コロナ対策・電子書籍100冊半額クーポンで引きこもろう

鬼滅の刃・アニメと漫画を全部見たけど面白くないと感じた理由

鬼滅の刃の感想

鬼滅の刃」ブームが異常なので、今(2019・12月)になってようやくアニメ全部見て、漫画も既刊(18巻→19巻)まで読みました。

普段からアホみたいに漫画を読んでいますが、当方30過ぎのおっさんなのもあり、最近はジャンプ系を読む機会はほとんどありません。ただワンピースの不敗神話を破ったってんでどんなもんか見とくかって感じです。参考:中国サイト「捜狐(そうふ)

まず「U-NEXT」でアニメを見ていましたが、しょっぱなから全然面白くなくて、いつ盛り上がるのかなぁと思っていたら26話終わってました……。

続きは漫画の「7巻〜」だったので、最新刊まで読みましたが……う〜ん、つまらない。「これ社会現象になるほど面白いか?」ってのが正直な感想。

このままほっておくと、あまりにもハマらなすぎてゲロ吐きそうなので「何でハマらなかったのか?どこが面白くないと感じたのか?」を一度しっかり考え、吐き出しておこうと思った次第です。

カゲサイーカゲオ

この記事の一番下にコメント欄があります。中学生〜アラフィフまで100名以上の方々からリアルで切実なガチコメが届いているので、あなたも何かあればお気軽にコメントしてください。

ネタバレゴリゴリ含む

当記事は鬼滅ファンの方には何のメリットもございませんので、読む場合はご注意くださいませ〜。

鬼系漫画おすすめ鬼漫画のおすすめ5選・鬼滅の刃が嫌いな人へ贈るラブレター
初回のみ電子書籍を”100冊”半額で購入する方法
※マンガ・小説・ビジネス書・写真集すべて対象

DMM電子書籍50%OFFクーポン

電子書籍を最大で”100冊”半額購入できるクーポン」をご存知でしょうか?

カゲサイーヒカメ

ちょっと待って、私マンガは紙派なんだけど?

なるほど、ではこちらの記事を読んで電子書籍のVR体験をしてみてください。

電子書籍と紙の本メリットデメリット漫画読むならどっち?紙の本と電子書籍のメリット・デメリットを比較
カゲサイーヒカメ

そもそも電子書籍ってどこで買っても同じじゃないの?

もちろん、中身はどこで買っても同じです。ただし値段はストアにより全然違います。中でも圧倒的にお得なのは「DMM電子書籍

まず初回購入者は最大100冊分を半額で購入できます。詳しくは以下の記事を読んでください。

DMM電子書籍キャンペーン【DMM電子書籍】最大100冊分が50%OFFになるクーポンが神です

そして春(4〜5月)夏(8月)冬(12〜1月)に50%ポイント還元セールを開催しています。

※上記以外でも20〜30%ポイント還元はやっているので要チェック!!さらにポイント還元とクーポンを同時に使える最強システムです。

DMM電子書籍ストア

ジャンプ黄金期を読んできた人はハマらないと思う

\\画像をタップすると拡大できます//
引用:村田雄介集合絵大集合

週刊少年ジャンプとは、集英社が発行している日本一の漫画雑誌である。現在は年間200万部を割っているが、全盛期は650万部を超えるほど世の少年たちに夢を与えていた。

参考:日本雑誌協会・印刷部数公表

それゆえ当たった作品はとてつもない爆発力を持ち、一気に売れる傾向がある。

とうぜん競争率も高く、ジャンプで長期連載(ちょうきれんさい)できるのは選ばれし天才漫画家のみ。

つまり2020年時点で、3年以上連載を続けている「吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)」先生は、紛れもない天才である。ただ単に俺がハマらなかっただけというのは重々ご承知(しょうち)いただきたい。

そんな最強ジャンプは、過去に超弩級(ちょうどきゅう)の名作を数々生み出してきた。

ジャンプ黄金期漫画の一部
  1. こちら葛飾区亀有公園前派出所200巻・完結)
  2. 北斗の拳27巻・完結)
  3. キン肉マン69巻・連載中)
  4. ドラゴンボール42巻・完結)
  5. SLAM DUNK(スラムダンク)20巻・完結・電子書籍未対応)
  6. 幽☆遊☆白書(ゆうゆうはくしょ)19巻・完結)
  7. ジョジョの奇妙な冒険シリーズ120巻以上・連載中)
  8. ろくでなしBLUES(ブルース)25巻・完結)
  9. るろうに剣心28巻・完結)
  10. ONE PIECE(ワンピース)95巻・連載中)
  11. HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)36巻・連載中)
  12. NARUTO(ナルト)72巻・完結)
  13. BLEACH(ブリーチ)74巻・完結)
  14. テニスの王子様42巻・完結)
  15. DEATH NOTE(デスノート)12巻・完結)
  16. 銀魂77巻・完結)
上記はあくまで一部だ。もちろんストーリーやジャンルはバラバラなので、本題である「鬼滅の刃」と単純な比較はできない。

しかし、このあたりを読んで大人になった俺の大脳皮質(だいのうひしつ)には、これらの記憶が深く刻み込まれている。

そうした無意識化の記憶が「ストーリー・構成・キャラ設定」などを点と点で結んでしまい、浅く、物足りないと感じてしまったわけだ。

後述(こうじゅつ)するが、ジャンプっ子にとって「鬼滅の刃」は特別変わった設定でもなく、むしろ今までのジャンプ作品をうまく組み合わせている。

例えば「news zero」のインタビューを見ても、流行りの火付け役になったのは30〜40代の女性だとわかる。おそらく少年誌をガッツリ読んでいた層は少ないはずだ。

鬼滅の刃NEWSZERO

そしてストーリー構成は浅いほど、誰でも理解しやすくなる。この点に関していえば、今の子供たちにウケる内容と言えるだろう。

なぜなら、現代っ子は全体的に「読解力(どっかいりょく)」が落ちてきており、漫画といえどあまり複雑な話を好まない(理解できない)傾向があるからだ。

参考:AIvs.教科書が読めない子どもたち

こういった点を考慮すると、時代を(とら)えた作品といえる。

もしこれが作者や編集者のマーケティング戦略だとすれば、自分を含め、ジャンプ黄金期を熟読してきた男性層はターゲットから大きく外れており「つまらない、面白くない」と感じてしまうのも(いた)し方ないと思った。

鬼系漫画おすすめ鬼漫画のおすすめ5選・鬼滅の刃が嫌いな人へ贈るラブレター

なぜストーリー構成が面白くないと感じたのか?

