漫画・小説・ビジネス書なんでも最大100冊分が半額

WordPressでブログをスタートするための手順を10回に分けて解説

WordPress講座

この講座ではWordPressで個人サイトを作成する方に向けて、最初からやっておきたい設定や知っておきたいことをわかりやすく解説しています。STEP1」から順に進めていただければ誰でも80点のサイトでスタートできます。

えっ?今さら何を?あなたはそう思ったかもしれません。確かに「WordPress 始め方」などで検索すると解説記事は山のようにありますよね。

私も「ワー…ドプ…レスってなぁに?」といった頃は、大変お世話になりました。

しかしお気づきでしょうか?検索上位(トップ10)は「初心者向け」に書かれていることに。なぜなら初心者向けの記事は、どんな分野でも多くのニーズ…つまり需要があるからです。

ただ私は思うのです。検索上位が「全て初心者向けの記事」ってのはどうなんだと。

あまり大きな声では言えませんが、WordPress歴3年の私でさえ、今からサイトを作るのに参考になる記事はありません。というより、納得のいくステップアップ形式にまとめられたサイトがないのです。

かといって、ガチガチのエンジニアの方が書く記事は超有益だったりしますが、分かりやすさはガン無視「俺様スゲーだろ感」がハンパないキング・オブ・自己顕示欲……。厳しく言わせてもらうと記事の作り方と伝え方が下手クソ初心者向けではない。

なんか自分で自分のハードルあげちゃってますが、もう少しだけ言わせてください。

例えば、WEB上にサイトを立ち上げてアクセスを集めるということは、Googleというお店に雇ってもらうみたいなもんなのですよ。で、どうせ働くなら時給を上げてもらいたいじゃないですか。

その時に、男ならスウェットにサンダル姿、女性ならスッピンのジャージ姿でGoogle先生〜と声をかけるのか?

仕立ての良いスーツを着て、びっちり髪を固めて、化粧をしてドレスコードを着て、菓子折りを持って挨拶にいくのか?

ド初心者向けサイトを参考に簡単な設定だけ、いきなり記事を書き始めるというのはそういうことなのです。

もう少し噛み砕くと、あなたがもしGoogle側だったら、どちらのサイトを優先しますか?

  • ★Googleの理念をよく理解し、Googleと共に成長しながらユーザーファーストを目指すサイト
  • ★Googleに寄り添わず、自分でユーザーファーストを探してるサイト

アルゴリズムのアップデートがあるたびに文句いってる人いますけど、だいたい後者です。もしあなたが、自分で探す道を選ぶのであれば、申し訳ありません。私では力不足なので、どうぞ他のサイトを当たってください。

少々長くなりましたが、そんな思いもあり、今の自分なら「こう考え、この手順で行い、これを先に知っておきたかった」をコンセプトに初心者でも中級者レベルのサイトでスタートできるWordPress講座(全10回)を作成しました。

正直に申しますと、ガチの初心者向け記事と比べれば、サイトをスタートさせるのが1〜2時間は遅れると思います。

でも、最初にたった1時間多く学ぶだけで、ただ記事を書くだけのブロガーやライターを卒業できます。

手前味噌ですが「時間対効果」は決して悪くありませんので、ぜひ参考にしてみてください。

主な想定読者
  • 検索上位を参考にサイトを立ち上げてる人
  • または過去に立ち上げたまま見直しをしていない人
SETP1

まずは「レンタルサーバーの選択〜WordPressをインストールするところまで」の解説です。初心者向けの記事では触れないであろう視点も多分に含んでいます。

初っ端にして一番重要なことを書いているので15分だけお付き合いください。

この記事を読んで「価値がないな」と判断したら、先の記事は読まなくて結構です。

この記事を読む

SETP2

第2回目はWordPressの初期設定について。そんなん知っとるわという方も「メディア設定」と「パーマリンク設定」だけは目を通していただければなと。

上記2つは後から変更すると、非常に手間がかかります。

こちらはなかなかの長文にも関わらず、離脱率は50%台をキープしており、2人に1人は次のステップに進んでいます。

この記事を読む

SETP3

第3回目はテーマ選びについて。初心者は有料テーマで…という考えはもう古いです。

最近は無料でもビックリするほど多機能なテーマがあります。あなたの予算に合わせてお気に入りのものを選びましょう。

ちなみに、テーマ選定のコツは「PC」と「スマホ」両方から確認することです。

この記事を読む

SETP4

第4回目はプラグインについて。結論からいうと相手のサイトやスキルを見ずに絶対的なプラグインを勧めることはできません。

なのでこの記事は、当サイトで使っているものや過去に使っていたものの特徴だけをまとめ、詳しい解説は個々の記事でしています。

気になるものがあれば、使ってみてください。

この記事を読む

SETP5

第5回目は.htaccessについて。ここは難しいので理解せずとも記事の通りに設定していただければ、セキュリティやSEOに関する設定ができます。

ちなみに、このサイトで使用しているレンタルサーバーは「MixHost 」なので、すべての講座はそのことを前提に解説しています。

この記事を読む

SETP6

第6回目は子テーマについて。WordPressをカスタマイズする上で真っ先に覚えておきたいスキルの1つです。

正直「ブログ=記事を書く」という価値観はコモディティ化しています。

今後も生き残るサイトを作りたければ、最低限のカスタマイズはできないと厳しいと断言できます。その上でも子テーマの使い方は押さえておきましょう。

この記事を読む

SETP7

第7回目はGoogleアナリティクスの初期設定について。アナリティクスは無料で使えるかつ、サイト分析をする上で欠かせないツールの1つです。

こういったデータ分析に関しては初期設定がすべてといっても過言ではありません。

こちらの記事で確実に設定を行いましょう。

この記事を読む

SETP8

第8回目は「Bingの登録方法」について。昨今の検索は70〜80%「Google」が使用されています。

それにひきかえ「Bing」は2〜5%程度しかありません。しかしこの5%がサイトの規模と比例して大きな影響をもたらします。

5分で登録できるので、忘れないうちに設定しておきましょう。

この記事を読む

SETP9

第9回目は「Cloudflare設定」について。WEBサイトの高速化に役立つツールです。

以前にも増し、Google先生はページスピードにうるさくなってきましたが、これは遅すぎるサイトは気にしろよってことです。

変なテーマや下手にサイトをいじくり回してなければ、こういった無料ツールとプラグインだけで高速化対策は十分なのです。

この記事を読む

SETP10

第10回目は「ローカル環境」について。WordPressのトラブル原因の多くは、サイトを直接イジることにより起きます。

ローカル環境(仮のサイト)を構築しておけば、なにか変更する際に前もってテストを実施できます。

なんとなく敷居が高そう…なのは雰囲気だけで実は非常に簡単なんですよ。

この記事を読む

WordPress基礎講座・修了証書授与
カゲサイーカゲオカゲオ

お疲れさまでした。

ここまで設定しておけばWordPressの基礎はバッチリなので、あとは記事を書いていきましょう。

この講座を最後まで読み込んでくれた方に「修了証書」を作成してみました。

こんな風に遊べるのもWordPressの楽しさの1つですね。それでは良いWordPressライフを。