MENU

運営中のサブブログ

主に私のデスク周りアイテムを紹介しています。
在宅作業の参考になるかもしれません。

マンニメバナー画像

趣味の1つ漫画アニメについて書いています。
鬼滅のレビューはコメント600件以上きました。

カゲオ
サイト管理人
当ブログはWordPressが今より楽しく、便利になるをテーマに分かりやすい解説記事を心がけています。
サブブログ|デスク環境構築サイト運営中⇒見てみる

WordPressアドレスを変更してしまった時の対処法

当ページのリンクには広告が含まれています。
WordPressサイトURL変更してしまったエラー解決方法

ダッシュボード一般設定のWordPressアドレス(URL)を変更すると、管理画面にアクセスできなくなります。

WordPress一般設定サイトURL

そのため、基本は変更してはいけません。

当記事では、間違えて変更してしまった場合にサイトをもとに戻す方法を解説しました。

管理人のデスク環境ブログも運営中です

在宅作業の参考になるアイテムがあるかもしれません。
デスク周りのアップデートを検討されている方はぜひ覗いてみてください。

目次

管理人のデスク環境ブログも運営中です

在宅作業の参考になるアイテムがあるかもしれません。
デスク周りのアップデートを検討されている方はぜひ覗いてみてください。

WordPressアドレスを変更してしまった場合の対処法

WordPressアドレス変更エラー

WordPressアドレスを変更すると、このようなエラーがでます。
サイトのURLが変わってしまったため、契約ドメインをもとに構成されていた管理画面にもアクセスできません
そのため、外部から編集する必要があります

wp-config.phpを編集すればもとに戻せる

WordPressのアドレスを変更してしまった場合は、wp-config.phpファイルを編集します。
編集方法は以下の2つです。

レンタルサーバーのファイルマネージャーから行う
FTPソフトから行う

初心者の方はレンタルサーバーから行ったほうが良いかもしれません。

FTPソフトの使い方はこちらで解説

エラーを戻す2つのコードの違い

エラーを戻すコードは2つあります。
それぞれの特徴を理解したうえで、お好きな方を使ってください。

記述する場所は記事の後半で解説しています。

WordPressアドレスをロックする
define('WP_SITEURL', 'https://あなたのドメイン');

こちらのコードは、WordPressアドレスを管理画面から変更できないようにロックできます。
追記したコードを削除するとまたエラーが起きますので、コードは残したままにしてください。
あなたのドメインは、当サイトでいえば「kagesai.net」部分です。

WordPressアドレス編集可能な状態
update_option( 'siteurl', 'https://あなたのドメイン' );

もう一つは、デフォルトの状態に戻すコードです。
管理画面にログインできたのち、こちらのコードは削除しても問題ありません。
ただしまたアドレスを変更してしまうとエラーになりますので、注意しましょう。

個人的には、二度と間違えないようにロックをかけるコードがおすすめです。
またそれぞれのコードは記述箇所が若干違いますので、そちらもあわせて次項で解説しました。

ファイルマネージャーからWordPressアドレスを元に戻す方法

当サイトは、を利用していますので、そちらの画面で解説しますが、他のレンタルサーバーでも手順は同じです。

STEP

ファイルマネージャーを開く

レンタルサーバーのファイルマネージャー

お使いのレンタルサーバーにログインしたら、ファイルマネージャーを開いてください。

STEP

対象ドメインのwp-config.phpを開く

cPanel wp-config.phpファイル

public_htmlを展開
対象ドメインをクリック
wp-config-phpをクリック
右上の編集をクリック

STEP

wp-config.phpを編集する

cPanelファイルマネージャー編集確定

Editをクリック
ファイルを開いたら一番下までスクロールしてください。

WordPressアドレスを編集できないようにするコード

WordPressアドレスを管理画面から編集できないようロックをかけたい場合は、/** Sets up 〜の上に以下のコードを追記します。

define('WP_SITEURL', 'https://あなたのドメイン');
WordPressアドレスデフォルトに戻すコード

デフォルトの状態に戻す場合は、一番下に以下のコードを追記してください。

update_option( 'siteurl', 'https://あなたのドメイン' );
cPanel ファイルマネージャー変更保存

変更を保存をクリック
成功のポップアップを確認したら完了です。

WordPress管理者ログイン画面

WordPressのログインURLにアクセスしてみましょう。
いつも通りのログイン画面が表示されるはずです。
パスワード入力後、ダッシュボードが表示されれば完了です。

FTPソフトからWordPressアドレスを元に戻す方法

解説画面はMac&FTPソフトはCyberduckになりますが、他のソフトでもやり方は同じです。

STEP

FTPソフトを起動

FTPソフト public_html展開

public_htmlを開く

STEP

対象ドメインのwp-congig.phpを開く

FTPソフト wp_config_phpを開く

対象ドメインを展開
wp-config.phpファイルの上で右クリック
エディタで編集
エディタツールで開く

STEP

wp-config.phpを編集

ファイルを開いたら一番下までスクロールしてください。

wp-config.php WordPressアドレスをロックする

WordPressアドレスを管理画面から編集できないようロックをかけたい場合は、/** Sets up 〜の上に以下のコードを追記します。

define('WP_SITEURL', 'https://あなたのドメイン');
wp-config.php WordPressアドレスをデフォルトに戻す

デフォルトの状態に戻す場合は、一番下に以下のコードを追記してください。

update_option( 'siteurl', 'https://あなたのドメイン' );

Macなら「Command+S」
Windowsなら「Ctrl+S」
でファイルを保存します。

WordPress管理者ログイン画面

WordPressのログインURLにアクセスしてみましょう。
いつも通りのログイン画面が表示されるはずです。
パスワード入力後、ダッシュボードが表示されれば完了です。

サイトアドレスを変更してしまった時の対処法

WordPressサイトアドレス

サイトアドレスは、トップページのURLになります。
そのため、変更しても管理画面へのアクセスには影響しません

ただしトップページのURLが変更されると、契約しているドメインと違うため、サイトは閲覧できなくなります。

もとに戻す場合は、管理画面にログインして、もう一度正規のドメインを入力して保存してください。

一応、WordPressアドレスと同様にwp-config.phpから編集することもできます

編集をロックする場合

WordPressサイトアドレスロック
define('WP_SITEURL', 'https://あなたのドメイン');
define('WP_HOME', 'https://あなたのドメイン');

デフォルトに戻す場合

WordPressサイトアドレスデフォルトに戻す
update_option( 'siteurl', 'https://あなたのドメイン' );
update_option( 'home', 'https://あなたのドメイン' );

どちらも下段のコードがサイトアドレスを書き換えるものです。
WordPressアドレスと一緒に編集する場合は、上記のように記述してください。

データベースを編集する方法は非効率

一応レンタルサーバーのデーターベースから編集することも可能です。
ただし効率が悪いため、wp-config.phpを編集する方法を覚えておけば問題ないでしょう。

結論:WordPressアドレスは変更しないこと

以上、WordPressアドレスを変更してしまった時の対処法を解説しました。

基本はWordPressアドレスは変更しないものだと覚えておけばOKです。

もし変更してしまってもwp-config.phpを編集すれば、もとに戻せますので焦らず冷静に対処しましょう。

WordPressサイトURL変更してしまったエラー解決方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると励みになります
  • URLをコピーしました!

記事への質問等はこちらからどうぞ

コメントフォーム

※日本語が含まれない内容は投稿できません。

目次