MENU

運営中のサブブログ

主に私のデスク周りアイテムを紹介しています。
在宅作業の参考になるかもしれません。

マンニメバナー画像

趣味の1つ漫画アニメについて書いています。
鬼滅のレビューはコメント600件以上きました。

カゲオ
サイト管理人
当ブログはWordPressが今より楽しく、便利になるをテーマに分かりやすい解説記事を心がけています。
サブブログ|デスク環境構築サイト運営中⇒見てみる

WordPressディスカッション設定|コメントの条件指定ができる

当ページのリンクには広告が含まれています。

WordPressのディスカッション設定について解説しました。

主にコメントに対する設定ができますので、ユーザーとやりとりが頻繁にあるサイトは重要になります。

管理人のデスク環境ブログも運営中です

在宅作業の参考になるアイテムがあるかもしれません。
デスク周りのアップデートを検討されている方はぜひ覗いてみてください。

目次

管理人のデスク環境ブログも運営中です

在宅作業の参考になるアイテムがあるかもしれません。
デスク周りのアップデートを検討されている方はぜひ覗いてみてください。

WordPressディスカッション設定

WordPressディスカッション設定

管理画面設定ディスカッションを開きます。

デフォルトの投稿設定

WordPressディスカッションデフォルトの投稿設定

投稿中からリンクしたすべてのブログへの通知を試みる

「チェック」しましょう。
ピンバック送信」のことを指し、記事内で参考サイトのリンクを貼った際、リンク先に自動で知らせる機能です。

ピンバック送信の条件
  • リンク先がWordPressサイトであること
  • 相手のコメント欄が開放されていること
  • 相手もピンバック機能を有効にしていること
WordPressピンバック表示例
ピンバック表示例

こちらのピンバックが承認されると、相手サイトのコメント欄にリンクを貼った記事が表示されます。
それは被リンク効果にもなるため、SEO効果もありますし、そこから流入も見込めます。

相手サイトに表示される内容
  • 記事タイトル|サイト名(リンク)
  • 記事の抜粋

また似たジャンルであれば、相手があなたのサイトを認知することにより、他の記事を紹介してくれるかもしれません。

ただし、1つの記事に大量にリンクを貼ると、処理に時間がかかったり、エラーが発生する可能性がありますので注意しましょう。

新しい投稿に対し他のブログからの通知 (ピンバック・トラックバック) を受け付ける

「チェック」しましょう。

先ほどのピンバックを相手から受け付ける設定です。
自分の記事が紹介された際に通知が届いたら許可しましょう。

紹介された記事のコメント欄に相手のサイトのリンクを貼れます。
ただし通知がくるのは、相手がピンバック送信を有効にしている場合のみ

トラックバックとは?

ピンバックは自動送信でしたが、トラックバックは手動送信です。
WordPressは基本ピンバックなので、その他のブログサービスなどで利用されることがあります。

ただし現在はスパム対策の観点から停止されていることが多く、あまり気にする必要はありません。

新しい投稿へのコメントを許可

コメント欄を開放している方は「チェック」しましょう。
チェックすると、誰でもコメントできるようになります。

他のコメント設定

WordPressディスカッション他のコメント設定

コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする

WordPressコメント欄名前とメールアドレス入力必須マーク
コメントの名前とメール入力欄

ユーザーがコメントする際「名前」と「メールアドレス」の入力を必須にする設定です。
特にメールアドレスの入力はユーザーの心理的ハードルが上がるため、気軽にコメントがほしいサイトは「ノーチェック」にしてください。

ただしコメントの質を上げたい場合や、ノウハウ系サイトでなるべくフリーライダーを避けたい場合は、あえて入力を必須にする戦略もあります。
サイトのジャンルや特性に合わせて調整しましょう。

ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする

ノーチェック」にしましょう。

チェックすると、WordPressに登録しているかつログイン中のユーザーしかコメントできません
誰でもコメントできるようにノーチェックがおすすめです。

例外として、会員サイトなどであれば、チェックをして特定のユーザーだけコメントできるようにするのもアリです。

〇〇日以上前の投稿のコメントフォームを自動的に閉じる

ノーチェック」にしましょう。

指定した日付より前の記事はコメント欄が非表示になります。
記事はユーザーがどんなタイミングで読むかわからないため、いつでもコメントできるようにノーチェックがおすすめです。

コメント投稿者が Cookie を保存できるようにする、Cookie オプトイン用チェックボックスを表示します

WordPressコメント欄次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する
Cookieオプトイン用チェックボックス

ノーチェック」にしましょう。
チェックすると、赤枠がコメント欄下部に表示されます。
保存するという文言が心理的ハードルを上げてしまうため、ノーチェックがおすすめです。