鬼滅の刃・第一話

鬼滅の刃」の基本構図は「人間」VS「鬼」

主人公「炭治郎(たんじろう)」の一家はある鬼に惨殺(ざんさつ)されるも、妹の「禰豆子(ねずこ)」だけが鬼化して生き延びる。

その妹を人間に戻すために奮闘(ふんとう)する物語。

で、面白くない一番の理由は、総じて主人公に都合が良すぎるから。

例えば妹の話1つとっても、人間に戻すことが最終目的ならば、それまでの困難(こんなん)逆境(ぎゃっきょう)の総合値に応じて、戻った時に感動を覚えるものだ。

ところが本作は最初の方にちょっと暴れるだけで、そこから2年間眠って、起きたらある程度の理性を取り戻している。

補足

基本的に鬼は人間を喰うか、殺すことしか考えていない設定。

その理由が

2年間寝ている間に鱗滝(うろこだき)ってジジィが「暗示」をかけた。

  • 「人間は皆お前の家族だ、人間を守れ、鬼は敵だ」
  • 「人を傷つける鬼を許すな」

人を喰う代わりに眠ることで体力(エネルギー)を回復している。

※つまり鬼になってから数年以上何も喰わずに過ごしている。

人を喰わないように竹の口枷(くちかせ)をしている。

※かなり後で血筋が特殊だったって話も出てくる。

はっ?こんなヌルい設定で人間に戻したとして、読者はどこに何を感じればいいわけ?

第一話では、今にも人を喰い殺しそうな目つきと風貌で「おっいいね〜」と観ていたが……

鬼滅の刃・禰豆子鬼バージョン


その後の「禰豆子」はこんなに可愛くなってしまう……。

鬼滅の刃・禰豆子

オイオイオイ、可愛さとかいらないんだよー、最初の狂った禰豆子はどこいったんだよー。

鬼になってから喋ることはできなくなったが、ジェスチャーでやりとりできるほど……(後々少し話せるようになる)

俺的には、もっと日常的に妹が暴れて「炭治郎」をボコボコにするとか、キーマンの人間に襲いかかってしまうとか、最悪喰っちゃうとか、そういった生き地獄エピソードが欲しいわけ。

そうじゃないと「妹を人間に戻す」っていう本題の軸がズレて大変さとか辛さがまったく伝わってこない。

カゲサイーカゲオ

この先”人間に戻るにしろ””死ぬにしろ”そこまでの過程がヌルゲーなんだから、感情移入できねーって。

その後「炭治郎」は鬼殺し専門の鬼殺隊(きさつたい)に入隊。そこの上層部「柱」は鬼に対するあたりがキツイので、妹が人を襲っていたら殺されてたかもって伏線はあったよ。

けどそこは「柱」にも襲いかかって、ブチのめされて幽閉(ゆうへい)されるって展開にするなり、話のもっていきようはどうにでもなる。

「今まで人を襲ってないから」「お館様や元柱のジジィが白」って言やぁ信じるって、何そのゲロ甘な思考回路。お前らの仲間とか家族、鬼に相当殺されてきたんじゃねーの?その程度で黒いカラスも白くなるんですか?ってね。

一応「柱」の一人「不死川(しなずがわ)」が一番納得してなくて、ブチ切れて妹を刀で刺したけど、アレが普通の反応だと思うわ。

こんなのは氷山の一角で、とにかく全体的にストーリーが練りこまれていないし、ミラクルビーチフルスーパーバリバリご都合主義だから面白くないと感じた。

※俺が本当に面白いと思った鬼マンガはこれ。
鬼系漫画おすすめ鬼漫画のおすすめ5選・鬼滅の刃が嫌いな人へ贈るラブレター

全キャラの過去篇が浅過ぎて全く共感できない

面白い漫画の過去篇は必ずといっていいほど盛り上がる。なんなら本編を超える話も往々にしてあるものだ。

鬼滅の刃」に出てくる鬼は元人間なんで、大抵いろいろあって鬼になったパターンが多いし「柱」になるような人間も凡人の何十倍も苦労している設定だが、どいつもこいつも話が浅すぎる。

例えば「鬼殺隊」最強の男「悲鳴嶼 行冥(ひめじま ぎょうめい)」の過去話は……

©鬼滅の刃
2019年コミックス売り上げランキング第1位\\初回100冊半額大人買いするならココ!!//
鬼滅の刃をマンガで読む連載中(2020-1月時点・既刊(きかん)19巻)
DMM電子書籍キャンペーン【DMM電子書籍】最大100冊分が50%OFFになるクーポンが神です

盲目(もうもく)の優しいガリ男が身寄りのない子供9人を寺で育てている。血の(つな)がりはなくとも本当の家族のように暮らしていた。

ところがある日、言いつけを守らず、夜になっても寺に戻らなかった1人が鬼に(つか)まってしまう。保身のため他の家族を喰わせることを約束。その夜、鬼に襲撃され結局1人しか助からなかった……。

信じていた子供に裏切られたのも辛いだろうし、目の前で子供たちが殺されていくのも(こく)だと思う。

しかし、1人だけ助かった理由が「悲鳴嶼(ひめじま)」がキレて夜明けまで鬼を殴り潰し続け、朝日を浴びて消滅したからなのだ。

補足

基本的に鬼のスペックは人間をはるかに凌ぐ。

そして救った子供は4歳だったので混乱し、駆けつけた大人に「みんなあの人が殺した」と言ってしまう。子供たちの亡骸(なきがら)だけを見た人々は「悲鳴嶼」が殺したと思い投獄されてしまうって話。

カゲサイーカゲオ

え?ちょ待って?目が見えず喧嘩もしたことねー男がいきなり鬼に勝っちゃうの?しかも素手で?1mmも共感できねーわ。

あと最初から盲目設定は無理があるだろ。そこは鬼と戦って目潰されたってことでよくねーか。

実は似たような話で「るろうに剣心」の安慈(あんじ)和尚の過去篇がある。

安慈もまた、身寄りのない子供を預かり自分の寺で面倒を見ている。「仏様はいつも私たちを見ている、だから祈ろう」とニコニコしている優しい僧侶だった。

るろうに剣心・安慈過去篇

©るろうに剣心

ただ当時は廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)により、仏教とかやってる奴は殺すぞ?寺とか壊すぞ?的な感じだったので、このお寺は村長からマークされていた。

当然村から出てくように言われ、仕方なく出ていこうとした矢先、村長の付き人が「こんな奴ら死んでも誰も文句ないっしょ」とか言い出して、子供達が寝ている間に寺に火を放つ鬼畜(きちく)所業(しょぎょう)を決行。

ちょうどこの時「安慈(あんじ)」は滝行中で、気配を感じ急いで戻るも、寺の入り口付近で頭を殴られ気絶してしまう。

(うす)れゆく意識の中「御仏(みほとけ)よ…この子達(こたち)はこれまでずっと(つら)(おも)いをしてきた…どうかこれからは幸多(さちおお)未来(みらい)を…どうかこの子達(こたち)御加護(ごかご)」と必死に願った……。

