漫画・小説・ビジネス書なんでも最大100冊分が半額

PS Auto Sitemapの設定と使い方【HTMLサイトマッププラグイン】

PS Auto Sitemap設定
PS Auto Sitemapとは?

サイト内に「HTMLサイトマップ」を簡単に設置できるプラグインです。

サイトマップには、以下の2種類があります。

  • HTMLサイトマップ=ユーザー用
  • XMLサイトマップ:検索エンジン用

上記のことから「HTMLサイトマップ」は、SEOを目的として設置するものではなく(必須ではない)あくまでユーザーのために設置するものです。

2つのサイトマップについて、詳しく知りたい方は「HTMLのサイトマップはSEOのためなら今は必要なし」が参考になります。

補足

XMLサイトマップの設定は必須になるので、こちらの記事も合わせてどうぞ

Google XML Sitemaps設定Google XML Sitemaps設定とサーチコンソールの登録はセットで行う

PS Auto Sitemapのインストール方法

PS Auto Sitemapインストール方法

管理画面

プラグイン

新規追加

PS Auto Sitemap」で検索

今すぐインストール

有効化

PS Auto Sitemap設定方法

管理画面PS Auto Sitemap設定

管理画面

設定

PS Auto Sitemap

基本的に、以下の画像通りの設定にしておけば問題ありませんが、1つずつ解説していきます。

PS Auto Sitemap設定

PS Auto Sitemapホームページの出力

サイトマップにホームページ(サイトタイトル)を入れるかどうかの設定です。

ここは「任意」です。

チェックを入れると、サイトマップの一番上に「サイト名」が表示されます。

PS Auto Sitemapホームページの出力

PS Auto Sitemap投稿リストの出力

普段アップしている記事のことなので、必ずチェックします。

PS Auto Sitemap固定ページリストの出力

「プロフィール」や「お問い合わせページ」などを、固定ページで作成している場合に、サイトマップに表示させるかの設定です。

チェックしておきましょう。

PS Auto Sitemapサイトマップを表示する記事

この項目は、一番最後に設定するので後ほど説明します。

PS Auto Sitemap出力階層制限

「制限なし」と「第1階層」〜「第10階層」までの10段階あります。

「制限なし」を選択します。

「制限なし」を選択すると、全てのページが表示されるようになります。

ちなみに「階層」というのは、ユーザーが分かりやすいように「ページ」を細かく振り分けることです。

綺麗にまとまったサイトは、基本的に「3階層」以下で作成されています。

この説明だけでは、分かりずらいと思うので「カテゴリー」を例に「第1階層」〜「第3階層」までのサンプル画像を載せました。

PS Auto Sitemap第一階層

第1階層

「第1階層」では「親カテゴリー」しか表示されません。

これだと、サイト運営者にしか中身が分からずユーザーには伝わりません。

PS Auto Sitemap第一階層

第2階層

「第2階層」になると「子カテゴリー」まで表示されます。

これで「カテゴリー」は全て表示されました(通常「カテゴリー」は2階層以内で作ります。)

PS Auto Sitemap第3階層

第3階層

「第3階層」になると、「子カテゴリー」に入っている「タイトル」まで表示されます。

「第3階層」まで載せておけば、ユーザーも迷わず希望するページを探しやすくなります。

ただし、記事数があまりに多いサイトの場合は、かなり縦に長いページになってしまうので「2階層」で止めておいてもいいですね。

PS Auto Sitemap先に出力するリスト

「投稿ページ(記事)」と「固定ページ(プロフィールなど)」どちらを先に表示するかを決めます。

通常は投稿にした方が見やすいです。

固定ページは、サイトマップから探すものではないからです。

PS Auto Sitemapカテゴリーと投稿の表示

「同一マップ内」を選択します。

これは、「選択した出力リスト」を1つのページに全て表示させるということです。

「投稿を分割」を選択すると、以下のように「カテゴリー」の横に「ファイルアイコン」が表示され、クリックすると、そのファイル内にあるリストだけが「別ページ」で表示されます。

