当サイト案内
デスオ
サイト管理人
デスク環境周辺アイテムを発信するサイト。

更新頻度は不定期だが、在宅で快適に過ごせるDIYや環境構築に力を入れている。

1mmでも誰かの参考になれば嬉しい。


→俺の最新デスクツアーをみる

PC作業の有線LANケーブルの選び方|おすすめカテゴリはCat6a

当ページのリンクには広告が含まれています。
パソコン作業用有線LANケーブルの選び方とおすすめ

FLEXISPOT×Yahoo!
セール中おすすめ電動昇降デスク

身長180cm以上におすすめ
身長195cm以下の万人向け

当サイトのE150・E7・E8・E7Qのレビューをみる

セール期間|7月21日 23:59まで

E150とEC5はFLEXISPOTのサブブランド「SANODESK」のもの。

USBケーブルに負けず劣らず、わかりにくい仕様のLANケーブル…。
いつ、どこで、だれが、なにを目的に、なぜ、どのように規格を考えたのか、小一時間詰めたい気分だ。

そしてUSBよりタチ悪いなと思ったのが、現状使えない(意味がない)ケーブルもそこら中で販売されていること。
しかも怪しい中華製品だけでなく、日本の大手メーカー製品のものまでごまんとある…。

当記事では備忘録も兼ねて、パソコン作業に必要な有線LANケーブルの選び方をわかりやすく解説した。

結論はこれ

LANケーブル項目選び方
カテゴリ
超重要
Cat6a
※.ただしコンセントLANの対応値が速度の上限
ケーブルの長さ
やや重要
少し長めにする
ケーブル形状10ギガ回線
スタンダード
1ギガ回線
スリムまたはフラット
コネクタ形状RJ45
PoE対応必要なし

それに加えて、ルーター側のLAN(WAN)ポートも1Gbps以上に対応している必要があるため、注意しよう。
もちろんケーブルを隠す方法も後半で解説している。

コンセント用LANケーブル

サンワサプライコンセントLAN用ケーブル

メーカー:サンワサプライ
カテゴリ:Cat6a
形状:スタンダード
長さ:0.2/0.5/1/2/3/5m
カラー:ブラック
他の方の口コミもみる

7/21まで|Yahoo!ショッピング超P祭開催中
超PayPay祭の詳細をみる
※.ポイント最大23.5%還元
7/26 1:59まで|楽天お買い物マラソン開催中
セール会場をみる
※.ポイント最大46倍

パソコン用LANケーブル

サンワサプライメッシュLANケーブル

メーカー:サンワサプライ
カテゴリ:Cat6a
長さ:0.5/1/2/3/5/10m
カラー
ブラック&ホワイト
ブラック&レッド
他の方の口コミもみる

目次

パソコン作業におすすめの有線LANケーブルはCat6a

LANケーブル通信速度の違い

Catとはカテゴリと呼ばれる通信規格のこと。
2024年4月現在、最新は「8a」だが、7以降はまだケーブルを活かせる通信環境(回線)が整っていない…。

通信規格通信速度伝送帯域
Cat5e1Gbps125MHz
Cat6250MHz
Cat6a10Gbps500MHz
Cat7600MHz
Cat7a1000MHz
Cat840Gbps2000MHz
Cat8a400Gbps2400GHz

通信速度がもっとも重要な指標になるため、光回線の10ギガ契約しているなら、Cat6aが好ましい。
また現在1ギガ契約の方も、将来10ギガに乗り換えた場合も考慮すると「Cat6a」が良いよという話。

伝送帯域は気にしなくてOK

伝送帯域は、値が大きいほどたくさんのデータを送れる指標
データが通る道の広さと考えるとわかりやすいはず。

通信速度ほど影響はないため、気にしなくて良い。

コンセントLANの対応値以上の速度は出ないので注意

コンセントLANのカテゴリ表記

古いコンセント、ルーター、パソコンを利用している方は、そもそも通信規格がCat6a以下しか対応していない場合もあるため、コンセントおよびデバイス側の対応規格は必ず調べておくこと。
ちなみに我が家のコンセントLANはCat5eまでしか対応していない…。

コンセントLANの仕組み

例えば、コンセントLANがCat5e対応の場合ルーターとパソコンをCat6以上で接続しても、Cat5e相当の速度しか出ないので要注意。

デスコ

通信規格(Cat)の互換性はないのかしら?

