当サイト案内
デスオ
サイト管理人
デスク環境周辺アイテムを発信するサイト。

更新頻度は不定期だが、在宅で快適に過ごせるDIYや環境構築に力を入れている。

1mmでも誰かの参考になれば嬉しい。


最新デスクツアー> 見てみる

Dell U3223QE レビュー|31.5インチのちょっと良いモニター

当ページのリンクには広告が含まれています。
Dell U3223QE レビュー

FLEXISPOT×Rakutenセール
おすすめ電動昇降デスク

セール期間|6月16日 23:59まで!!

当サイトのE7・E8レビューをみる

Dell U3223QEモニターを2年越しにレビューする。

俺は基本的にモニターレビューが好きではない。
なぜなら詳しく書きたくなってしまうから。

モニターは奥が深く、ちゃんと魅力を伝えるには、本体以外の補足事項がめちゃくちゃある
要するに生真面目な人間には非常にコスパが悪い…。

もう1つは、レビューしてもすぐ新作が出て入れ替わってしまうからだ。
約4年前に書いたモニターレビューがまさにそれで、以降は避けてきたのである。

しかし今回、4枚環境のうちの1台が故障してしまったため、Dellテクニカルサポートに連絡してみた。
その対応があまりにも良かったので、2年以上使っているモニターをいまさらレビューする。

もちろん、そこら辺に転がっているレビューより徹底的に深堀りしたので質は保証する。
俺のレビューで少しでもDellユーザーが増えればとの思いからだ。

Dell U3223QEモニター

メーカー:Dell
サイズ:31.5インチ
解像度:4K
画面:ノングレア
4辺スリムベゼル
最大90W給電対応
他の方のレビューをみる

こんな人におすすめ
こんな人は他のモニターを検討しよう
  • Macでデイジーチェーンを使いたい人
  • スピーカー搭載モニターが良い
  • 予算9万円以下で探している

目次

Dell U3223QE レビュー

U3223QEを一言でいうと、中級者向けモニターだ。
27インチと31.5インチの差がわかる、カラーマネージメントモニターは高すぎて手が出ない…。
そんな方にちょうど良いスペックといえるだろう。

仕様と寸法

項目スペック
製品名U3223QE
画面サイズ31.5インチ
画面タイプフラット
ディスプレイノングレア
3Hハードコーティング
ComfortView Plus
※.低ブルーライトLED
パネルタイプIPS Black
※.黒色が深くなり、暗いシーンに強い
解像度4K 3840×2160
リフレッシュレート60 Hz
アスペクト比16:9
画素ピッチ0.18159mm
約60cm離れて人間が区別できるが0.14mm
インチ毎ピクセル(ppi) 137.68
理論値の140.28よりやや低いが問題ない
輝度400 cd/m²
コントラスト比2000:1/2000:1(ダイナミック)
色域100% Rec 709, 100% sRGB, 98% DCI-P3
最大表示色10.7億色
水平視野角
垂直視野角
178°
搭載ポートHDMI 2.2
DisplayPort 1.4(入力)
DisplayPort 1.4(出力)
USB-C 1(映像出力&90W給電)
USB-C 2(データ専用&アップストリーム)
USB-C 3(15W 10Gbps&ダウンストリーム)
USB-A 3.2 Gen2×5ポート
3.5mmジャック
LAN RJ45
入力電圧AC 100-240V(50/60 Hz)
消費電力29.4 W
最大220 W
動作温度0〜40℃
VESAマウント100×100mm
スピーカー非搭載
サイズスタンドあり
横幅:71.261cm
奥行:23.317cm
高さ:46.934cm
重量:9.88kg
モニターのみ
横幅:71.261cm
奥行:5.578cm
高さ:41.004cm
重量:5.64kg
ベゼル幅上左右:7mm
下:9mm
発売日2022年2月16日
価格96,101円
公式サイト:2024年5月17日時点

突出した機能はないが、普通に使える4Kモニターという感じ。
このモデルからパネルが通常の「IPS」から黒色がよく映る「IPS Black」に変更されたが、劇的に変わるほど変化はないので期待しすぎないように。