ユーザーの無駄なクリック数が増加するため「同一マップ内」を選択します。

PS Auto Sitemap投稿を分割

PS Auto Sitemap除外カテゴリ

サイトマップに表示させたくないカテゴリーがあれば、「カテゴリーID」を入力します。

「カテゴリーID」とは、以下の画像の箇所です。

WordPressカテゴリーID

通常この項目は使いません。 

PS Auto Sitemap除外記事

サイトマップに表示させたくない記事があれば「記事ID」を入力します。

例えば、「Contact Form 7で作成できるサンクスページ」などはサイトマップで見せるものではないので、ここで除外します。

Contact Form 7カスタマイズContact Form 7をプロ級フォームにカスタマイズする方法

記事IDの確認方法はこちら

WordPress 記事のID

「管理画面」から除外したいページに移動すると、「post」の横に表示されている数字が「ID」です。

PS Auto Sitemapスタイルの変更

以下の14種の中から、サイトのイメージに適したものを選択してください。

PS Auto Sitemapスタイルの変更(スタイルなし)

PS Auto Sitemapスタイルの変更(シンプル)

PS Auto Sitemapスタイルの変更(シンプル2)

PS Auto Sitemapスタイルの変更(チェックリスト)

PS Auto Sitemapスタイルの変更(蛍光ペン)

PS Auto Sitemapスタイルの変更(ドキュメントツリー)

PS Auto Sitemapスタイルの変更(付箋)

PS Auto Sitemapスタイルの変更(音譜)

PS Auto Sitemapスタイルの変更(矢印)

PS Auto Sitemapスタイルの変更(ビジネス)

PS Auto Sitemapスタイルの変更(索引)

PS Auto Sitemapスタイルの変更(アーバン)

PS Auto Sitemapスタイルの変更(アンダースコア)

PS Auto Sitemapスタイルの変更(キューブ)

PS Auto Sitemapキャッシュの使用

キャッシュを使用すると、量産型戦略(毎日記事を書いてる)サイトの場合、ユーザー側がキャッシュの削除を行わない限り、常に最新のサイトマップを表示するのは難しいですが、しょっちゅう見るものではないので、チェックしておきましょう。

PS Auto Sitemapご利用方法

<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

上記のコードコピーしたら、「変更を保存」をクリックしてください。

PS Auto Sitemapサイトマップの作成

以下、サイトマップページの作成を番号順に書いたので、参考にしてください。

クリックで画像を拡大できます PS Auto Sitemapサイトマップ設置方法
  • (1)「管理画面」→「固定ページ・新規追加」
  • (2)タイトルを「サイトマップ」にする。
  • (3)パーマリンクを「sitemap」にする。
  • (4)テキストエディタに<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->を貼り付ける。
  • (5)固定ページの属性のテンプレートに「1カラム」設定があれば「1カラム」にする。(なければここは無視)
  • (6)アイキャッチ画像は任意ですが、「サイトマップ」だとわかるような画像を設定すると、それっぽくなります。
  • (7)「noindex」「nofollow」設定をする。
  • (8)記事を公開する。
注意

サイトマップはリンクの集合体になるので、検索エンジンから低評価を受ける可能性を考慮して「noindex」設定にしておきましょう。

上記の例では「All in One SEO Pack」を使用していますが、プラグイン不要の方法はこちらの記事へ

WordPressでnoindexとnofollow設定する方法WordPressでnoindexとnofollow設定をする2つの方法

WordPress 記事のID

(9)記事IDをコピーする。

(10)「管理画面」→「設定」→「PS Auto Sitemap」

(11)サイトマップを表示する記事の箇所に、先ほどの「ID」を貼り付ける

PS Auto Sitemap記事ID

(12)サイトマップを設置する(通常フッターやヘッダーメニューのどこか)

設置方法は、テーマにより違うのでここでは割愛します。

これで、サイトマップが表示されます。

PS Auto Sitemap設定【まとめ】

正直、「HTMLサイトマップ」から検索する人はごく僅かしかいません。

当サイトは現在設置していませんが、まだ記事数が少ないのとカテゴリーなどを絞り込んでユーザーが迷わないよう配慮しているからです。

サイト設計が苦手(カテゴリーが10個以上あったりなど)または、WordPress初心者の方はとりあえず設置しておきましょう。

プラグインのまとめ記事はこちら

WordPressプラグインWordPressのおすすめプラグインをまとめたページ【随時更新】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です