SWELLで特化サイト作ってみた

鬼滅の刃【感想】アニメと漫画を全部見たけど面白くないしつまらない理由

鬼滅の刃の感想

鬼滅の刃」ブームが異常なので、今(2019・12月)になってようやくアニメ全部見て、漫画も既刊(18巻19巻20巻21巻→22巻)まで読んだ。

当方は普段からアホみたいに漫画を読んでる30過ぎのおっさんだ。ぶっちゃけ最近はジャンプ系を読む機会はほとんどない。ただワンピースの不敗神話を破ったってんでどんなもんか見とくかなと。参考:中国サイト「捜狐(そうふ)

まず「U-NEXT」でアニメを見ていたんだが、しょっぱなから全然面白くなくて、いつ盛り上がるのかなぁと思っていたら26話終わっていた……。

続きは漫画の「7巻〜」だったので、最新刊まで読んでいるものの……う〜ん、つまらない。「これ社会現象になるほど面白いか?」ってのが正直な感想だ。

このままほっておくと、あまりにもハマらなすぎてゲロ吐きそうなので「何でハマらなかったのか?どこが面白くないと感じたのか?」を一度しっかり考え、吐き出しておこうと思う。

カゲサイーカゲオ

記事下のコメント欄では、中学生〜アラフィフまで10名100名200名300名→350名以上から様々なご意見をいただいている。(内76件に管理人返答)あなたも何かあればお気軽にコメントしてくれ。

ブログの感謝企画【祝200件突破】鬼滅記事に寄せられた糞コメ・良コメを抜粋して返答
ネタバレゴリゴリ含む

当記事は鬼滅ファンの方には何のメリットもございませんので、読む場合はご注意くださいませ〜。

ジャンプ黄金期を読んできた人はハマらないと思う

\\画像をタップすると拡大できます//
引用:村田雄介集合絵大集合

週刊少年ジャンプとは、集英社が発行している日本一の漫画雑誌である。現在は月間200万部を割っているが、全盛期は650万部を超えるほど世の少年たちに夢を与えていた。

参考:日本雑誌協会・印刷部数公表

それゆえ当たった作品はとてつもない爆発力を持ち、一気に売れる傾向がある。

とうぜん競争率も高く、ジャンプで長期連載(ちょうきれんさい)できるのは選ばれし天才漫画家のみ。

つまり2020年時点で、3年以上連載を続けている「吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)」先生は、紛れもない天才である。ただ単に俺がハマらなかっただけというのは重々ご承知(しょうち)いただきたい。

そんな最強ジャンプは、過去に超弩級(ちょうどきゅう)の名作を数々生み出してきた。

ジャンプ黄金期漫画の一部
  1. こちら葛飾区亀有公園前派出所200巻・完結)
  2. 北斗の拳27巻・完結)
  3. キン肉マン69巻・連載中)
  4. ドラゴンボール42巻・完結)
  5. SLAM DUNK(スラムダンク)20巻・完結・電子書籍未対応)
  6. 幽☆遊☆白書(ゆうゆうはくしょ)19巻・完結)
  7. ジョジョの奇妙な冒険シリーズ120巻以上・連載中)
  8. ろくでなしBLUES(ブルース)25巻・完結)
  9. るろうに剣心28巻・完結)
  10. ONE PIECE(ワンピース)95巻・連載中)
  11. HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)36巻・連載中)
  12. NARUTO(ナルト)72巻・完結)
  13. BLEACH(ブリーチ)74巻・完結)
  14. テニスの王子様42巻・完結)
  15. DEATH NOTE(デスノート)12巻・完結)
  16. 銀魂77巻・完結)
上記はあくまで一部だ。もちろんストーリーやジャンルはバラバラなので、本題である「鬼滅の刃」と単純な比較はできない。

しかし、このあたりを読んで大人になった俺の大脳皮質(だいのうひしつ)には、これらの記憶が深く刻み込まれている。

そうした無意識化の記憶が「ストーリー・構成・キャラ設定」などを点と点で結んでしまい、浅く、物足りないと感じてしまったわけだ。

後述(こうじゅつ)するが、ジャンプっ子にとって「鬼滅の刃」は特別変わった設定でもなく、むしろ今までのジャンプ作品をうまく組み合わせている。

例えば「news zero」のインタビューを見ても、流行りの火付け役になったのは30〜40代の女性だとわかる。おそらく少年誌をガッツリ読んでいた層は少ないはずだ。


またストーリー構成は浅いほど、誰でも理解しやすくなる。この点に関していえば、今の子供たちにウケる内容と言えるだろう。

なぜなら、現代っ子は全体的に「読解力(どっかいりょく)」が落ちてきており、漫画といえどあまり複雑な話を好まない(理解できない)傾向があるからだ。

参考:AIvs.教科書が読めない子どもたち

こういった点を考慮すると、時代を(とら)えた作品といえる。

もしこれが作者や編集者のマーケティング戦略だとすれば、自分を含め、ジャンプ黄金期を熟読してきた男性層はターゲットから大きく外れており「つまらない、面白くない」と感じてしまうのも(いた)し方ないと思った。

なぜストーリー構成が面白くないと感じたのか?

鬼滅の刃・第一話

鬼滅の刃」の基本構図は「人間」VS「鬼」

主人公「炭治郎(たんじろう)」の一家はある鬼に惨殺(ざんさつ)されるも、妹の「禰豆子(ねずこ)」だけが鬼化して生き延びる。

その妹を人間に戻すために奮闘(ふんとう)する物語。

で、面白くない一番の理由は、総じて主人公に都合が良すぎるから。

例えば妹の話1つとっても、人間に戻すことが最終目的ならば、それまでの困難(こんなん)逆境(ぎゃっきょう)の総合値に応じて、戻った時に感動を覚えるものだ。

ところが本作は最初の方に少し暴れるだけで、そこから2年間眠って、起きたらある程度の理性を取り戻している。

補足

基本的に他の鬼は人間を喰うか、殺すことしか考えていない。

その理由が

2年間寝ている間に鱗滝(うろこだき)ってジジィが「暗示」をかけた。

  • 「人間は皆お前の家族だ、人間を守れ、鬼は敵だ」
  • 「人を傷つける鬼を許すな」

人を喰う代わりに眠ることで体力(エネルギー)を回復している。

※つまり鬼になってから数年以上何も喰わずに過ごしている。

人を喰わないように竹の口枷(くちかせ)をしている。

※かなり後で血筋が特殊だったって話も出てくる。

はっ?こんなヌルい設定で人間に戻したとして、読者はどこに何を感じればいいわけ?

第一話では、今にも人を喰い殺しそうな目つきと風貌で「おっいいね〜」と観ていたが……

鬼滅の刃・禰豆子鬼バージョン


その後の「禰豆子」はこんなに可愛くなってしまう……。

鬼滅の刃・禰豆子

オイオイオイ、可愛さとかいらないんだよー、最初の狂った禰豆子はどこいったんだよー。

鬼になってから喋ることはできなくなったが、ジェスチャーでやりとりできるほど……(後々少し話せるようになる)

俺的には、もっと日常的に妹が暴れて「炭治郎」をボコボコにするとか、キーマンの人間に襲いかかってしまうとか、最悪喰っちゃうとか、そういった生き地獄エピソードが欲しいわけ。

そうじゃないと「妹を人間に戻す」っていう本題の軸がズレて大変さとか辛さがまったく伝わってこない。

カゲサイーカゲオ

この先”人間に戻るにしろ””死ぬにしろ”そこまでの過程がヌルゲーなんだから、感情移入できねーって。

その後「炭治郎」は鬼殺し専門の鬼殺隊(きさつたい)に入隊。そこの上層部「柱」は鬼に対するあたりがキツイので、妹が人を襲っていたら殺されてたかもって伏線はあったよ。

けどそこは「柱」にも襲いかかって、ブチのめされて幽閉(ゆうへい)されるって展開にするなり、話のもっていきようはどうにでもなる。

「今まで人を襲ってないから」「お館様や元柱のジジィが白」って言やぁ信じるって、何そのゲロ甘な思考回路。お前らの仲間とか家族、鬼に相当殺されてきたんじゃねーの?その程度で黒いカラスも白くなるんですか?ってね。

