当サイト案内
デスオ
サイト管理人
デスク環境周辺アイテムを発信するサイト。

更新頻度は不定期だが、在宅で快適に過ごせるDIYや環境構築に力を入れている。

1mmでも誰かの参考になれば嬉しい。


→俺の最新デスクツアーをみる

USB-Cディスプレイケーブルのおすすめは3つだけ|種類の違いと選び方

当ページのリンクには広告が含まれています。
USB-Cモニターケーブルの規格の違いと選び方

FLEXISPOT×Yahoo!
セール中おすすめ電動昇降デスク

身長180cm以上におすすめ
身長195cm以下の万人向け

当サイトのE150・E7・E8・E7Qのレビューをみる

セール期間|7月21日 23:59まで

E150とEC5はFLEXISPOTのサブブランド「SANODESK」のもの。

パソコンやタブレットとモニターをUSB-Cケーブルで接続したい方向けに、規格(Thunderbolt含む)の違いと選び方を徹底解説した。
後半で条件別おすすめケーブルも紹介している。

USB-Cは、何でもこなせる優等生なだけに選び方が非常に複雑化している諸刃の剣だ。

特にモニターケーブルとして使用する場合、映像出力に対応しているものを選ばなければいけない。
ひとえにUSB-C規格と言っても、充電やデータ転送の比較とは、条件がまったく異なる。

結論:条件別USB-Cケーブルのおすすめはこれ
  • その他の規格
    非推奨

USB-CおよびThunderbolt規格は、ノートパソコンおよびドッキングステーション(ハブ)とモニターの距離が1m以内かつ給電しながら外部モニターとして利用したい方におすすめ。

デスオ

HDMIやDisplayPortに比べると安定性に劣るため、他のケーブルで代替できるなら、わざわざUSB-C規格にこだわる必要はないよ

その他のケーブルの選び方はこちら

Macをお使いの方はこちらも参考まで

目次

USB-Cケーブルの選び方と特徴

C to Cケーブル

当記事が解説するUSB-Cケーブルとは、左右のコネクタがCタイプのものを指している。
※.C to Cケーブル
Type-Cケーブルと言われるものも同義語だ。

Dell U3223QE給電機能

DisplayPortやHDMIケーブルと違う点は、ケーブル単体に給電機能が備わっていること。
モニター側のポートが「USB PD」に対応していれば、ノートPCやタブレットを充電しながら映像出力できる。

USB-Cケーブルは大きく分けて4種類ある

USB-Cケーブルの種類

モニターケーブルとして使用する場合に厄介な点が、映像出力に対応していないケーブルがあること
基本的に外観では区別できず、パッケージや商品説明から判断するしかない。
※.中にはコネクタにEIZO、DP、HDMIなど記載されているものもある。

デスコ

つまり全部入りケーブルを選べば良いのかしら?

デスオ

そのとおり
映像出力専用ケーブルでも映るんだけど、オールインワン機能があれば他の使い道もあるからね

1m以上のケーブルは4K出力に向いていない

USB-Cケーブル長さ制限

後ほど規格ごとのスペックはくわしく解説するが、4Kモニターと接続する場合、1mを超えたケーブルは安定しないのでやめておこう。

映像出力が不安定の症状
  • 画面のチラつき
  • 接続が途切れる
  • 輝度が著しく落ちる
  • キーボードやマウスが効かなくなる
  • モニターの電源が切れる

最新規格だろうが、高価なブランドだろうが関係なく、Amazonレビューの不具合報告に上がっている大半は1.5m以上のケーブルだ。

このあたりが充電やデータ転送として使用する場合と大きく異なるので、ケーブル選びを複雑にしている要因の一つである。

USB-CとThunderboltサンダーボルト規格の違い

Thunderboltケーブルコネクタの刻印

Thunderboltサンダーボルト「Apple」と「Intel」が共同開発した規格だ。
外観はコネクタに雷マークと下部に数字の「3〜4」が記載されている。

さきほどUSB-C規格は、映像出力に対応していないケーブルもあると解説したが、Thunderboltは「充電、データ転送、映像出力」すべてに対応。

※.ちなみにバージョン2以前はMini DisplayPortコネクタなので、当記事では割愛する。

Thunderbolt 3〜4規格の互換性

互換性:同等の性能を有する
下位互換:性能は落ちるが使用可能

規格互換性
Thunderbolt 3USB 4:互換性
USB 3.2以下:下位互換
Thunderbolt 4USB 4:一部下位互換
Thunderbolt 3:下位互換
USB 3.2以下:下位互換

