当サイト案内
デスオ
サイト管理人
デスク環境周辺アイテムを発信するサイト。

更新頻度は不定期だが、在宅で快適に過ごせるDIYや環境構築に力を入れている。

1mmでも誰かの参考になれば嬉しい。


→俺の最新デスクツアーをみる

FLEXISPOTデスクの高さを変えずに移動できるカグスベールレビュー

当ページのリンクには広告が含まれています。
カグスベールレビュー

FLEXISPOT×Yahoo!
セール中おすすめ電動昇降デスク

身長180cm以上におすすめ
身長195cm以下の万人向け

当サイトのE150・E7・E8・E7Qのレビューをみる

セール期間|7月21日 23:59まで

E150とEC5はFLEXISPOTのサブブランド「SANODESK」のもの。

FLEXISPOTデスクを移動させたい場合、キャスターを付けるのが一般的だろう。
以前レビューも書いている。
FLEXISPOTキャスターは純正NG|社外品が安くて頑丈でおすすめ

しかしキャスターにはいくつかデメリットがある。

キャスターのデメリット
  • 組み立て後の後付けが困難
  • 床材によって直置きは傷がつく
  • 破損リスク
  • 脱着の手間
  • デスクの高さが上がってしまう(超重要

これらをすべて解消しているのが、デスクの下に敷くだけで動かせるカグスベールだ。

当記事では、カグスベールの魅力とキャスターとの違いを徹底比較した。

カグスベール

メーカー:ニチアス(株)
横幅:7cm
高さ:7mm
カラー:茶色のみ
素材:ナフロン
個数:2個入り×2必要
他の方の口コミもみる

メリット
  • 下に敷くだけで後付けが簡単
  • キャスターより安い
  • 揺れに強い
  • フローリングに直置きできる
  • デスクの高さを上げずに済む
デメリット
  • デスク下に高さを出せない
  • 毛足の長いラグや反発素材、凹凸のある床材には使えない
目次

FLEXISPOT×カグスベールレビュー

カグスベール取り付け方

茶色い面を裏側にして、デスクを持ち上げながら足でスライドさせるだけで設置可能。
簡単に後付けできるのはかなり便利。

FLEXISPOTデスクアジャスター

FLEXISPOTデスクの脚部裏は4つのアジャスターが取り付けてあるので、その下に敷くだけ。
ピッタリにする必要はなく、ある程度噛ませておけば十分滑る。

FLEXISPOT最重量デスク「E7Q-Odin」にモニターやらマウントやらをゴリゴリに積んだ100kg超えデスク。
メーカーの耐荷重は100kgとされているが、110kg超えでも問題なく動かせる。

カグスベールのサイズ感

FLEXISPOTアジャスターとカグスベール上面
アジャスターとカグスベール

FLEXISPOTのE7Q-Odinを除くと、アジャスターの幅6cmに対し、カグスベールは幅7cmとまるで純正品のようにフィットする。

FLEXISPOT E7Q-Odinカグスベール取付

E7Q-Odinのみアジャスターが小さめに作られているがまったく問題ない。

デスクの高さをほぼ変えずに移動できる

カグスベールの厚み

厚みは7mmなので、ほぼ現状の高さを維持したまま移動できる点が非常に大きい。
またキャスターは“点”で支えるのに対し、こちらは“面”で支えるため揺れにも強い。

FLEXISPOTキャスターの高さ

キャスターの場合、一番小さいタイプでも4.5cmあり、デスク本体の高さもその分上がってしまう
後ほどキャスターとの比較でくわしく解説している。

カグスベールの素材

カグスベール

床側は茶色のナフロン素材、デスク側は黒い合成ゴムだ。
1セット2個入りのため、計2セット必要なので間違えないように。

ナフロン素材とは?
  • ニチアス株式会社が商標登録しているフッ素樹脂の1つで、フライパンなどに使用されている「テフロン」とほぼ同じ素材。
カグスベールの特性
  • 耐熱性:60°まで耐えられるので床暖房にも使用可能
  • 耐薬品性:ほとんどの酸、アルカリ、有機溶剤に耐えられる
  • 非粘着性:濡れにくい性質を持っているため粘着や接着することはない
  • 電気絶縁性:優れた絶縁性を備えている
  • 滑らかさ:摩擦係数が低く、滑りが良い
  • 耐候性:紫外線の影響を受けないため経年劣化しない

