MENU
カゲオ
管理人
陰ながらサイト運営を応援するブログ「カゲサイ」の管理人です。
WordPressやブログについてかゆいところに手が届く解説を心がけています。

WordPress

その他

運営中のサブブログ

主に私のデスク周りアイテムを紹介しています。
在宅作業の参考になるかもしれません。

サブブログ|デスク環境構築サイト運営中⇒見てみる

新しいリダイレクトプラグイン|Redirect Redirectionの使い方

当ページのリンクには広告が含まれています。
Redirect Redirection設定

リダイレクトとプラグインといえば、Redirectionが有名ですが、より直感的に使えるプラグインRedirect Redirectiを発見したので、使い方を解説しました。

管理画面のサイドバーにリダイレクトと大きく表記されるので、場所もわかりやすいですし、日本語対応もしており非常に使いやすいです。

一応すべての機能を解説しましたが、ささっとリダイレクト方法を知りたい方は「特定のURLへのリダイレクト設定」まで飛ばしてください。

リダイレクト処理とは?
  • 元のURLへのアクセスを別のURLに自動的に移動させること

管理人のデスク環境ブログも運営中です

在宅作業の参考になるアイテムがあるかもしれません。
デスク周りのアップデートを検討されている方はぜひ覗いてみてください。

目次

管理人のデスク環境ブログも運営中です

在宅作業の参考になるアイテムがあるかもしれません。
デスク周りのアップデートを検討されている方はぜひ覗いてみてください。

リダイレクト処理が必要になる事例4選

URLリダイレクト処理の種類

長らくサイト運営していると、リダイレクト処理が必要になる場面はが出てきます。
ここでは代表的な事例を4つ解説しました。
プラグインの使い方を知りたい方は「特定のURLへのリダイレクト設定」まで飛ばしてください。

古い記事から新しい記事へ誘導

301リダイレクトの仕組み

通常は記事内容を更新すれば良いだけですが、修正より新しく記事を書いた方が良い場合もあります。
この時サイト内には「古い記事」と「新しい記事」が混在しているため、検索エンジンに新しい記事だけ認識させるよう設定しないといけません。

例えば生成AIの最新情報を発信しているサイトを運営していたとします。
その場合、そのサイトは情報のスピードに価値がありますよね。

そこで「長文処理最強AI Gemini 1.5 Proの実力記事Aとします)」という記事を書いたらSNSでそこそこバズり、その数ヶ月後に新しいモデルが発表され「Gemini 1.5 Proが世界一から陥落、GPT-5の驚きの処理能力記事Bとします)」といった記事を書いたとしましょう。

その時点での最強AIを知ってもらいたい、読者がその情報を求めている場合、古い記事は最新ではなくなりますよね

ではそのたびに記事内容を更新または新記事を書けば良いのでしょうか?

いいえ「記事A」のSNSのバズ効果を捨てるのはもったいないですし、サイト内に生成AIについてのそのときどきの最新記事がたくさんあれば、この人は最新情報を追っているとユーザーにアピールできます。

リダイレクト処理の仕組み

こういった場合は「記事A」の内容をまるまるコピーして「記事C」の新記事としてアップしちゃいましょう。

そしてもともとあった「記事AのURL」から「記事B(最新情報の新記事)」へリダイレクト処理すると、SNSのバズ効果や検索からのアクセスを引き継げますし、サイト内に複数の専門記事を残せるのでドメインパワーも強化されていくわけです。

このように同じドメイン内でも、リダイレクト処理は往々にして利用する機会があるため、必ず覚えておきましょう。

ドメイン変更を伴うサイトリニューアル

ドメイン変更

例えば、初めは小規模で個人運営していたら、事業が大きくなり法人化しました。
その際ドメインをhttps://kagesai.net/からhttps://newkage.jp/に変更したとしましょう。

https://kagesai.net/でこれまで書いてきた記事を手動で直していたらやってられませんよね。
こういった場合もリダイレクト処理することで、https://newkage.jp/に自動転送できるため非常に便利です。

適切に行われたリダイレクト処理はこれまでのサイト評価も引き継げますので、ドメイン変更する際は必ず利用しましょう

URLカニバリゼーション発生時の対処

URLカニバリゼーションとは?
  • サイト内の複数のページが同じキーワードで競合してしまい、検索エンジンからの記事評価が分散してしまう現象。

記事Aタイトル:東京でおすすめの観光地10選
記事Bタイトル:東京の穴場観光地5選

この場合「東京 観光地」というキーワードが重複しているため、どちらか一方しか検索結果に表示されない場合があります。

例えば、記事Aが表示されているなら、記事Bの内容を記事Aに含めたうえで、記事Bから記事Aにリダイレクト処理すると、記事Aはさらに内容が濃くなり、検索順位が上がる可能性があります。