Thunderbolt 3はUSB 4で代替可能だ。
唯一Thunderbolt 4にだけ備わっているのが「HBR3 HDR」という高画質な映像を伝送する機能だ。

ただし2024年6月現在、Apple製品はHBR3 HDRに非対応、LGを含む一部のモニターしか対応していない。

それとは別にモニター側のリフレッシュレートも4K120Hzに対応している必要があるため、よほどの識者でなければ、Thunderboltケーブルが必要なことはまずないだろう。

デスオ

Apple純正のThunderboltケーブルとかただのボッタクリだからね

Thunderboltケーブルを使える条件

Thunderboltケーブル接続の条件

Thunderboltの性能を100%引き出すには、パソコンとモニターまたはドッキングステーションすべてが規格に対応していなければならない
非対応機器と接続した場合は下位互換となり、同等性能のUSB-C規格となる。

例えば、2023年PCモニターシェア率は、DisplayPort約70%Thunderbolt約30%となっている。
参考:調査会社IDC

Apple製品は当然対応しているが、同社と提携しているLGモニターも約7割が対応している。

しかし先ほども触れた通り、規格に対応していることと性能を引き出せることは別のため、現状高価なThunderboltケーブルを購入する理由はない。

本家のThunderboltケーブルは高すぎる

それではここで、Thunderbolt規格2大ブランドの価格を見ていこう。

ブランド規格価格
BelkinThunderbolt 31m:4,800円
2m:11,800円
Thunderbolt 41m:4,473円
2m:7,957円
Apple1m:9,980円
1.8m:18,800円
3m:21,800円
2024年6月価格

まずThunderbolt 3ケーブルは80cm以下でなければ、最大出力できないため、Belkinは映像出力用として使うには不安が残る。
Appleさんは…まぁ価格帯がおかいしいとしか言いようがない…。

デスオ

後ほど比較的安価なThunderbolt 4ケーブルを紹介しているが、ほとんどの場合、USB-Cでも代替可能なので次章で規格についてくわしく解説する

USB-C規格の罠|実用性があるのは3つだけ

ここからはUSB-CまたはThunderboltをモニターケーブルとして利用する場合、押さえておきたいポイントをまとめた。

スクロールできます
規格最大映像出力最大
転送速度
最大画面
同時出力数
最大
電力供給
安定する
ケーブル長さ
コネクタ

USB 4 Gen 3×2
8K/60Hz/60fps
4K/120Hz/120fps
2K/240Hz/240fps
FHD/500Hz/500fps
40Gbps8K|1台
6K|1台
5K|2台
4K|2台
2K|2台
FHD|2台
240W1m以下USB-C

USB 4 Gen 2×2
100W

Thunderbolt 4

Thunderbolt 3
4K/120Hz/120fps
2K/240Hz/240fps
FHD/500Hz/500fps
80cm以下
40Gbps
81cm以上
20Gbps
6K|1台
5K|2台
4K|2台
2K|2台
FHD|2台
80cm以下

USB 3.2 Gen 2×2
4K/60Hz/60fps
2K/120Hz/120fps
FHD/240Hz/240fps
20Gbps4K|2台
2K|2台
FHD|2台
1m

USB 3.2 Gen 2
旧表記:USB 3.1 Gen 2
4K/60Hz/60fps
2K/120Hz/120zfps
FHD/240Hz/240fps
10Gbps1台まで