しかし目覚めると、寺は全壊(ぜんかい)し子供達は全員焼死(しょうし)……。「何故?この子達を見捨て(たも)うた……」と初めて仏像を殴りつける。

そして、祈りや願いなどでは誰一人救えないことを実感し、ブチギレて優しい和尚から仏の道を外れた「破戒僧(はかいそう)」となり復讐を決意。

るろうに剣心・安慈過去篇

©るろうに剣心

そこから5年間修行をして、火を放った奴らを皆殺しにする。この頃にはガタイも2倍くらいになって、人間の頭を素手で潰せる怪力および、対象物に高速の二撃目を加える破壊の極意「二重(ふたえ)の極み」を会得していた。

たぶん修行して1年も経つ頃には皆殺しにする力はあったと思う。でも5年なんだ。子供達を殺された傷はそんな簡単に癒えないし、完全な「破戒僧」になってから復讐を果たしに行っている。

るろうに剣心―明治剣客浪漫譚―
\\31日間無料×全94話//
るろうに剣心をアニメで見る
\\初回100冊半額!!//
るろうに剣心をマンガで読む
全28巻・完結

いくらブチギレても急に強くなったりしないし、想像を超える悲劇(ひげき)に襲われれば、修羅の道に()ちてしまうほど人間は弱い生き物なんですわ。

これくらいの背景をしっかり描くからこそ、読者は共感し心動かされるわけだ。

悲鳴嶼(ひめじま)」の話に戻すが、もとから強い奴が筋トレして、さらに強くなりましたってエピソードの何がおもしれーの?最強のキャラがそんな雑な設定でいいのかよ。もっと地獄を乗り越えてこいやと。

こんな感じで鬼(ふく)め主要キャラの薄い過去篇を一人一人やって(しゃく)を取る割に、結局この物語に真の悪党はいないんでっせ〜風に持ってかれるので、ストーリーに緩急(かんきゅう)がない。

せっかく良い食材見つけても、最後は全部カレーの具材としてぶっ込んじゃうの。俺は100g1万円の肉を味わいたいのに、毎回カレー出されてる気分。

食材(ストーリー)と食材(ストーリー)が混ざり合って、1つ1つの味が薄くなる=これといった衝撃的なエピソードがない。

というわけで、過去篇大好きな俺としては、もっとしっかりキャラの役割を分けて欲しかった。

全体的に戦闘力の設定が崩壊しているのでワクワク感0

鬼滅の刃・柱集結

先ほどから出てきてる「柱」って人間界最強の9人なんで、現時点では強すぎる鬼を倒す唯一(ゆいつ)の希望でもある。そんな「柱」の1人が手を縛られた状態の主人公に頭突きかまされて出血した時は「????」でしたわ。

イヤイヤイヤ、もっと圧倒的であれよ。「炭治郎」なんか小指で倒せよ。なんなら気迫のみで黙らせろよ。それがあって初めて「おぉー柱すげー」ってなるんじゃねーのかよ。

ネタバレになるが、単行本18巻では「柱」と「炭治郎」の力の差はほぼなくなっている……。キャラによっては「炭治郎」のが強いんじゃね?ってのもある。

あと鬼ども、お前らもっと強えーだろ?主人公だからって遠慮すんなよっ!!本気を出せ本気を。世の中、気合いや運だけじゃどうにもならねぇこともあるってのを教えてやれ。


ワンピース」で冥王に2年も修行つけてもらって、四皇の幹部と死闘を繰り広げて、めたクソ強くなったと思ったルフィが「カイドウ」に一撃でやられた衝撃。

©ONE PIECE
\\初回100冊半額!!//
ONE PIECEを試し読みする連載中(2020-2月時点・既刊(きかん)95巻)

幽遊白書」で幽助が魔族の血に目覚めて、S級レベルの仙水を子供扱いして、最強になったかと思いきや魔界にはS級なんてゴロゴロいて、1000年飯食ってない死ぬ寸前の親父を椅子から動かすこともできなかったラスボス感。

©幽☆遊☆白書
\\初回100冊半額!!//
幽☆遊☆白書を試し読みする全19巻・完結

BLEACH」で藍染 惣右介(あいぜん そうすけ)がちょっと本気出したら同じ隊長格の狛村 左陣(こまむら さじん)を鬼道の一撃で仕留めた格の違い。

©BLEACH
\\初回100冊半額!!//
BLEACHを試し読みする全74巻・完結

カゲサイーカゲオ

こういう圧倒的な絶望感や無力感が「鬼滅」にはないの。たかだか数年の修行で強くなりすぎちゃうし、主人公が全然負けねーからワクワクしないわけ。

電子書籍と紙の本メリットデメリット漫画読むならどっち?紙の本と電子書籍のメリット・デメリットを比較

漫画だと技の見せ方が下手すぎてストレスを感じる

鬼滅の刃」は絵が下手だから無理って声もよく聞くが、俺はそうは思わない。これくらいの作画は世の中ゴマンとあるし、普段の描写はそんなに気にならない。

しかし、敵も味方も「技」を発動するシーンでは何をやっているのか全然わからないのである。これは絵が下手なのではなく、見せ方が下手だと言っていい。戦闘シーンは、もっとも盛り上がる場面なのに、それがわからないのは致命的(ちめいてき)だ。

©鬼滅の刃
2019年コミックス売り上げランキング第1位\\初回100冊半額大人買いするならココ!!//
試し読みする連載中(2020-1月時点・既刊(きかん)19巻)

技の終わりだけ見ると居合を打ち合ったように見える。しかし、敵側が技の始動時に発している黒い(かみなり)がどういう意味なのかが不明なのだ。※解説のため「鬼滅」の中では割と分かりやすいシーンを抜粋した。

上記なら、遠い雷と書いて「遠雷(えんらい)」なので、遠い間合いから雷の如き速さで距離を詰める技と仮定する。

例えば直後の「善逸(ぜんいつ)」のコマで「何?あの間合いから一瞬で詰めてきやがった」って心の声を入れてもいいし、敵の「獪岳(かいがく)」が「ここから一瞬で距離を詰める俺の遠雷をくらえ」みたいにナレーション的な説明をしてもいい。

さらに具体例を出すなら、ジャンプ史の中でも特に技(状況)の説明に力を入れている「ジョジョの奇妙な冒険」だろう。
ジョジョの奇妙な冒険第2部リサリサ

©ジョジョの奇妙な冒険・第2部

豆知識

「鬼滅の刃」に出てくる全集中などの呼吸法は「ジョジョ」の「波紋呼吸法(はもんこきゅうほう)」から派生している。

仮に画力がなくとも、こうした一手間(ジョジョまでやると大変だが……笑)があれば、読者はスッと入ってくるものだ。

もちろん作中で解説してるシーンもあるが「この辺の技は手を抜いたんだろうなっ」てのがどうしても伝わってきてしまう……。

漫画を読みすぎてきた故の弊害(へいがい)というか、バランス感覚というか、ここに関しては思いっきり主観である。

とにかく他の技もアニメで見て「あぁこういう感じの技だったのね」てわかるものが多いのだ。

さらに俺の場合は頭の中で模擬対戦(もぎバトル)をしながら読むのが好きなもんで「A」に対する返し技「B」それを(かわ)して「C」さらにカウンターで「D」みたいな。

「技」の動きがわからないからこれができなくてストレスを感じる。

ただ「ufotable」のおかげもあり、アニメではよくわかるどころか普通に神ってる技もあるのは言っておく。

特に気に入ってるのがアニメ17話で「善逸(ぜんいつ)」が放つ「雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃(へきれきいっせん)・六連」のシーン。