こんなのは氷山の一角で、とにかく全体的にストーリーが練りこまれていないし、ミラクルビーチフルスーパーバリバリご都合主義だから面白くないと感じた。

※俺が本当に面白いと思った鬼マンガはこれ。
鬼系漫画おすすめ鬼漫画のおすすめ5選・鬼滅の刃にハマらなかった人へ贈るラブレター

全キャラの過去篇が浅過ぎて全く共感できない

面白い漫画の過去篇は必ずといっていいほど盛り上がる。なんなら本編を超える話も往々にしてあるものだ。

鬼滅の刃」に出てくる鬼は元人間であり、事情があって鬼になったパターンが多い。「柱」になるような奴らも皆何かしら抱えているが、どいつもこいつも話が浅すぎる。

例えば「鬼殺隊」最強の男「悲鳴嶼 行冥(ひめじま ぎょうめい)」の過去は……

©鬼滅の刃
2019年コミックス売り上げランキング第1位\\初回100冊半額大人買いするならココ!!//
鬼滅の刃をマンガで読む連載中(2020-10月時点・既刊(きかん)22巻)

盲目(もうもく)の優しいガリ男が身寄りのない子供9人を寺で育てている。血の(つな)がりはなくとも本当の家族のように暮らしていた。

ところがある日、言いつけを守らず、夜になっても寺に戻らなかった1人が鬼に(つか)まってしまう。保身のため他の家族を喰わせることを約束。その夜、鬼に襲撃され結局1人しか助からなかった……。

信じていた子供に裏切られたのも辛いだろうし、目の前で子供たちが殺されていくのも(こく)だと思う。

しかし、1人だけ助かった理由が「悲鳴嶼(ひめじま)」がキレて夜明けまで鬼を殴り潰し続け、朝日を浴びて消滅したからなのだ。

補足

基本的に鬼のスペックは人間をはるかに凌ぐ。

そして救った子供は4歳だったので混乱し、駆けつけた大人に「みんなあの人が殺した」と言ってしまう。子供たちの亡骸(なきがら)だけを見た人々は「悲鳴嶼」が殺したと思い投獄されてしまうって話。

カゲサイーカゲオ

え?ちょ待って?目が見えず喧嘩もしたことねー男がいきなり鬼に勝っちゃうの?しかも素手で?1mmも共感できねーわ。

あと最初から盲目設定は無理があるだろ。そこは鬼と戦って目潰されたってことでよくねーか。

実は似たような話で「るろうに剣心」の安慈(あんじ)和尚の過去篇がある。

安慈もまた、身寄りのない子供を預かり自分の寺で面倒を見ている。「仏様はいつも私たちを見ている、だから祈ろう」とニコニコしている優しい僧侶だった。

るろうに剣心・安慈過去篇

©るろうに剣心

ただ当時は廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)により、仏教とかやってる奴は殺すぞ?寺とか壊すぞ?的な感じだったので、このお寺は村長からマークされていた。

当然村から出てくように言われ、仕方なく出ていこうとした矢先、村長の付き人が「こんな奴ら死んでも誰も文句ないっしょ」とか言い出して、子供達が寝ている間に寺に火を放つ鬼畜(きちく)所業(しょぎょう)を決行。

ちょうどこの時「安慈(あんじ)」は滝行中で、気配を感じ急いで戻るも、寺の入り口付近で頭を殴られ気絶してしまう。

(うす)れゆく意識の中「御仏(みほとけ)よ…この子達(こたち)はこれまでずっと(つら)(おも)いをしてきた…どうかこれからは幸多(さちおお)未来(みらい)を…どうかこの子達(こたち)御加護(ごかご)」と必死に願った……。

しかし目覚めると、寺は全壊(ぜんかい)し子供達は全員焼死(しょうし)。「…何故?何故この子達を見捨て(たも)うた……」と初めて仏像を殴りつける。

そして、祈りや願いなどでは誰一人救えないことを実感し、ブチギレて優しい和尚から仏の道を外れた「破戒僧(はかいそう)」となり復讐を決意。

るろうに剣心・安慈過去篇

©るろうに剣心

そこから5年修行をして、火を放った奴らを皆殺しにする。この頃にはガタイも2倍くらいになって、人間の頭を素手で潰せる怪力および、対象物に高速の二撃目を加える破壊の極意「二重(ふたえ)の極み」を会得していた。

たぶん修行して1年も経つ頃には皆殺しにする力はあったと思う。でも5年なんだ。子供達を殺された傷はそんな簡単に癒えないし、完全な「破戒僧」になってから復讐を果たしに行っている。

るろうに剣心―明治剣客浪漫譚―
\\31日間無料×全94話//
るろうに剣心をアニメで見る
\\初回100冊半額!!//
るろうに剣心をマンガで読む
全28巻・完結

いくらブチギレても急に強くなったりしないし、想像を超える悲劇(ひげき)に襲われれば、修羅の道に()ちてしまうほど人間は弱い生き物なんですわ。

これくらいの背景をしっかり描くからこそ、読者は共感し心動かされるわけだ。

悲鳴嶼(ひめじま)」の話に戻すが、もとから強い奴が筋トレして、さらに強くなりましたってエピソードの何がおもしれーの?最強のキャラがそんな雑な設定でいいのかよ。もっと地獄を乗り越えてこいやと。

こんな感じで鬼(ふく)め主要キャラの薄い過去篇を一人一人やって(しゃく)を取る割に、結局この物語に真の悪党はいないんでっせ〜風に持ってかれるので、ストーリーに緩急(かんきゅう)がない。

せっかく良い食材を見つけても、最後は全部カレーの具材としてぶっ込んじゃうわけ。こちとら100g1万円の肉を味わいたいのに、毎回カレー出されてる気分。

食材(ストーリー)と食材(ストーリー)が混ざり合って、1つ1つの味が薄くなる=これといった衝撃的なエピソードがない。

というわけで、過去篇大好きマンとしては、もっとしっかりキャラの役割を分けて欲しかった。

全体的に戦闘力の設定が崩壊しているのでワクワク感ゼロ

鬼滅の刃・柱集結

先ほどから出てきてる「柱」は人間側最強の9人だ。つまり現時点では強すぎる鬼を倒す唯一(ゆいつ)の希望でもある。そんな「柱」の1人が手を縛られた状態の主人公に頭突きかまされて出血した時は「????」でしたわ。

イヤイヤイヤ、もっと圧倒的であれよ。「炭治郎」なんか小指で倒せよ。なんなら気迫のみで黙らせろよ。それがあって初めて「おぉー柱すげー」ってなるんじゃねーのかよ。

ネタバレになるが、単行本18巻では「柱」と「炭治郎」の力の差はほぼなくなっている……。キャラによっては「炭治郎」のが強いんじゃね?ってのもある。

あと鬼ども、お前らもっと強えーだろ?主人公だからって遠慮すんなよっ!!本気を出せ本気を。世の中、気合いや運だけじゃどうにもならねぇ理不尽なこともあるってのを世の少年たちに教えてやるのがお前らの役目だろ。


ワンピース」で冥王に2年も修行つけてもらって、四皇の幹部と死闘を繰り広げて、めたクソ強くなったと思ったルフィが「カイドウ」に一撃でやられた衝撃。

©ONE PIECE
\\初回100冊半額!!//
ONE PIECEを試し読みする連載中(2020-10月時点・既刊(きかん)97巻)

幽遊白書」で幽助が魔族の血に目覚めて、S級レベルの仙水を子供扱いして、最強になったかと思いきや魔界にはS級なんてゴロゴロいて、1000年飯食ってない死ぬ寸前の親父を椅子から動かすこともできなかったラスボス感。

©幽☆遊☆白書
\\初回100冊半額!!//
幽☆遊☆白書を試し読みする全19巻・完結

BLEACH」で藍染 惣右介(あいぜん そうすけ)がちょっと本気出したら同じ隊長格の狛村 左陣(こまむら さじん)を鬼道の一撃で仕留めた格の違い。

©BLEACH
\\初回100冊半額!!//
BLEACHを試し読みする全74巻・完結

カゲサイーカゲオ

こういう圧倒的な絶望感や無力感が「鬼滅」にはないの。たかだか数年の修行で強くなりすぎちゃうし、主人公が全然負けねーからワクワクしねぇ。

ジャンプ史上最強の敵キャラ【志々雄真実】は悪のカリスマだ

漫画だと技の見せ方が下手すぎてストレスを感じる

鬼滅の刃」は絵が下手だから無理って声もよく聞くが、俺はそうは思わない。これくらいの作画は世の中ゴマンとあるし、普段の描写はそんなに気にならない。

しかし、敵も味方も「技」を発動するシーンでは何をやっているのか全然わからないのである。これは絵が下手なのではなく、見せ方が下手だと言っていい。

戦闘シーンは、もっとも盛り上がる場面なのに、それがわからないのは致命的(ちめいてき)だ。

©鬼滅の刃
2019年コミックス売り上げランキング第1位\\初回100冊半額大人買いするならココ!!//
試し読みする連載中(2020-10月時点・既刊(きかん)22巻)

