当サイト案内

FLEXISPOT×新生活応援セール
おすすめ電動昇降デスク

公式サイト限定、セール期間中に毎日回せるルーレット で最大3,000円OFFクーポンが当たる。
※.セール価格と併用可能

セール期間| 2月29日 23:59まで!!

デスオ
サイト管理人
デスク環境周辺アイテムを発信するサイト。

更新頻度は不定期だが、在宅で快適に過ごせるDIYや環境構築に力を入れている。

1mmでも誰かの参考になれば嬉しい。


俺のデスクツアー> 見てみる

イーサプライケーブルトレーレビュー|DIYすればE7Q-Odinにおすすめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
イーサプライケーブルトレーレビュー

FLEXISPOT×新生活応援セール
おすすめ電動昇降デスク

公式サイト限定、セール期間中に毎日回せるルーレット で最大3,000円OFFクーポンが当たる。
※.セール価格と併用可能

セール期間| 2月29日 23:59まで!!

万人におすすめできないイーサプライのケーブルトレー

  • 実用性を無視した小さすぎるサイズ…
  • 天板に穴をあけないと設置できない…
  • 1個3,580円、2個セット4,980円という謎の価格設定…

Amazonレビューでは”見た目だけ”と酷評され、発売から3年経っても全然知名度がない。

そんなケーブルトレーをなぜ、FLEXISPOTのフラッグシップデスクの相棒に選んだのか?
答えは単純、”デザイン”と”質感”が圧倒的に美しく、他の追随を許さないからだ。

E7Q-Odinにイーサプライのケーブルトレー取り付け後イメージ

取り付け後はこんな感じ。
神々しい最強デスクにも完全に溶け込んでいる…。
※.ホワイトカラーもアリ

イーサプライケーブルトレーZ金具取り付け後

そのままでは実用性に欠けていたため、DIYをすることで利便性を向上させた。
というよりDIYをしないと使い物にならないので、ECサイトの酷評はある意味正しい。

カゲノデスク配線裏側

ただし4画面モニター環境なので、裏側配線は見た目よりメンテナンス性を重視している。
余分な配線をケーブルトレーの中にぶっこむだけ。

デスオ

オシャレデスクYouTuberみたいなシングルモニター環境なら裏側もこだわってもいいかも?

カゲノデスク2023年

とはいえ、正面からはデスクの電源ケーブルやLANケーブルさえほとんど見えないようにした。
もちろん配線整理方法も合わせて解説している。

FLEXISPOT E7 Pro脚フレーム
脚がコの字のデスク

今回は天板後方のビームバーに設置するので、”E7 Pro“や”E7H“あたりのコの字型脚部なら応用可能。
※.通常の昇降式デスクは中央に支えがある

それでは、実用性皆無だったイーサプライケーブルトレー改造計画をここに記す。

おすすめポイント
  • ホワイトカラーも販売している
  • スチール素材でとても頑強な作り
  • シボ加工とスリム形状が圧倒的に美しい
  • ネジ止めタイプなので天板上にクランプの頭が飛び出さない
注意点
  • DIYしないと利便性がいちじるしくおと
  • 天板幅140cm以上でないと適さない
  • 1個ではケーブルトレーの役割を果たさない
  • 電源タップをトレー内に入れて管理するには小さすぎる
目次

イーサプライケーブルトレーレビュー

DIYで得られるメリット

天板に新しいネジ穴をあけなくて済む

E7Q-Odinビームネジ穴の幅

天板裏を固定する4ヶ所のネジ穴を再利用するため、追加で穴をあける必要がない。

ケーブルトレー同士の距離を近くできるから見栄えが良い

E7Q-Odinにイーサプライのケーブルトレー取り付け後イメージ

ぱっと見、連結しているよう見えてスッキリしているだろう。
DIYをしないと中央に6cmほど隙間ができてしまい、そこだけ配線が見えてしまうのだ。

イーサプライケーブルトレーZ金具の役割

こちらの”Z金具“を取り付けたことで、左右3cmずつ内側にズラしている。

配線メンテナンス性の向上

イーサプライケーブルトレーと電源タップ

ケーブルトレーの上に電源タップを設置したので、デスクの裏に回り込まなくても正面からコンセントの抜差しや配線管理も可能
また天板との間に十分なスペースがあるため、ケーブルトレーの上からも配線を通せる