参考:NICHIASナフロン素材

フローリングの滑り具合はこんな感じ。
想像しているより、スイスイ動かせる。

カグスベールに適した床材

床材サンプル

フローリング、畳、薄いカーペットなど、凹凸がなく硬い床材ならOK。
特にフローリングや畳はキャスターだと傷付いてしまうが、直置きできるのは便利だ。

リーディングエッジジョイントマット

大抵のジョイントマットはクッション性が高いためNGだが、筋トレジム用など硬度が高いものなら問題ない

組み立て後のデスクに敷く方法

カグスベール取り付け方

茶色い面を下にして、デスクの端を持ち上げながら足でスライドさせるだけ。
デスクを持ち上げるのが辛い方は以下の方法をどうぞ。

エアージャッキを使ってデスクを持ち上げる方法

エアージャッキの使い方

エアージャッキをデスクの脚の下に入れたら、手動ポンプで空気をいれる。

エアージャッキ持ち上げ後

脚が浮いたら、隙間にカグスベールを置く。

エアージャッキ空気の抜き方

手動ポンプ上部を押すと空気が抜けるので、一番下まで下がったらエアージャッキを取り出そう。

エアージャッキ2個セット

メーカー:ノーブランド
最大積載量:200kg
素材:TPU
個数:2セット
カラー:ブラックのみ
他の方の口コミもみる

7/21まで|Yahoo!ショッピング超P祭開催中
超PayPay祭の詳細をみる
※.ポイント最大23.5%還元
7/26 1:59まで|楽天お買い物マラソン開催中
セール会場をみる
※.ポイント最大46倍

その他デスク組み立て時の便利な使い方

FLEXISPOT E7Q-Odinの起こし方

FLEXISPOTデスクの組み立て後はこのような手順となる。

電動昇降デスクを半分起す

例えばデスクの位置取りを間違えて、ひっくり返すスペースがないとしよう。
この状態は壁側に起こすため、もう少し手前に移動する必要がある。

カグスベール便利技

そんなときは、カグスベールを天板の端に挟んで動かそう。

電動昇降デスクの側面にエアージャッキを差し込む

デスクが持ち上がらない時は、さきほど紹介したエアージャッキで上げればOK。

カグスベールのデメリット

カグスベールのデメリットは、「使用できない床材があること」、「デスクに高さを出せない」の2つだ。

カグスベールを使用できない床材

反発ラグ
毛足の長いラグ

低反発素材のマットや毛足の長いラグ上では使えない。
柔らかい素材だと、デスクの重みで沈んでしまうため、すべり材の効果がなくなる。
毛足の長い素材もカグスベールの接地面が不均衡になるのでNG。

床材サンプル2

そのほか表面にザラつきや凹凸があるコンクリートやタイルもカグスベールのフッ素樹脂の剥がれに繋がるためNG。

デスクの下に高さを出せない

カグスベールFLEXISPOTデスク装着後の高さ

先ほどはデスクの高さが変わらないことがメリットだと言ったが、反対に高さがないデメリットも解説しておく。

例えば、デスク下にスペースがあれば掃除はしやすい。

FLEXISPOTキャスターメリット

そのほか脚部が浮いたことで、小さめのクランプ類なら挟むことも可能だ。
特に部屋のスペースが限られている方は、こういった収納術は便利だと思う。

IKEA VATTENKAR ヴァッテンカール デスクトップシェルフ

メーカー:IKEA
モデル: VATTENKAR
奥行:49cm
横幅:15cm
素材:スチール
カラー:ブラック/ホワイト
他の方の口コミもみる

7/21まで|Yahoo!ショッピング超P祭開催中
超PayPay祭の詳細をみる
※.ポイント最大23.5%還元
7/26 1:59まで|楽天お買い物マラソン開催中
セール会場をみる
※.ポイント最大46倍

FLEXISPOTにカグスベールとキャスター装着時の高さを比較

カグスベールとキャスター比較

以下で紹介しているFLEXISPOT(SANODESK含む)デスクは、キャスター装着が可能かつ5台(種)レビューしてきた当サイトのおすすめモデルに限定している。

FLEXISPOTデスク昇降範囲
  • EF1:71〜121cm
  • EC5:62〜127cm
  • EJ2:69〜118cm
  • E7:58〜123cm
  • E7 Pro/E8:60〜125cm
  • E7H:63.5〜128.5cm
  • E7Q-Odin:60.5〜125.5cm

