当サイト案内

FLEXISPOT公式×SPセール
おすすめ電動昇降デスク

セール期間|5月31日 23:59まで!!

当サイトの→E7・E8・E7Qのレビューをみる
そのほか、天板単体 も20〜30%OFFセール中

デスオ
サイト管理人
デスク環境周辺アイテムを発信するサイト。

更新頻度は不定期だが、在宅で快適に過ごせるDIYや環境構築に力を入れている。

1mmでも誰かの参考になれば嬉しい。


最新デスクツアー> 見てみる

マグネットケーブルで急速充電するならこの片側巻き取り一択

当ページのリンクには広告が含まれています。
デスクの充電革命マグネットケーブルはこれを買え

FLEXISPOT公式×SPセール
おすすめ電動昇降デスク

セール期間|5月31日 23:59まで!!

当サイトの→E7・E8・E7Qのレビューをみる
そのほか、天板単体 も20〜30%OFFセール中

あなたはデスク周りの充電ケーブルをどう管理しているだろうか?
効率厨の方はとっくにマグネット式ケーブルに変えているはずだ。

抜き差しの手間がはぶけるのは、人生100年時代、数万回の動作がなくなることを意味する。

マグネット式充電はショートする可能性も示唆しさされているが、可能性の話をしだしたら、利便性や創作性を追求できない。

さて、デスク周りをマグネット式充電で統一したものの、あまったケーブルが邪魔だと感じたことはないだろうか?

ケーブルを見せないために、なにかに巻き付けたり、無駄に迂回させたり、短いケーブルにしたり、色々試行錯誤してきたはずだ。

今回紹介するのは、片側巻き取りケーブルとマグネットアダプタを組み合わせて管理する方法である。

紹介する充電ケーブルの条件
  • 最大出力は60Wまで
  • ケーブルを伸ばせるのは120cmまで
  • マグネット充電に対応しているのはType-C端子のみ
充電ケーブルホルダー

充電条件に問題がなく、現在デスク上のケーブルを画像のように管理しているなら参考になるはず。

ケーブル設置後のイメージ

Amazonの口コミをみる

5/31 9:00〜Amazonスマイルセール開催予定
キャンペーン事前エントリーページへ
最大8%ポイントアップ

マグネット式アダプタ

Amazonの口コミをみる

目次

片側巻き取りケーブルとマグネットアダプタの組み合わせが革命的な理由

片側巻き取りスタンドとマグネットアダプタ

メジャーのような片側巻き取りケーブルマグネットアダプタを噛ませることで、収納できるマグネット充電環境が完成する。
まず片側巻き取りであることが重要
両側タイプは持ち運び用としては便利だが、巻き取りの特性上、本体の位置を固定できないからだ。

デスコ

この巻取りケーブル自体はかなり前からあって以前レビューしているのだけど、その頃はUSB-A to Cケーブルだったのよね

デスオ

そうそう
それが今回のはC to Cケーブルになってるから、急速充電にも対応しているんだ

片側巻き取りケーブルを固定し、Type-C端子にマグネットアダプタを取り付ける。
充電したいデバイスにマグネットコネクタを挿し込んだら、あとはパチっとはめるだけ。
ケーブルの抜き差しが不要になるので、ストレスフリー。
ケーブルに負荷もかからなくなるため、断線のリスクもほぼない。

片側巻取りケーブルの取り付け位置
片側巻取りケーブルの取り付け位置

俺はFLEXISPOTの引き出し側面と上部に2つずつ設置した。
ごらんの通り、収納時はまったくケーブルが見えない…。
デスク周りの配線にこだわってきた方なら、これがいかに革命的かわかるはず。

片側巻き取りケーブルの取り付け方法

片側巻き取りケーブルと面ファスナーの取り付け方法

引き出しの側面には、面ファスナーで固定している。
この方法は貼るだけなので、どこにでも応用可能。

片側巻き取りケーブルデスク固定方法
片側巻き取りケーブルデスク固定方法

もう一つは4脚4モーター昇降デスク限定だが、巻き取りケーブルの上部に滑り止めシールを貼る。
その状態で引き出し上部のスペース前側のモーターの間に押し込むとぴったりハマるのだ。
これは偶然の産物とはいえ、置き場としてかなり気に入っている。