技の終わりだけ見ると居合を打ち合ったように見える。しかし、敵側が技の始動時に発している黒い(かみなり)がどういう意味なのかが不明なのだ。※解説のため「鬼滅」の中では割と分かりやすいシーンを抜粋した。

上記なら、遠い雷と書いて「遠雷(えんらい)」なので、遠い間合いから雷の如き速さで距離を詰める技と仮定する。

例えば直後の「善逸(ぜんいつ)」のコマで「何?あの間合いから一瞬で詰めてきやがった」って心の声を入れてもいいし、敵の「獪岳(かいがく)」が「ここから一瞬で距離を詰める俺の遠雷をくらえ」みたいにナレーション的な説明をしてもいい。

さらに具体例を出すなら、ジャンプ史の中でも特に技(状況)の説明に力を入れている「ジョジョの奇妙な冒険」だろう。
ジョジョの奇妙な冒険第2部リサリサ

©ジョジョの奇妙な冒険・第2部

豆知識

「鬼滅の刃」に出てくる全集中などの呼吸法は「ジョジョ」の「波紋呼吸法(はもんこきゅうほう)」から派生している。

仮に画力がなくとも、こうした一手間(ジョジョまでやると大変だが……笑)があれば、読者はスッと入ってくるものだ。

もちろん作中で解説してるシーンもあるが「この辺の技は手を抜いたんだろうなっ」てのがどうしても伝わってきてしまう……。

漫画を読みすぎてきた故の弊害(へいがい)というか、バランス感覚というか、ここに関しては思いっきり主観である。

とにかく他の技もアニメで見て「あぁこういう感じの技だったのね」てわかるものが多いのだ。

さらに俺の場合は頭の中で模擬対戦(もぎバトル)をしながら読むのが好きなもんで「A」に対する返し技「B」それを(かわ)して「C」さらにカウンターで「D」みたいな。

「技」の動きがわからないからこれができなくてストレスを感じる。

ただ「ufotable」のおかげもあり、アニメではよくわかるどころか普通に神ってる技もあるのは言っておく。

特に気に入ってるのがアニメ17話で「善逸(ぜんいつ)」が放つ「雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃(へきれきいっせん)・六連」のシーン。

ここは厨二心をくすぐられるのでアニメ好きの人は見る価値ありだ。

\\動画再生時間:33秒//
2019年見放題アニメランキング第1位\\31日間無料×全26話//
鬼滅の刃をアニメで見る

ギャグが破壊的に面白くなくて眉間のシワが戻らない

ギャグシーンはマジで面白くない。いくら子供向けに書いているにしてもしつこ過ぎる。

特に「善逸(ぜんいつ)」がヒーコラ言ってるシーンは漫画なら読み飛ばせるが、アニメだと地獄絵図そのもの。


カゲサイーカゲオ

善逸のギャグシーンを平均すると1シーンに付き、約28秒もふざけてるわけ、だから「あぁウルセェ〜」しか感想が出てこない。

いやね、ギャグシーンが面白くないのは「鬼滅の刃」に限ったことじゃなくて、「ワンピース」だろうが「HUNTER×HUNTER」だろうが面白いと思わないよ。

けど、他のは尺が短かかったり、仲間全体でバランスを取るから適当に流せて嫌味がない。

仲間全体ってのはワンピースでいえば(ウソップとルフィとサンジ)・(ナミとゾロとルフィ)みたいな感じ。

それが1人で延々ふざけてるわけだから、眉間に寄ったシワが戻らないのである。

ちなみに、俺がジャンプで一番笑った記憶は「銀魂」46巻・第四百二訓〜始まる「ビームという(ひび)きはあらゆる(もの)のハートを射抜(いぬ)く」だ。

ちょこっと解説すると、スターウォーズ

  • ・オビ=ワン・ケノービにかけて尾美 一(おび はじめ)」と書いて「オビワン」と読む発想力
  • ・ライトセーバーにちなんで剣術流派をビームサーべ(るー)」にした着眼点
  • ・ソードマスターをもじって銀河剣聖(ギャラクシーソードマスター)」という絶妙な語呂

にはマジで爆笑した。

これだけふざけた入りで、オチは号泣に持ってくるあたり「空知先生」の変態さが遺憾無(いかんな)く発揮されているので、未読の方はぜひ読んでみてほしい。スターウォーズを全く知らなくても面白いよ。

©銀魂
\\31日間無料//
オビワン編をアニメで見る
\\初回100冊半額!!//
オビワン編を試し読みする
全77巻・完結

鬼のラスボスがクズ&ダサすぎて魅力なし

俺は味方よりも敵の設定こそこだわった方がいいと思っている。なぜなら善悪(ぜんあく)の高低差によって正義の意義も変わってくるからだ。

ましてラスボスなら、単なる悪では魅力的にならず、悪の中のカッコ良さをどう見せるか?具体的には「怒り」の矛先(ほこさき)をどこに向けているかで、共感値やファン層はほぼ決まってしまう。

要するに、敵が輝けば輝くほど、魅力的であればあるほど、相関関係により味方も輝くということだ。

鬼滅の刃・鬼舞辻無惨

鬼滅の刃」のラスボスは「鬼舞辻 無惨(きぶつじ むざん)」なわけだが、圧倒的な強さに加え、見た目は悪くない。でも中身がクソオブクソ。目的もやることも何もかもがダセェの一言。

ダサいなりにギャグキャラなり、イカれサイコキャラに振り切っているならいいが、どっちでもない中途半端キャラ。

正直「無」の感情しかない。この先は全く興味のないキャラを無理やり考察した。

無惨様のクズダサエピソード
  • 酔っ払いの兄ちゃんに軽く絡まれただけでブチ切れてその場にいた3人を全殺し。
  • 鬼の中でも上から7番〜12番目に強い下弦の奴らを集めて1体を残し、理不尽に全殺し
  • 柱を1人殺したと報告に来た部下に対し「たかが柱を始末したから何?鬼が人間に勝つのは当然だろ」という精神的に余裕の無い上司っぷり
  • 病床で今にも死にそうな鬼殺隊当主と初めて言葉を交わした時に出てしまうザコ感

例えば、2番目の下弦の鬼集めて全殺しした時は、「なんでお前らそんな弱いの?お前ら役に立たねーからいらねーわ」っていう鬼パワハラを振りかざして全殺し。

3番目の「鬼が人間に勝つのは当然だろ」ってセリフ、ここだけ聞くと悪くないが、コイツは普段から「鬼殺隊」にめちゃくちゃブルってすぐ逃げるような奴なんですわ。

こんな感じで終始小物(しゅうしこもの)っぽさが前面に出ている。何千年も生きた経験や知識・知恵がある分、普通に考えたらチートキャラのはずが、オーラも知性もまるで感じないヘボ野郎。

基本的に自分のことしか考えていないので、何度見返しても魅力は0のまま。

無惨が小物でワガママで成長できない理由

出てくるたびに自身の株を下げ、コイツはもうどうしようもねぇ。そう思っていた矢先、12巻の22ページに違和感の正体が載っていた。

鬼滅の刃・鬼舞辻無惨

©鬼滅の刃

無惨は”変化“を嫌っているのだ。「状況・肉体・感情」あらゆる変化は劣化(れっか)であり(おとろ)えだと考えており、逆に完璧で永遠に変わらない”不変“を望んでいる。

鬼滅の刃」は大正時代を舞台にした物語、当時は第一次世界大戦(大正3年)が起こり、日本の産業革命が大きく進んだ時代だ。

この激動の時代に「不変」などと耄碌(もうろく)しているバカは無惨ただ1人くらいだろう。

かのチャールズ・ロバート・ダーウィンもこう述べている。

It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent that survives. It is the one that is most adaptable to change. 訳:生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよく適応したものである。 引用:名言+Quotes

鬼殺隊(きさつたい)は常に鍛錬(たんれん)を重ね「柱」ともなれば、己の寿命すら犠牲にし、わずか二十数年で生涯の幕を降ろす者もいる。そこまでしなければ鬼との圧倒的な戦力差を埋められないからだ。