パーマリンク設定の変更時

WordPressパーマリンク構造

WordPressの初期設定にパーマリンク設定があります。
変更する際は必ずリダイレクト処理しましょう。

リダイレクト処理を効率的に行う方法

リダイレクトプラグインは、そのまま利用することも可能ですが、数が多い場合は以下の手順で行うとより効率的に作業できます。

  1. プラグインで既存URLをダウンロードしておく
  2. 投稿・固定・カスタム投稿のURLは一括編集後、上記プラグインでダウンロードする
  3. リダイレクトプラグインに元のURL変更したURLのCSVファイルからコピペする

既存URLをダウンロードする

パーマリンクCSVファイル一括ダウンロード

投稿、固定ページ、カスタム投稿のURLは、以下のプラグインでCSVファイルに一括ダウンロードできます。
リダイレクト処理設定は元のURLが必要ですので、タイトル付きの一覧確認はかなり重宝しますよ。

関連記事

WordPressカテゴリースラッグ

カテゴリーやタグのスラッグは非対応ですので、スクショ保存しておきましょう。

投稿・固定・カスタム投稿のスラッグを一括編集

Permalink Manager Liteパーマリンク一括編集

通常のスラッグ編集は、1つ1つするものです。
以下のプラグインなら一括編集が可能ですので、数が多い場合は利用してください。

関連記事

一括編集後は、先ほどのURLダウンロードプラグインで変更したURLも抽出しておきましょう。

最終的に以下のような形になります。

効率的リダイレクト処理方法

Redirect Redirectionの使い方と設定方法

Redirect Redirectionインストール
手順
  • 管理画面の「新規プラグインを追加」をクリック
  • Redirect Redirection」で検索
  • 今すぐインストール」をクリック
    ※.同じ名前のプラグインがあるので注意
  • 有効化」をクリック
Redirect Redirectionセキュリティアラートメール受取の確認

インストール後すぐに、プラグインのセキュリティアラートをメールで受け取るか?と表示されます。
リダイレクト処理は問題があるといけませんので、基本は①の「Allow&Continue」をクリックしましょう。
不要な方は②のSkipをクリックしてください。

Redirect Redirection認証メール確認

WordPressに登録しているメールアドレス宛てに認証確認メールが届きますので「Confirm」をクリックしましょう。

Redirect Redirectionメール認証後メッセージ

WordPressのプラグインページに「Thank you for confirming your email」と表示されれば、認証完了です。

特定のURLへのリダイレクト

Redirect Redirection設定場所

管理画面のサイドバーに「リダイレクト」が追加されますので、そちらを開いてください。

Redirect RedirectionリダイレクトURLの追加方法

①左側に古いURL→②右側に新しいURLを入力します。
このリダイレクトを追加してください!をクリックしてください。

URLの数が多い場合は、先ほど紹介したプラグインを利用してください。

リダイレクトURLの編集方法

Redirect RedirectionリダイレクトURL編集と回数確認

すぐ下に追加されたリダイレクトが表示されます。
試しに古いURLにアクセスしてみましょう。
新しいURLに飛べれば設定完了です。
URLを変更する場合は、フォームから直接打ち込めます。

コード横の値は、リダイレクトされた回数がカウントされます。
リダイレクト情報を削除する場合は、バツアイコンを押してください。

Redirect Redirectionリダイレクト情報の削除方法
カゲオ

基本はこれだけ覚えておけばOK
この先は少し難しいので、興味のある方だけ読んでね

高度なオプション設定

Redirect Redirection高度なオプションソースURL設定

右上の詳細オプションを表示をクリックして展開しましょう。
例えば、以下のようなリダイレクト処理を例に解説します。

旧URL:https://kagesai.net/test/

新URL:https://kagesai.net/test2/

ソースURL
  • 末尾のスラッシュを無視するチェックする
    https://kagesai.net/test
    のように最後の「/(スラッシュ)」を省略したURLでもtest2へリダイレクトされます。
  • 大文字・小文字を区別しないチェックする
    https://kagesai.net/Test
    スラッグを大文字で入力してしまった場合もtest2リダイレクトされます。
  • パラメータを無視する基本チェックする
    https://kagesai.net/test?〇〇
    パラメータが無数に存在する場合は、個別にリダイレクトさせるのは現実的ではないため、チェックしておきましょう。
    チェックすると?以降のパラメータが無視されます。
  • パラメータを渡す基本チェック不要
    https://kagesai.net/test?〇〇
    パラメータも引き継いでリダイレクトしたい場合は、チェックしてください。
    数が少なければ問題ないでしょう。

