MENU

運営中のサブブログ

主に私のデスク周りアイテムを紹介しています。
在宅作業の参考になるかもしれません。

マンニメバナー画像

趣味の1つ漫画アニメについて書いています。
鬼滅のレビューはコメント600件以上きました。

カゲオ
サイト管理人
当ブログはWordPressが今より楽しく、便利になるをテーマに分かりやすい解説記事を心がけています。
サブブログ|デスク環境構築サイト運営中⇒見てみる

Throws SPAM Awayの設定と使い方|スパムコメント対策

当ページのリンクには広告が含まれています。
Throws SPAM Away設定方法

WordPressの標準機能にコメントのスパム対策はありません。
コメント欄を解放している場合、アクセスが増えてくると海外のスパムコメントが頻繁に届きます

そこでおすすめなのが、日本の会社が開発したプラグインThrowsスロウズ SPAMスパム Awayアウェイです。

設定項目はすべて日本語、ほぼ選ぶだけの簡単な設定ですが、十分なスパムコメント対策ができます。

当記事では、Throws SPAM Awayの設定方法と各項目の効果を解説しました。

参考サイト

管理人のデスク環境ブログも運営中です

在宅作業の参考になるアイテムがあるかもしれません。
デスク周りのアップデートを検討されている方はぜひ覗いてみてください。

目次

管理人のデスク環境ブログも運営中です

在宅作業の参考になるアイテムがあるかもしれません。
デスク周りのアップデートを検討されている方はぜひ覗いてみてください。

Throws SPAM Awayをインストール

Throws SPAM Awayインストール
手順
  • プラグインの中にある「新規プラグインを追加」をクリック
  • 「Throws SPAM Away」で検索
  • 今すぐインストール」をクリック
  • 有効化」をクリック

Throws SPAM Away設定の一覧表

とりあえず最適な設定をしたい方は、以下の通りにしましょう。
気になる箇所だけ、目次から解説を読んでください。

項目設定方法
人の目には見えないダミーの入力項目しない
日本語が存在しない場合、無視対象とするする
タイトルを日本語としてカウントしないする
日本語文字列含有数5
元の記事に戻ってくる時間2
コメント欄の下に表示される注意文言※日本語が含まれない内容は投稿できません。
コメント注意文言の表示位置コメント送信ボタンの上
日本語文字列規定値未満エラー文言5文字以上の日本語を含む必要があります。
URLが混入している場合エラー設定する
上記でする場合の制限数0
URL混入時のエラー文言リンクは「サイト」に入力してください。
その他NGキーワードwww.,[/url],/?
NGキーワードエラー時の文言あなたからのコメントは受け付けていません。
その上での必須キーワード空欄
必須キーワードエラー時の文言デフォルトのまま
上記設定をトラックバック記事にも採用しない
トラックバック記事にこちらのURLが含まれているか判断しない
コメントで「スパム」にしたIPからの投稿にも採用ON
任意のIPアドレス設定空欄または上記からコピー
ブロック対象のIPアドレスからの投稿時に表示される文言あなたからのコメントは受け付けていません。
SPAM拒否リスト利用しない(OFF)
IP制御免除許可リスト空欄
スパムコメント投稿情報を保存しますか?しない(OFF)
スパムデータを表示する期間上記でONにした場合のみ7日に変更
機能設定しない(OFF)