USB 3.2 Gen 1×2
4K/30Hz
2K/60Hz/60fps
FHD/120Hz/120fps
60W2m以下

USB 3.2 Gen 1×1
旧表記
USB 3.1 Gen1/USB3.0
2K/30Hz/30fps
FHD/60Hz/60fps
5Gbps7.5WUSB-C
USB-A
Micro USB

USB 2.0
FHD以下のため絶対NG

記号は総合的な実用性から独自判断のもと付けている。
FHDまたは2K以下モニターなら安価なUSB 3.2 Gen 2で十分だし、4KモニターならThunderbolt 4から上の規格がおすすめだ。
※.以後USB 2.0は除外

規格別の特徴

規格特徴

USB 4 Gen 3×2
ゲームや映像制作で「4K 120Hz」が必要な方はこの3つの規格から選ぼう。
※.パソコン&モニターまたはドッキングステーションすべてがを4K120Hzに対応させる必要あり。
スペック差異はほとんどないため、そのとき安いものを買えばOK。

USB 4 Gen 2×2

Thunderbolt 4

Thunderbolt 3
80cm以下のケーブルでしか本来の性能を発揮できないし、価格も上3つと差異がないため、あえてこの規格を選ぶ必要はない。

USB 3.2 Gen 2×2
市場に出回っている95%くらいが謎の中華メーカーなので信頼性がない。
サンワサプライなど日本企業の製品もあるが、価格の割にスペックが中途半端なので将来性も含めこの規格を選ぶ理由はなし。

USB 3.2 Gen 2
旧表記:USB3.1 Gen 2
2K以下のモニターならこれがおすすめ。
※.4Kは60Hzもギリギリ出力できるが余裕がない。
安価で100W給電にも対応している。
USB 3.2 Gen 1×2上記Gen 2の下位互換。
給電は60Wまでしか対応しておらず、価格差もないため、今この規格を買う理由がない。

USB 3.2 Gen 1
旧表記
USB3.1 Gen1/USB3.0
論外、モニターケーブルとして選ぶ規格ではない。

Gen値の違い

Gen値は、USB-Cケーブルのみに適用される規格だ。
2024年現在、Gen 1〜3まであり、値が高くなるほど新しい規格となる。

レーン数はデュアルがおすすめ

レーン数は、Gen値のあとに続く「×◯」の部分を指し、シングルとデュアルの2種類がある。

デュアルレーン

例:USB 4 Gen 3×2

高速データ転送&高解像度出力に対応しているため、例外を除き4K60Hz以上はデュアルレーンが必要

シングルレーン

例:USB 3.2 Gen 2×1またはUSB 3.2 Gen 2(記載なし)

基本は4K30Hzまでしか出力できないが、USB 3.2 Gen2のみDisplayPort信号を伝送できる「DP Alt Mode」に対応しており、4K60Hz出力に対応している商品もある。

ただしそれでも最大転送速度は10Gbpsかつ安定性に欠けるので、将来性も考慮するとデュアルレーンがおすすめ

これはケーブル内の導線構造を表しており、違いは以下の通りだ。

シングルレーン項目デュアルレーン
4本導線数8本
しやすい発熱しにくい
受けやすいノイズ受けにくい
安い価格シングルより高い
デスオ

4K60Hz以上のモニターを使うならデュアルレーンを選ぼう

最大映像出力は4K60Hz以上がおすすめ

モニター解像度の比較
規格最大映像出力
USB 4 Gen 3×28K/60Hz/60fps
4K/120Hz/120fps
2K/240Hz/240fps
FHD/500Hz/500fps
USB 4 Gen 2×2
Thunderbolt 4
Thunderbolt 3
ケーブル80cm以下の条件あり
4K/120Hz/120fps
2K/240Hz/240fps
FHD/500Hz/500fps
USB 3.2 Gen 2×2
中華ケーブルが多いため非推奨
4K/60Hz/10bit
2K/120Hz/120fps
FHD/240Hz/240fps
USB 3.2 Gen 2
旧表記:USB 3.1 Gen 2
4K/60Hz/8bit
2K/120Hz/120zfps
FHD/240Hz/240fps
USB 3.2 Gen 1×24K/30Hz
2K/60Hz/60fps
FHD/120Hz/120fps
USB 3.2 Gen 1
旧表記:USB 3.1 Gen1/USB 3.0
2K/30Hz/30fps
FHD/60Hz/60fps