ここは厨二心をくすぐられるのでアニメ好きの人は見る価値ありだ。

\\動画再生時間:48秒//

鬼滅の刃・雷の呼吸
2019年見放題アニメランキング第1位\\31日間無料×全26話//
鬼滅の刃をアニメで見る

ギャグが破壊的に面白くなくて眉間のシワが戻らない

ギャグシーンはマジで面白くない。いくら子供向けに書いているにしてもしつこ過ぎる。

特に「善逸(ぜんいつ)」がヒーコラ言ってるシーンは漫画なら読み飛ばせるが、アニメだと地獄絵図そのもの。

鬼滅の刃善逸ギャグシーン

カゲサイーカゲオ

善逸のギャグシーンを平均すると1シーンに付き、約28秒もふざけてるわけ、だから「あぁウルセェ〜」しか感想が出てこない。

いやね、ギャグシーンが面白くないのは「鬼滅の刃」に限ったことじゃなくて、「ワンピース」だろうが「HUNTER×HUNTER」だろうが面白いと思わないよ。

けど、他のは尺が短かかったり、仲間全体でバランスを取るから適当に流せて嫌味がない。

仲間全体ってのはワンピースでいえば(ウソップとルフィとサンジ)・(ナミとゾロとルフィ)みたいな感じ。

それが1人で延々ふざけてるわけだから、眉間に寄ったシワが戻らないのである。

ちなみに、俺がジャンプで一番笑った記憶は「銀魂」46巻・第四百二訓〜始まる「ビームという(ひび)きはあらゆる(もの)のハートを射抜(いぬ)く」だ。

ちょこっと解説すると、スターウォーズ

  • ・「オビ=ワン・ケノービ」にかけて尾美 一(おび はじめ)」と書いて「オビワン」と読む発想力
  • ・「ライトセーバー」にちなんで剣術流派をビームサーべ(るー)」にした着眼点
  • ・「ソードマスター」をもじって銀河剣聖(ギャラクシーソードマスター)」という絶妙な語呂

にはマジで爆笑した。

これだけふざけた入りで、オチは号泣に持ってくるあたり「空知先生」の変態さが遺憾無(いかんな)く発揮されているので、未読の方はぜひ読んでみてほしい。スターウォーズを全く知らなくても面白いよ。

©銀魂
\\31日間無料//
オビワン編をアニメで見る
\\初回100冊半額!!//
オビワン編を試し読みする
全77巻・完結

鬼のラスボスがクズ&ダサすぎて魅力なし

俺は味方よりも敵の設定こそこだわった方がいいと思っている。なぜなら善悪(ぜんあく)の高低差によって正義の意義も変わってくるからだ。

ましてラスボスなら、単なる悪では魅力的にならず、悪の中のカッコ良さをどう見せるか?具体的には「怒り」の矛先(ほこさき)をどこに向けているかで、共感値やファン層はほぼ決まってしまう。

要するに、敵が輝けば輝くほど、魅力的であればあるほど、相関関係により味方も輝くということだ。

鬼滅の刃・鬼舞辻無惨

鬼滅の刃」のラスボスは「鬼舞辻 無惨(きぶつじ むざん)」なわけだが、圧倒的な強さに加え、見た目は悪くない。でも中身がクソオブクソ。目的もやることも何もかもがダセェの一言。

ダサいなりにギャグキャラなり、イカれサイコキャラに振り切っているならいいが、どっちでもない中途半端キャラ。

正直「無」の感情しかない。この先は全く興味のないキャラを無理やり考察した。

無惨様のクズダサエピソード
  • 酔っ払いの兄ちゃんに軽く絡まれただけでブチ切れてその場にいた3人を全殺し。
  • 鬼の中でも上から7番〜12番目に強い下弦の奴らを集めて1体を残し、理不尽に全殺し
  • 柱を1人殺したと報告に来た部下に対し「たかが柱を始末したから何?鬼が人間に勝つのは当然だろ」という精神的に余裕の無い上司っぷり
  • 病床で今にも死にそうな鬼殺隊当主と初めて言葉を交わした時に出てしまうザコ感

例えば、2番目の下弦の鬼集めて全殺しした時は、「なんでお前らそんな弱いの?お前ら役に立たねーからいらねーわ」っていう鬼パワハラを振りかざして全殺し。

3番目の「鬼が人間に勝つのは当然だろ」ってセリフ、ここだけ聞くと悪くないが、コイツは普段から「鬼殺隊」にめちゃくちゃブルってすぐ逃げるような奴なんですわ。

こんな感じで終始小物(しゅうしこもの)っぽさが前面に出ている。何千年も生きた経験や知識・知恵がある分、普通に考えたらチートキャラのはずが、オーラも知性もまるで感じないヘボ野郎。

基本的に自分のことしか考えていないので、何度見返しても魅力は0のまま。

無惨が小物でワガママで成長できない理由

出てくるたびに自身の株を下げ、コイツはもうどうしようもねぇ。そう思っていた矢先、12巻の22ページに違和感の正体が載っていた。

鬼滅の刃・鬼舞辻無惨

©鬼滅の刃

無惨は”変化“を嫌っているのだ。「状況・肉体・感情」あらゆる変化は劣化(れっか)であり(おとろ)えだと考えており、逆に完璧で永遠に変わらない”不変“を望んでいる。

鬼滅の刃」は大正時代を舞台にした物語、当時は第一次世界大戦(大正3年)が起こり、日本の産業革命が大きく進んだ時代だ。

この激動の時代に「不変」などと耄碌(もうろく)しているバカは無惨ただ1人くらいだろう。

かのチャールズ・ロバート・ダーウィンもこう述べている。

It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent that survives. It is the one that is most adaptable to change. 訳:生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよく適応したものである。 引用:名言+Quotes

鬼殺隊(きさつたい)は常に鍛錬(たんれん)を重ね「柱」ともなれば、己の寿命すら犠牲にし、わずか二十数年で生涯の幕を降ろす者もいる。そこまでしなければ鬼との圧倒的な戦力差を埋められないからだ。

限られた時間の中で、粉骨砕身(ふんこつさいしん)する者たちと半永久的な時間があり、人を喰うだけでパワーアップし、変化=(おとろ)えとしか考えられず、誰からの助言もない裸の王様では品性に差が出てしまうのも当然と言えるだろう。