スパム対策機能 設定

Throws SPAM Away設定

プラグインをインストールすると、管理画面のサイドバーにThrows SPAM Awayが追加されますので、そちらから設定を行います。

設定項目の中に「無視する」との表記が出てきます。
無視には2つのパターンがあります。

  • 設定したエラー文言を表示させる
  • エラーを表示させずに即ブロック

元の記事に戻ってくる時間を初期設定「0」のままにすると、すべてのエラーメッセージが表示されなくなりますので、注意しましょう。

人の目には見えないダミーの入力項目を作成し、そこに入力があれば無視対象とする

Throws SPAM Awayダミー入力項目設定

しない」を選択。
他の項目でスパム対策をします。

「する」にしてしまうと、ユーザー側のChrome設定でJavaScriptをOFFにしている場合、その方のコメントはスパム判定されてしまいます。

日本語が存在しない場合、無視対象とする

Throws SPAM Away日本語を含まないエラー設定

する」を選択。
日本語が含まれない投稿は無視されます。

ただし最近のスパムは記事タイトルを含めたり、無理やり日本語を含めてきますので、これだけでは対策として弱いです。

タイトルの文字列が含まれる場合、日本語としてカウントしない

Throws SPAM Away記事タイトルを日本語としてカウントしない設定

する」を選択。
記事タイトルを自動で含ませるスパムbot対策です。

他のスパム対策も必要ですので、これだけでは不十分です。

日本語文字列含有数

Throws SPAM Away日本語文字列含有数設定

5」文字あたりに変更しましょう。
日本語の文字数が指定した数以下の場合、エラー表示またはブロックされます。

エラー表示とブロックの違いは、以下の元の記事に戻ってくる時間で決まります。

カゲオ

読者さんの中には「ありがとう」など、一言だけ送ってくる方もいるので、5文字くらいがおすすめだよ

元の記事に戻ってくる時間

Throws SPAM Away元の記事に戻ってくる時間設定

2〜3」秒に変更しましょう。
0の場合、エラー画面に移行されないため、送信者はコメントが弾かれたことに気づきません
スパムだけならそれで良いのですが、ユーザーが間違えてしまった場合も考慮すると、エラーは表示させたほうが良いです。

エラー文言は、3つ先の日本語規定値未満エラーで設定できます。
また他のエラー文言もここで設定した秒数だけ表示されますので、「0」の場合、すべてのエラーが表示されなくなるため注意しましょう。

戻ってくる時間を「3秒」に設定した場合の挙動

エラー文言が3秒間表示されてから元の記事に戻っていますね。
あまり長くてもユーザーにストレスを与えてしまうため、2〜3秒くらいがおすすめです。

戻ってくる時間を「0秒」に設定した場合の挙動

エラー画面に移行しないため、コメント投稿者からすると何が起きたのかわかりません。

コメント欄の下に表示される注意文言

Throws SPAM Awayコメント欄の下に表示される注意文言設定

初期設定はやや冗長ですので「※日本語が含まれない内容は投稿できません。」あたりに変更してあげると良いでしょう。

表示してしまったら、わざと日本語を混ぜてスパムを飛ばしてくるのでは?と思うかもしれませんが、それは他で対策しているので問題ありません。

コメント注意文言の表示位置

Throws SPAM Awayコメント注意文言の表示位置設定
Throws SPAM Awayコメント注意文言の表示位置サンプル

それぞれの位置サンプルです。
コメント送信ボタンの上」が一番わかりやすいと思います。

Throws SPAM Awayコメント送信ボタンの上に注意文言を表示

また当サイトのように、コメント入力欄を一番下に変更すると、より自然な配置になります。

変更方法はこちらで解説

日本語文字列規定値未満エラー時に表示される文言

Throws SPAM Awayコメント文字列規定値未満エラー設定

日本語文字列含有数で設定した文字数未満のときに表示されるエラーです。
また元の記事に戻ってくる時間「0」以外を設定した場合のみ指定した秒数だけ表示されます。
デフォルトだと規定値が不明なので、設定した文字数を表示してあげると親切ですね。

例えば、5文字に設定した場合
5文字以上の日本語を含む必要があります。」など。

URL文字列除外 設定

Throws SPAM Away URLエラー設定

する」を選択
する場合の制限数:「0」に変更

0に設定することで、コメント欄にリンクが貼られた場合、すべてエラーを表示します。
スパムコメントの99%はこの設定で弾けます

URLらしき文字列混入数オーバーエラー時に表示される文言

Throws SPAM Away URLエラー文言設定
WordPressデフォルトコメントフォームサイト入力欄

リンクは「サイト」に入力してください。」と設定しておきましょう。
例えば、ノウハウ系サイトを運営していると、ユーザーからサイトの確認を求められる場合があります。

1つ前の設定で、コメント欄にリンクを貼れなくしたので、コメントフォームのURL欄に入力するように促してあげると親切です。

コメントフォームサイト入力欄の文言

また「サイト」部分は、カスタマイズで変更しているなら、その文言と合わせましょう

変更方法はこちらで解説

NGキーワード / 必須キーワード 制御設定

その他NGキーワード

Throws SPAM Awayその他NGキーワード設定

設定したキーワードはすべてエラー表示されます。
スパムはリンク設定でほとんど弾けますが、一応当サイトでは「www.,[/url],/?」だけ設定しています。
複数設定する場合は半角カンマ(,)で区切ってください。