映像出力から判断する場合は、以下の2つだけで良い。
4K 60Hz以上に対応したモニターに接続するなら青い規格
2K以下対応のモニターなら緑色の規格がおすすめだ。

デスコ

USB 3.2 Gen 2はとにかく安いのが魅力よ

最大転送速度は余裕をもたせよう

帯域幅計算

映像出力に必要なデータ転送速度はこちらの帯域幅計算機から算出できる。
USB-Cの規格により、最大転送速度が決まっているため、モニターとパソコンのスペックに応じたものを選ぼう。

規格最大転送速度必要な速度目安
USB 4 Gen 3×240Gbps8K/60Hz/12bit:83.61Gbps
8K/60Hz/10bit:71.66Gbps
8K/60Hz/8bit:59.72Gbps

6K/60Hz/12bit:50.54Gbps
6K/60Hz/10bit:43.32Gbps
6K/60Hz/8bit:36.10Gbps

5K/60Hz/12bit:37.16Gbps
5K/60Hz/10bit:31.85Gbps
5K/60Hz/8bit:26.54Gbps

DQHD/120Hz/12bit:37.16Gbps
DQHD/120Hz/10bit:31.85Gbps
DQHD/120Hz/8bit:26.54Gbps

4K/120Hz/12bit:49.55Gbps
4K/120Hz/10bit:35.83Gbps
4K/120Hz/8bit:29.86Gbps

4K/60Hz/12bit:24.77Gbps
4K/60Hz/10bit:17.92Gbps
4K/60Hz/8bit:14.93Gbps

2K/120Hz/12bit:18.58Gbps
2K/120Hz/10bit:15.93Gbps
2K/120Hz/8bit:13.27Gbps

2K/60Hz/12bit:9.29Gbps
2K/60Hz/10bit:7.96Gbps
2K/60Hz/8bit:6.64Gbps

FHD/120Hz/12bit:10.45Gbps
FHD/120Hz/10bit:8.96Gbps
FHD/120Hz/8bit:7.46Gbps

FHD/60Hz/12bit:5.23Gbps
FHD/60Hz/10bit:4.48Gbps
FHD/60Hz/8bit:3.73Gbps
USB 4 Gen 2×2
Thunderbolt 4
Thunderbolt 380cm以下
40Gbps
81cm以上
20Gbps
USB 3.2 Gen 2×220Gbps
USB 3.2 Gen 2
旧表記:USB 3.1 Gen 2
10Gbps
USB 3.2 Gen 1×210Gbps
USB 3.2 Gen 1
旧表記:USB 3.1 Gen1/USB 3.0
5Gbps
8K=7680×4320|6K=6144×3264|5K=5120×2880
DQHD=5120×1440
4K=3840×2160|2K=2560×1440|FHD=1920×1080

必要なデータ転送速度を見ると、赤字の規格ケーブルのスペック(最大40Gbps)をオーバーしている。
しかし、昨今のパソコンやモニターにはデータを圧縮する技術が搭載されているため、オーバースペックにも対応可能だ。

ディスプレイストリーム圧縮(DSC)後の転送速度

HBR規格の仕組み

データを圧縮する技術「Display Stream Compression(DSC)」は、伝送モードごとに圧縮率が決まっている。

送信側(パソコン)受信側(モニターやドッキングステーション)規格が違う場合は、低い方の圧縮率が適用される。

伝送モード規格
  • HBR3:最大1/3に圧縮|最大81Gbpsまでサポート
    Apple製品はじめ、ハイスペックパソコンやハイエンドモニターに搭載
  • HBR2:最大1/2に圧縮|最大32.4Gbpsまでサポート
    スタンダードモデルのパソコンや安価な4Kモニターの主流
  • HBR1:最大1.5/1に圧縮|最大25.92Gbpsまでサポート
    安価なパソコンや2K以下のモニターに多い
伝送モード本来必要な転送速度→圧縮後
HBR38K/60Hz/12bit:83.61Gbps→約28Gbps
8K/60Hz/10bit:71.66Gbps→約24Gbps
8K/60Hz/8bit:59.72Gbps→約20Gbps