独裁組織(どくさいそしき)最大の欠点は、俯瞰(ふかん)の視点から見てくれる者がいないことである。したがって「無惨」は小物であることをこの先も自覚できないし、力だけが増幅していき、心は成長しない典型的な老害といえる。

鬼滅の刃に対するネット(Twitter)の声

検索ワード鬼滅の刃 おもしろい


検索ワード鬼滅の刃 面白くない


上記はそれぞれのキーワードで検索した中から適当に抜粋している。

検索して気づいたが「おもしろい」と言っている人は「なぜおもしろいか?」を語っている人が異様に少ない。自分の本音というより、流行りに乗っかっているだけの人が多い印象を受けた。

逆に「面白くない」の検索結果は、理由も述べられていて年齢的にも同世代以上の方が多く見受けられる。
鬼系漫画おすすめ鬼漫画のおすすめ5選・鬼滅の刃が嫌いな人へ贈るラブレター

鬼滅の刃のアニメと漫画全部読んだけど面白くないと感じた理由・まとめ

以上普段は批評(ひひょう)記事を書かない俺が「鬼滅の刃」にハマらなすぎて、いろいろ吐き出さないと窒息死(ちっそくし)しそうだったから書いた感想でした。

一言で言うと「子供・漫画ビギナー」向けの作品かな。少なくとも多ジャンルを読む漫画狂が人気にあやかると拍子抜(ひょうしぬ)けする可能性大です。

もちろん鬼滅ファンを否定する気はないし、誰が何を好きになるかは自由です。アンチ〜とか低次元の話をしたいわけでもありません。

ただ漫画やアニメ好きとしては「鬼滅の刃」キッカケで、他の作品にも興味を持ったり、ハマってくれたらヲタク産業がより盛り上がるので嬉しいなぁと思っています。

※一番下にコメント欄があるので、あなたのご意見もぜひ。10代〜50代まで100名以上の方々が参戦して盛り上がってますよ。

最後に、息子はめちゃくちゃハマってるんで、2020年に公開される映画は一緒に見に行きまっせ。

\\映画の予告//

鬼滅の刃無限列車予告
おすすめのマンガアプリ9選・全部無料で読める最強の布陣はこれ

191 COMMENTS

アバター y

よく聞かれます。鬼滅の刃面白い?って。読むけど、そこまで面白くない、人に勧めるほどの漫画ではない、ここまでの社会現象には違和感がある。ちなみにアンチではありません。自分の感覚がズレて来たのかと不安になった時にこの記事を見つけて。色んな漫画の切り貼り、過去編薄いなど全く同じ感想でスッキリです。漫画ビギナーがハマりやすいなど納得の分析。嬉しすぎて普段コメントなど残す事がないのに伝えずにいられませんでした。興奮気味です。ありがとうございました。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

y様

まさかこの記事の初コメが賞賛であることに驚いています。笑
同じ感覚の方がいてくれて私も嬉しい。

「鬼滅の刃」を”好きか?、嫌いか?”もしくは”ファンVSアンチ”みたいな単純な構図だと、もったいないなと思ったんですよね。
せっかく漫画やアニメに普段興味ない層にまで普及してるんだから、「鬼滅の刃」は好きなままでいいから、他の作品にも興味をもってくれ〜って願う自分がいます。

コメントを投稿する
アバター 何か知らん内にSAOの虜になっとった人間

どうも中学生の者です
僕のクラスメイト7割は鬼滅信者です。
しかし僕はどこが面白いのかわからない
ところこの記事を見つけました
僕のクラスメイトにどこが面白いのか聞くとタヒねとか言われます鬼滅信者はとにかくウザいですよねww
僕が鬼滅に対して思っていることを
この記事には全て書いてありまし
鳥肌が止まりませんでしたw
長文失礼しました

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

何か知らん内にSAOの虜になっとった人間様

わお!中学生からのコメントは、当サイト開設以来初めてです。

ネットで「おもしろい派の意見」を検索してもあまり深い考察はでてこないので、中学生でしっかり言語化するのは難しいのかもしれませんね。

つい先日も「鬼滅の刃」を嫌いって言った学生が、バスケの練習中に顔面にボール当てられて、メガネ割れたってツイートを見ましたが、暴力や罵詈雑言ではなく、お互いに建設的な議論ができるといいですよね。

コメントを投稿する
アバター 余白

今更この記事を読みました
高校生です
自分は映画分析とか文学賞分析とか共に物語の流行分析する仲間が居るのですが、この前全く同じ話し合いになりました
私の学校では意外と鬼滅つまらないという意見が多いです。むしろ多数派?くらいですから、読者はもっと下、もっと上が多いのかなという印象です。
君の名はでもそうでしたが、今はアニメ=オタクの感覚はもう無いんだなとつくづく感じます(いいのか悪いのかは置いておいて)。アニメの一般化と言いますか、鬼滅の刃はその象徴だなーと。

あと個人的にはHUNTER×HUNTER大好きですが、少年ジャンプには色々と危機を感じています(笑)

アバター きくらげ

遅ばせながらこの記事を読ませて頂きました。
中学生の者です。

私も初めのうちは鬼滅の刃が面白い、と感じていたのですが……。
何と言うんでしょう、この作品を全体的に表すならば”美人だけど表情が乏しい人“のような感じがしてしまうと言いますか。(言い方が不快だったら申し訳ありません)
作者の方の発想はとても独創的で、非凡なものだと思うのですが、短編の方が良かったと個人的には思ってしまいます。

個人的にどうしても”ええ……“と思ってしまう所が、鬼滅の刃には特に二つあるのです。

一つ目は、”復讐を美化し過ぎている“という点です。
「復讐なんて、死んだ〇〇は望んでない!」みたいな事を言いたいのではありません。
というのも、胡蝶姉妹vs上弦の弐の話なのですが、胡蝶しのぶは姉カナエを殺された為に、自らを犠牲にして、上弦弐を倒した。←ここまでは分かります。自らを犠牲にしてまで復讐を遂げる、という話は他の物語でも多々見かけますので。
しかし、胡蝶しのぶには栗花落カナヲという継子、また神崎アオイや大切にしている存在がいました。にも関わらず、しのぶはこの子達を残すことに対してどのような感情を抱いていたのかが描写されないまま、姉の復讐の為に犠牲になる→仇を倒せた→終わり、という…。
「えっ、蝶屋敷の子達は?姉以外どうでも良かったのこの人?」
と思ってしまいました。
例えばここで、復讐で自分の気持ちは軽くなっても、残された人達もいて、時に復讐とは負の連鎖を生み出すものである。という事とか。
しのぶ自身も彼女らを残す事には大きな葛藤があった、でも、どうしても上弦の弐を倒したかった…みたいな苦悩をもっと掘り下げて表現していれば、なぁ…。
個人的な感想ですが、胡蝶しのぶは”自己中心的なキャラクター“という印象しか残りませんでした。(もちろん、嫌いなキャラクターという訳では無いです。)