限られた時間の中で、粉骨砕身(ふんこつさいしん)する者たちと半永久的な時間があり、人を喰うだけでパワーアップし、変化=(おとろ)えとしか考えられず、誰からの助言もない裸の王様では品性に差が出てしまうのも当然と言えるだろう。

独裁組織(どくさいそしき)最大の欠点は、俯瞰(ふかん)の視点から見てくれる者がいないことである。したがって「無惨」は小物であることをこの先も自覚できないし、力だけが増幅していき、心は成長しない典型的な老害といえる。

※無惨がダサい件へのファイナルアンサー。
ジャンプ史上最強の敵キャラ【志々雄真実】は悪のカリスマだ

鬼滅の刃に対するネット(Twitter)の声

検索ワード鬼滅の刃 おもしろい


検索ワード鬼滅の刃 面白くない


上記はそれぞれのキーワードで検索した中から適当に抜粋している。

検索して気づいたが「おもしろい」と言っている人は「なぜおもしろいか?」を語っている人が異様に少ない。自分の本音というより、流行りに乗っかっているだけの人が多い印象を受けた。

逆に「面白くない」の検索結果は、理由も述べられていて年齢的にも同世代以上の方が多く見受けられる。

鬼滅の刃のアニメと漫画全部読んだけど面白くないと感じた理由・まとめ

以上が「鬼滅の刃」にハマらなすぎて、いろいろ吐き出さないと窒息死(ちっそくし)しそうだった俺の感想だ。

一言でいうと「子供・漫画ビギナー」向けの作品かな。少なくとも多ジャンルを読む漫画狂が人気にあやかると拍子抜(ひょうしぬ)けする可能性大。

もちろん鬼滅ファンを否定する気はないし、誰が何を好きになるかは自由である。アンチだなんだと低次元の話をしたいわけでもない。

ただ漫画やアニメ好きとしては「鬼滅の刃」キッカケで、他作品にも興味を持ったり、ハマってくれたらヲタク産業がより盛り上がるので嬉しいなぁと思っている。

※この記事の一番下にコメント欄があるので、あなたのご意見もぜひ。10代〜50代まで10名100名200名300名→350名以上の方々が参戦して盛り上がってまっせ。(内76件に管理人返答)

この記事のコメントを見る

マンガ読むのに最適な電子書籍ストアランキング

ブラックジャックフリー画像
おすすめレベル&特徴
 
(5.0)
  • 初回特典:最大100冊半額クーポン
  • 年に3回50%ポイント還元セール開催
  • クーポンや特典の併用可能
  • ポイント購入でもポイントが付く

DMM電子書籍は、マンガを読むのに最強×最高の電子書籍ストア。

特に春(4〜5月)・夏(8月)・冬(12〜1月)に開催される50%ポイント還元セールは要チェック。


ブラックジャックフリー画像
おすすめレベル&特徴
 
(4.5)
  • 初回特典:最大400冊30%OFFクーポン
  • 毎週15%OFFクーポン&セール開催
  • 1日1回全巻マンガくじを引ける
  • 4つのアイテムを揃えると最強スペック

ebookjapanは、Yahoo!系アイテムを揃えることでポイント還元率が化ける電子書籍ストア。

うまく組み合わせると50%ポイント還元以上も狙える。


ブラックジャックフリー画像
おすすめレベル&特徴
 
(4.0)
  • 初回特典:1冊半額クーポン
  • 毎日クーポンガチャを引ける
  • 毎週土曜日に15%OFFクーポン配布
  • 上位ランカーは限定クーポンあり

BookLive!は、とにかくアプリが使いやすい電子書籍ストア。

お得度だけでいえば上位2トップには劣るけど、ガチの漫画好きが作っただけあってユーザーへの愛を感じる。

電子書籍ストアおすすめランキング・漫画に最適な5社はココだ!!漫画アプリのおすすめ9選・全部無料で読める最強の布陣はこれ

434 COMMENTS

アバター 通りすがりのマンガ好き

人類それぞれ好みがあるから「だけでは無い」理由が、確り述べられているので納得しました。
そして、面白くないと言ってる人の理由が分かりました。
その理由を、乱暴ながら統合して述べてみると

「現在の文明社会上で『問題を起こさない様にコントロールされたモノ』に仕上げてある」

からですね。だから面白味の「深み」が無いんですよ。
面白くないと言ってる人たちを(好みはあるだろうが)満足させるモノに作り込むと、現社会、文明社会に潜むある特定の集団(<モノの作りにより該当集団は異なる)から、猛烈なバッシングを受けるんです。『現実世界で同じ思想/言動を持つ者が出る』と。
その集団は、ここぞとばかりに煽動を行いトラップを仕掛け(ネガティブキャンペーン)、そのモノの「存在自体を全否定」し、社会の問題に発展させる。
それが、アンチステマになれば良いですが、そうなる事は滅多に無い。ほんの一握りです。
それが、現在の(特に日本という国の)文明社会です。

問題の発現を重視するあまり、味はうっす~いモノになってます。
安心安全だけど、何の味もしないのが良いか。多少、毒を含んでも旨い方が良いか。
平々凡々な人生と波乱万丈な人生と、どっちが知的生命体的には興味深いのか。

毒を毒だと教える事の徹底ではなく、毒の完全排除に動く。
だから、面白く(させて/でき)ないのだと思いますよ。

コメントを投稿する
アバター アニメ好きのガキ

鬼滅の刃のアニメは僕も見ましたが…まあそこら辺のアニメだな。と思っていた矢先何故か社会現象に…なんでだあっ!?
教室の周りは鬼滅ごっこでいっぱい…そうかここが地獄かって思いましたよ
もうみんな洗脳されてるんじゃないかって思いましたよ…
そう考えたら
自然と鬼滅が面白いと思いかけて…
もう鬼滅の刃って危険宗教団体なんじゃないかな
今は人気も衰えてますが僕は思います

“あれ”は何だったんだ

コメントを投稿する
アバター もも

こんにちは、黄金期を知っている30代女性です。
というか、あの頃から(自分も含めて)女性が「少年漫画」に介入して来たという記憶があります。それでも、作り手側はあくまで「少年漫画」ターゲットは「男性」という形を壊す事は無かったはずです。男性に受けるお色気満載だったし…(女性に受けそうなキャラくらいは増えましたが、あくまで作品の一部分)。
それが、最近の少年誌は「もう少年とかつけて誤魔化すの止めれば?」と言いたくなるくらい、女性に「媚び」が酷いなぁと感じます。ハイ〇ュー面白いけど、ターゲットは8割女性じゃん…みたいな…。
鬼滅の刃、漫画もアニメも見ましたが、上記の意味も含めて
「これ、少年は楽しんでいるのかな?」という疑問だけが浮かんでしまいました。
そして、まったく仰る通りに…あらゆる設定や世界感が…薄っぺらい!
ファンには申し訳ないけど、この薄さのどこに惹かれる・没入できるの?と思ってしまいました。
漫画業界全体的に、作り手の説得力が弱くなっているなぁと感じています。
読み手が「二次創作ありき」(コスプレとか同人誌とか)という風潮もアレなのかなぁ…とも思いつつ。
長文、失礼いたしました。

コメントを投稿する
アバター 名無し

進撃、エヴァ など考察をファン達が色々重ねてそれでもなおかつそうきたか!!という作品ばかりを楽しんできたせいで、鬼滅は何というか、まぁ、先が読める。
展開も結末もそうなるだろうなってだから見たときの驚きや感動も薄い。キャラ一人一人の掘り下げも薄いし
死ぬまでが早すぎて、え?主人公とこのキャラそこまで絆なくね??ってなったら主人公目線で進むストーリーでは感情移入厳しいです。
ただ、キャラデザは本当に恵まれているし声優も素晴らしい。だからアニメを見た声オタとかにはうけたですかね?
あと、子供でも理解でする単純なストーリーなので子供と一緒に見たお母さん世代がハマっているのかも?
どちらにしても他のジャンプ作品や他の漫画、アニメを大量に漁ってきた人たちには内容が薄いのかと。

以上です。

コメントを投稿する
アバター 思考停止してる猿人

初めまして私はいま大学生です。
ちなみに鬼滅民ではないですが腐女子です。腐女子という存在自体不快に感じたらごめんなさい。

巷で鬼滅鬼滅!友達もみんな鬼滅最高!!鬼滅で進められたのでアニメをみたのですが、正直アニメ見た感想はまさにカゲサイさんのブログの内容、みなさんがコメントしてる内容とほぼ一致でめちゃくちゃ共感できます。