ほかにもエンタメ系サイトなどで、誹謗中傷が多ければ、そのキーワードを入力しておきましょう。
X(エックス)のミュート機能のようなものですね。

NGキーワードエラー時に表示される文言

Throws SPAM AwayNGキーワードエラー文言設定

私はNGキーワードが含まれていることを示唆する必要はないと考えていますので、以下のように変更しています。
あなたからのコメントは受け付けていません。
この辺は各自調整してください。

その上での必須キーワード

Throws SPAM Away必須キーワード設定

基本は空欄でOKです。
NGキーワードの逆で、ここで設定したキーワードを入れないと送信できなくするものです。
スパム対策をさらに強化したい場合、以下のような使い方もあります。

WordPressコメントフォーム文言指定

コメントフォームの上部に「〇〇と入力してからコメントを記入してください」などと表記しておくと、さらに強固なスパム対策としても使えます。
この例だと“カゲサイ”の文言がコメント欄に入力されていない場合、エラーを表示します。

変更方法はこちらで解説

必須キーワードエラー時に表示される文言

Throws SPAM Away必須キーワードエラー文言設定

基本初期設定のままで構いません。
先ほどのスパム対策を利用するなら「〇〇と入力されていないため投稿できません」などと変更しておくと良いでしょう。

トラックバックへの対応設定

上記設定をトラックバック記事にも採用する

Throws SPAM Away トラックバック設定

しない」に変更。
「する」のままだと、手違いで被リンクがスパム判定される可能性があるためです。
トラックバックは、手動承認ですので変な被リンクであればその時に弾けばOKです。

トラックバックとは?

自分のサイト内で”参考にしたサイト“や”引用元のリンク“を貼った場合、参照元に通知する機能です。

WordPressディスカッション トラックバック設定
ディスカッション設定

WordPressのディスカッション設定で、赤枠2つがトラックバック設定です。
1番上:送信設定
2番目:受信設定

カゲオ

ただ、大量にトラックバックが届くようなサイトの場合、確認作業が面倒だと思うから、「する」にしてある程度自動で弾くほうが良いかも?

トラックバック記事にも採用する場合、ついでにこちらのURLが含まれているか判断する

Throws SPAM Away トラックバックURL設定

先ほどと同じ項目を選択してください。
当サイトは「しない」にしています。

投稿IPアドレスによる制御設定

WordPressのコメントで「スパム」にしたIPからの投稿にも採用する

Throws SPAM AwayスパムコメントIPアドレス設定

ON」にします。
プラグインのスパムフィルターを突破されても、コメント承認時にスパム判定したIPアドレスをブロックできます。
IPアドレスのコピー」は、一つ下の任意IPアドレス欄に、スパムコメントのIPアドレスをコピーできます。

WordPressディスカッション設定

WordPressのディスカッション設定の「コメントの手動承認を必須にする」は必ずチェックしておきましょう。

WordPressスパムコメントサンプル

スパムコメントは、管理画面「コメント」→「スパム」から確認できます。

任意のIPアドレスからの投稿も無視したい場合、対象となるIPアドレスを記述

Throws SPAM Away任意IPアドレス設定

スパムコメントが溜まってきたら、ブロックしたIPアドレスをコピーしましょう。
IPアドレスをこちらに登録しておくと、スパムコメントを削除したあとも同じIPアドレスからの投稿をブロックできます。

