法人・個人事業主向けの新サービスAmazonビジネス→【詳細はこちら】

【WordPress】タグクラウドの正しいSEO対策とカスタマイズ解説

タグクラウドSEO対策

最近は「タグクラウド」を載せてるサイトは減りましたね。

おそらく以前、Googleのマット・カッツ氏がこんなことを言っていたからだと思います。

たとえば500個もタグがあったらやりすぎだ。ゴチャ混ぜでキーワードスタッフィング(キーワードの詰め込み)になる。

タグはリンクになっている。Flashを使ったりしてタグを入れ替えるのはユーザーにはおもしろいけど、僕たちはリンクとして必ずしも抽出するとは 限らなくて、PageRankが流れないかもしれない。

また数が多ければそういったリンクを信頼しないし、ランキングに悪く影響するかもしれない。タグの数が少なければランキングにマイナスに影響することはないだろう。

でも数が多いと個別記事のページよりもタグページにPageRankが流れてしまうかもしれない。僕のブログは、タグクラウドは使わずにカテゴリを使っている。以前はタグが流行ったけど、今は使われなくなっている。

タグだと時には大量のリンクができてしまうから、意図したページにPageRankを流すことができなくなる。個人的にはタグクラウドは使わないのがいいと判断している。

害があるというわけではなく、キーワードスタッフィングのように見える場合があるからだ。「使っちゃいけない」とは言わないけど、使うならどのくらいまで大きくするのか、どんな技術を利用するのか、どんなタグを使うのかを、よく考えたほうがいい。

SEOラボより引用

上記の中でも「個人的にはタグクラウドは使わないのがいいと判断している」と言っています。

ただ、上記で書いてあることは「タグ」をnoindex設定にすれば仮に500個あったとしても、SEO上は何も問題ありません。(もちろんタグが500個もあればデザイン的に問題があることは言わずもがなですが。)

「noindex」の概念についてはこちらを参考にして下さい。 WordPressでnoindexとnofollow設定する方法 WordPressでnoindexとnofollow設定をする2つの方法

当サイトではデザインバランスの関係でタグを設置していませんが、設置する場合は「アクセシビリティ80%」「ユーザビリティ20%」を意識するべきだと思ってるんですね。

メモ

アクセシビリティとは・・・誰が見てもわかりやすいこと

ユーザビリティとは・・・特定の人を満足させること

上記のことを考えると、そもそもタグの問題は「SEO云々」ではなく、デフォルト「タグクラウド」のデザインに問題があります。

例えば、こんな感じです。(タグクラウド→画像検索で出てきたやつを適当に載せてるので、このサイトもサイト運営者のことも知らないので悪しからず。

タグクラウドサンプル画像1
タグクラウドサンプル画像2

これでは、ごちゃついている印象しかなく、他の要素がキレイにデザインされていればいるほど、もったいないです。

例えば、当サイトで使用している「WordPressテーマ「ストーク」 」ではデフォルトで簡単にデザインしてあります。(現在はSANGO)

ストークタグクラウドデフォルトデザイン

これでも悪くはありませんが、もう少しデザインしていきたいですね。

少し話が逸れましたが、まずはタグクラウド設定について解説していきます。

1.WordPressタグクラウドが「noindex」になっているか確認

最近のテーマだと最初からタグが「noindex設定」されている場合があります。

例えば、当サイトで使用している「SANGO」は最初からされています。

そこをチェックしていきましょう。

STEP1

WordPressタグ

どこからでも良いのでタグリンクを踏んでタグページに飛びます。


STEP2
WordPressタグページのソースを表示

タグページ上で右クリック

ページのソースを表示」をクリック


STEP3

※クリックorタップで画像拡大

WordPressタグページnoindex確認

ページ内検索で「noindex」と入力

※Macの場合⌘commandF

※Windowsの場合CtrlF

ソース内に「noindex」があればタグは検索から除外できています。

1-1.WordPressタグクラウドをプラグインでnoindex設定にする方法

上記で設定されていなかった場合、自分で設定する必要があります。

この記事では2つの方法を紹介します。まず一番簡単な「All in One SEO Pack」を使った方法です。

All in One SEO Pack設定 All in One SEO Packの使い方と設定【2019年図解マニュアル】
All in One SEO Pack一般設定