デスオ

あるんだけど、対応規格が違うケーブルを接続すると、本来の通信速度が出なかったり、接続不良を起こすこともあるから、なるべく規格は合わせたほうが良いんだ

コネクタの罠

LANケーブルコネクタの種類

もう一つ大事なのが、コネクタ形状だ。
大きく分けると4種類あるので、それぞれの特徴をみていこう。

コネクタ形状用途
RJ45もっとも一般的なコネクタで、8つの端子を接続するタイプ。
日本市場に出ているLANケーブルの99%はこれだと思って差し支えない。
家庭用コンセントもRJ45設計の場合がほとんど。
Cat6aまでサポートしている。
GG45Cat7〜8a用コネクタ。
RJ45と比べ大型化されており、互換性はない。
TERACat7〜8a用コネクタ
独自構造のため、RJ45と互換性はない。
GG45-RJCat7〜8a用コネクタ
唯一RJ45と互換性のある端子
しかし日本ではほとんど販売されておらず入手困難。
まだまだ価格も高いため、現状は購入する必要性なし。

ここで問題なのが、市場に出回っているCat7以降のコネクタはほとんどRJ45で販売されており、規格外品であること。
つまり通信規格だけ7や8に見せかけて、実際はCat6a程度の速度しか出ないのである。
そして家庭用コンセントがRJ45設計であるなら、互換性のないケーブルを購入しても意味がない

また規格外品は以下のような問題も抱えている。

規格外品のデメリット

  • 通信速度の低下
    例えば、RJ45のCat7以上のケーブルは、Cat6a以下のケーブルより遅くなる可能性がある。
  • パケットロス
    データを小分けにして送信する際、一部が通信先に届かなかったり、エラーを引き起こす。
  • 発熱
    ケーブル内の導線は7や8規格なのに、出入り口のコネクタ出力が旧規格のままなので、熱を持ちやすい。
    そのため、機器の故障や火災の原因になる可能性がある。
デスコ

なるほど〜そうなるとやっぱりCat6aがバランス良さそうね

デスオ

そうだね、記事の後半で通信速度の測定結果を載せているけど、まったく問題ないよ

ルーター側のWANおよびLANポートも1Gbps以上に対応しているものを選ぼう

10ギガ対応のルーター

LANケーブルの性能を100%引き出すには、ルーター側のスペックも重要だ。
特に有線接続の場合、WAN(インターネットポート)LANポートが1Gbps以上に対応している必要がある
Wi-Fi速度とは別なので注意しよう。

WANとLANポートの違い
  • WAN(インターネット回線用)
    コンセントLANに接続するポート
  • LAN(デバイスとの有線接続用)
    パソコンやゲーム機と接続するポート
デスコ

光回線が10ギガ契約の方は、ルーターも10ギガに対応していないとダメってことかしら?

デスオ

そのとおり
ただ10ギガ対応のものは価格も高いから、予算と相談しながら決めると良いよ

有線LANケーブルの長さは少し余裕を持たせよう

LANケーブルの長さ目安
画像出典:サンワサプライ

LANケーブルを有線接続する時の目安はこんな感じ。
自分でも測定してみて、少し長めのものを選ぼう
余る分には問題ないが、足りないと延長ケーブルの追加費用が発生してしまうので。

LANケーブルの有線接続におすすめな形状

LANケーブル形状の違い

LANケーブルは、3つの形状タイプがある。
スタンダードが一番頑丈で安定しているが、ケーブルが太くて硬いため、非常に取り回しが悪い。
通信環境目的に合わせて選択しよう。

10ギガ回線の方はスタンダードがおすすめ

10ギガ回線おすすめLANケーブル

10ギガ回線を契約している方は、一番通信が安定しているスタンダードケーブルがおすすめだ。
ただしスタンダードケーブルは、非常に硬いため、壁際に沿わせたり、曲げたりできない
配線を隠したい派には向かないので、その場合は以下のケーブルにしよう。

1ギガ回線の方はスリムまたはフラットがおすすめ

1ギガ回線おすすめLANケーブル

1ギガ回線であれば、スリムやフラットケーブルで十分だ。
どちらのケーブルも柔らかく軽いため、曲がり角や壁紙モールの中も綺麗に通せる
取り回しの良さで選ぶならこっち。