二つ目は、ただ鬼を倒してるだけ、という点。
この作品で”優しい“キャラクターと言うと主人公の炭治郎と花柱・胡蝶カナエですが、二人の共通点は”鬼を哀れんでいる“ということ。”鬼は哀しくて虚しい生き物だ“とこう言っているわけです。
禰豆子が鬼になって初めて、炭治郎が鬼達の血を集め”鬼を人に戻す薬“を作ろうと試みる。
逆に言うと、それ以前に”鬼を人に戻せるのではないか“と試みた者は鬼殺隊には一人もいない。
つまり、鬼との共存を目指した者は一人もいないわけです。
まあ捕食者側ですが、“寄生獣”の田宮良子のような存在が一人もいない、物語の”スパイス“になる、深みを加える人物がいない。
これってやっぱり最初に挙げた”復讐を美化し過ぎている“為に物語の幅を狭めてしまっていると思うのです。結局ゲームみたいに、鬼を倒していけばラスボスに行き着いて、それも倒して終わり。
みたいな感じに薄さが隠し切れていないように思えるのです。

三つ目、同じパターンがずっと続く点。
家族愛、鬼の悲しい過去……ずっとその繰り返し。
物語の7割がそれでできているんじゃないか、って言いたくなるレベルで多いです。
鬼も完全な悪人じゃないんだよ、って言いたいのは分かるのですが、毎回毎回その繰り返し。
逆に悪人キャラ(半天狗や玉壺、沼鬼)の扱いの雑さが際立つ。
そして登場人物で家族がいないのは、善逸と蛇柱のみ。(カナヲと岩柱は除く)
とって付けたような家族愛エピソードと鬼の悲しい過去だけで感動させようとしているのが凄い伝わってしまう。

以上の理由から、私は鬼滅の刃は面白くないと感じます。

アバター あの頃に戻りたい(28歳)

鬼滅の刃がワンピースを超える勢いと聞いてアニメを全話見ました。そのあと念のため漫画も全て読みました。

これだけ社会現象になっている理由が全くわからない‥

ドラゴンボール
スラムダンク
ワンピース
ナルト
ハンターハンター
など、この時代に青春を捧げた者としては、勝手に比べてしまって物足りなさを感じてしまいます。
もちろん、素敵な作品だとは思うのですが、
ワクワク感や一週間後のジャンプの発売日が待てない気持ち、そういう感情が一切湧かないのです。
普通なのです。普通の漫画。よくある漫画。
物語の緩急が小さい。登場人物もチートな人が多い。過去の話にも深みがない‥
そのように感じてしまいました。

自分は歳をとってもうあのときのワクワク感を感じられない人間になったのかと悲しい気持ちになっていました。
この記事とみなさんコメントを読んで気持ちが楽になりました。
これからも色々な漫画を読んでいこうと思います。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

あの頃に戻りたい(28歳)様

鬼滅の刃への入りが私と全く一緒です。笑

漫画家さんへの一番の貢献は漫画を買うことがですからね。
お互い漫画道を楽しみましょう。

アバター 由比ヶ浜好き

マジでそれうちのクラスは俺除いた大体の人が信者。
もっとおもろいの知らんのかな?
エンジェルビーツとかフェイトとかおもろいのいっぱいあるのにみんな知らない。
鬼滅のアニメの作画はものすごかった、映画のようだった。でも内容がおもんなさ過ぎて最終回とか善逸のシーンとかしかみなかった。
長文失礼します。

コメントを投稿する
アバター ドラGON

中学生です。毎週ジャンプ買って読んでますが、今の鬼滅の刃のおもしろさといったらサムライ8となんら変わりはないと思いますwなんであんなに上位にアンケートがいってるのかがわからないぐらい。しかも今日のジャンプときたらワンピース が面白すぎてその次に乗ってる鬼滅を見た瞬間絵が下手くそすぎてビックリしたし中だるみ感が凄すぎる。主さんが言ってることはネットを荒らしてる鬼滅信者に見せてあげたいです。

アバター レム

正直言って乗りで好きになった人多いんでほとんどにわかのキッズだと思いました

確かに最初は面白いと思っていたけど最近は物語がよくわからなくなってきてるしつまんないなと思いました
この記事にもありましたが柱は最強のはずなのに3人も死んでいいんですかね?確かに誰かが死んだ方が人気はでるし面白いとは個人的に思うんですけど…でも言葉に現しずらいんですけどなんかーねぇ笑て感じですね
最近は鬼滅とコラボとかするもの多いと感じましたそのおかけで人気が出るとは思いますけど笑

コメントを投稿する
アバター えと

私自信、最初の方は単行本を読んで何となく面白いと感じてはいましたが、どこが面白いか、何が面白いかまでは考えたことがありませんでした。
あなた様のように、作品自体をしっかりと分析し、他の長寿作品や人気作品と比較してみることで、また違った見方をすることが出来るということを学ばさせていただきました。
ありがとうございました。これからの活動も、体調に気を付けて頑張って下さい。

カゲオ カゲオ

レム様

お気遣いありがとうございます。
何かのキッカケになったのなら嬉しいです。

流行に乗るのは簡単ですし、取り巻く環境なんかもあるので、必ずしも自分の意思を通す必要はありません。

ただこの記事は漫画の話ですけど、普段から何も考えずに世の中の流れに乗ってるような人が、マスクやトイレットペーパーの買い占め行為をはじめ、コロナのデマ情報に踊らされてるのもまた事実なんですよね。

アバター nn

このような記事を書いてくださってありがとうございます。
鬼滅ってほんと面白くないです…
ストーリーめちゃくちゃ浅いし、設定はわりとありきたりだし(善逸が実は強いとかもね…)、なのに色んなところが雑で目につくし、絵も別にうまくない…(下手ってほどでもないけど)
キャラクター毎の掘り下げも全然ないし。
けどめちゃくちゃ持ち上げられてて、「いやそんな面白くないけど…」って言うにも言えない状態でモヤモヤしてました。

コメントを投稿する
アバター nnn

めちゃめちゃ分かります!つまらないと感じてる私ひねくれてるのかな…? とか思っていたのですが、この文を読んでめちゃめちゃ共感してしまいました 個人的には戦って回復しての繰り返し過ぎもつまらないなぁとも感じました。感情移入する隙がない…