イーサプライケーブルトレーZ金具と60mmボルト

Z金具4cm
60mm六角ボルト約5.5cm
を活用し、約10cmほど取り付け位置を下げた。

イーサプライケーブルトレー高さ比較

右側は短いボルトで取り付けた例。
高さを出さないとモニターアームのクランプなどとも干渉し、配線整理がやりにくくなる

FLEXISPOT E7−Odinのビーム

特には4脚4モーター式なので、天板を支えるバーも前後に2本あり、これまでの電動昇降デスク(2脚2モーター式)の常識やカスタマイズが通用しない。

サイズとスペック

イーサプライケーブルトレーサイズとスペック
ケーブルトレーの寸法
①横幅:53cm
②ネジ穴の幅:29.5cm
③配線孔(小):1cm
④配線孔(大):5cm
⑤屋根の奥行:6.5cm
⑥内部の高さ:8cm
⑦内部の奥行:10.8cm
⑧ツメの高さ:5cm
⑨本体重量:1.08kg
⑩耐荷重:5kg
イーサプライケーブルトレー電源タップを入れたイメージ

ぶっちゃけ1つでは幅が足りないし、内部も狭すぎて電源タップに充電器やアダプターを差すと外側に飛び出してしまう
というより、物によっては入らない…。

デスコ

大体天板裏にこんなに飛び出したらケーブルトレーの意味がなくない?
モニターアームのクランプのこととか考えてないでしょ?

デスオ

それはある
あと壁ピタでデスク環境を構築している人はそもそも使えないよね

FLEXISPOT電源タップ

そこで電源タップはケーブルトレー外に設置し、トレー内は余分な配線だけを入れるスペースにしてサイズ問題を解決。

FLEXISPOTケーブルトレー

もちろん取り付け位置も天板内に収めている。

デザイン

イーサプライケーブルトレーカラーバリエーション

ブラックとホワイトの2色展開

イーサプライケーブルトレー素材

うっすらシボ加工のスチール素材
これがなかなか良い味を出しており、安っぽさが全然ない。
ついでに指紋も付きにくいメリットもある。

E7Q-Odinにイーサプライのケーブルトレー取り付け後イメージ

2個付け可能。
単品だと3,580円だが、2個セットなら4,980円のため、基本セット買いを推奨

イーサプライケーブルトレー2個付の幅

2個付けは横幅106cm〜となるので、天板の幅は140cm以上は欲しいところ。
かといって1個だと使い物にならないため、小さいデスク環境の方は別製品を検討したほうが良い。

イーサプライケーブルトレー取り付け方の違い

内向き・外向きに対応
内向きだと前方があいているため隙間から配線が見えてしまう…。
かといって外向きに取り付けると、天板外にトレーが飛び出てしまう

イーサプライケーブルトレー取り付け向き

しかーし、今回紹介しているDIYなら外向きで正面から配線を隠しつつ、トレーも天板内に収める良いとこ取り。

イーサプライケーブルトレーをDIYで取り付ける方法

用意するもの

イーサプライケーブルトレー取付工具一覧
ケーブルトレー取付に使用するもの
ハンディ掃除機
①10,000Pa以上のハンディ掃除機
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
電動ドリルドライバー
②10,8V以上の電動ドリルドライバー
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
下穴用ドリルビット3mm
③3mm下穴ドリル
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
鉄工用ドリル5mm
④5mm”六角軸“の鉄工用ドリル
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
バリ取り回転リーマー
⑤バリ取り回転リーマー
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
Z金具
⑥Z金具×4個
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
M5用平ワッシャー
⑦M5用ステンレス平ワッシャー×12個
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
M5六角ナット
⑧M5六角ナット×8個
用途:Z金具とケーブルトレー接続に使用
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
M5ゴムワッシャー
⑨M5用ゴムワッシャー×4個
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
M5×60mm六角穴付ボルト
⑩M5六角ボルト60mm×4本
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
六角ビット
⑪4mm六角ビット
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
小型電動ドライバー
⑫電動ボールグリップドライバー
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
ケーブルバンド
⑬ケーブルバンド
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
E7Q-Odinの場合は、付属してくるため不要
ペイントマーカー
⑭ペイントマーカー
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
サンワサプライ11個口電源タップ
⑮11個口電源タップ
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
STEP

