SWELLで特化サイト作ってみた

1年越しのリベンジ・リンクシェア審査は特化なら4記事で通過できた話

リンクシェア審査

当記事は、リンクシェア審査に苦戦している方に向けて書いている。

実は1年前の6月に当サイト「カゲサイ」でリンクシェアの審査に申し込んで落ちた。

リンクシェア審査メール

ASP審査に落ちたのは初めてだったので「おぉ〜ここは厳しいんだな〜」と。

もちろん原因も聞いて、修正すれば受かったが、面倒だったので放置。

しかし、今回カゲサイの姉妹サイト「カゲノデスク」では、デスク環境を構築するプロセスを発信するサイトなので、確実にリンクシェアとの提携が必須になった。(ここにしかない案件があるため)

そこで、サブディレクトリ化して申し込んだら審査規定の3記事未満ギリギリの4記事で受かったので、その経緯を話そうと思う。

どうしても今のサイトで受からない人は参考になるはずだ。

そもそもリンクシェアの審査はなぜ厳しいのか?

リンクシェアは2004年に設立されたので、ASP業界の中でも古株だ。

そのため超大手企業との独自提携もあり、ここにしかない案件が多くある。

大手と提携しているということは、それだけリンクシェアは信頼されているということ。たとえ儲かりそうでも個人ブログやアフィサイトのゴミ収益など眼中にない。

そんな目先の小銭より、少しでも問題のあるサイトを登録させない方がクリーンなASPとして、企業にアピールできるわけだ。

ちなみに当サイトが落ちた原因は、マンガ記事のコマ。©マーク付けたけどダメみたい……。

ということで、1年前は修正が面倒なので諦めた。

特化サイトを作るにあたりリンクシェアが必要になった

7月に立ち上げた「カゲノデスク」は、デスク環境を構築するプロセスを発信するサイトだ。

となるとPC周辺機器に強いリンクシェアとの提携は必須になってくる。

そこでリベンジもかねて、今持てるすべてのスキルを駆使して、サイト設計・デザイン・そしてガチの4記事をぶっ込み申請。

結果は翌日に通過した。

リンクシェア審査メール

修正が厳しい方はサブディレクトリで特化させるのが正解

私と同じように、新規サイトを立ち上げるほどでもないが審査に通したい方もいるだろう。

修正すれば通るけど、果てしない作業になりそうな場合、サブディレクトリで特化させるのが正解だ。

サブディレクトリ化させる手順も時間のある時に書こうと思うが、結論からいうとテーマをそのまま使うなら超ラクにできる

しかしテーマ変更をして、記事の一部だけをサブディレクトリ化となると、一気にハードルが上がる。

まず初心者には無理だろうと思う。

なので修正が厳しく、サブディレクトリ化も難しいということであれば、リンクシェアは諦めてほかのASPと提携するのも選択肢の1つだ。

ちなみにざっと見た限りだと、リンクシェアが強いのは「王道スポーツブランド・PC関連・ドメブラ系ファッション」くらいかな。

あとはSONYもここだけっぽい?多分ね。

審査を通すために審査基準プラスアルファで書いたもの

いちおうリンクシェア公式に「審査基準」が明記されている。

私は上記とは別に以下のことも書いてから審査にのぞんだ。

審査を通すために書いた項目
カゲサイ-カゲオ

4記事で通ったのは、質の高いコンテンツを作れる下地あってのことだから、初心者の方は10記事くらい書いてからのぞんだ方がいいよ。

リンクシェア審査に受かる方法・まとめ

以上、少し変化球でリンクシェア審査に受かる方法を書いた。

サブディレクトリ化する方法自体は、検索すれば出てくるので、興味のある方はやってみてくれ。

コメントはお気軽にどうぞ