コメントを投稿する
アバター たなりんご

中二男子です。
自分がこの漫画を読んでいて思っていた事のほぼ全てをブログにして発信している神様のような人がいたのでコメントさせていただきます。ありがとうございます
同級生に勧められたのでアニメを全話見てみたところ、作画や背景の美麗さや動きの一つ一つの細やかさには驚かされました。一緒に見ていた妹がハマってしまい単行本を19巻まで購入していました。
しかし全体的な構成が単純な上に浅くて、大雑把に表現すると鬼を倒す→平和→遠出→鬼出現→鬼を倒す→平和……
の繰り返しでジャンプ作品を今まで銀魂やヒロアカしか見たことのないジャンプにわかの自分でもつまらないと感じていました。隊士のキャラデザは学ランに形見(爆笑)の羽織を着せているだけだし、模様をつけて差別化させようとしているのがキャラデザの雑さを感じさせます。形見ではなかったとしても柱と下級隊士の服のシルエットが同じなのはあまりにも不自然です。柱ならもう少し威厳のある風体に設定できないものなのか。
鬼にも悲惨な過去ガーアピールがうるさい。底が浅い。鬼の悲惨な過去が描かれなかったら鬼を倒した隊士の悲惨な過去が流れます。何がしたいんでしょうか。
これからの鬼滅の刃の成長に期待したいです。
(長文失礼しました!ただの愚痴になってしまいました。このような場はなかなかないので溜まっていたものを吐き出させて頂きました。不快に思われた方申し訳ございません。)

コメントを投稿する
アバター まちゃのすけ

コメント欄立ち上げてくださって
ありがとうございます。
おかげさまで、この気持ちのモヤモヤが少し軽くなった気がします。
というのも、私もアニメを観たのですが、面白さが分からず、ありがちなシチュエーションでも物足らず、観るのを辞めてしまったのです。
周りの友達にめちゃくちゃ勧められて観たものの、感情移入も世界観にものめり込めず終わりました。良い意味でお友達は流行りに乗るのが上手がなんだなぁ、と思いました。
といっても、周りの大人たちも面白い面白いとアニメや漫画を楽しそうに読んだり、それ関連でお喋りするのを聞いたりするのでなんだか。。。
私だけが浮いてるような気がして、、
もちろんアンチはしませんが。
好きなものは人それぞれですし、価値観も人それぞれなのは重々承知しています。ですが、正直な話、鬼滅の刃に拒絶反応が出てきていて、名前やその話題を聞くだけで気分も悪く、吐き気がします。。。本当に辛いです。

でも、私だけではなく、同じ想いをもつ人達がいると知れただけでも少しホッとしましたし、本当に嬉しいです。
ありがとうございます。

コメントを投稿する
アバター ggg

掲示板を設けてくださりありがとうございます。
自分も同じく、マンガの人気ぶりと、面白さを全く感じない自身の感覚とのギャップに戸惑っていました。

登場人物もストーリー展開も
ゼロから100まで説明されているようで、
作品に余白を感じられず、
入り込むことができませんでした。

絵柄や世界観は感傷的で文学的に作られ
それは本当に素晴らしいと思うのですが、
余白のない作品に、深みのある(ように見える)世界観がどうにもアンバランスに思えてたまりません。

他の少年誌や青年誌で
特定のファンから支持されるヒットの仕方ならまだしも、
ジャンプという大衆少年誌で社会現象を巻き起こすまでの大ヒットを起こしたということも違和感の1つかもしれません。

作品の魅力、売れ方とも
よくわからない違和感を感じるというのが
正直な感想です。

コメントを投稿する
アバター ジョジョ好き

ジョジョ好きな高校生です。
この間鬼滅のアニメを見て、
漫画も全巻読みましたが、
総集編か?となるくらいテンポが早く、無限列車編も泣く間もなく終わり…
ジョジョ好きの私からすると無惨戦くらいのテンポでやっとちょうどいいように感じましたw
キャラとかはすごい好きなんですけどね…絵柄も…
周りには鬼滅信者しかいないので、こういったサイトを見れて、そう思っていたのは自分だけではなかったと少し安心しています。
それと、カゲオさんに紹介したい漫画がありまして…(知っていたらすみません)「It’s My Life」という成田芋虫さんという方が描いてらっしゃる漫画があるのですが、毎話毎話に伏線があって、すごく面白いです。お暇がありましたら読んでみてください…!

コメントを投稿する
アバター たこやき

高3男子です。ぼんやりと感じていた事をはっきり言語化してくれてスッキリしました。全体的に同感です。僕のクラスでも流行っており、アニメ化辺りから普段少年漫画読まないような人(女子とか)も絶賛しだしたので期待して読んだところ、正直拍子抜けでした。
僕が、ワールドトリガー のように設定がガチガチに固められてるのが好きってのもあるかもしれないけれど、やはり全体的に設定が浅いと感じます。禰豆子の件もそうですし、例えば呼吸なんかも水と炎でどう違うのか、何で急に水が出てくるのか(そもそも水だから何だというのか)などの説明がないんですよね。ゲームの属性みたいに呼吸ごとの特徴があるわけでも無い。技も「この技はこういう特徴があってこういう場面ではこう使う」とか無い。ただいろんな技を出し合ってるだけ。まるで格ゲー初心者のような印象を受けました。
結局普段少年漫画を読まない(他の少年漫画を知らない)層が流行りに乗っかってるだけなんですかね。
長文失礼しました。

コメントを投稿する
アバター 漫画ビギナーより少しだけ上のやつ

今ちょうど再放送を見たがってた妹が鬼滅を見ているけれどもあまり面白いとも思えないし、しっくり来ません。途中から見たらストーリー性あんまり分からないし、主人公が良いタイミングで強くなるのもあまり納得できないです。あと、なんか良いシーン?で音楽入れてくる意味もあまりわからないです。回想とリアルタイムがごちゃごちゃと言うかなんというか…
あとはただ単にオタクをあまりよく思ってない人達までもこれを見てしったかしてたりすることが自分自身許せないのかもしれないです。

コメントを投稿する
アバター さぶ

鬼滅の刃の分析、面白いです。

個人的に鬼滅の刃は、「忙し過ぎて物語をじっくり読んでる暇のない人達にこそ楽しんでもらえるエンターテイメント」
を目指しているのかな、と感じていたので、子供さんや主婦の方々に人気があるのなら、それはそれでいいのかもしれないと思っています。

物語に深みがないのは、すごく残念!ネタそのものはすごく好きな感じなので、余計にもったいないと感じています。
長文、失礼いたしました。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

さぶ様

>「忙し過ぎて物語をじっくり読んでる暇のない人達にこそ楽しんでもらえるエンターテイメント」
めちゃくちゃ素敵な表現です。

悲しいことに漫画好きであればあるほど、深みや壮大な伏線を求めてしまう病にかかってしまいますよね。笑

こうしたコメントをいただけると、批評記事だけど本気で書いてみてよかったなと思います。

コメントを投稿する
アバター チッチモン

同じく評判の良さから期待して裏切られた者です。モヤモヤしながらも我慢してラスボスと初めて会うぐらいまで観ましたが、、、
この記事読んでスッキリ!!
眠気と戦いながら観てきた甲斐がありました。
ほんと、いい批判記事でした^_^

