
EC5(脚のみ)
45,100円 ブラック
ホワイト
100kg 28.2kg デュアル 35mm/s 62〜127cm
天板含む
幅:120〜180cm
奥行:60〜80cm
厚み:2cm以上
タップで拡大
Sanodesk EC5リモコン
タップで拡大
Sanodesk EC5天板セット
Sanodesk
EC5天板セット
58,000円
ブラック|ホワイト
天板
ブラック|ホワイト
メープル|マホガニー
44.2kg 65〜130cm
天板含む
幅:140
奥行:70cm
厚み:2.5cm
4つ あり
※USBポート付き
Type-A×1
なし
→横にスクロールしてね
シリーズ 価格 カラー 耐荷重 本体重量 モーター数 昇降速度 昇降範囲 天板対応
サイズ
メモリ数 障害物
探知機能
ロック機能 アラーム機能
タップで拡大
FLEXISPOT EJ2脚フレーム
EJ2
脚のみ
38,500円 ブラック
ホワイト
100kg 29.5kg
脚のみ
デュアル 38mm/s 69〜118cm

天板の厚み
幅:120〜210cm
奥行:60〜80cm
厚み:2cm以上
タップで拡大
FLEXISPOT EJ2リモコン
タップで拡大
FLEXISPOT EJ2天板セット
EJ2
天板セット
51,700円

60,500円

ブラック|ホワイト
天板
15色展開
44.5kg

47.5kg
天板含む
72〜121cm
天板含む
幅:120/140/160cm
奥行:60/70cm
厚み:2/2.5cm
4つ あり なし
→横にスクロールしてね
シリーズ 価格 カラー 耐荷重 本体重量 モーター数 昇降速度 昇降範囲 天板対応
サイズ
メモリ数 障害物
探知機能
ロック機能 アラーム機能
タップで拡大
FLEXISPOT E7脚フレーム
E7
脚のみ
51,700円 ブラック
ホワイト
125kg 35.6kg
脚のみ
デュアル 38mm/s 58〜123cm

天板の厚み
幅:120〜210cm
奥行:60〜80cm
厚み:2cm以上
タップで拡大
FLEXISPOT E7リモコン
タップで拡大
FLEXISPOT E7天板セット
E7
天板セット
64,900円

78,100円

ブラック|ホワイト
天板
15色展開
50.6kg

53.6kg
天板含む
61〜126cm
天板含む
幅:120/140/160cm
奥行:60/70cm
厚み:2/2.5cm
4つ あり なし
シリーズ 価格 カラー 耐荷重 本体重量 モーター数 昇降速度 昇降範囲 天板対応
サイズ
メモリ数 障害物
探知機能
ロック機能 アラーム機能
タップで拡大
FLEXISPOT EB2
EB2
脚のみ
33,000円 ブラック
ホワイト
100kg 35.4kg
脚のみ
デュアル 38mm/s 71〜120cm

天板の厚み
幅:120〜180cm
奥行:60〜80cm
厚み:2cm以上
タップで拡大
FLEXISPOT EB2リモコン
タップで拡大
FLEXISPOT EB2天板セット
EB2
天板セット
46,200円

55,000円

ブラック|ホワイト
天板
15色展開
50.7kg

53.7kg
天板含む
74〜123cm
天板含む
幅:120/140/160cm
奥行:60/70cm
厚み:2/2.5cm
3つ あり なし あり
→横にスクロールしてね
シリーズ 価格 カラー 耐荷重 本体重量 モーター数 昇降速度 昇降範囲 天板対応
サイズ
メモリ数 障害物
探知機能
ロック機能 アラーム機能
タップで拡大
FLEXISPOT E7Pro脚フレーム
E7 Pro
脚のみ
※コの字型
55,000円 ブラック
ホワイト
100kg 36.8kg
脚のみ
デュアル 38mm/s 60〜125cm

天板の厚み
幅:120〜210cm
奥行:60〜80cm
厚み:2cm以上
タップで拡大
FLEXISPOT E7Proリモコン
タップで拡大
FLEXISPOT E7Pro天板セット
E7 Pro
天板セット
※コの字型
68,200円

77,000円

ブラック|ホワイト
天板
15色展開
51.8kg

54.8kg
天板含む
63〜128cm
天板含む
幅:120/140/160cm
奥行:60/70cm
厚み:2/2.5cm
4つ あり
※USB充電ポート付き
Type-A×1
なし
→横にスクロールしてね

「E7」と「E3」については、過去に詳しくレビューや組み立て方の解説をしているので、もう少し深掘りしたい方は以下もあわせてどうぞ。

カゲノデスクサポート
FLEXISPOT 7月セール情報

そのほか10,000円OFFクーポンや「E7 Pro」が当たるキャンペーン中
ルーレット会場はコチラ

FLEXISPOTデスク比較

ブログ更新はこちらで!!

シェアしてくれると励みになるぜ!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

質問・感想・助言・指摘・専用フォーム

この記事に投稿された内容 (4件)

  • 昇降デスクがずっと欲しかったのですがここのサイトを参考にして購入しました!
    メリットデメリットや比較など本家サイトよりわかりやすくて助かりました!
    ありがとうございました😊

    • あず様

      あれま。お買い上げありがとうございます。

      コメントも嬉しいし、励みになります。

      良き昇降デスクライフを。

  • お金に糸目をつけずに最強のデスク環境を作る組み合わせを教えてください。広くゆったり使いたく。ちなみに身長は178センチです。

    • ひろ様
      初めまして。

      お金を気にせず、広くゆったりかつインテリア環境を考慮しなくてよければ「FLEXISPOT E7(白脚)」に「160cm天板(メープルカラー)」の組み合わせが良いかと思います。
      ただし奥行は70cmです。
      奥行をもう少し欲しいのであれば、社外の天板を購入するしかありません。

      また現在160cm天板は、メープルカラーしかなく、脚フレームを「ブラック」でお考えの場合は色味が合わないので、やはり社外の天板を購入した方が良いと思います。
      ご参考になれば幸いです。
      よろしくお願いいたします。

何かあればこちらにご記入ください

※日本語が含まれていないコメントは投稿できません。(スパム対策)

目次
閉じる