デスオ

とはいえ発売から2年以上経過してるけど、後継機も出ていないし、今も人気のモニターだよ

31.5インチと24&27インチを比較

Dellモニター31.5・27・23.8インチサイズ比較

まずは31.5インチサイズがピンとこない方のために、いろいろな角度から比較してみた。
デスクとのバランス使用する向きを考慮した上で問題なければ、レビューの続きを読んでほしい。

縦向き使用は厳しい

Dellモニター31.5・27・23.8インチ縦置きサイズ

縦向きでモニターを使用したいなら、31.5インチは高すぎて目線移動が疲れる
その場合は、24〜27インチがおすすめだ。

31.5インチを120〜180cmデスクに置いたイメージ

32インチ×120cmデスクサンプル

奥行は120cmのみ60cmそのほかは70cmに設定。
側面から見たイメージは以下をどうぞ。
それぞれ奥行60〜80cm。

32インチ×奥行60cmデスクサンプル
インチ別の視聴距離目安
  • 31.5インチ:70cm〜
  • 27インチ:60cm〜
  • 24インチ:50cm〜

最大90Wの給電機能を備えたモニター

Dell U3223QE給電機能

付属のUSB-Cケーブル(1m)で接続すれば、最大90Wで充電しながら、ノートパソコンの外部モニターとして利用できる。
MacBook Pro16インチ(140W必要)など一部の高出力機器を除けば、モニターが充電器の役目を果たす。

低ブルーライトLEDのComfortView Plusを採用

Dell P2421DC色設定

これまではブルーライトカットを適用するには、モニターメニューから「Comfort Vlew」のプリセットを選択する必要があった

Dell U3223QE ComfortView Plus

U3223QEは、 パネルそのものにブルーライトの発生量が少ないLEDを使用することで、常時目の負担を軽減している。
また通常画面が黄色くなってしまうところ、色精度を維持しながら抑えているのもポイントだ。

IPS Blackパネルに期待しすぎてはいけない

シャッタースピードミスって動画がカクついてるのはご勘弁を。
色空間は「sRGB」に揃えて、輝度とコントラストはともに100%にしている。
確かにIPS Blackはやや鮮明だが、明るさMAXにして使うことはまずないだろうし、下げた状態だとそんなに変わらない。

おそらくネットに上がっている比較写真でIPS Blackが綺麗に見えるのは、次章で解説している色空間を「DCI-P3」に変更しているからだろう。

ただし輝度の最大値が400cd/m²になったことによる、明るさの違いは一目瞭然だ。
部屋の照明を落として、映画などを見ると違いがよくわかる。

色空間の違いと注意点

Dell U3223QE 色空間設定

これまでDellモニターの色空間は「sRGB」のみだったが、U3223QEは「DCI-P3」にも対応した。
一応「Rec.709」も選択できるが、sRGBより色域が狭く、自然な色表現に適さないため割愛する。
両者の違いは以下の通り。

sRGB項目DCI-P3
1996年策定年2012年
Webブラウジング
SNS用写真&動画編集
用途映画視聴
本格動画編集
約95%色域約150%
比較的暗め赤・緑・水色鮮やか
ほぼ同じ青・白・黒ほぼ同じ

このうちU3223QEは、sRGBは100%カバーしており、DCI-P3は98%カバーしている。
色域は、人間の視覚で認識できる色範囲を100%とした場合の指標のため、実際は約5%ほどDCI-P3のほうが多くの色を表現できるイメージだ。
※.100%を超える分は理論値。

sRGBとDCI-P3の比較
画像出典:EIZO カラースペースの特徴

カラースペースで確認すると主に「赤・緑・水色」の色域がsRGBより広いことがわかる。
つまり、これまで見えなかった色が表現され鮮明に映るということ。
それでは実際に見比べてみよう。

sRGB

sRGB赤色サンプル画像

DCI-P3

DCI-P3赤色サンプル画像

モニターを外から撮影した画像でもこれだけ違う。
全体的にDCI-P3の方が色がハッキリ見えるはず、そして海の青が濃い部分はそんなに変わらない。
sRGBで表現できない色は、白やグレーに置き換えられてしまうため、全体的に白っぽく映っている。