FLEXISPOT E7Q-Odinモーター位置

ちなみに4脚4モーターのデスクはこのような形状をしている。
前側にもモーターがあるため、片側巻き取りケーブルを挟むことができた。

FLEXISPOT S01カラー展開

引き出しの上部はこんな感じ。
本体の容量もさることながら、上部にも約9cmのスペースがある
デスクに直付けするタイプの中で、ダントツ利便性をほこる引き出しだ。

台座での固定はNGっぽい

片側巻き取りケーブル台座

片側巻き取りケーブルは、ネジ止め用の台座も付属してくるが、Amazonレビューにツメがすぐ曲がるとの報告が上がっている。
そもそもネジ止めだと取り付け位置を気軽に変更できないため、やはり貼るだけの面ファスナーがおすすめ。

ケーブルは最大120cmまで伸ばせる

片側巻き取り充電ケーブルの長さ

デスク周辺なら120cmあれば十分だろう。
ただし固定側は38cmしかないため、俺は電源タップとの間に30cmの延長ケーブルを噛ませている。
このへんは電源タップまでの距離に合わせて調整しよう。

片側巻き取り充電ケーブルと延長ケーブル
片側巻き取り充電ケーブルと延長ケーブル正面

正面とサイドから見たイメージだ。
電源タップをデスク正面向きに取り付けることで、普段の配線調整は、裏側に回ることなくできるのもポイント。

電源タップの向き

巻き取りは強力なので手放しはNG

ケーブルはかなり勢いよく戻るため、手放しは非推奨。
戻す時は、手で持ちながらがおすすめだ。

Lightningの変換アダプタは紛失防止バンド付きがおすすめ

紛失防止クリップ付きLightning変換アダプタ

Lightningの充電も必要なら紛失防止バンド付きを一つ噛ませせておくと便利。
いちおうLightning用のマグネット端子もあるのだが、10個以上買ってみてすべて1ヶ月以内に充電できなくなったので非推奨

紛失防止クリップ付きLightning変換アダプタ取り付けイメージ

ケーブル収納時はこんな感じなので、使うときに挿し変えるだけ。
ただ現在利用中のiPhone13 miniはワイヤレス充電にしているため、ぶっちゃけほとんど出番はない。

最大60W出力あれば大抵のデバイスは余裕

片側巻き取りケーブル直挿し電流電圧テスター
片側巻き取りケーブルマグネットアダプタ電流電圧テスター

画像はiPad Pro 第4世代 12.9インチの電流電圧チェッカーの結果。
急速充電(30W出力)するには、45W以上の出力が必要だが、30W近く出ているので問題なし。

ただ昨今のノートパソコンは、急速充電に65W以上必要だったりするため、ノートの充電は厳しい。

デバイス別急速充電に必要なワット数

Apple製品をはじめ、代表的なデバイスをいくつか上げておく。

製品急速充電に必要なワット数
M2以降のMacBook Air65W以上
M2以降MacBook Pro100〜140W以上
iPad Pro12.9インチ45W以上
その他のiPad30W以上
iPhone 12以降20W以上
Google Pixel 6 Pro以降30W以上
その他のGoogle Pixel20W以上
デスコ