LANケーブル内の構造について

一応LANケーブルの内側の構造についても触れておく。
記載のない商品も多いが、それぞれの違いを押さえておくと、選ぶ際の参考にはなるはず。

単線とより線の違い

LANケーブル単線とより線の違い

LANケーブル内の芯線しんせん構造は、”単線“と”より線“の2種類がある。
それぞれの特徴は以下のとおりだが、単線ケーブルはかなり”太く硬く重い“ため、曲げられない点は考慮しなければいけない。

単線の特徴
  • 1本の銅線で構成されている
  • 通信速度が早く10Gbps回線向き
  • ノイズに強い
  • ケーブルが固いく、取り回しが悪い
  • より線と比べると高価
より線の特徴
  • 複数の銅線で構成されている
  • 1Gbps回線向き
  • 単線よりノイズの影響を受けやすい
  • ケーブルが柔らかく、取り回しが良い
  • 安価
デスコ

単線“はスタンダードケーブルだけなのかしら?

デスオ

そうだね
逆にスリムとフラットケーブルはほとんど”より線“だよ

STPとUTPの違い

LANケーブル STPとUTPの違い
STPケーブルの特徴
  • 導線の周りをシールドで保護してある
  • ノイズの影響を受けにくい
  • UTPと比べ通信が安定している
  • UTPと比べ少し高価
  • UTPと比べケーブルが重く太く硬いため取り回しが非常に悪い
  • 無線(Wi-Fi)の電波が悪い地域の場合は、STPの方が安定する可能性が高い
UTPケーブルの特徴
  • シールド保護がないため、ケーブルが細く柔らかい
  • STPと比べノイズの影響を受けやすいが、一般家庭であればほとんど問題ない
    (ノイズの影響があるのは、オフィスや工場など)
  • 比較的安価

俺はコンセントからルーター接続はSTPケーブル。
ルーターからパソコン接続は取り回しが良いUTPケーブルにしているが、面倒くさければすべてUTPケーブルでもまったく問題ない

デスコ

STPケーブルにはアース線が必要だと聞いたことがあるのだけど?

デスオ

ケーブルの性能を最大限引き出す場合は必要だけど、なくても効果はあるよ。
参考:STPはダメなの?UTPでいいの?LANケーブルの専門家に聞く

通信規格導線タイプ
Cat5eUTP/STP
Cat6
Cat6a
Cat7STP
Cat7a
Cat8
Cat8a

Cat6aまでは、どちらのタイプもあるので商品説明をよく確認しよう。
本来のCat7以降は、STPケーブルが推奨されている。
現在市場に出回っているUTPケーブルのCat7以降は、RJ45の規格外品だ。

PoE給電は基本必要なし

LANケーブル PoE対応

LANケーブルの中には、ケーブルを通して電力供給もできるPoE対応というものがある。
電源ケーブルを繋げない場所(天井や屋外など)にルーターや防犯カメラを設置する場合に必要な技術だが、家の中であれば基本必要ないだろう。

PoE対応しているケーブルは値段も高いため「ちょっとこのケーブル高いな」と思ったら商品説明を読んでみると良い。

有線LANケーブルとWi-Fiのインターネット速度を比較

有線LANケーブルとWi-Fiの回線速度を比較

それでは、実際にどの程度スピードが出るのかテストしてみよう。

計測条件
  • Wi-Fi6対応ルーター
  • 光回線:1Gbps
  • LANケーブル:Cat6a
    ※.ただし我が家のコンセントはCat5eまでのスペックしかない
  • 時間帯:午前8時/午後15時/23時
  • 測定に使ったサイト
    インターネット回線スピードテスト

インターネットは平日、休日問わず20〜24時がもっとも混雑すると言われている。

Wi-Fi速度

Wi-Fi6 23時インターネット速度結果

ぶっちゃけWi-Fi接続でも十分速度は出ており、作業中に遅いと感じたことは一度もない。
それぞれの指標もすべて快適評価となっている。
では有線接続だとどうなるのか?以下をご覧いただこう。

