MENU

運営中のサブブログ

主に私のデスク周りアイテムを紹介しています。
在宅作業の参考になるかもしれません。

マンニメバナー画像

趣味の1つ漫画アニメについて書いています。
鬼滅のレビューはコメント600件以上きました。

カゲオ
サイト管理人
当ブログはWordPressが今より楽しく、便利になるをテーマに分かりやすい解説記事を心がけています。
サブブログ|デスク環境構築サイト運営中⇒見てみる

人気記事WordPress Popular Postsの設定方法と見方

当ページのリンクには広告が含まれています。
WordPress Popular Posts設定方法

当記事では「人気記事ランキング」を手軽に実装できる”WordPress Popular Posts“の設定方法やデータの見方を解説します。

目次

管理人のデスク環境ブログも運営中です

在宅作業の参考になるアイテムがあるかもしれません。
デスク周りのアップデートを検討されている方はぜひ覗いてみてください。

WordPress Popular Postsのインストール方法

WordPress Popular Postsインストール方法

①管理画面サイドバーのプラグイン
②新規プラグインの追加
WordPress Popular Postsで検索
④今すぐインストール
⑤有効化

WordPress Popular Postsの設定方法

WordPress Popular Posts設定

管理画面サイドバーの設定

WordPress Popular Posts

WordPress Popular Postsツール設定

一番上の「ツール」をクリック

ツール設定

WordPress Popular Postsアイキャッチ画像設定

デフォルトのアイキャッチ画像

WordPress Popular Postsデフォルトのアイキャッチ画像設定

設定不要です。

記事のアイキャッチ画像を設定していない場合、こちらで設定した画像が表示されます。

画像の取得元

WordPress Popular Posts画像の取得元

アイキャッチ画像のままでOK。

人気ランキングに表示する画像をどこから取得するか?の設定です。

Lazy Load

WordPress Popular Posts Lazy Load設定

「はい」でOK。

Lazy Loadとは?
画像を遅延させて読み込む仕組みのこと。

画像キャッシュを空にする

WordPress Popular Posts画像キャッシュを空にする

基本使わない。

画像キャッシュとは?
ユーザーが一度読み込んだ画像を保存してくれる機能。
ランキング上位のアイキャッチ画像を変更した場合のみ、こちらをクリックする。

WordPress Popular Posts適用

適用」をクリックするのを忘れずに。

項目ごとに適用ボタンを押す必要があります。

データ設定

WordPress Popular Postsデータ設定

閲覧を記録する対象者

WordPress Popular Posts閲覧を記録する対象者

訪問者のみ」を選択

ログイン中のユーザーのみ
WordPressのIDでログインしているユーザーを指す。

全員
自分も含めたデータを取得。

ログ上限

WordPress Popular Postsログ上限

データ保存期間を選択
保存日数は、任意。
当サイトでは、90日にしている。

無効にすると、データを永遠に蓄積ちくせきするので、アクセスの多いサイトはなるべく短く設定したほうが良い。

Load popular posts list via AJAX:

WordPress Popular PostsLoad popular posts list via AJAX:設定

無効を選択

キャッシュ系プラグインを利用している場合など、キャッシュ済みの記事の中から人気ランキングを作成
新着記事がバズなどで、人気ランキングに入る可能性も考慮すると、無効で良いでしょう。

データキャッシュ

WordPress Popular PostsWPPデータキャッシュ設定

キャッシュしないを選択

人気記事ランキングが変動することを考慮するなら、キャッシュしないで良いと思います。
明らかに読まれる記事が固定されたサイトならば、キャッシュするでもOK。
また大規模サイトでは、使用を推奨されています。

キャッシュ更新間隔

WordPress Popular Postsキャッシュ更新間隔設定

上記でキャッシュするを選択した場合、更新間隔を指定できます。

人気記事ランキングほとんど入れ替わらないなら、1週〜1月でOK。
頻繁に入れ替わるなら、1日あたりで良いでしょう。

データサンプリング

WordPress Popular Postsデータサンプリング設定

通常「無効」でOK。

有効はアクセスの一部のみを保存することにより、サーバーへの負荷を軽減します。
大規模サイトでなければ、無効で問題ありません。

WordPress Popular Posts適用

適用」をクリックすると、設定が反映されます。

その他の設定

WordPress Popular Postsその他設定

リンクの開き方

WordPress Popular Postsリンクの開き方設定

人気記事ランキングをクリックした際の挙動を設定できます。

現在のウィンドウ
今見ている記事を上書きして、クリックされた記事を表示します。

新しいタブまたはウィンドウ
今見ている記事を開いたまま、新しいタブでクリックされた記事を表示します。

プラグインのスタイルシートを使う

WordPress Popular Postsプラグインのスタイルシートを使う設定

よほどこだわりがなければ「有効」を選択

こちらでデフォルト用意されているデザインパターンを解説しています。
希望のものがなく、自分で1からカスタマイズしたい人は「無効」にしましょう。

キャッシュを空にする

WordPress Popular Postsキャッシュを空にする

通常使いません。

全期間データ以外の(24時間、週間、月間データ)を削除します。

すべてのデータを削除

WordPress Popular Postsすべてのデータを削除

通常使いません。

全期間データを含めたデータを削除します。
これまでのPV数などもすべてリセットされてしまうため、要注意。

統計情報の見方

WordPress Popular Posts統計情報

今日

確認時点の本日分データ

24h

確認時点からさかのぼった24時間のデータ

7d

確認時点からさかのぼった1週間分のデータ

30d

確認時点からさかのぼった30日分のデータ

カスタム

確認したいデータを分単位から指定できます。

閲覧数の多い

WordPress Popular Posts 閲覧数の多い

プラグインインストール後、上記で指定した期間内のうち”閲覧数が多い上位10件“が表示されます。

プラグインを削除すると、その時点からデータはリセットされます。

コメント数の多い

WordPress Popular Posts コメント数の多い

上記で指定した期間内のうち、過去に遡って”コメント数が多い上位10件”が表示されます。

今人気

WordPress Popular Posts 今人気の記事

プラグインインストール後、現在見られている”上位10件の記事“が表示されます。
ただしアクセスが少ないうちは、表示されません

Hall of Fame

WordPress Popular Posts Hell of fame

全期間で”もっとも閲覧数の多い記事“が表示されます。

結論:過去に遡れないデータもあるから早めに実装しよう

以上、WordPress Popular Postsの設定方法とデータの見方を解説しました。

設定方法はとくに難しい項目はなかったかと思います。
クセがあるのは、ブロックの実装方法ですので以下も参考になるかもしれません。

デザインをカスタムしたい方はこちら。

WordPress Popular Posts設定方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると励みになります
  • URLをコピーしました!

記事への質問等はこちらからどうぞ

コメントフォーム

※日本語が含まれない内容は投稿できません。

目次