ノートパソコン以外なら大丈夫そうね

片側巻き取りケーブルとマグネットアダプタの充電時間を計測

ここでは我が家にあるデバイスで、充電時間を計測してみた。
どれもかなり使い込んでいるため、新品と比べバッテリーがヘタっていることは考慮してほしい。

Apple製品多めだが、ご参考まで。

MacBook Air M1 の充電時間

充電時間充電回復値
5分6%
10分13%
30分42%
1時間73%
1時間30分92%
1時間45分97%
1時間51分100%

iPad 12.9インチ第4世代の充電時間

充電時間充電回復値
5分6%
10分12%
30分35%
1時間68%
1時間30分89%
1時間45分95%
2時間5分100%

iPad mini 第6世代の充電時間

充電時間充電回復値
5分5%
10分12%
30分36%
1時間69%
1時間30分90%
1時間45分95%
2時間5分100%

Google Pixel 7aの充電時間

充電時間充電回復値
5分9%
10分16%
30分39%
1時間68%
1時間30分90%
1時間55分100%

iPhone13 miniの充電時間

充電時間充電回復値
5分16%
10分25%
30分56%
1時間83%
1時間30分93%
1時間55分96%
2時間10分97%
2時間15分100%

ケーブルレス充電環境を作るために必要なもの

それではここまで紹介したアイテムに加え、充電環境の構築に必要なガジェットを列挙していく。

片側巻き取りケーブル

今回の目玉商品。

巻き取りケーブルは数あれど、片側巻き取り、正方形で接地面積が広い、ケーブルを120cmまで伸ばせる、最大60W充電に対応など、もろもろの条件をクリアしているのは2024年4月時点だとこれだけ。

60W以下の充電環境で問題なければ、万人におすすめしたい。

Amazonの口コミをみる

5/31 9:00〜Amazonスマイルセール開催予定
キャンペーン事前エントリーページへ
最大8%ポイントアップ

マグネット式アダプタ

片側巻き取りケーブルだけでは、最高の充電環境は完成しない。
このマグネットアダプタと合わせて使うからこそ本領を発揮するのだ。

注意点は、60W出力に対応しているものを選ぶこと。
最近では240W出力対応などの商品も出てきているが、まだまだ価格が高めなので、100Wくらいで探すと手頃なものがある。