管理画面

All in One SEO

一般設定」をクリック

タグクラウドnoindex設定

Noindex設定」までスクロール

タグをnoindexにする」にチェック

一番下の「設定を更新」をクリック

これだけでOKです。

補足

「noindex」設定をした場合は、XMLサイトマップからもタグページが除外されてるか確認しておきましょう。

Google XML Sitemaps設定 Google XML Sitemaps設定とサーチコンソールの登録はセットで行う

1-2.WordPressタグクラウドをプラグイン使わず「noindex」設定にする方法

プラグインを使わない場合は、header.phpに追記します。

子テーマにheader.phpがない方は、こちらの記事を参考に

WordPress子テーマ Cyberduckの使い方WordPressの子テーマを分かりやすく解説 テーマヘッダーの編集方法

header.phpheadの下に以下のコードを追加して下さい。

header.php
<?php if(is_tag()): ?>
<meta name="robots" content="noindex" />
<?php endif; ?>

先ほど解説した「noindexの確認方法」でタグページのソースを確認して「noindex」コードがあれば設定完了です。

補足

「noindex」設定をした場合は、XMLサイトマップからもタグページが除外されてるか確認しておきましょう。

Google XML Sitemaps設定 Google XML Sitemaps設定とサーチコンソールの登録はセットで行う

2・WordPressタグクラウドの使い方

続いて、タグクラウドをサイト内に実装していきます。

WordPressウィジェット

管理画面

外観

ウィジェット」をクリック

タグクラウドウィジェット設定1

利用できるウィジェット」の中から「タグクラウド」をクリック

タグクラウドを設置したい場所を選択

ウィジェットを追加」をクリック

タグクラウドウィジェット設定2

タイトル入力

分類を選択

タグの数を表示するかをお好みで選択

タグクラウドウィジェット設定3

分類のドロップアウト

補足

実はあまり知られていないのですが、分類の中に「カテゴリー」もあるので、カテゴリーをタグのように表示することもできます。

もう1つの「リンクカテゴリー」はなんの為にあるのかわかりません。

これでタグを実装できます。

3・WordPressタグクラウドをデザインする

※追記:タグクラウドのデザインについては、まとめたページを作成したのでこちらを参考にしてください。

タグクラウドデザイン 【WordPress】タグクラウドのCSSデザイン9選

4・WordPressタグクラウドの表示数と表示順を変更

タグクラウドは通常「45個」まで表示できるらしいですが、ここでは表示数を自由に設定できます。

そして、タグが表示される順番はデフォルトではアルファベット順になっていますが、よく使うタグを上から順になるように並び替えることもできます。

ワードプレステーマの編集

管理画面

外観

テーマ編集」をクリック

functions.phpをクリック

functions.php編集

そこに以下のコードを追加してください。

functions.php
// タグクラウドの表示数を無制限&表示順を変更
function my_tag_cloud_number_filter($args) {
$myargs = array(
'number' => 0,
'orderby' => 'count', 
'order' => 'DESC',);
$args = wp_parse_args($args, $myargs);
return $args;}
add_filter('widget_tag_cloud_args', 'my_tag_cloud_number_filter');

=タグを無制限に(ここで指定した数字の分だけ表示できます)

count=よく使う順に変更

DESC=よく使うタグを上から順に変更

注意

functions.phpは記号1つ抜けるだけで、画面が真っ白になる可能性があるので、FTPソフトが使えない方は弄らないように。

「FTPソフト」の使い方はこちら

WordPress子テーマ Cyberduckの使い方WordPressの子テーマを分かりやすく解説

まとめ

最後にもう一度言っておきますが、タグクラウドをサイト内に表示させるなら「noindex設定」を忘れないようにしてください。

そして、カスタマイズしないつもりならデザイン的にも表示させない方が良いと思います。

カゲサイーカゲオカゲオ

ただしSEOを意識しすぎると、「アクセシビリティ」や「ユーザビリティ」を軽視しがちになるのでバランスが大事ですね。

参考にさせてもらったサイト

なぜ、あなたのウェブには戦略がないのか?

ご質問・ご感想・受付中

「メールアドレス入力欄」を削除した為「返信通知」は届きません。
確実に返信が必要な場合は「お問い合わせ」よりご連絡ください。

他の方にも有益になると判断した質問やコメントは記事に引用させて頂く場合がありますのであらかじめご了承下さい。