デスコ

肉眼でみるともっと鮮やかに見えるわよ

では常にDCI-P3に設定しておけば良いかというと、そういうわけではない。

なぜならメジャーなSNSの色空間は「sRGB」で表現されているため、DCI-P3に合わせて画像や動画を作成しても変換されてしまうからだ。

色空間の変換による問題点
  • 色が本来と異なって表示される
  • 一部の色が再現されない
  • 画質の劣化
sRGBをで表現される主なSNS
  • Facebook
  • エックス(旧Twitter)
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok
デスオ

つまり「映え」を気にするなら最初から「sRGB」に合わせて作成する必要がある。

Dell Display Manager 追加アプリにカラー形式を設定

そんなんいちいち切り替えるの面倒くさっと思ったあなた。
Dellモニター専用アプリ「Display Manager」なら、アプリごとに色空間を事前に指定できるのだ。
例えば、PhotoshopはSNS用に「sRGB」、Chromeは「DCI-P3」にしてNetflixを楽しむなんてこともできるぞ。

色々語ったが、あくまで一般用途向けモニターの中では映りが綺麗な方というだけ。

本格的に写真や動画編集を行いたい方は、カラーマネージメントモニターを検討したほうが良いだろう。

デスコ

でもカラーマネージメントモニターはお値段がドーーンと上がるから予算と相談してね

各社カラーマネージメントモニター

※.2024年5月17日時点の価格

画像の密度はRetinaディスプレイに到底敵わない

Dell U3223QEとRetinaディスプレイ比較

画面の精細さを表す指標PPI(Pixels Per Inchピクセル・パー・インチU3223QEモニター「137.68」に対し、AppleのRetinaディスプレイはどのモデルでも「220以上」あるため、Macを見慣れている方は、鮮明さや感動的な解像感は期待しない方が良いだろう。

ちなみに200PPI以上あれば、人間の目ではドットをほとんど感じられないとされている。

モニターPPIの仕組み

モニター映像とは、細かいドットの集合体で構成されている。
PPIが高いとドットの密度が上がるため、粗が目立たなくなるということ。
普段作業では100〜120PPIもあれば十分だが、画像を拡大したときやウィンドウを最大化して動画を見ると明らかに画質の劣化を感じる

デスコ

それってモニターサイズによっても差が出るということかしら?

デスオ

その通り
鮮明さを求めるには31.5インチは大きすぎるんだ

サブにもメインにもなるモニター配置

じゃあなんで31.5インチにしたかというと、表示領域が広いからだ。
特にブログの参考資料や株のトレード画面を開く際は、モニターサイズの恩恵をモロに受ける。

Dell U3223QE右側配置

普段は右側にサブモニターとして配置。
主にブラウザや付箋アプリ置き場となっているが、中央の27インチ縦向きと高さのバランスがちょうど良く気に入っている。

カゲノデスク2024

また別の仮想デスクトップでは、株価の一覧チェックに重宝している。
というより、これにしたくてこの構成にした。
そして一度デカイ画面を使うと、サイズダウンはありえないほど便利だし、すぐ慣れる。

Dell U3223QE中央配置

さらに映画やアニメ視聴、動画編集などは、モニターを中央に持ってきてメインモニターとして使っている。
ただしこの構成はキーボードトレイとモニターアームありきなので、気になった方は以下も読んでみてほしい。

スピーカー非搭載なので別途用意する必要あり

Dell U3223QEスピーカー非搭載

U3223QEはスピーカーが内蔵されていないモニターだ。
そのため音響機器を別に用意する必要がある。

カゲノデスク2023年

俺はYAMAHAのMSP3A支柱5cmの極太モニターアームに吊るして設置した。
専用ブラケットと組み合わせるとVESA規格に取り付けられるのがポイント。
詳しくは以下で解説している。