6K/60Hz/12bit:50.54Gbps→約17Gbps
6K/60Hz/10bit:43.32Gbps→約14Gbps
6K/60Hz/8bit:36.10Gbps→約12Gbps

5K/60Hz/12bit:37.16Gbps→約12Gbps
5K/60Hz/10bit:31.85Gbps→約11Gbps
5K/60Hz/8bit:26.54Gbps→約9Gbps

DQHD/120Hz/12bit:37.16Gbps→約12Gbps
DQHD/120Hz/10bit:31.85Gbps→約11Gbps
DQHD/120Hz/8bit:26.54Gbps→約9Gbps

4K/120Hz/12bit:49.55Gbps→約17Gbps
4K/120Hz/10bit:35.83Gbps→約12Gbps
4K/120Hz/8bit:29.86Gbps→約10Gbps

4K/60Hz/12bit:24.77Gbps→約8Gbps
4K/60Hz/10bit:17.92Gbps→約6Gbps
4K/60Hz/8bit:14.93Gbps→約5Gbps
HBR28K/60Hz/12bit:83.61→約42Gbps
8K/60Hz/10bit:71.66→約36Gbps
8K/60Hz/8bit:59.72→約30Gbps

6K/60Hz/12bit:50.54→約25Gbps
6K/60Hz/10bit:43.32→約22Gbps
6K/60Hz/8bit:36.10→約18Gbps

5K/60Hz/12bit:37.16→約19Gbps
5K/60Hz/10bit:31.85→約16Gbps
5K/60Hz/8bit:26.54→約13Gbps

DQHD/120Hz/12bit:37.16→約19Gbps
DQHD/120Hz/10bit:31.85→約16Gbps
DQHD/120Hz/8bit:26.54→約13Gbps

4K/120Hz/12bit:49.55→約25Gbps
4K/120Hz/10bit:35.83→約18Gbps
4K/120Hz/8bit:29.86→約15Gbps

4K/60Hz/12bit:24.77→約12Gbps
4K/60Hz/10bit:17.92→約9Gbps
4K/60Hz/8bit:14.93→約8Gbps

圧縮後であれば、USB-Cケーブルの最大転送速度40Gbps内に収まっている。
これにより、8Kや4K 120Hzなどの高解像度にも対応できる仕組みだ。

複数ディスプレイへの同時出力数は気にしなくて良い

規格最大ディスプレイ同時出力数
USB 4 Gen 3×28K/1台|6K/1台|5K/2台
4K/2台|2K/2台|FHD/2台
USB 4 Gen 2×2
Thunderbolt 4
Thunderbolt 36K/1台|5K/2台
4K/2台|2K/2台|FHD/2台
USB 3.2 Gen 2×24K/2台|2K/2台|FHD/2台
USB 3.2 Gen 2
旧表記:USB 3.1 Gen 2
1台まで
USB 3.2 Gen 1×2
USB 3.2 Gen 1
旧表記:USB 3.1 Gen1/USB 3.0

Thunderbolt規格は4〜5Kまでの2台同時出力に対応しており、USB-C規格は「DP Alt Mode」に対応しているケーブルのみ2台同時出力が可能だ。
しかしケーブルが持つディスプレイ同時出力数が関係するのは、デイジーチェーン接続する場合だけなので、使用機会は限定的である。

Thunderboltデイジーチェーン接続の仕組み

パソコンからモニターへ直接接続すると、パソコン側の画面同時出力数が1台目のメインモニターへ反映される。
この場合、2本とも画面同時出力に対応したケーブルをそれぞれのモニターに接続することで、2台目のモニターはパソコンと直接接続しなくても映像出力が可能だ。