これ流行るほどか?と言うのが正直な感想でした。

勿論作者さんの命削って描いている漫画だし、好みは人それぞれだから私の好みに合わなかっただけという認識ではあります。

ちなみに好みの傾向はダークファンタジー系の重めのお話、割とグロい系が好きなので(ハガレン、ベルセルク、地獄少女、亜人、東京喰種、ジョジョ、今そこにいる僕、ゴールデンカムイ、チェンソーマンとか)傾向から鬼滅ハマるかなと思ったのですが、全くハマらなかったしこれからが面白くなるのか!19話から面白くなるなら我慢してみようと見たのですが全然、、、そしてハマらないくせにアニメ全部見てしまいました。

100歩引いてキャラデザは良いにしろ(個人的に絵を描くのは割と楽しいキャラデザです)キャラに全く共感できずすごく世間が騒ぎ立ててることに対しての疑問、ツッコミどころがありすぎるガバガバな物語(修行、最終戦別、禰豆子の設定、火のダンスのよくわからんやつ、家族愛がくどい、鬼絶対殺すマンみたいな、、、あとギャグが私は好みじゃない。とかです、、まじでファンに申し訳ない)

ジョジョの荒木先生も言ってたのですが週刊誌は勢いで読むみたいな多少の設定ガバガバはゆるしてねみたいなこと言ってたのですが、ジョジョも4部の仗助助けた人何者!?主人公ラスボス補正、とか色々あるけどあまり気にならないが(もはや考察するのが楽しい)、鬼滅はちょっと無理があるだろとなってしまいました、、、比較して劣ってるとか言いたい訳では無いのですが。
下手するとプリキュアの方が物語深い気がしてきました(最近のものは分かりませんが初期ら辺は割と敵にも美学、魅力があって面白いんですよ、初期だったらプリキュアの詮索するために敵がプリキュアの通ってる学校に通ってくうちに人間の心が宿ってたり、出世したいがために自分を犠牲にするものに手を出してしまい死んでいく仲間に敵自身の組織に疑問を抱く敵、敵なのにプリキュアなっちゃうパターンそしてその中でも葛藤、とか子供向けなのに割と深いんですよね、、、)

そして鬼滅がどうこういう以前に私はまさに現代人の読解力と思考力の方が怖くなりました。私の文からも分かるように支離滅裂で読みずらいのですが常々ネット依存になった中学生から楽しむという事の深さが失われて、軽いその場だけの楽しみ(SNSやYouTubeの短い動画)ばかり充実して受動的にばかりなり言語化する、具体化するという重要性がこのブログで気がつけました。そしてそれが出来ない自分に対して焦りが出てきました。最近漫画を描くのに挑戦してみたいと想ったのですが、ここまで考える力がないと物語に深みが出ないのかとなり、論理展開的な思考力、いくら漫画でも読者に伝える力は大切なのだなと感じました。
やはり深く設定が練り込まれてる漫画だけ長く愛させるし、読み応えがあるのか、その場だけの感動だけではなく人生とはという哲学というか心の支えになるんだなと感じました。

これを機に自分を帰るためネットやSNSは控えようと思えました。鬼滅関係なくなりましたが、鬼滅を批判、絶賛するにしろただ貶すだけ、クソつまらん、最近の漫画はゴミだ!とか面白い!まじで鬼滅尊い〜、はぁしんどい〜けど鬼滅最高〜!と浅い人間にはなりたくないなと思いました(楽しみ方は人それぞれなので私は楽しむなら深く楽しみたいなという意見)

正直コメント欄の高校生、中学生の文書力の高さに嫉妬しちゃいました私も彼ら彼女らに負けないように、良い感想絵だけじゃなくて文書も書けるようになりたいですねw
最後におすすめの本教えてください本読む事からが第1ステップかなと思って。
論理力、読解力、思考力を鍛えたいのですが何読めばいいか分からず、、、趣旨が狂ってごめんなさいあと全体的なアドバイスお願いします。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

思考停止してる猿人様

私は腐女子や夢女子?キャラ萌え?などの分野は、よくわかりませんが偏見は全くないのであしからず。

質問をいただいたのでお答えします。

一言でいうと「漫画を描くにあたって人に響く文章を書けるようになりたい」ということでしょうか?

であれば、おすすめの本はありません。正確には特定の本を読んだだけで「論理力、読解力、思考力」はつかないからです。

少なくとも私は上記に上がっているようなことは「自分の経験や体験」からしか身につかないと思っています。

例えば本を読むってのも体験ですよね。その場合これから何十冊、何百冊の本を読んでいくうちにようやく「点と点が繋がっていく感じ」とでもいっておきましょうか。

なので現在の「漫画を描きたい」という目標に対してノウハウ本を読むってのは非効率だと思います。

ところで「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」というアニメをみたことはありますか?

主人公のヴァイオレットは、頭も要領もいい、語彙力も高い、タイプも早いとまさに文章を書く人が欲しい能力が備わっています。
でも最初はメタクソ怒られるんですよね。

なぜなら、人の気持ちを理解していないから。

もう少し言うと「読み手は誰なのか?」ってことが欠落しているからです。

文章なんて究極これだけなんですよ。(漫画のセリフも同じ)

要するに、言葉を響かせるのに「論理的な文章」だの「正しい日本語」だの「高い語彙力」だの「難解な構成」なんてのは二の次です。

質問者様は漫画を描くために、文章も書けるようになりたいとのことだったので、具体的なアクションとしてはこんな感じ↓ですかね。

まず、どんな漫画を描くのか?誰に向けて描くのか?男性向け?女性向け?(ターゲット層を明確に決める)

題材を決めてから、必要なことを逆算して学んでいくといいかと思います。

例えば恋愛漫画を描くなら、恋愛心理学などの小手先のテクニックではなく、実際に売れている恋愛漫画を何十種類か読んでみて、都度自分が響いたセリフを抜き出しておく→ネットでレビュー検索して世の中の人はどこで響いてるか?を調べて自分と比べてみる。

そこであまりにも自分の感性と差異があるのであれば、自分の感性で勝負すると大衆ウケは難しいことが分かります。

かといって大衆向けに描く必要性もないですから、自分の感性を信じて狭い層に向けて描いてみるのもアリですよね。

これは適性なので、やってみないことにはなんとも言えないんですよ。

金や知名度のために自分が書きたくねーものでも書ける能力があるかもしれませんし、好きなもの以外は書けないかもしれません。

実際私も鬼滅に興味ないですけど、これだけ反響をいただけたりしてるので、どっちが良い悪いとかでもなく本当に適性なんですよね。

もちろん今まで漫画を10,000冊くらいは読んできたので、これも漫画をたくさん読んだ経験が生かされています。

ただ趣味でやる分には好き勝手に描けばいいんですが、漫画で金を稼ぎたいのであれば、読者目線は必須になってくるので、自分が書きたいことだけでは難しいと思います。

最近だと「note」なんかは無料で試せる良いプラットフォームだと思うので、まずは練習として何か発信してみてはどうでしょうか?

ちなみに、私も鬼滅の感想がヒットするまでに3年かかっています。ブログを始めて3年ってことですね。

最初に書いた文章なんて、今見たら発狂するレベルのゴミ文で、自分で自分に引きますよ。笑

あとは気になった点をいくつかお話しします。

まずここのコメント欄のレベルが高い件についてですが、それはこちらで意図的に”スクリーニング”をかけているからです。

コメントは全承認で載せていますが、そもそもアホなコメントをしにくいように見えない施策(この返信もその一環)をいくつもしているので、読み応えのあるコメントが多く見えるだけですよ。

YouTubeで「鬼滅の刃 面白くない」で検索して、そこのコメント欄を見てみてください。

当記事とはコメント数が桁違いであっちが世間の平均です。

その辺と比べれば質問者様は普通に文章を書けていますので、そこまで気にするほどのことでもないのかなと。少なくとも言いたいことは伝わっています。

変に気にしすぎて、手が止まってしまう方が勿体無いですし、最初から質の高さを求めても良い作品はできないと思います。

例えば、ワンピの尾田先生、進撃の諫山先生、キングダムの原先生がデビュー作で成功しているのは、天才の事例なので凡人には全く参考になりません。というより「キングダム」ですら火がつくまで(世間が魅力に気づくまで)そこそこ時間かかってますからね。

そもそも世の中の比率でいえば

自分を成長させたいと思ってる時点で、上位20%

思ったことを実際に行動に移せたら、上位10%

その行動を続けられたら、上位1%

なので、大学生の時点でやりたいことがあって、わからないことは素直に人に聞けて、向上心もあるので、あとは行動し続けていればいつの間にか自分の周りから浅い人間は淘汰されていきます。

なんにせよ、インプット(受動的)<アウトプット(能動的)の比率は時代関係なく変わらないので、自分を成長させるなら発信してみるのが一番良いですよ。

現在はこれ以上ないほどインフラは整っていますから、個人の実力を手軽に試せる場所はいくらでもあります。あとは「やるか、やらないか」だけ。

ありきたりで耳タコかもですが、実際これだけなんですよ。

ぜひ漫画を書いたら教えてくださいね。陰ながら応援しています。

カゲサイ

コメントを投稿する
アバター 社会現象?なにそれ美味しいの?