Macでデイジーチェーンは使えない

MSTデイジーチェーンの仕組み

デイジーチェーンとは、2台目以降のモニターをケーブルだけで映像出力できる技術
Macの場合はThunderbolt3ポートを搭載しているモニターが必要なため、U3223QEは非対応。

USBポート(端子)の位置に注意

Dell U3223QE ポート位置

U3223QEのポート類は、下部2つを除くとモニター裏に搭載されている。
ケーブルを隠しやすい反面、裏側に回って差し込む必要があり、頻繁に抜き差しするケーブルと使い分けが必要だ。

デスオ

あとモニターに対し垂直に差し込むタイプのため、下から覗き込む必要があり、水平に差せるモニターと比べると使い勝手は悪い

Dell U3223QEポートの種類

その他のポート詳細はこちら。
映像出力でいえば、HDMI×1、DisplayPort×1、USB-C×1と3つあるので十分。
ただしHDMIケーブルは同梱されていないため、別途用意する必要あり

モニター背面がシルバーなのがちょっと気になる…

Dell U3223QE モニター裏カラー

できればモニター裏は黒が良かった。
シルバーの方が汚れも目立たず高級感はあるが、安っぽくても良いから俺は黒が好きなんだよ。

デスオ

まぁどうせモニターアームに取り付けるから普段は見えないんだけどね

Dellモニター専用アプリDisplay Managerが最高

MacとWindowsを並べたり。

ワイプ表示したり。

画面分割も自由にカスタマイズできるため、このアプリ対応モデルであることはかなりメリット。
ちなみにWindowsでもMacでも使える、くわしくは以下で解説。

4辺スリムベゼルは美しい

Dellモニターベゼル下部

これまでのDellモニターは、3辺だけスリムで下部は太めのベゼルだ。
また中央にブランドロゴが刻印してあり、ちょっと主張が強いなぁと気になっていた。

Dell U3223QE ベゼル幅

U3223QEは、4辺スリムベゼルでロゴも消えている。
そのため、正面からの見栄えが非常に良い。
ベゼル幅
上左右:7mm
下:9mm
表示領域
横:70cm
縦:39cm

表示領域とは、ベゼルを除いた画面に実際に映る部分

パネルの自己診断機能が便利

Dell U3223QE 自己診断

モニターメニューに自己診断機能が追加された。
通常パネルに不具合が出た場合、モニター本体、ケーブル、パソコンそれぞれ原因を調べる必要がある。
自己診断はパネル異常を検知できるため、モニターの不具合を一発で確認可能だ。

電源ロックボタンは地味に嬉しい機能

Dell U3223QE 電源ボタン位置

U3223QEは、モニター裏にメニューの操作ボタンが設置されている。
つまりモニターを見ながら手探りで操作する必要があるため、誤操作で電源ボタンを押してしまう可能性が高い。
電源ボタンをロックしておけば、スイッチが無効化されるのでぜひやっておこう。

保証対応が爆速でありがてぇ

Dellモニター保証内容

実はこのモニターを2年2ヶ月使っていたのだが、先日ちらつきが発生したため、Dellテクニカルサポートに連絡した。
すると4日で新品モニターが届くという神対応だったので、保証は手厚い。

Dell U3223QEモニター

メーカー:Dell
サイズ:31.5インチ
解像度:4K
画面:ノングレア
4辺スリムベゼル
最大90W給電対応
他の方のレビューをみる

Dell U3223QE スタンド装着時の可動域

項目サイズ
横向き時の台座からの高さ47〜61.8cm
縦向き時の台座からの高さ72.6〜77cm
左右の傾斜30°
上部の傾斜
下部の傾斜21°
回転90°
モニター装着時の最低奥行16cm
台座の横幅24.8〜29.8cm
台座の奥行23cm
台座の厚み1cm
総重量9.8kg