上記の値に+天板の厚みを足すこと。
例えば、EF1に3cmの天板を乗せるなら「74〜124cm」になる。

カグスベールモデルキャスター
71.7〜121.7cmEF1高さ48mmタイプ
75.8〜125.8cm
高さ58mmタイプ
76.8〜126.8cm
高さ69mmタイプ
77.9〜127.9cm
62.7〜127.7cmEC5高さ48mmタイプ
66.8〜131.8cm
高さ58mmタイプ
67.8〜132.8cm
高さ69mmタイプ
68.9〜133.9cm
69.7〜118.7cmEJ2高さ48mmタイプ
73.8〜122.8cm
高さ58mmタイプ
74.8〜123.8cm
高さ69mmタイプ
75.8〜124.9cm
58.7〜123.7cmE7高さ48mmタイプ
62.8〜127.8cm
高さ58mmタイプ
63.8〜128.8cm
高さ69mmタイプ
64.9〜129.9cm
60.7〜125.7cmE7 Pro/E8高さ48mmタイプ
64.8〜129.8cm
高さ58mmタイプ
65.8〜130.8cm
高さ69mmタイプ
66.9〜131.9cm
64.2〜129.2cmE7H高さ48mmタイプ
68.3〜133.3cm
高さ58mmタイプ
69.3〜134.3cm
高さ69mmタイプ
70.4〜135.4cm
61.2〜126.2cmE7Q-Odin高さ58mmタイプ
66.3〜131.3cm
高さ69mmタイプ
67.4〜132.4cm

デスクの昇降範囲と推奨身長を参考にした上で、高さを許容できるのであれば、キャスターでも問題ない。
俺は両方使ってみて現在はカグスベールに落ち着いている。

カグスベールによくある質問

デスクが重くて持ち上げられない

デスクの組み立て前にカグスベールを両面テープで付けるのはどう?

非推奨。

電動昇降デスクは重量があるため、そのまま敷くだけでも基本的にカグスベールがズレることはない。

両面テープで取り付けても移動させるときの摩擦で、テープがズレるのであまり意味がないからだ。

カグスベール固定用パーツは必要?

個人的に不要だが、1mmもズラしたくない神経質な方は購入してもOK。

3Dプリンターで作成した個人サイトから販売されている。

傷付け防止効果はある?

カグスベール本体にはないが、床側が汚れていない限り傷は付かない。

例えば汚れた床上でカグスベールを使用すると、床のゴミも一緒に引きずるため、傷になる可能性があるということ。

カグスベールが使える床材は?

床暖房でも使える?

耐熱性は60°あるため使える。

カグスベールは1サイズだけ?

いいえ。

電動昇降デスクに使用できるのは「重量用」だけだが、そのほかにも色々なシリーズが販売されている。

カグスベールの種類

カグスベールのタイプ別をみる

キャスターとどちらがおすすめ?

デスクの高さを上げたくないかつ安定性を重視するならカグスベール。

高くなっても座面高に問題なければキャスターでもOK。
くわしくは以下でレビューしたので参考まで。

結論:FLEXISPOTの高さを変えたくなければカグスベールがおすすめ

以上、カグスベールの魅力とキャスターとの比較を解説した。

俺は両方使ってみてカグスベールが圧倒的におすすめだが、デスクに高さを出したい方はキャスターにしておこう。

どちらも簡単に動かせるので、デスク移動において不便はない。

両者の特性を理解したうえで選択すると良いだろう。

カグスベール

メーカー:ニチアス(株)
横幅:7cm
高さ:7mm
カラー:茶色のみ
素材:ナフロン
個数:2個入り×2必要
他の方の口コミもみる

メリット
  • 下に敷くだけで後付けが簡単
  • キャスターより安い
  • 揺れに強い
  • フローリングに直置きできる
  • デスクの高さを上げずに済む
デメリット
  • デスク下に高さを出せない
  • 毛足の長いラグや反発素材、凹凸のある床材には使えない

これもおすすめ

FLEXISPOT×Yahoo!
セール中おすすめ電動昇降デスク

身長180cm以上におすすめ
身長195cm以下の万人向け

当サイトのE150・E7・E8・E7Qのレビューをみる

セール期間|7月21日 23:59まで

E150とEC5はFLEXISPOTのサブブランド「SANODESK」のもの。

カグスベールレビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると励みになるぜ!!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

※日本語が含まれていないコメントは投稿できません。(スパム対策)

目次