取付部のネジ穴幅を測る

E7Q-Odinビームネジ穴の幅

は30cmだったが、一応他のモデルはネジの穴〜穴までの距離を測っておくこと。
この部分にケーブルトレーを取り付けていく。

STEP

ケーブルトレーにドリルで穴をあける

使用するもの
KREBS電動ドライバー
10.8V以上の電動ドライバー
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
下穴用ドリルビット3mm
3mm前後のドリルビット
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
鉄工用ドリル5mm
5mm”六角軸“の鉄工用ドリル
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
ペイントマーカー
ペイントマーカー
AmazonRakutenYahoo!
バリ取り回転リーマー
バリ取り回転リーマー
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
イーサプライケーブルトレー取り付け向き

最終的に連結させたように見せるため、ドリルの穴あけ位置は”右側”と”左側”で違うので要注意。

イーサプライケーブルトレードリル穴あけ位置

左側は2ヶ所あける必要がある。
右側は既存の穴を利用するため、中央の1ヶ所だけで良い

右側用ケーブルトレーの穴あけ

イーサプライ右側用ケーブルトレー穴あけ

右上の穴から水平30cmのところにペイントマーカーで印をつける。

ケーブルトレー3mmドリル穴

印のところにまずは3mmドリルで小さい穴をあける。

ケーブルトレー5mmドリル穴

続いて5mmドリルで穴を広げる。

回転リーマーバリ取り

回転リーマーをでドリル穴の上から挿し込み、回転させながらバリを取る。

左側用ケーブルトレーの穴あけ

イーサプライ左側用ケーブルトレー穴あけ

左側“は右上の既存穴が使えないため、2ヶ所あける必要がある。

イーサプライ左側用ケーブルトレー穴あけ寸法

左側から10mm
上側から9mm
の位置に印をつける

イーサプライ左側用ケーブルトレー穴あけ幅

左側の穴から水平30cmのところに、2つ目の穴をあける。

イーサプライケーブルトレー2個セット穴あけ位置

これで左右のケーブルトレーを並べた時、このような穴の位置となる。

STEP

ケーブルトレーにボルトを取り付ける

使用するもの
M5×60mm六角穴付ボルト
M5×60mm六角穴付きボルト×4本
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
M5用平ワッシャー
M5用ステンレス平ワッシャー×6個
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
M5ゴムワッシャー
M5用ゴムワッシャー×4個
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
M5六角ナット
M5六角ナット×6個
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
Z金具
Z金具×2個
Amazon|→Rakuten|Yahoo!
イーサプライのケーブルトレーと60mmボルト

俺は60mmボルトを使ったが、このボルトの長さ分だけケーブルトレーと天板の間にスペースを作れる。

イーサプライケーブルトレーボルトサイズ

ただケーブルトレー内は高さ8cmしかないため、それ以上は内側からボルトを通せなくなってしまう
なので変更するなら50〜70mmくらいがおすすめ。

デスコ

逆に40mm以下は、取り付けがかなり難しくなってしまうから非推奨よ

デスオ

それに後述する電源タップ位置との兼ね合いもあるから50〜70mmがベスト

イーサプライケーブルトレーボルト取り付け

ボルトにゴムワッシャーを通してから、ケーブルトレー内側から挿し込む。
.緩衝材の役割

イーサプライケーブルトレーナット取り付け

両方のボルトにM5ナットを通しておく。

イーサプライケーブルトレーにZ金具取り付け

端のボルトにだけZ金具を取り付ける。
※.デスクへの取り付けが楽になるため。

イーサプライケーブルトレーにZ金具取り付け方

Z金具は以下の順番で挟む。
平ワッシャー→②Z金具→③平ワッシャー→④M5ナット
※.ナットの位置はボルト先端が隠れるくらいがおすすめ

イーサプライケーブルトレーZ金具取り付け後

反対側のケーブルトレーも同じように端のボルトにだけZ金具を取り付ける。
最終的にこの形になっていればOK。

STEP

Z金具をデスクに取り付ける

使用するもの
小型電動ドライバー
電動ボールグリップドライバー
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
六角ビット
4mm六角ビット
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
M5用平ワッシャー
M5用ステンレス平ワッシャー×2個
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
M5六角ナット
M5六角ナット×2個
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
Z金具
Z金具×2個
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
E7Q-Odinビームネジ穴の幅
デスク固定ボルトを外す