アニメをそれなりに見てきた30代ですが、まったく同じこと思ってました。
まさに面白くもつまらなくもない、普通。
少なくとも社会現象になるほどとは思えない。
世間の評判と自分の感想が違いすぎて、自分だけ偽物を見てるのかと思ってたくらいだったのでw 同じことを思ってる人がいてホッとしました・・・

現在アニメの最終回前まで見ましたが、ここまでの人気作品だしそのうち面白くなるんだろうなーっと思ってたら終わりそうです(汗)

もしかしたら、話題になってなかった頃に見ていたら多少は面白く感じたのかもしれません。
ハードルが上がりすぎて足引っ張ってるような。
が、今まで社会現象になったアニメで流行ってから見てきたものも多いですが、評判通り面白かったなと素直に満足したり、自分の好みではないけど人気出るの分かるなというある程度の満足感を得た作品ばかりで、
ここまでハズレだと思ったのは初めてです(ハズレ=つまらない ではない。ただひたすら普通なので満足感がない)

特に昔の評価の高いアニメって、設定が無理やり後付けだったりツッコミどころ満載だったり、3か月たっても同じ敵と戦ってるようなテンポの悪いものも多いですが、そんなのが気にならないくらい面白いと感じるものもありました。
ただ綺麗にまとまっててもハマるとは限らないんだなと妙に感心しました。

今度TVで総集編をやるらしいので、最終回見る前に再チャレンジしてみようと思ってます。
面白かったらいいなあ(棒)

コメントを投稿する
アバター 二児のママ

漫画好きの40代女性です。
共感しかないです。きっと面白いと信じてみたアニメ…いつ面白くなるのか見てたら終わったという感じ。
見せ場が弱く淡々としてる。シリアスとギャグがちぐはぐでキャラに共感できない。たんじろー優等生すぎ。など思うところ色々ありました。
作者は女性と書きましたが納得。やはり男性に比べて良くも悪くも突き進むバカさがないから話が小さくなってる。何というか都合よく現実的。
なんでこんなに人気なのか謎すぎるーーー。
でも周りのママさんは好きな人が多いので声を大にして言えない…

コメントを投稿する
アバター バトル系のアニメは結構見てます

大学生(男性)です
文章下手なので率直な感想を書かせていただきます。
まず、他の方が仰っているように鬼滅は面白いけど社会現象を起こすほどではないと思いました。というのも、なにより鬼滅にはワクワク感がないという一言に尽きます。最初から最後まで6,7割で完走した気がしてならなかったです。なんなら、自分的にですけど那田蜘蛛山編をピークに感じるほどでした。禰豆子もいつの間にか回復するし、クライマックスの無惨も意外とあっさり倒されますし、炭治郎が鬼化した後も数話で解決されますし、満足感に欠ける印象でした。
あと、とりあえず柱が死ぬストーリーを作ってお涙頂戴感も否めませんでした。同じジャンプの作品の「家庭教師ヒットマンREBORN」の雲雀や骸のような強さなのかと思っていたのでさすがに残念でした。

コメントを投稿する
アバター ノーくん

漫画は読まない派です。ジャンプの中アニメはある程度観てます。単刀直入に鬼滅は絵が苦手なので観たことがないです。話を聞く限りとてもつまらないと思います。自分は小さい頃からドラゴンボールZなど戦闘アニメを観てて、サイヤ人襲来、フリーザ、セル、ブウと常に強くなる敵にどうやってあんなの倒すの⁉️ってワクワクしながら観てました。 敵の強さを強調するのも大事だが、その敵の悪の度合いも大事な表現の一つだと思います。主人公は弱きを守り悪を挫いてこそヒーローなんだから、炭治郎の様にただ妹を救うって設定は余りにヒーローらしく無い。人は逆境に争い、どんなに汚名や屈辱に耐え、ただ唯一守りたい、救いたいと思うものを貫き通す姿やそこに至る過程を見て涙したり、共感する。

コメントを投稿する
アバター 漫画好き主婦

ジャンプ黄金期を読んで育った30代女性です。
共感しかないです。とにかくキャラの過去が薄いので全然感情を動かされない、ワクワクしない。5歳と4歳の子供達が理解するにはちょうど良いみたいです。あんまり漫画を読まないママ友達は子供と一緒にハマってる人が多いですね。

コメントを投稿する
アバター mao

40代、ジャンプ世代です。
旦那さまに、夏目友人帳好きな人はハマるらしいよ、、といわれ、ワクワクしながら見たけど、

あら、これは無理、、、どこで盛り上がる?
何が面白いんやろう??怖くないし悲しくないし。
10分と耐えられず録画全部消してしまいました(笑)
絵が好みじゃないのは、仕方ないとして
ボケツッコミが寒い!!
しょーもない芸人の掛け合いを見たかのような後味の悪さ!

妖怪みたいな?猪豚みたいなやつは子供の落書きかと思った。

私が読んできた王道のjojoやスラムダンク、最近は炎炎ノ消防隊、Dr.ストーンと、面白いアニメは主人公が魅力的ですよね!
ちなみに名探偵コナンとワンピースも同様で、10分以上見られません(笑)

コメントを投稿する
アバター WAS

鬼滅、仕事先の子どもがハマっていて2巻の途中まで読むには読んだものの、違和感が拭えなかった。
主人公が水の呼吸?を習得して技を繰り出しまくるシーン。特に技の説明も描写も無く、技の名前だけしか情報が無い。どうしてこの技を選んだのか?どういう技なのか?こちらが知りたい情報が一切含まれていなかった。
それこそ記事に書いてあったジョジョは大好きなので、その理由は技をしっかりと解説してくれる部分にあったのかもしれない。

コメントを投稿する
アバター ゆまーま

物凄く共感しました。
どこに行っても鬼滅を見かけるので漫画を読みました。つまらなくも無いですが、社会現象にる程かな?と言うのが率直な感想でした。 「え?何でそうなる??」と思うシーンが多くてキャラクターに命を吹き込んでいると言うより受けを狙っている感があったり、修行のハード感が全然無くてあっという間に強くなっちゃったのと、ラスボス無惨が千年も生きてるとは思えない程余裕の無い小物だったりと、残念な部分が多くて、ここまで色んな所で取り上げられる程の魅力は感じられなかったかな。
ただ、気持ちが沈む様な重い話も無いので、ワクワクハラハラも無いけど、そう言う緊張感に体力を消耗する様になってきた私にはさっくり読めてお手頃な漫画でした。「え?次こうなるなんて、まさか無いよね?捻って来るよね?」って思っていたら案の定な展開になったり、今度は逆にいきなり都合の良い展開になったりは、ある意味ビックリさせられましたしね。

コメントを投稿する
アバター ゴリゴリの腐女子

30代の黄金期を知る腐女子です。
不快な表現があるかも知れないので読む方はご注意ください。

流行ものは基本見たくない主義なのですが、進撃の巨人があまりにも面白かったので流行ものは流行るに値する面白さがあるのだろうと思ってアニメを見ました。
きっとこれから面白くなるんだろう!と期待していたら終わった、と全く同じ現象が起きました。
つまらないとは言いませんが、社会現象になるほどか?と疑問に思い検索してこちらにたどり着きました。
仰ってること全て同意しかなかったです。

あとはコメントで腐女子が持ち上げてると仰る方も居ましたが、全然萌えねえよ。
まず仲間少なすぎますし、関係も全くそそりません。
見た目も特別目を引きませんし、性格も無難。
推し皆無といったところです。
過去のジャンプ作品では1人は必ず推しが居たものです。
そこからずぶずぶと沼にハマり、作品やキャラの考察をして楽しむのが腐女子という生き物なのですが考察の余地がないとも思いました。