有線LANケーブル

有線LANケーブル直結23時インターネット速度結果

もっとも重要な指標「ダウンロード速度(下り)」が倍以上になっている。
高画質でオンラインゲームなどをする方は、体感でもすこーし早く感じるかもしれない。
その他はWi-Fi接続とさほど変わらなかった。

インターネット回線テストの見方

インターネット回線速度テストの見方

項目の意味やそれぞれの作業に必要な速度目安をまとめた。

DOWNLORD(下り)

インターネットから端末にデータを受信する速度もっとも重要な指標

Webサイトの閲覧や動画視聴、オンラインゲーム、ファイルのダウンロードなどに影響する。
それぞれ受信に必要な速度目安は以下のとおり。

下り速度の目安
  • 10Mbps:Webサイトの閲覧、メールの送受信、標準画質での動画視聴など
  • 25Mbps:高画質の動画視聴、低画質なオンラインゲームなど
  • 50Mbps:中画質なオンラインゲーム、4K動画の視聴など
  • 100Mbps:高画質なオンラインゲーム、複数端末で4K動画の視聴など

UPLOAD(上り)

端末からインターネット上にデータを送信する速度

メール送信、ビデオ通話、ファイルのアップロード、ライブ配信などに影響する。

上り速度の目安
  • 1Mbps:メール送信、SNSへ投稿など
  • 3Mbps:低画質なビデオ通話、中容量(100MBくらい)のファイルアップロード
  • 10Mbps:高画質なビデオ通話、大容量(500MB以上)のファイルアップロード
  • 30Mbps:低画質なライブ配信
  • 100Mbps:高画質なライブ配信

PING(ピング)

インターネットの応答時間

値が小さいほど、速度が早いことを意味する。

PING値の目安
  • 0〜30ms:非常に快適
  • 31〜50ms:快適
  • 51〜100ms:やや遅延を感じる
  • 101〜200ms:遅延を感じる
  • 201〜300ms:かなり遅延を感じる
  • 300ms以上:非常に遅延を感じる

JITTER(ジッター)

PING値のバラつきを表す指標。

値が小さいほど、通信が安定していることを意味する。

JITTER値の目安
  • 0〜10ms:非常に安定
  • 11〜30ms:安定
  • 31〜50ms:やや不安定
  • 51〜100ms:不安定
  • 101以上:非常に不安定

有線LANケーブルは壁紙モールで隠すのがおすすめ

カゲノデスク2023年

電動昇降デスクでも壁紙モールを使うと、ケーブルがほとんど見えない状態を作れる。

ルーターと壁紙モールの設置方法

ルーターは壁掛けケースに入れて、電源ケーブルとLANケーブルがコンセントまで垂直になるように設置。

ルーターからパソコンまでの導線はこんな感じ。

壁紙モール曲がり

曲がり部分も販売されているので、微調整もバッチリ。
壁紙モールは色々あるからお好きなのをどうぞ。

壁紙モール

ELPA壁紙モールクロス柄

幅:1.5〜2cm
長さ:1m単位
カラー:白、茶がほとんど
両面テープ付き
他の方の口コミもみる

7/21まで|Yahoo!ショッピング超P祭開催中
超PayPay祭の詳細をみる
※.ポイント最大23.5%還元
7/26 1:59まで|楽天お買い物マラソン開催中
セール会場をみる
※.ポイント最大46倍

壁紙モールマガリ

ELPAコーナー用マガリ

直線と同じメーカーを選ぶ
種類:横曲がり、内曲がり
カラー:白、茶、黒
他の方の口コミもみる

はがせる両面テープ

ニトムズはがせる両面テープラインナップ

メーカー:ニトムズ
テープの種類:強力固定用
サイズ
幅:15/20mm
長さ:2/4m
他の方の口コミもみる

壁紙モールにも両面テープは貼られているが、粘着力が強すぎるため、剥がせるタイプで固定するのがおすすめ。
ラインナップの中から”強力固定用“を選ぶこと。

縦置きルーターなら壁掛けもできる

ルーター壁掛け設置

ルーターを作業部屋に置く場合、縦置きタイプならサイズの合う収納ボックスに入れれば壁掛けにもできる。
特にルーターの存在感を消したい方にはおすすめだ。
ただボックスのサイズ選びは難しいところ、なかなかジャストサイズのものがない。
DIYできる方なら、自分で作っちゃった方が良いかも?