4mmビット小型ドライバーで、天板後ろ側を固定している4本のボルトを外す。
※.すぐ使うので、近くに置いておいてね

ビームバー中央左側Z金具取り付け
ビームバー中央右側Z金具取り付け

Z金具を左右の内側に取り付ける。

デスクにZ金具を固定する

先ほど外したボルトをそのまま使用。
Z金具とボルトの間に平ワッシャーを挟むのを忘れないように。

STEP

ケーブルトレーを取り付ける

使用するもの
小型電動ドライバー
⑪電動ボールグリップドライバー
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
六角ビット
4mm六角ビット
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
Z金具
Z金具×2個
Amazon|Rakuten|→Yahoo!
M5用平ワッシャー
M5用ステンレス平ワッシャー×4個
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
M5六角ナット
M5六角ナット×2個
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
イーサプライケーブルトレーZ金具の固定方法

天板を固定していたボルトに平ワッシャーを噛ませたら、Z金具の下から通す。

イーサプライケーブルトレーZ金具の固定方法
イーサプライケーブルトレーZ金具の固定方法

ケーブルトレーを片手で押さえながら、端のネジ穴に小型ドライバーZ金具を取り付ける。

イーサプライケーブルトレーZ金具片側取り付け後

端のZ金具取り付け後は中央のボルトが浮いた形となる。

イーサプライケーブルトレー中央Z金具取付方法

あらかじめ取り付けていた中央のZ金具の下からボルトを通して、上から平ワッシャーM5六角ナットの順に締める。
※.反対側も同じように取り付けよう

デスコ

ナットの取り付けに工具は使わなくていいのかしら?

デスオ

うん、いらないよ。
高さ調整やトレー本体を取り外す時にさっとできるようあえて”手締め“にしてるんだ

イーサプライケーブルトレーZ金具の外し方

①下側のナットを緩める
②ボルトを上に持ち上げる
③上側のナットを緩める
の順に行えば、簡単に調整可能。

STEP

配線をケーブルバンドでまとめる

使用するもの

  1. ケーブルバンド
    ケーブルバンド
    Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
    E7Q-Odinの場合は、付属のものを使用
ケーブルバンドでまとめる

配線はケーブルバンドで、各配線ごとにまとめておいた方が圧倒的に管理がラク。

ケーブルバンドの使い方

ベルトタイプのケーブルバンドは、外しやすいよう切れ目の中には通さず、緩めの平巻きにしておくのがおすすめ。

マグネットクリップ

ちなみに以前マグネットバンドも使ってみたが、挟むだけなので配線をまとめるのはこっちのがラクだった。
ただケーブルトレー内や配線同士がくっついてしまうため、電源ケーブル類をまとめるには使い勝手が悪く、非推奨。

STEP

配線をトレイの中にぶちこんだら完成

カゲノデスク配線裏側

俺は前から見えなきゃ良いんで、適当にぶっこんでる。
前はキレイに整えてたけど、結局ケーブルが増えたりするたびに構成考えたりする必要があるから、逆に効率悪いと結論付けた。

カゲノデスク2023年

裏側はあんなだけど、デスクを上げても前からはほとんど見えないから良しとしている。

イーサプライケーブルトレーと一緒に購入した物

サンワサプライ11個口電源タップ

サンワサプライ11個口電源タップサイズ

電源タップといえばエレコムが有名だけど、サンワサプライのコイツはありそうでなかったサイズ感。
11個口(大抵は10個口)あるのも良いし、3Pプラグ(モニタースピーカーや照明の電源でよく使われている)にも5個口対応しているのも素晴らしい。

E7Q-Odin電源タップ取り付け位置

なによりこのスリム形状のおかげで、天板を支えるバーの内側に設置できる。

FLEXISPOT電源タップ

今回紹介したケーブルトレーの取付方法なら、大きめのアダプターや充電器を取り付けてもデスクの正面から配線を管理が可能。

FLEXISPOT電源タップ取付方法

一応マグネット付きの電源タップだが、磁力が弱いので左右をケーブルバンドで固定するのがおすすめ。

サンワサプライ11個口電源タップ

エレコム6個口電源タップ

エレコムマグネット付き6個口電源タップサイズ

11個口じゃ足りない方にサブとしておすすめしたいのがエレコムのマグネット付き6個口電源タップ
電源はメインの電源タップから取るため、コードの長さは1mがおすすめ。