しかし上記デイジーチェーンを利用するには、主にApple製品および一部のモニターでしか使用できない。

また複数のモニターに出力する方法は以下が一般的だ。

パソコンとドッキングステーション経由でモニター接続

このような場合、ハブまたはドッキングステーションとモニターをそれぞれケーブルで接続しているため、ケーブル本体の同時出力数は関係ない。

パソコンとモニター2台直接接続

パソコンとモニターを直接接続する場合も、ケーブルを2本使用すれば同様である。

そのため、ケーブル本体が持つ画面同時出力数はほとんど関係ないため、気にしなくて良いという結論だ。

給電機能はモニター側が100W以上に対応していない

Dell U3223QE給電機能

ノートパソコンを充電しながら利用したい場合、映像出力+電力供給にも対応したケーブルが必要だ。
ここでもう一度、規格を確認してみよう。

USB-C規格
  • USB 4 Gen 3×2|最大240W
  • USB 4 Gen 2×2|最大100W
  • USB 3.2 Gen 2×2|最大100W
  • USB 3.2 Gen 2|最大100W
  • USB 3.2 Gen 1×2|最大60W
  • USB 3.2 Gen1|最大27W
Thunderbolt規格
  • Thunderbolt 4|最大100W
  • Thunderbolt 3|最大100W

2024年6月現在、USB 4 Gen 3のみ、101W以上の給電に対応している。
しかし現状モニター側の給電機能は、最大90W程度しかないため、ノートパソコンの充電なら100Wあれば十分だ。

例えばM1以降のMacBook Pro16インチは、急速充電に140W必要である。
こういった場合、90W給電しながらでも重たい作業していると、バッテリー残量は減っていくということ。

つまり、急速充電に101W以上必要なノートパソコンは、モニター以外から充電する必要がある。

Thunderbolt充電機能

あとはThunderbolt規格は100W充電までしか対応していないことを覚えておけば、こういった適当な商品説明にも騙されなくなるだろう。

ケーブルの長さはモニターの最大可動域を考慮せよ

モニターアーム可動域

モニター位置を動かす前提なら、可動域を考慮してケーブルの長さを選ぶ必要がある。
USB-C規格をモニターケーブルとして利用する場合は、1m以内のものを選ぼう。

規格安定するケーブル長さ目安
USB 4 Gen 3×21m以下
USB 4 Gen 2×2
Thunderbolt 4
Thunderbolt 380cm〜1m以下
USB 3.2 Gen 2×21m以下
USB 3.2 Gen 2
旧表記:USB 3.1 Gen 2
USB 3.2 Gen 1×22m以下
USB 3.2 Gen 1
旧表記:USB 3.1 Gen1/USB 3.0

USB-CおよびThunderbolt規格の安定性は品質に大きく左右されるため、安価なノーブランド製品はケーブルが粗悪品である場合が多い。

そのほか映像信号以外(電力供給PDなど)を送受信する汎用的な規格のため、信号の劣化やノイズの影響を受けやすいのも安定性に欠ける原因の1つだ。

パソコンやドッキングステーションからモニターを1m以上離す予定なら、USB-Cではなく、HDMIやDisplayPortのほうがおすすめ。

コネクタの違い

規格コネクタ
USB 4 Gen 3×2USB-C
USB 4 Gen 2×2
Thunderbolt 4
Thunderbolt 3
USB 3.2 Gen 2×2
USB 3.2 Gen 2
旧表記:USB 3.1 Gen 2
USB 3.2 Gen 1×2
USB 3.2 Gen 1
旧表記:USB 3.1 Gen1/USB 3.0
USB-C
USB-A
Micro USB

現在コネクタはUSB-Cに統一されつつあるが、商品説明にUSB-AやMicro USBと記載されているものは、古い規格(USB 3.2 Gen 1)なので避けよう。