ルーターボックス内側構造

ケースの内側はこんな感じ。
前のフタは斜めにズラせるため、ケーブル接続やリセットも問題ない。

ルーター収納ボックスケーブル用穴

本来はケースの上からケーブルを通すのだが、俺はドリルで穴をあけて横から通せるようにした。

ルーター収納ボックス壁掛けフック

壁掛けフック部分。
俺は付属のものではなく、ホームセンターで買ったものに交換している。

ルーター収納ボックス養生

普段は上からホコリが入らないように、ビニールで養生している。

ルーター収納ボックスとスイッチボットハブ

ちなみに、SwitchBot Hub Miniはケースの下に両面テープで貼って管理している。
この場所がお気に入りすぎて、ハブ2は気が乗らない。

1Gbps用ルーター

アイ・オーデータ Wi-Fiルーター

メーカー:I-O DATA
Wi-Fi6対応
5GHz:2402Mbps
2.4GHz:1147Mbps
WANポート:2.5Gbps
LANポート:1Gbps×4
カラー:ホワイト
他の方の口コミもみる

10,000円以下で手を出しやすく、薄い筐体が部屋に馴染むデザイン。
LANポートは2.5Gbpsまで対応しているため、光回線1Gbpsの性能を発揮できる。
また次の壁掛けケースと合わせれば、部屋からルーターの存在感を消すことも可能。

ルーターケース

ルーター収納ボックスサイズ

外寸:24×20×8.5cm
内寸:22×17×6.3cm
重量:約500g
材質:木粉合板
カラー:ホワイトのみ
他の方の口コミもみる

10Gbps用ルーター

上記のケースに収まらないが、光回線の10ギガ契約している方は、ルーターも10ギガ対応のものを選ぼう。

10ギガ対応のルーター

メーカー:I-O DATA
Wi-Fi6対応
5GHz:4804Mbps
2.4GHz:1147Mbps
WANポート:10Gbps
LANポート
10Gbps×1
1Gbps×4
カラー:ブラック
他の方の口コミもみる

7/21まで|Yahoo!ショッピング超P祭開催中
超PayPay祭の詳細をみる
※.ポイント最大23.5%還元
7/26 1:59まで|楽天お買い物マラソン開催中
セール会場をみる
※.ポイント最大46倍

LAN用雷ガードについて

LAN用雷ガードの設置方法

LANケーブルの雷対策は以下で解説。
ルーターやパソコンに保険をかけておきたいならおすすめ。

結論:パソコン作業の有線LANケーブルはCat6aを選ぼう

以上、パソコン作業のLANケーブルの選び方や隠し方を解説した。
Cat6aが価格と性能のバランスが一番良いのでおすすめ。

今後10ギガ回線が主流になったときでも対応できるのは、Cat6a以上のケーブルからだ。

ただし、インターネット回線と繋ぐコンセント側の対応値以上の速度は出ないため、まずはコンセントLANの通信規格を確認することを忘れずに。

コンセント用LANケーブル

サンワサプライコンセントLAN用ケーブル

メーカー:サンワサプライ
カテゴリ:Cat6a
形状:スタンダード
長さ:0.2/0.5/1/2/3/5m
カラー:ブラック
他の方の口コミもみる

7/21まで|Yahoo!ショッピング超P祭開催中
超PayPay祭の詳細をみる
※.ポイント最大23.5%還元
7/26 1:59まで|楽天お買い物マラソン開催中
セール会場をみる
※.ポイント最大46倍

パソコン用LANケーブル

サンワサプライメッシュLANケーブル

メーカー:サンワサプライ
カテゴリ:Cat6a
長さ:0.5/1/2/3/5/10m
カラー
ブラック&ホワイト
ブラック&レッド
他の方の口コミもみる

これもおすすめ

FLEXISPOT×Yahoo!
セール中おすすめ電動昇降デスク

身長180cm以上におすすめ
身長195cm以下の万人向け

当サイトのE150・E7・E8・E7Qのレビューをみる

セール期間|7月21日 23:59まで

E150とEC5はFLEXISPOTのサブブランド「SANODESK」のもの。

パソコン作業用有線LANケーブルの選び方とおすすめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると励みになるぜ!!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

※日本語が含まれていないコメントは投稿できません。(スパム対策)

目次