ちなみに普段少年漫画を読まない一般人の姉と一緒に視聴しましたが、同じように期待を下回ったと言っていました。
ライト層で世代的にもヒットしているのに。
そういう例外もあるようです。

コメントを投稿する
アバター

まあ、確かに分かりやすいストーリーが子供受けしてそれからミーハーがたかって万人に広がり社会現象に至ったとは思う。ハリーポッターだってファンタジー小説の中じゃ安直で、だからこそ世の中の人達がそのストーリーに入りやすく話題になったんだろうと推測はした。それに、最近は逆に子供が入っていけないようなややこしい設定だったり、まだ経験もそこそこなのに大人的な事情、情緒が多すぎる。そんな中、鬼滅のような分かりやすく人間にとっての視点でこいつは善こいつは悪と区別が付きやすく、主人公の目的、話の流れが子供でも簡単にその内容を理解できる王道中の王道が現れたからそれがかえって今の世の中新鮮で、子供も受け入れやすかったのかなとは思う…。自分はもう大人だからものたりなくて、アニメだけしか観なかったが、最近の漫画は斜に構えてて捻くれてる作品が多いからこそ、そんなものを求めたんじゃないだろうか…作者のペンネームだけは気に入らないが、兎に角、作品一つ世の中に出せない素人がそこまで理屈こねていちいちストーリーに文句つけたり、揚げ足取るのはどうなんだろうか…一般人の評論家気取りほど面倒な奴はいない。

コメントを投稿する
アバター ワンピースに人生観作られた男

鬼舞辻無惨はかなりいい悪役だと思います。作中で人間を虫けら同然に使い、炭治郎に生きてちゃいけないとまで言われた無惨の最終的な行動原理が生きることへの執着という、ある意味炭治郎よりもよっぽど人間らしいキャラでした。最後の最後まで醜く生き残ろうとするのも個人的には良かった。
鬼側が生きる執着のため戦い、人側は復讐心で鬼を殺す。無惨に没入するとこんな構図のストーリーになるんです。いちいち挟まれる鬼の過去は読者にこの構図を擦り込みたかったのかなと思いましたが、いかんせん魅せ方が下手で全然没入できないし、ギャグが本気でクソつまらないから集中できない。バトルも分からん。キャラ名読めん。多分編集者が下手なんじゃないかと思う。なんでこんなに人気なのか。無惨だけはジャンプ史に残る名悪役。

コメントを投稿する
アバター みそ

周りは面白いとこぞって言いますが、毎週ジャンプ買ってる頃から別に…という感じでした。
序盤以降から面白いから!!(連載初期から読んでて単行本勢より先を知ってるんだけど…?)
好きなものはそれぞれなので否定はないですが別に好きじゃないなぁという感じです。
ただ、好きじゃないと、悪!! ズレてる!!みたいなのはやめて頂きたい。
100人全てが絶賛する漫画なんてないですから。

コメントを投稿する
アバター

普段ジャンプや青年漫画を読む者ですが、どうしても鬼滅だけはあの人気がわからず…。
映画が上映されるにあたって広告ばかり目に入るので嫌気がさしていたところに、こちらの文章を拝読して共感しっぱなしでした!
キャラの過去編が浅い、戦闘力の設定が崩壊ってところは特に「そうそう!」って感じで笑
敵の鬼も元々人間でこんな悲しい過去が~とかワンパターンに思えるし、鬼殺隊の階級制度や柱の実力なんかも、設定が上手く活かせていないように感じました。
特に、鬼殺隊を政府公認にしなかったのは意味不明だなと…。読み始めた当初は裏で暗躍する組織かと思ってたのに、非公認だし日本刀所持も非合法だし…。
肝心のボスキャラもイマイチで、むしろそれまで出ていた鬼の方がキャラとしては魅力的だったんじゃないかと思ってしまいました。
周りに鬼滅ファンが多いのでこんな事言えるわけないのですが!
素晴らしいブログ、拝読できて良かったです。

コメントを投稿する
アバター スズシロ

鬼滅の刃の映画がはじまり、コンビニでは鬼滅の刃コラボ商品ばかりで気持ち悪いと感じている現役高校生男子です。
アニメは1期全て見ました、まず1話から内容がガバガバだと思いました。なぜ、人を鬼にすることが出来る鬼舞辻無惨(ラスボス)が、わざわざ主人公である炭治郎の家族を殺し、なぜ妹だけ鬼にしたのか謎です!もし、炭治郎(竈門家)が自分を殺せる唯一の敵だったとしても、わざわざ鬼舞辻無惨(ラスボス)が行く必要もなく、配下の鬼に行かせばいいし、そんなリスクのあることをする意味がわかりません!これについて説明できる人がいれば是非コメントください!
以上のことから1話の、がばい内容にすら気づかない現代人の読解力の無さに絶望し、このアニメ、漫画が社会現象が起きるほど面白いとは思いません。

コメントを投稿する
アバター ヨウイノスケ

30代男です
普段はジョジョ、ガンダム、刃牙などを愛してます。

ちょうど総集編?みたいなアニメやってたので、見ずに評価するのはよくないと思って見ましたが、ハマりませんでした。
SNSでも波長の合うフォロワーさん達がこぞってこのタイミングでハマっていたので、自分もハマれるかも!と期待しましたがダメでした、残念。

そこでこちらの記事にたどり着き、少しスッキリしました、ありがとうございます。

個人的見解で書かせていただくと、この作品を読破するための時間を、何度も何度も読んできたジョジョなどを読み返す時間にあてたほうが有意義だと思ってしまいました。

アニメとしても、自分の好きなガンダムUCやBLACK LAGOONなどを見返す時間にあてたほうが人生の糧になると思いました。

記事にも書かれていますが、
「絶望的な状況」
が物足りないですね。
絶対勝てない、強すぎる…!
って敵をギリギリ倒せたり、頭使ってスカッと逆転したりするから鳥肌が立つんですよね。

鬼滅をきっかけにマンガアニメ界全体が盛り上がったら嬉しい
という考え、最高です。
自分も同意です!

長文失礼しました

コメントを投稿する
アバター 漫画の事は全く分かりません。

漫画の事は全く分からない者のコメント
です。

家族の影響でアニメを観ましたが、騒ぎの割には期待外れでした。
ド平日の真夜中に放映されてる様なオタク風アニメが、こんな社会現象になっているとは驚きです。しかも、大量出血や斬首などの子供に見せたくない残酷描写もあります。
嫁は話題についていく為に無理して見ている様にも見えます。
でも、コロナ不況の中この作品で人と金が動くなら、それは大変素晴らしいことですよね。ブーム仕掛人にはこの騒ぎが長続きする様に頑張っていただきたいです。

以上、漫画の事は全く分からない者でした。

コメントを投稿する
アバター ななし

三十代後半 子供の時に好きな漫画はスラムダンクと幽遊白書

鬼滅は面白い漫画かと思っていますが、それだけ。同じバトルもの幽遊白書やるろうに剣心と比べて惡の華がない。仙水やシシオと比べてなんとカリスマ性のないこと、ただ鬼滅は話も本当にシンプルで雑味がなく綺麗なんですよね、だからこそ女性受け、子供受けするのかと、

『キャベツ畑』や『コウノトリ』を信じている可愛い女の子に無修正のポルノをつきつける時を想像するような下卑た快感さ、、、こんな人間の内面をえぐる発言よくも悪くも鬼滅には出てこない。

シャアなどから伝統的な悪にも正義があると言う日本漫画アニメのもっとも素晴らしい部分が鬼滅にはない、皮肉にもアメコミを模したヒロアカよりもアメコミなんでないかな

コメントを投稿する
アバター くずもち

アラフォーの女性です。記事にとても共感しました。
作品は公式の単行本1巻の試し読みでギブアップ、テレビの総集編は見ました。
私はアニメ漫画には疎い人間ですが、ありきたりで意外性の無いストーリー、絵の古さ、設定の浅さ、表面的で上滑りしたセリフなどが目につき、良いところが見つけられませんでした。
こういう作品が好きな人はいるでしょうが、ここまで持ち上げられる要素は無いように思います。

あと上のほうのコメントで「登場人物の言動が気持ち悪い」とありましたが、それにも共感します。上滑りしたセリフと同じような意味かもしれません。

コメントを投稿する
アバター 山田与作

北九州市漫画ミュージアムに「週刊少年ジャンプ応募者全員サービス鬼滅の刃最終話まるごと複製原稿セットmini」と「映画鬼滅の刃入場者特典煉獄零巻」を寄贈しました。すごいだろう?