エレコムマグネット付き6個口電源タップ裏側

こちらは先ほどのサンワサプライと違い、マグネットが超強力なのでデスクの金属部分ならどこにでも貼れるし、まったくズレない。

エレコムマグネット付き6個口電源タップ取り付けイメージ左側
エレコムマグネット付き6個口電源タップ取り付けイメージ右側

俺はデスクを支えるバーの左右に貼り付けている。
こちらも挿込口を前側にすることで、調整時にデスク裏に行かなくて良いようにした。

エレコムマグネット付き6個口電源タップ取り付けイメージ正面

デスクの前から覗くとこんな感じ。
水平に取り付けてもマグネットだけで余裕で保持している。

エレコム6個口電源タップ

ケーブルバンド

ケーブルバンド

説明不要。
ケーブル類をまとめるのに絶対に使うものだから、とりあえず束で買っておけばOK。

ケーブルバンドの使い方

パナソニックのローリングタップ

Panasonicローリングタップ

コイツも電源周りの調整をするなら定番中の定番。
挿込口が左右に180度回転するため、絶妙な角度でコンセントを挿すことができる。

Amazonのブラックカラーはちょっちゅう売り切れるから、在庫のある時に買っておくのがおすすめ
ホワイトもある。

壁紙モール

カゲノデスク2023年

昇降デスクなのに電源コードがまったく垂れてないのは、壁紙モールのおかげ。

昇降デスクの電源コードと壁紙モール

壁紙モールの中に延長コードを通して、昇降デスクの電源は上から取っている。

LANケーブルはこんな感じで繋げた。

壁紙モール曲がり

曲がり部分とモールの質感。
ウチの壁紙に一番似てるヤツにしたけど、壁紙モールは色々あるからお好きなのをどうぞ。

一応俺が使ったヤツはこれ
ELPA 壁紙モール フラット 1号
ELPA 壁紙モール ミニマガリ

幅15mmはがせる両面テープ

ニトムズはがせる両面テープラインナップ

壁紙モールの両面テープは基本剥がせないタイプなので、こちらのはがせるタイプを使うのがおすすめ。
ラインナップの中から”強力固定用“を選ぶこと。

ネジ固定式の延長コード

エレコム延長コード

デスクの電源を挿すものなので、どうしても昇降時は差込口に一定の負荷がかかってしまう
ネジ穴の付いたこちら延長コードであれば、ガッツリ固定できるのでおすすめ。

エレコム延長コードネジ固定

ただし付属のタッピングネジでは、サイズも大きく壁に穴があいてしまうためNG

ロングチェス画鋲

ロングチェス画鋲

そこで使ったのが、穴も目立たないロングチェス画鋲
針長が2cmあるため固定力も強い、頭が細く差込口にも接触しない、持ち手があるから抜差しもしやすい
一般的な円形画鋲だと差込口に頭が接触してしまうのでNG。

結論:電源タップとケーブル収納は分けて考えるのが大事

以上、イーサプライのケーブルトレーをレビューした。

そのままだと全く使い物にならなかったケーブルトレーだが、DIYすることでかなり使いやすくなったと自負している。

見た目はその辺のケーブルトレーとは一線を画す仕上がりだから、サイズ問題で選択肢から外れていた方はご参考まで。

おすすめポイント
  • ホワイトカラーも販売している
  • スチール素材でとても頑強な作り
  • シボ加工とスリム形状が圧倒的に美しい
  • ネジ止めタイプなので天板上にクランプの頭が飛び出さない
注意点
  • DIYしないと利便性がいちじるしくおと
  • 天板幅140cm以上でないと適さない
  • 1個ではケーブルトレーの役割を果たさない
  • 電源タップをトレー内に入れて管理するには小さすぎる

FLEXISPOT×新生活応援セール
おすすめ電動昇降デスク

公式サイト限定、セール期間中に毎日回せるルーレット で最大3,000円OFFクーポンが当たる。
※.セール価格と併用可能

セール期間| 2月29日 23:59まで!!

イーサプライケーブルトレーレビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると励みになるぜ!!
  • URLをコピーしました!

記事の感想や質問はこちらからどうぞ

コメント入力欄

※日本語が含まれていないコメントは投稿できません。(スパム対策)

目次