条件別おすすめのUSB-C(Thunderbolt)ケーブルはこれ

さてここまで解説したスペックと価格を考慮したうえで、4K60Hz以上と2K以下用のUSB-CおよびThunderbolt ケーブルを厳選した。

4K 60Hz以上におすすめのUSB-Cケーブル2選

USB-C最新規格でありながら、どちらも2,500円前後で購入できるおすすめケーブル。
日本メーカーなので、保証対応のやり取りもしやすく、謎の中華メーカーより安心できるはずだ。

オウルテック USB4ケーブル

メーカー:オウルテック
規格:USB 4 Gen 3×2
最大映像出力:8K 60Hz
最大転送速度:40Gbps
最大給電:240W
ケーブル長さ:1m
保証期間:1年間
他の方の口コミもみる

給電240Wに対応している唯一の規格でありながら、Thunderboltより安価でコスパが良い。
オウルテックは主にパソコン周辺機器やスマホアクセサリーを販売している会社。
保証も1年あるので、ハズレを引いたら返品&交換してもらおう。
参考:株式会社オウルテック

アドテックUSB 4ケーブル

メーカー:アドテック
規格:USB 4 Gen 3×2
最大映像出力:8K 60Hz
最大転送速度:40Gbps
最大給電:240W
ケーブル長さ:1m
保証期間:1年間
他の方の口コミもみる

こちらも240W給電に対応しているUSB-Cの最新規格。
さきほどのオウルテックと同価格帯なので、その時安い方を買っておこう。
アドテックも主にパソコン周辺機器を取り扱っている会社だ。
参考:株式会社アドテック

コスパが良いThunderbolt 4ケーブル

Intelの認証も受けていて3,000円台で購入できるThunderbolt 4ケーブル。
もっと安いノーブランド製品もあるが、品質に影響を受けやすい規格のため非推奨。

そしてApple純正やBelkin、Ankerなどのメジャーブランドは高すぎるため、価格と保証のバランスを考慮するとこれくらいがちょうど良い。

そのほかケーブルが長くなればなるほどノイズの影響を受けやすいため、モニターケーブルとして利用するなら1m以下にしておこう。

Cable Matters Thunderbolt4ケーブル

メーカー:Cable Matters
規格:Thunderbolt 4
最大映像出力:8K 60Hz
最大転送速度:40Gbps
最大給電:100W
ケーブル長さ:0.3/0.8/1m
保証期間:1年間
他の方の口コミもみる

Cable Mattersケーブル マターズは、米国のパソコン周辺機器メーカー。
30や80cmの短いケーブルも販売されており、この手の製品では珍しく1年保証が付いている。
ただ商品説明や画像にに240W充電と記載されているが、Thunderbolt 4規格の給電は最大100Wなので誤解しないように。
参考:Cable Matters

2K以下におすすめのUSB-Cケーブル2選

1,500円以下で購入できるコスパの良さが売りのUSB 3.2 Gen 2規格。

2世代前の規格だが、2K(2560×1440)なら120Hz、FHDなら240Hzまで対応できるので、ゲームに適したケーブル。

一応4K60Hzにも対応しているが、最大転送速度がギリギリなのもあり、安定性に欠けるため非推奨。

アドテック USB 3.2 Gen2ケーブル

メーカー:アドテック
規格:USB 3.2 Gen 2
最大映像出力:4K 60Hz
最大転送速度:10Gbps
最大給電:100W
ケーブルの長さ:1/1.5/2m
保証:1年間
他の方の口コミもみる

さきほど紹介した日本メーカーアドテックのもの。
ケーブルの長さが3種類あるが、モニターケーブルとして利用するなら必ず「1m」を選ぶこと。

CIO USB 3.2 Gen 2ケーブル

メーカー:CIO
規格:USB 3.2 Gen 2
最大映像出力:4K 60Hz
最大データ転送:10Gbps
最大給電:100W
ケーブルの長さ:1m
保証期間:6ヶ月
他の方の口コミもみる