以下は100W対応してるモノ。
ちなみにマグネットコネクタ(先端部)もセットで付いてくる

マグネット式アダプタ

Amazonの口コミをみる

5/31 9:00〜Amazonスマイルセール開催予定
キャンペーン事前エントリーページへ
最大8%ポイントアップ

マグネット式コネクタ

上記はアダプタとコネクタのセット売りだが、コネクタ単体でも販売されている。
Type-C端子のデバイスであれば、コネクタを挿し込めば、マグネット充電に対応。

アダプタのセット販売は、片側巻き取りケーブルと同じ数を揃え、足りない分はコネクタだけ購入すればOK。
注意点は、24ピンタイプを選ぶこと。

24ピン マグネットコネクタ

Amazonの口コミをみる

5/31 9:00〜Amazonスマイルセール開催予定
キャンペーン事前エントリーページへ
最大8%ポイントアップ

面ファスナー

片側巻き取りケーブルと面ファスナーの取り付け方法

片側巻き取りケーブルを貼り付けて設置するなら、こちらの面ファスナーがおすすめ。

4年くらい前に購入したものだが、マジックテープの噛み合わせもテープの接着力も強く気に入っている。

両面テープで固定したほうが仕上がりキレイじゃない?と思ったあなた、テープとは接着の強度がまるで違うので、頻繁に触れるような箇所には面ファスナーが最適なのだ。

UZIPALマジックテープ

Amazonの口コミをみる

5/31 9:00〜Amazonスマイルセール開催予定
キャンペーン事前エントリーページへ
最大8%ポイントアップ

延長ケーブル

片側巻き取り充電ケーブルと延長ケーブル正面

延長ケーブルは60W出力に対応しているものを選ぼう。

こちらのAnkerケーブルは、30cm、90cm、1.8m、3mと4つ長さが用意されている。

ただあまり長いと延長ケーブル自体の取り回しも考える必要があるため、30か90cmで届く場所に電源タップを設置したいところ。

Anker Type-C 60W延長ケーブル

Amazonの口コミをみる

5/31 9:00〜Amazonスマイルセール開催予定
キャンペーン事前エントリーページへ
最大8%ポイントアップ

電源タップ

電源タップの向き

電源タップはメインとサブで分けるのがおすすめ。

メインはパソコン電源など、普段触らないプラグをまとめておき、サブに充電関係など入れ替えがありそうなプラグをまとめると管理がラク。

エレコムのコイツは、強力なマグネットが内蔵されているため、デスクの脚などスチール製の場所に貼り付けできるのがポイント。

エレコムマグネット付き6個口電源タップサイズ

Amazonの口コミをみる

5/31 9:00〜Amazonスマイルセール開催予定
キャンペーン事前エントリーページへ
最大8%ポイントアップ

充電器65W

1ポートで管理するなら、65W出力の充電器が必要だ。
現在は超小型化されており、個人的に見た目と性能のバランスが一番取れていると思うのが45Wと65W。

今回は片側巻き取りケーブルが60Wまで対応しているので、65Wがおすすめ。

エレコム 65W充電器

Amazonの口コミをみる

5/31 9:00〜Amazonスマイルセール開催予定
キャンペーン事前エントリーページへ
最大8%ポイントアップ

充電器100W

2ポート以上ある100Wなら45Wと30Wの出力も可能。
俺の場合は、45W以上の出力は必要ないためこっち。

充電器は現在の環境から考えるより、今後なにかを追加しても対応できるように、少し余裕を持ったものを選ぶのがおすすめ。

ちなみに、ここではエレコムの充電器を紹介しているが、充電器は聞いたことがないメーカーじゃなければ、好きなブランドから選べばOK。

エレコム100W充電器

Amazonの口コミをみる

Lightningバンド付き変換アダプタ

バンド付きの変換アダプタなら、片側巻き取りケーブルに付けたまま管理できるので便利。
また20W出力に対応してるものを選べば、急速充電も可能。

紛失防止クリップ付きLightning変換アダプタ

Amazonの口コミをみる

そのほかデスク周辺で使っている充電器

ワイヤレス充電器

エレコム 7.5Wワイヤレス充電器

MagSafe(最大15W)は白しかないため、エレコムの黒を購入。
俺のは結構前のやつだから最大7.5W出力だが、最近はQi2(最大15W出力)規格も販売されている。

iPhoneのワイヤレス充電出力は、12〜13 miniのみ最大12Wそのほかの12以降(SE除く)は15Wに対応している。
ただ出力が大きくなればそれだけ熱を持つため、ながら充電をする方は7.5Wのほうが安心かも

エレコム ワイヤレス充電器ワット数

電流電圧チェッカーの数値だと、9W前後出てている。
この手の安物チェッカーは、1〜2割の誤差は当たり前なので、あくまで目安程度に。

とはいえ、ケーブル充電に比べるとまだまだ遅いからスピード重視の方には向かない商品
あとQi2との価格差も倍以上あるから、目的に合わせて選ぶと良い。

7.5W出力

エレコム 7.5Wワイヤレス充電器

Amazonの口コミをみる

5/31 9:00〜Amazonスマイルセール開催予定
キャンペーン事前エントリーページへ
最大8%ポイントアップ

15W出力

エレコム 15Wワイヤレス充電器

Amazonの口コミをみる

LUMIXカメラのバッテリー充電器

LUMIX カメラバッテリー用充電器

カメラバッテリーの充電器もデスクの端にちょこんと置いている。
俺のカメラはS5IIXなので、LUMIX純正の充電器を別途購入した。

デスオ

安い互換充電器もたくさんあるけど、何かあったら嫌なので、バッテリー含め純正にしている

LUMIX カメラバッテリー用アダプタの置き場所

アダプターはFLEXISPOT引き出しの上部スペースに置いて、ブラケットに剥がせる両面テープで取り付けている。

LUMIX カメラバッテリー用充電ケーブル

あまったケーブルは、デスク脚の側面にマグネットクリップで固定して調整。

純正充電器

LUMIX カメラバッテリー用充電器 DMW-BTC15

Amazonの口コミをみる

5/31 9:00〜Amazonスマイルセール開催予定
キャンペーン事前エントリーページへ
最大8%ポイントアップ

純正バッテリー

LUMIXカメラ用純正バッテリー

Amazonの口コミをみる

結論:片側巻き取りケーブルとマグネットアダプタはデスクの充電環境に革命を起こす

以上、デスク周りの充電環境を改善する方法を紹介した。

充電速度だけでいえば、もっと早いケーブルはごまんとある。
しかし片側巻き取り、60W出力、ケーブルを120cmまで伸ばせるとなると、唯一無二の商品。

60W出力で十分なら、デスクの充電ケーブル周りがかなりスッキリするはず。

これもおすすめ

FLEXISPOT公式×SPセール
おすすめ電動昇降デスク

セール期間|5月31日 23:59まで!!

当サイトの→E7・E8・E7Qのレビューをみる
そのほか、天板単体 も20〜30%OFFセール中

デスクの充電革命マグネットケーブルはこれを買え

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると励みになるぜ!!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

※日本語が含まれていないコメントは投稿できません。(スパム対策)

目次