パラメータとは、ECサイトの条件検索、ユーザーの行動分析、広告の効果測定、A/Bテストなどに使用されるものです。
上級者向けの設定ですので、よくわからなければデフォルトのままで問題ありません。

リダイレクトヘッダーを設定

Redirect Redirectionリダイレクトヘッダー設定

何も入力しなくてOKです。
リダイレクトヘッダーの設定は上級者向けであり、具体的に以下のような場合に利用します。

  • 検索エンジン最適化(SEO)対策として、より高度なカスタマイズを行いたい場合
  • セキュリティ対策として、X-Frame-OptionsヘッダーやX-XSS-Protectionヘッダーなどの追加が必要な場合
  • キャッシュ制御やContent-Security-Policy(CSP)などの高度な機能を利用したい場合

リダイレクトHTTPコード

Redirect RedirectionリダイレクトHTTPコード選択

6つのリダイレクト方法を選択できます。
ほとんどのケースでデフォルトの301リダイレクトを利用しますが、一応それぞれの特徴を解説しました。

301リダイレクト

古いURLから新しいURLへ完全移行させるためのものです。
旧住所から新住所への転移届のようなものなので、検索エンジンは新しいURLだけを認識します。

302リダイレクト

一時的なURLの移行
ページ単位で一時的にメンテナンス状態にしたい場合などに利用可能。
検索エンジンは「元のURL」と「新しいURL」の関係性を把握できないため、別のURLとして認識します。
そのためブラウザの仕様によっては「ページの戻るボタン」を押すと、元のURLが表示されてしまう可能性があるため注意しましょう。
ですので、一時的なURL移行であれば次の303リダイレクトがおすすめです。

303リダイレクト

一時的なURLの移行
302より新しいブラウザに対応している傾向があり、古いブラウザとの互換性が低いコードです。
検索エンジンは「元のURL」と「新しいURL」の関係性を把握できるため、302と違い「一時的に今こっちのURLを使っているよ」と伝わります。
URL同士の関係性を理解しているため「ページの戻るボタン」を押しても移行前のページが表示されることはありません
近年の主要ブラウザは303に対応しているため、こちらを利用するのが一般的です。

304リダイレクト

主な用途は個別キャッシュの指定
例えば、カメラ系サイトでサイズの大きい重めの画像を貼ったページがあるとしましょう。
その画像のURLを「リダイレクト元」と「リダイレクト先」に設定することで、一度読み込んだユーザーにはサーバー内に保存された画像データを表示できます。
このすることで、サイトの読み込み速度の向上に繋がりますよね。
リダイレクト処理を削除しない限り、効果は続くので、要所で使うのに重宝します。

唯一リダイレクト元とリダイレクト先に同じURLを指定する処理方法なので、注意しましょう。

307リダイレクト

302や303とほぼ同じ処理なので、あえて307を使う必要はありません。

308リダイレクト

301とほぼ同じ処理なので、あえて308を使う必要はありません。

包含 & 除外ルール

Redirect Redirection包含&除外ルール設定

より複雑なリダイレクト処理を可能にします。
上級者向けですので、よくわからなければスルーしてください。

  • 次の基準のすべての場合のみリダイレクトする
    オプション:すべての基準を満たした場合/すべての基準を満たさなかった場合
  • リンクをクリックするユーザー
    オプション:ログイン中/ログインしていません
  • リンクをクリックしたユーザー
    オプション:があります/がありません
  • WordPressのユーザー権限グループ
    Administrator(管理者)/Editor(編集者)/Contributor(投稿者)/Subscriber(購読者)
  • ユーザーのリファラーリンク
    オプション:一致しました/一致しません
    リファラー設定|正規表現の有無
  • ユーザーのエージェント
    オプション:一致しました・一致しません
    ユーザーエージェント設定|正規表現の有無
  • ユーザーのCookie
    オプション:一致しました/一致しません
    Cookie名|Cookieの値|正規表現の有無
  • ユーザーのIP
    オプション:一致しました/一致しません
    IP設定
  • サーバー
    オプション:一致しました/一致しません
    サーバー設定
  • 言語
    オプション:一致しました/一致しません
    言語設定