角度調整範囲

Dell U3223QE角度調整機能

台座サイズ

Dell U3223QEモニター台座サイズ

Dell U3223QE モニターアーム装着時

Dell U3223QEモニターアーム取付時
項目サイズ
モニター横幅71cm
モニター横向きの表示領域70cmcm
モニター高さ41cm
モニター高さの表示領域39cm
モニター本体奥行5cm
壁から最低奥行16cm
モニター重量9.88kg

Dell U3223QEの梱包

Dell U3223QE梱包

外箱はかなりボコボコの状態で届いた…。
約14kgあるため、運ぶ際は気をつけよう。

付属品

Dell U3223QE開封

中身は無事で安心。

付属品
  • ディスプレイ
  • スタンドライザー
  • スタンドベース
  • 電源ケーブル(1.8m)
  • DisplayPortケーブル(1.8m)
  • USB-A to Cケーブル(1m)
  • USB-Cケーブル(1m)
  • 説明書
  • 出荷時較正レポート
  • 安全、環境および規制に関する情報

Dell U3223QEの取り付け方

スタンドとモニターアームそれぞれの取り付け方を解説した。
特にモニターアームは一工夫するだけで、取り回しが劇的に改善されるため、参考にしてほしい。

スタンド取付方法

Dell U3223QEスタンド組み立て

台座とポールだけ箱から取り出したら、差込口に入れる。
※.ディスプレイは取り出さないこと

Dell U3223QEスタンドネジ止め

ポールを寝かせた状態で台座裏のネジを締める。

Dell U3223QEスタンドとディスプレイ装着

箱に入ったディスプレイの裏側からポールの爪を差し込む。

Dell U3223QEスタンドとディスプレイ取り付け後

カッチリハマったことを確認後、そのまま裏側から持ち上げる。

Dell U3223QEスタンド取付時

モニターアーム取付方法

モニター裏のVESAネジを外す

本来はそのまま付属のネジを使うが、脱着が面倒なので、以下のように工夫すると非常に楽になる。

Dell U3223QEモニターアーム取り付け方法

アームとモニターの間に専用ブラケットを挟めば、レバーだけで脱着が可能だ。

Dell U3223QE ドライバインストール方法

U3223QEは、Dell公式サイトからダウンロードできる専用ドライバがある。
ドライバがなくてもモニターを利用できるが、アップデートにより追加された機能が反映されないため、必ずインストールしておこう。

Dell製品の識別検索

Dell公式サイトのドライバダウンロードページを開く
モニターのモデル名で検索

Dell U3223QEドライバダウンロードページ

オペレーションシステムから「OSを選択」する。
一番下がモニター用ドライバ。
ファームウェアアップデートがあると、専用アプリも追加されているため、そちらもダウンロードしておこう。

Dell U3223QEドライバファイル

ダウンロードしたら、それぞれ画面の指示に従ってインストールしよう。

Dell U3223QEドライバアプリフォルダ

アプリケーション内に「Dellフォルダ」が追加されるので、階層を展開していくとドライバファイルやアップデートアプリがインストールされている。

Dell U3223QE ファームウェアアプリ

Flirmware Updater.appを開くと、現在のファームウェアバージョンが表示される。
新しいファームウェアがあれば、更新しておこう。

デスコ

更新作業は1台ずつしかできないわよ
複数モニターを使っている方は他のモニターの電源は切ってね

Dell Display Manageアプリは絶対に使おう

Dell Display and Peripheral Managerダウンロード

ドライバと別に
Windows:「Dell Display Manage(DDM)
Mac:「Dell Display and Peripheral Manager(DDPM)
というDellモニター専用アプリも用意されている。
これを使うと利便性が爆上がりするので、必ずインストールしよう。

デスオ

非対応のモニターもあるけど、U3223QEは使えるよ

Color ManagementソフトはmacOS14以降では使えない

Dell U3223QE Color Managementソフトダウンロード

その他Mac専用のカラーキャリブレーションを行えるソフトもある。
別途キャリブレーション測光器が必要だが、Dellのテクニカルサポートに連絡したところ、macOS14以降では非対応のようだ。

Dell U3223QE Color Managementソフト質疑応答

Dell U3223QEの設定方法

Dell U3223QEメニューランチャー

最後にU3223QEを購入した方は、モニター本体のメニュー設定をしておこう。
さきほど紹介した専用アプリからだいたいの変更は行えるが、中にはメニューからしか調整できない項目もあるため、必ず以下に目を通してほしい。

よくある質問

発売日はいつ?