コメントを投稿する
アバター さかな

20年ほど惰性でジャンプ買い続けてる40代女です。

鬼滅は本誌でずっと読んでましたが、
全然ハマれませんでしたね…

特に炭次郎があまり好きではなかったです。
途中で一度くらい派手に負けて、急成長して欲しかった。
また、ライバルらしいライバルがいないのがイマイチでした。
追加の味方が大体炭次郎ヨイショになるだけ…
なんかずっと上の方に掲載されているので、読んでましたが、
女性キャラの活躍は良かったですが、それくらいですね…

あとラスボス戦は割とひどいです、
ラスボス自体がここ10年くらいの長期連載では
1、2位を争うレベルでつまらなかったかも、
20週打ち切り漫画の最終決戦みたいで、
あれで愛想尽かした人があまりいなかったのが意外です。

あと、似た時期に始まって大体同じくらいに終わった
約束のネバーランドも、大体同じ感想です…
結末が残念過ぎるのも同様で、これも10年単位の最低レベルかも。
最初はネバーランドの方が推されてて、
気付いたら鬼滅の方がごり押し強くなってましたね。

コメントを投稿する
アバター 完全ゆとり世代

アニメの感想としてコメントさせていただきます。
2週連続で地上波で総集編が放送されていたので意を決して観てみましたが、はっきり言って過大評価じゃねこれ? と思いました。
そして、橋田壽賀子ドラマを上回る説明ゼリフの多さに辟易としてしまいましたね。
作画が綺麗で戦闘シーンは結構アツいので駄作とは思いませんが、やたらと心理描写(つーか説明)が多く、ギャグパートはできの悪いラノベのような臭みがあり、「そんなにヒットするほどなのか?」と思わざるを得ませんでした。気がつけば「鬼滅の刃 いうほど面白くない」で検索をしている自分がいたのです……。
主さんはつまらなさの原因を過去のジャンプ作品との対比という観点から語っておられて大変読み応えがありました。鬼滅の刃アニメよりも主さんの批判のほうが面白いです。
他の鬼滅について書かれている記事も大変興味深いので読ませていただこうと思います。

コメントを投稿する
アバター ミミズク

はじめまして、アラサーのおじさんです。
連載当初に数話分読み、これは打ち切りだなと思いました。
ジャンプSQで連載している終わりのセラフの和風版だなと思いつつ、読んでみましたがチープすぎて切ったのを覚えています。

時は流れ、アニメ化し社会現象となりました。周囲の面白いという声も大きかったので、アニメとマンガを途中まで拝見しましたが、自分の中から出てきた感想はただただあの漫画をここまでグレードアップさせた制作会社スゲェという思いだけでした。そして、どちらも途中でやめました。

ジャンプで好きな作品はクレイモアやワンピース、H×Hです。
黄金期の作品読んでたこともあって、ほんのりと塩味がする程度のスープでは満足できない様です…

コメントを投稿する
アバター ローベン

自分も鬼滅はそんな面白いとは思えません。
鬼でる殺す、鬼の可哀想な回想シーン、鬼でる殺す、回想シーン、鬼でる殺す・・・・のルーティンがマンネリ感がすごいです。
あとは口悪いキャラ多すぎ。
あとは、やはり作者が女性だと異性の価値観で構成されるので男性には刺さらない。

コメントを投稿する
アバター 7コマすべり

まず芸能人やにわかが煽ってたり家庭のコミュニケーションツールとして利用されてる面が強いですし、進撃の巨人みたいな企業案件多すぎです、本当うざい。
漫画とアニメ・映画を純粋に評価してほしいし、人気があるって洗脳状態で見る人多いのがツライ。
設定からですが個人的見解
1敵キャラの個性が弱い 全て蜘蛛鬼一家以上手をかけてほしかった。
2主人公と敵の力関係等は映画を見てるくらい早く成長しすぎ
3日輪刀の設定をもっと深く最初から掘り下げてれば深みがでた。
まぁ忍空の組システムとその属性の技っぽいのもジャンプ王道としてはいいけど、いかんせん底が浅すぎです。
セイントセイヤの様な敵が次々出てきて倒すっていうのもわかるけど主人公の心の成長が今一伝わらない。
また必殺技というか得意技が出た時ののワクワク感が無い、ジャンプでの例でいえば
邪王炎殺黒龍波 元気玉 南斗水鳥拳 男塾の覇極流千峰塵 一文字流斬岩剣 キン肉バスター などくすぐる要素が本当にない。
※あと無限城はゲットバッカーズで使ってるからネーミング変えてほしかった。
一通り読んでも同時期なら約束のネバランドの方が作りはいい。
この作品はもっと細かく深くまで作りこんで、フェアリーテイル位の巻数までゆっくり進めたほうがよかった。
呼吸といい血鬼術といい刀の色設定といい珠世さんのここ一番での使い方といい全て甘いわ・・

元がいいだけに全て雑でどれも心に残らないって状態ですので、凄くもったいなかった作品NO1が鬼滅の刃です。

コメントを投稿する
アバター 穂積

何が面白くなかったのかスッキリさせられる記事でした!
好みや嗜好はそれぞれなので、ハマってる人はそれでいいと思いますが、流行ってすごいなぁと、感じてました。
アニメでなんとなく最後まで見て、気づいたら大ブームになってて、自分との温度差についていけず、「Dr.STONEの方が面白くなかった?」といっても「見てないわ~」と言われ、他にも面白いのいっぱいあったのに、どこもかしこも鬼滅一色でモヤモヤしてました。
二転三転してるのに圧倒的な強さを見せつけてくれたコブラやシティハンター、伏線が張り巡らされた約束のネバーランドやシャーロット、リゼロなどなど、ハマったアニメはいっぱいありますが、鬼滅は…よさがわかんない…まぁ。なんとなく見るには普通だったと思ってます。
ただ、そんなに面白いと思わなかったアニメがここまで騒がれてると、だんだんウザくなってきてる部分もあり、特集が組まれてたりすると、ソッとチャンネルを代えてしまいますね。あくまで個人的な意見です。

コメントを投稿する
アバター じゅんじゅん

初めまして。
30代後半男、90年代のジャンプ育ち世代です。

鬼滅の刃は本誌で1話だけ読み、その後触れずにいたらこんなことになってるので、今さらだけど読むべき(観るべき)かなぁ?と思って調べていたらこちらに辿り着いた次第です。

いや、まあ、「べき」とか言ってる時点で義務感ありまくりなんですが……
マンガは本来そういうものじゃないですよね。

一応、自分で面白い!読みたい!と思った作品は実際話題になったりすることも多いので、その琴線に触れなかった鬼滅の刃がこんなことになるとは、
ついにオレの感性も鈍ったか……まあ「少年」ジャンプだし青年(中年?)のオレは対象外だよなぁ……なんて思っていたんですが。

こちらの記事を読み、人気があるメインの層からは外れてるっぽい、ということで、ある意味ホントに対象外だったんですね(笑)

………け、決して、見限った作品の人気が出たから僻んでるわけじゃないんだからね……!

読んでないので内容についての感想等は述べられませんが、言えることがあるとするならば、

マンガに限らずどんなコンテンツでも、
「売れるもの」が「良いもの」とは限らない、ということでしょうか。

売れる要素があるものが売れる。

コンテンツの是非とは別の、マーケティング的な話ではありますが。
極論言ってしまえば、売れさえすればコンテンツの是非はどうでもいい、という場合もあるのかもしれませんね。

鬼滅の刃は少なくともマーケティング的には成功してますよね。そのターゲットに自分(達)は入ってなかった。

そもそも「良いもの」が人によって違うから難しい。それぞれで楽しめばいいんですけどね。

と、当たり障りない事を言ったところで退散します。
お邪魔しました。
(たぶん鬼滅の刃は読まないと思います)

コメントを投稿する
アバター たまご

みんなのコメント全然読まずに書きますが、自分も面白くないと思います。
3歳からジャンプを読み続けもう37歳ですが・・
鬼滅・・・別につまらなくはない。

名作の括りに入れてもいいかもしれない。でもそんなにレジェンドクラスの面白さはない。
名作を読みすぎなのだろうか。社会現象になる理由が本当に理解できない

コメントを投稿する

コメントはお気軽にどうぞ

漫画・小説・ビジネス書・写真集すべて対象
DMM電子書籍・100冊半額クーポン