リダイレクト処理のON/OFFの使い方

Redirect Redirectionリダイレクト処理のON/OFF設定

リダイレクトURLをインポート&エクスポート

Redirect Redirectionリダイレクトリストのインポート&エクスポート方法

追加したリダイレクト処理情報をjson形式のファイルにエクスポート&インポートできます。
リダイレクト情報の共有や別サイトでも使う場合は、活用しましょう。

リダイレクトルール

Redirect Redirectionリダイレクトルール設定

元のURLと新しいURLそれぞれに独自のルールを設定できます。
こちらも上級者向け設定ですので、わかる方だけやってみてください。

リダイレクト元のルール設定

  • 次を含む
    指定した文字列を含むURLすべてが対象です。
    範囲が広くなりすぎる可能性が高いため取り扱いは十分に注意しましょう。
  • 次ではじめる
    指定した文字列で始まるURLすべてが対象です。
    「カテゴリー」や「タグ」単位で変更したい場合に利用しましょう。
  • End with
    指定した文字列で終わるURLすべてが対象です。
    画像やPDFなど、特定の拡張子をまとめてリダイレクトしたい時に便利ですね。
  • パーマリンク構造を有する
    すべてのURLが対象です。
    思わぬトラブルが発生する可能性が高いため非推奨です。
  • 正規表現の一致
    正規表現を使ったより高度な設定が必要な場合は活用しましょう。
  • 404sエラーです
    404エラーが発生しているURLが対象です。
    サイトをリニューアルした時などに使えます。
  • すべてのURL
    ドメイン移行などサイト全体のURLがガラッと変わる時に有効です。

リダイレクト先のルール設定

リダイレクト元の選択肢により、指定できるオプションが決まっています。

特定のURL

指定したURLにリダイレクトします。
リダイレクト元の指定条件
パーマリンク構造を有する以外は利用できます。

新しい文字列のURL

元のURLに新しい文字列を追加してリダイレクトします。
リダイレクト元の指定条件
次を含む」と「End with」のみ利用可能。

文字列が削除されたURL

元のURLから特定の文字列を削除してリダイレクトします。
リダイレクト元の指定条件
次を含む」と「End with」のみ利用可能。

新しいパーマリンク構造

WordPressのパーマリンク構造を変更した際、新しいURLへリダイレクトします。
リダイレクト元の指定条件
パーマリンク構造を有するのみ利用できます。

正規表現の一致

正規表現を使用して、元のURLに一致するURLをリダイレクトします。
リダイレクト元の指定条件
正規表現の一致」のみ利用可能。

ランダムな類似投稿

元のURLに一致する投稿が存在しない場合、類似した投稿をランダムにリダイレクトします。
リダイレクト元の指定条件
404sエラーです」のみ利用可能。

それらのオプションを説明する

選択すると以下の解説が表示されます。

Redirect Redirectionリダイレクトルールの説明

リダイレクト&404エラーログ

Redirect Redirectionリダイレクト&404エラーログ設定

リダイレクト404エラーのURL履歴を確認できます。

ログを自動的に削除する

Redirect Redirectionリダイレクト&404エラーログ履歴削除期間

リダイレクト&404エラーのログを自動削除する期間を設定できます。
デフォルトは「なし」になっており、無限に溜まっていきますので「1週間前」に変更しておきましょう。

ログ履歴の切り替え

Redirect Redirectionリダイレクト&404エラーログ表示切替

右側の「表示する」からログ履歴をの選択できます。
デフォルトでは、リダイレクトと404エラー両方とも表示されていますが、404エラーだけ表示することも可能です。

その他のログ履歴項目

Redirect Redirectionリダイレクト&404エラーログその他の項目
  • Toggle logging:OFFにするとログ履歴が保存されなくなります。
  • CSV形式をダウンロードする:CSVファイルでログ履歴を抽出できます。
  • 今すぐすべてのログを削除する:ログ履歴を一括削除できます。

自動リダイレクト

Redirect Redirection自動リダイレクト設定

基本OFFのままで問題ありません。
ONにすると、ログイン時に最後にアクセスしたページへリダイレクトさせます。

例えばログインが必要なECサイトの場合、ONにすることでログイン後にユーザーが最後に閲覧していたページに移動するため、購入手続きを促しやすかったりします。

ただ通常のサイト運営であれば、ログインシステムはありませんのでOFFのままでOKです。

URLを変更する

Redirect Redirection URLを変更する項目

現在開発中の機能のため、いずれ実装予定とのこと。

結論:これからのリダイレクトプラグインはRedirect Redirectionがおすすめ

以上、新しいリダイレクトプラグイン「Redirect Redirection」について解説しました。

代表的な「Redirection」プラグインと比べ、より直感的に操作できるため使い勝手が良いです。

リダイレクト処理は、.htaccessに直接書き込む方法もありますが、記述ミスも多く、数が多くなると管理が大変ですので、プラグインによる対応がおすすめです。

Redirect Redirection設定

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると励みになります
  • URLをコピーしました!

記事への質問等はこちらからどうぞ

コメントフォーム

※日本語が含まれない内容は投稿できません。

目次