2022年2月16日

後継機はある?

2024年5月17日時点ではない。

価格を教えて

2024年5月17日時点の価格

Amazon:96,101円
Rakuten:99,800円
Yahoo!:96,998円
公式サイト:96,101円

※.価格は為替や外部環境で頻繁に変動する。

音声出力はできる?

スピーカー非搭載のためできない。

ポート類や端子を教えて

Dell U3223QEポートの種類

高速データ通信に対応しているUSB-Aポートは5つあり、十分だろう。
またLANケーブル接続にも対応しているため、パソコン側のポートを節約することも可能だ。

付属ケーブルの長さを知りたい

  • 電源ケーブル:1.8m
  • DisplayPortケーブル:1.8m
  • USB-A to Cケーブル:1m
  • USB-Cケーブル:1m

特にUSB-Cケーブルは1mしかないため、パソコンの位置によって足りない可能性がある。
とはいえ、USB-CおよびThunderbolt規格をモニターケーブルとして利用する場合は1m以内が望ましいので、それ以上の長さが必要ならHDMIかDisplayPortがおすすめだ。

USB-CやThunderbolt規格をモニターケーブルとして使用する場合の注意点や規格の違いは、以下でガッツリ解説している。

モニターから給電は最大何ワット?

90Wまで

VESA規格のサイズは?

モニター裏のVESAネジを外す

100mm×100mmのみ対応。
付属のネジを使ってモニターアームを取り付けることもできるが、ブラケットを1枚挟むだけで脱着がめちゃ楽になるからおすすめ。

説明書は必要?

必要ない。

付属の説明書はほぼ意味がなく、一応公式サイトよりPDFが配布されている。
ただしこれも長いだけで不親切なので、以下でわかりやすい設定方法を書いた。

デイジーチェーンの仕組みを教えて

MSTデイジーチェーンの仕組み

Windowsのみ対応している。
その他の条件や接続台数は以下で解説。

Display Managerで何ができる?

DDPMアプリ
  • 輝度/コントラスト比の時間指定
  • PIP/PBP調整
  • 解像度&リフレッシュレートの設定
  • カスタム画面分割

主な機能はこんなところだ。
特に画面分割は他のアプリが不要になるほど便利である。
他にも様々な機能があるので、詳しくは以下の解説をどうぞ。

モニターの保証期間は?

公式サイトおよび、Dell認定の販売店、正規代理店で新品購入した場合は3年間。

結論:Dell U3223QEは本体より専用アプリが最大のメリット

以上、Dell U3223QEモニターをレビューした。
モニタースペックはぼちぼちだが、専用アプリは便利すぎて最高だ。

現在のクアッドモニター環境のうち、アプリ対応しているのはこのU3223QEだけなので、ほかを買い替えるときは絶対に対応モニターにする。

カラーマネージメントモニターは手が出ないけど、色味が綺麗なモニターを探している方におすすめ。

Dell U3223QEモニター

メーカー:Dell
サイズ:31.5インチ
解像度:4K
画面:ノングレア
4辺スリムベゼル
最大90W給電対応
他の方のレビューをみる

こんな人におすすめ
こんな人は他のモニターを検討しよう
  • Macでデイジーチェーンを使いたい人
  • スピーカー搭載モニターが良い
  • 予算9万円以下で探している

FLEXISPOT×Rakutenセール
おすすめ電動昇降デスク

セール期間|6月16日 23:59まで!!

当サイトのE7・E8レビューをみる

Dell U3223QE レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると励みになるぜ!!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

※日本語が含まれていないコメントは投稿できません。(スパム対策)

目次