ただほとんどはプラグインのスパムフィルターに弾かれますので、しっかり設定しておけば、スパムコメントが溜まることはありません。

カゲオ

もちろんIPアドレスの手動入力にも対応しているよ

ブロック対象のIPアドレスからの投稿時に表示される文言

Throws SPAM AwayブロックIPアドレスのエラー文言

当サイトは「あなたからのコメントは受け付けていません。」にしています。
お好みの文言を設定しましょう。

SPAM拒否リスト利用

Throws SPAM Away SPAM拒否リスト設定

OFF」(しない)のままでOK。
「ON」にすると、外部サービス(SpamCopなど)でスパム判定されたIPアドレスをすべて拒否することができます。

ただし処理が重くなるため、基本はOFFにしておきます。

IP制御免除
許可リスト

Throws SPAM Away IP制御免除許可リスト設定

基本は「空欄」のままでOK。
海外の方とコメント欄でやり取りする必要がある場合のみ、その方のIPアドレスを登録しておくと、スパム判定されずにコメントできるようになります。

メモ

Throws SPAM Awayメモの使い方

スパム対策の効果測定をするときなどに便利です。
例えば、「2024年4月1日よりプラグイン導入」などとしておけば、その日よりどのくらいスパムが減ったか確認できます。

スパムデーターベース

スパムコメント投稿情報を保存しますか?

Throws SPAM Awayスパムコメント情報の保存設定

OFF」のままでOK。
「ON」にすると、エラー内容日時を確認できますが、コメント内容は確認できません。
またデータベースに蓄積されていきますので、処理が重くなります。

以下の解説を読んだ上で、エラーを確認したい方は「ON」にしましょう。

スパムデータ

Throws SPAM Awayスパムデータ確認

先ほどのスパム情報を「ON」にした場合、管理画面にスパムデータ項目が追加されます。
開くとスパム判定されたデータが表示されています。
内容確認をクリックすると以下のデータが見れます。

スパムデータから削除すると、そのIPアドレスのブロックが外れます。

Throws SPAM Awayスパムデータ詳細確認

①IPアドレス
②投稿日時
③投稿された記事タイトル
この3つしか確認できないため、あまり意味がないと考えています。

スパム判定を解除すると、そのIPアドレスのブロックが外れます。
しかし、コメント内容が不明だと判断できないため、使うことはないでしょう。

スパムデータを表示する期間

Throws SPAM Awayスパムデータ表示期間設定

スパムコメント情報の保存をONにした場合のみ、有効な設定です。
15日分もデータを溜めておく必要はないと思いますので、利用する場合は7日くらいに変更すると良いでしょう。
期間が過ぎたデータを削除するは「ON」のままにします。

機能設定

Throws SPAM Away機能設定

しない」のままでOK。
スパムコメント情報の保存をONにした場合のみ、有効な設定です。
スパム判定の細かい設定をできますが、ここまでの設定で大半のスパムは弾けますので、あえて設定する必要はありません。

スパムコメント一括削除

Throws SPAM Awayスパムコメント一括削除

管理画面のスパムコメント一括削除をクリックします。

スパムコメントをすべて削除する

Throws SPAM Awayスパムコメントをすべて削除

スパムコメントとは、WordPressのコメント項目に表示されているものを指します。
ボックスにチェックを入れてから「スパムコメントをすべて削除」を押すと、WordPressのコメント内でスパム判定したデータが削除されます。

削除するならスパムのIPアドレスをコピーしてからにしましょう。

保留中のコメントをすべて削除する

Throws SPAM Away保留中のコメントをすべて削除する

まだ承認していないコメントを削除する項目です。
未承認のコメントはすべて削除されてしまいますので、基本使いません。

結論:WordPressのスパムコメント対策はThrows SPAM Awayがおすすめ

以上、Throws SPAM Awayの設定方法を解説しました。

WordPressは、スパムコメント対策を自分でする必要があります。
日本企業が作っているかつ、設定も簡単ですので、Throws SPAM Awayはおすすめです。

こちらも一緒に読まれています。

Throws SPAM Away設定方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると励みになります
  • URLをコピーしました!

記事への質問等はこちらからどうぞ

コメントフォーム

※日本語が含まれない内容は投稿できません。

目次