漫画・小説・ビジネス書なんでも最大100冊分が半額

【WordPress】タグクラウドの正しいSEO対策

タグクラウドSEO対策

最近は「タグクラウド」を載せてるサイトは減りましたね。

おそらく以前、Googleのマット・カッツ氏がこんなことを言っていたからだと思います。

たとえば500個もタグがあったらやりすぎだ。ゴチャ混ぜでキーワードスタッフィング(キーワードの詰め込み)になる。

タグはリンクになっている。Flashを使ったりしてタグを入れ替えるのはユーザーにはおもしろいけど、僕たちはリンクとして必ずしも抽出するとは 限らなくて、PageRankが流れないかもしれない。

また数が多ければそういったリンクを信頼しないし、ランキングに悪く影響するかもしれない。タグの数が少なければランキングにマイナスに影響することはないだろう。

でも数が多いと個別記事のページよりもタグページにPageRankが流れてしまうかもしれない。僕のブログは、タグクラウドは使わずにカテゴリを使っている。以前はタグが流行ったけど、今は使われなくなっている。

タグだと時には大量のリンクができてしまうから、意図したページにPageRankを流すことができなくなる。個人的にはタグクラウドは使わないのがいいと判断している。

害があるというわけではなく、キーワードスタッフィングのように見える場合があるからだ。「使っちゃいけない」とは言わないけど、使うならどのくらいまで大きくするのか、どんな技術を利用するのか、どんなタグを使うのかを、よく考えたほうがいい。

引用:SEOラボ

上記の中でも「個人的にはタグクラウドは使わないのがいいと判断している」と言っています。

ただ、上記で書いてあることは「タグ」をnoindex設定にすれば仮に500個あったとしても、SEO上何も問題ありません。(もちろんデザイン的に問題があることは言わずもがなですが。)

「noindex」の概念についてはこちらを参考にして下さい。 WordPressでnoindexとnofollow設定する方法WordPressでnoindexとnofollow設定をする2つの方法

当サイトではデザインバランスの関係でタグを設置していませんが、設置する場合は「アクセシビリティ80%」「ユーザビリティ20%」を意識すると良いですね。

メモ

アクセシビリティ……誰が見てもわかりやすいこと

ユーザビリティ……特定の人を満足させること

タグクラウドが「noindex」になっているか確認

最近のテーマだと最初からタグが「noindex設定」されている場合があります。

例えば、当サイトで使用している「SANGO」は最初からされています。

まずはそこをチェックしましょう。

STEP1

WordPressタグ

どこからでも良いのでタグリンクを踏んでタグページに飛びます。


STEP2
WordPressタグページのソースを表示

タグページ上で右クリック

ページのソースを表示」をクリック


STEP3

※クリックorタップで画像拡大

WordPressタグページnoindex確認

ページ内検索で「noindex」と入力

※Macの場合⌘commandF

※Windowsの場合CtrlF

ソース内に「noindex」があればタグは検索から除外できています。

タグクラウドをプラグインでnoindex設定にする方法

上記で設定されていなかった場合、自分で設定する必要があります。

この記事では2つの方法を紹介します。まず一番簡単な「All in One SEO Pack」を使った方法です。

All in One SEO Pack設定All in One SEO Packの使い方と設定【2019年図解マニュアル】
All in One SEO Pack一般設定

管理画面

All in One SEO

一般設定」をクリック

タグクラウドnoindex設定

Noindex設定」までスクロール

タグをnoindexにする」にチェック

一番下の「設定を更新」をクリック

これだけでOKです。

補足

「noindex」設定をした場合は、XMLサイトマップからもタグページが除外されてるか確認しておきましょう。

Google XML Sitemaps設定Google XML Sitemaps設定とサーチコンソールの登録はセットで行う

header.phpに書き込んでタグクラウドを「noindex」設定にする方法

プラグインを使わない場合は、header.phpに追記します。

子テーマにheader.phpがない方は、こちらの記事を参考に

WordPress子テーマCyberduckの使い方WordPressの子テーマを分かりやすく解説 テーマヘッダーの編集方法

header.phpheadの下に以下のコードを追加して下さい。

header.php
<?php if(is_tag()): ?>
<meta name="robots" content="noindex" />
<?php endif; ?>

先ほど解説した「noindexの確認方法」でタグページのソースを確認して「noindex」コードがあれば設定完了です。

補足

「noindex」設定をした場合は、XMLサイトマップからもタグページが除外されてるか確認しておきましょう。

Google XML Sitemaps設定Google XML Sitemaps設定とサーチコンソールの登録はセットで行う

タグクラウドのSEO対策【まとめ】

最後にもう一度言いますが、タグクラウドを表示させるなら「noindex設定」を忘れないようにしましょう。

そして、デザイン的に表示させないってのはアリです。

※カスタマイズはこちらを参考に。

タグクラウドデザイン【WordPress】タグクラウドのCSSデザイン9選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です