コメントを〇〇階層までのスレッド (入れ子) 形式にする

WordPressコメントフォームスレッド形式
コメントのスレッド形式

チェックするとコメントが入れ子形式で表示されます。
2階層」あたりがおすすめです。
あまり階層が多いと見づらくなってしまうため、2〜3階層くらいにしておきましょう。

1ページあたり〇〇件のコメントを含む複数ページに分割し、〇〇のページをデフォルトで表示する

WordPressコメントページネーション

指定したコメント数を超える場合は、ページネーションで分割されます。
1ページの上限は1,000件まで設定できますが、コメントが多すぎると読み込みに時間がかかりますので「10〜30件」くらいが良いでしょう。

「最初」または「最後」のページを表示するとは、分割されたページの設定です。

最初=古いページ順に並ぶ
最後=新しいページ順に並ぶ

〇〇コメントを各ページのトップに表示する

WordPressコメントの表示順設定

「古い」または「新しい」コメントをトップに表示するとは、コメント欄で先頭にしたい投稿の選択です。
古い=ページ内で最初にされたコメントを先頭にする
新しい=ページ内で最後にされたコメントを先頭にする
さきほどのページ順番と合わせて設定すると良いでしょう。

自分宛のメール通知

WordPressディスカッション設定自分宛のメール通知

コメントが投稿されたとき

チェックしておきましょう。
コメントが投稿されると、管理者メールアドレスに通知されます。

WordPress管理者メールアドレス

管理画面設定一般管理者メールアドレスに登録してあるものです。

コメントがモデレーションのために保留されたとき

モデレーションとは?

コメントを保留にしている状態
基本手動承認を必須にするため、こちらは必ずチェックしておきましょう。

コメント表示条件

WordPressディスカッション設定コメント表示条件

コメントの手動承認を必須にする

WordPress承認待ちコメント

必ずチェックしましょう。
投稿されたコメントは管理者が承認しない限りコメント欄に表示されません

すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを許可し、それ以外のコメントを承認待ちにする

基本は「ノーチェック」にしましょう。

一度許可したユーザーであっても送られてくるコメント内容はわからないため、承認作業は必須です。

ただし、会員サイトなどであらかじめ投稿者にスクリーニングをかけているのであれば、チェックして承認作業を削るのはありですね。

コメントモデレーション

WordPressディスカッション設定コメントモデレーション

コメント内に指定した数のリンクを含む場合は、強制的に承認待ちにする設定です。
スパムコメントの99%はリンクを貼って投稿してくるため、「1個」に設定しておけば良いでしょう。

大きなフォーム内では、特定の「キーワード」や「URL」を指定することもできます。
それらが含まれる場合も強制的に承認待ちになります。

複数指定する場合の3つの区切り方
  • 改行
    ABC
    DEF
  • 半角スペース
    ABC DEF
  • カンマ
    ABC,DEF

上記3つは組み合わせても構いません。

コメントのスパム対策は、以下のプラグインがおすすめですので、合わせてインストールしておくと良いでしょう。

コメント内で許可されないキーワード

WordPressディスカッション設定コメント内で許可されないキーワード

こちらで指定した単語を含むコメントは、強制的にゴミ箱に入ります。
例えば、誹謗中傷キーワードなどを入れておくのも1つの方法です。

アバターの表示

WordPressディスカッション設定アバターの表示

チェックしておきましょう。
こちらはコメント投稿者(相手)のアバター表示設定です。

アバター表示の条件
  • GravatarまたはWordPressに登録しているプロフィール画像が表示される。
  • どちらにも登録がない場合は、デフォルトのアバターで設定した画像が表示されます。
プロフィール写真

WordPressに登録した画像とは
管理画面ユーザープロフィールプロフィール写真で選択したものです。

評価による制限

WordPressディスカッション設定評価による制限

Gravatarで設定している画像を制限できます。
基本的に「G-あらゆる人に適切」で問題ありません。

デフォルトのアバター

WordPressディスカッション設定デフォルトのアバター

アバターを持たないユーザーの画像を指定できます。
デフォルトのミステリーパーソンで問題ありませんが、好みのものを選択しましょう。

結論:WordPressディスカッション設定はコメントが活発なサイトは特に重要

以上、WordPressのディスカッション設定を解説しました。

ディスカッションという名のコメントに関する設定ですね。

各項目の意味を押さえておくと微調整ができますので、覚えておきましょう。

WordPress初期設定

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると励みになります
  • URLをコピーしました!

記事への質問等はこちらからどうぞ

コメントフォーム

※日本語が含まれない内容は投稿できません。

目次