スマホアクセサリーに強みを持つ日本メーカー。
当初は充電器屋というイメージだったが、最近はケーブル関連も良い製品が多い。
ただ保証期間がアドテックと比べ半年短いので、気になる方はアドテックがおすすめ。
参考:株式会社CIO

USB-Cディスプレイケーブルによくある質問

画面が途切れる原因や対策を教えて

USB-Cケーブル不具合

ケーブルの長さが1m以上のことが多い。

USB-CやThunderbolt規格を映像出力で使用する場合、「1m」までがおすすめ。
長さが足りない場合は、HDMIやDisplayPortケーブルに変更してみよう。

USB-CやThunderbolt規格が接触不良を起こしやすいのはなぜ?

HDMIやDisplayPortは映像出力専用だが、USB-CやThunderboltは「データ転送」や「充電機能」も備わっているためだ。

多機能=複雑な制御が必要になり、安定性に影響を与えている。

そのため、HDMIやDisplayPortでも代替可能なら、あえてこの規格を選ぶ必要はない。

安定しない長さのケーブルが販売されているのはなぜ?

USB-Cは映像出力以外にデータ転送や充電機能としての役割もある。
1m以上のケーブルはそれらの用途に向けて作られており、本来は映像出力に適さない。

もちろん理論上は、2mや3mでも大丈夫と謳っているが、安定しないレビューを覗くとほとんど1m以上だ。

Thunderbolt 4ケーブルを購入したのに4K 120Hzで出力されない

4K 120Hzで映像出力には、パソコンとモニターまたはドッキングステーション(ハブ)も対応している必要がある。

どれか1つ、またはすべて非対応の可能性が高い。

値段によって品質は変わる?

値段は関係ない。

USB-CやThunderboltは不具合を前提に考える必要があり、安価で保証期間が半年以上ある製品がおすすめ。

モニターから電源供給できない

モニターまたはケーブルが電力供給に対応していない可能性がある。

対応モニターにUSB-Cポートが複数ある場合、電力供給に対応しているポートに差しているかを確認しよう。

USB Type-C ディスプレイに映像出力できない

USB-C規格は映像出力に非対応のケーブルもあるため、確認しよう。
USB-Cケーブル4種類について解説

USB Type-C 映像出力ケーブルの見分け方は?

コネクタにEIZO、DP、HDMIなど記載されている製品もあるが、基本は商品説明を確認するしかない。

なおThunderbolt3〜4ケーブルであれば、100%映像出力に対応している。

結論:コスパと将来性を考慮するとUSB 4 Gen 3×2がおすすめ

以上、USB-CとThunderbolt規格をモニターケーブルとして利用する場合の違いを解説した。

ただでさえ複雑なUSB-C規格だが、モニターケーブルとして選ぶ際はさらに難解である。
Thunderbolt規格が必要な方はほとんどおらず、USB 4規格で代替可能だ。

将来性も含め、2,500円前後で購入できる最新規格「USB 4 Gen 3×2」にしておけば間違いないだろう。

結論:条件別USB-Cケーブルのおすすめはこれ
  • その他の規格
    非推奨

USB-CおよびThunderbolt規格は、ノートパソコンおよびドッキングステーション(ハブ)とモニターの距離が1m以内かつ給電しながら外部モニターとして利用したい方におすすめ。

デスオ

HDMIやDisplayPortに比べると安定性に劣るため、他のケーブルで代替できるなら、わざわざUSB-C規格にこだわる必要はないよ

ケーブル関連記事

FLEXISPOT×Yahoo!
セール中おすすめ電動昇降デスク

身長180cm以上におすすめ
身長195cm以下の万人向け

当サイトのE150・E7・E8・E7Qのレビューをみる

セール期間|7月21日 23:59まで

E150とEC5はFLEXISPOTのサブブランド「SANODESK」のもの。

USB-Cモニターケーブルの規格の違いと選び方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると励みになるぜ!!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

※日本語が含まれていないコメントは投稿できません。(スパム対策)

目次