鬼滅のパクリって言われてる?鬼門街に今すごくハマってます。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

チッチモン様

私も正直「この記事を書く為」と「息子と話す為」って目的がなければ、早急に離脱していました。笑

おぉ「鬼門街」は永田先生の作品ですね。前作「Hay!リキ」は完読しました。
「鬼滅の刃」のパクリって言われてるんですねー。
今度読んでみます。

コメントを投稿する
アバター ななは

こんにちは 中学生です
わたしの友達に数名、鬼滅の刃の信者さんがいて、どこが地雷か分からず怖がりながら話しています。
原作は読んでいなくてその辺に関しては何も言えないのですが、アニメを見てた時に面白いけど何かが足りないと思っていて、この記事を読んで 過去話の内容が薄い、設定がぬるいなど思っていたことを言ってくれて少し嬉しかったです笑笑 読み返すとちょっと何言ってるか分からないですね。ありがとうございました。

カゲオ カゲオ

ななは様

こんにちは。
中学生2人目!笑

学生の間では、いろいろ大変みたいですね。

いえいえ、言わんとしていることはしっかり伝わっていますよ。
この記事が「悪魔の代弁者」となり、鬼滅ファンの方とも良い議論ができればいいなと思っています。

アバター あっさー

中学生です。僕のクラスメートの8割ぐらい?が鬼滅信者です。どこが面白いの?と聞くと、「え、面白いから面白い」とちょっと問にあってない答えが返ってきたので、鬼滅の刃 面白くないで検索したらこのページが出てきました。読んでみるとすごく共感することばかりでちょっと嬉しかったです笑笑
最近はキングダムにハマってます!あなたのブログはこれしか見た事がないので、できればキングダムについて取り上げてください!
既に取上げていたら、申し訳ないです。
これから先も頑張ってください!読みにくい長文失礼しました
あっさーより。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

あっさー様

8割は多いですね。笑
ピンチの時は発想の転換が大切ですね。

8割ということは女子もかなりハマってると思うので、「前から気になってた◯◯ちゃんと鬼滅ネタでしゃべろっ」みたいな。笑

キングダムは全巻読んでいますよ〜。
私の考察に興味を持ってくれるのは嬉しいですが、「キングダム」はすでに色々な方が考察されているので、今さら自分がする必要はないかなって感じですね。

ただキングダムだとダントツで「桓騎」が好きです。
「フッ軍略?知るかよ俺はただ相手が嫌がることをやるだけだ」

アバター ジョジョ4部好き

ジャンプ漫画で言うなら、ドラゴンボールやジョジョなどが好きな高校生です。ジャンプじゃないなら進撃の巨人ですかね。
僕の好きなバトル漫画、アニメなどの特徴は3点程あります。
1つ目は、自分の「今」持っている力を使い、勝利に持っていくタイプです。下手に覚醒して、俺TUEEEって言うのは大っ嫌いですね。ドラゴンボールは覚醒こそしますが、修行があったからこその覚醒であり、そうした前置きがあるのはいいです。伏線もありますし。ただ、鬼滅の刃にはそれが無く、特にヒノカミ神楽なんかはお父さんの動きを見ただけで体得してしまい、アニメ「ヒノカミ」にて、いきなり水の呼吸からヒノカミ神楽に移った時は、⁇⁇って思いましたね。

2つ目は、闘いにおいて、知恵や戦略をフル活用するタイプです。ジョジョで言うなら5部のプロシュート&ペッシ戦ですかね。ただ、鬼滅の刃は適当に技を出しまくっているだけであり、漫画を読んでいても読者の意表を突くようなアイデアは出てこないので、つまらないです。

3つ目は、命がけの死闘の前後でキャラが突然死んだり、その死によりこれまでの自分の価値観や考え方が変化することによって、闘いの無情さ、切なさを表現し、物語に深みを持たせるタイプです。あと伏線だらけなのも好きですね。
エヴァやまどマギ、進撃の巨人、機動戦士ガンダムなどはかなりハマりました。最近では、どろろ なんかも鬼滅の刃よりずっと良かったです。5〜6話はかなり奥が深く、百鬼丸の感情の変化に涙しました。
戦争では、主人公の知らない所でも死闘が繰り広げられています。進撃の巨人やガンダムでは、名もなき兵士にスポットを当てていることが多く、死に際の様子に、戦争の無情さを感じました。ただ、鬼滅の刃は闘いにリアリティを感じません。闘いの途中にクッソ寒いギャグをぶち込んできたり、モブに至っては、鬼殺隊の要であるはずの呼吸法を使用しない有様。オラァ!やヤッ!が技なんですかねえ(呆れ)。

鬼滅の刃の最も嫌いな所は、ズバリ善悪の表現です。
さっき挙げたどろろ は、各キャラ複雑な思いを抱えており、主人公側と醍醐の国側どちらの言い分も正しく、善悪は有りませんでした。
進撃の巨人は、敵対する人間も味方側も同じ人間であるのに、争い、憎しみの連鎖を引き起こしてしまう、やるせない所が魅力的です。善悪は有りません(現在進行形)。
鬼滅の刃の敵キャラには、適当にあしらえたような悲しい過去があり、本当はこのキャラ悪くなかったんだよ的な感じにしていますが、糞くらえですね。人食ってる相手に同情でもしろと? hell no! 有り得ません。その上、中にはクズのまま描かれたキャラもいましたし(上弦の弍や伍など)。
吉良吉影のような、悪ではあるが悪なりの魅力を持っているキャラと比べると、作者の表現力のなさが垣間見えます。やはり、善悪の表現が甘いです。
最後に一言。妹や母が鬼滅の刃にハマっているので、家に漫画が全巻あります。僕もどんなもんかと思って読んでみたら、個人的な感想ですが、つまらなかったです。あれだったら火の鳥の鳳凰編を10周した方が100倍良いです。
最後の最後に一言。不死川弟の死で、絶望過ぎて学校行けなーいとか言ってた奴には、エヴァとまどマギをオススメしておきます。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

ジョジョ4部好き様

私は2部が好き。笑

確かに「水の呼吸」とはなんだったのか……。

2つめの弱者VS圧倒的強者の構図だと「約束のネバーランド」なんかはそんな感じですよね。
個人的には、あっちのがおもしろいんですが、完全に「鬼滅」に食われた感があって悲しい。同じ鬼作品なのに……。

3つめだと「るろ剣」の蒼紫とかかなぁ。
側近4人が目の前で全員殺されて修羅に落ちてしまった御庭番衆・御頭。

モブオブモブの村田くん一番の活躍シーンは救急隊員ですもんね。笑

いやぁしかし、高校生でこれだけ言語化できるなんて素晴らしいですね。
自分が高校生の時なんか友達と「ネフェルピトー」と「ポックル」役に分かれて脳みそいじるシーンを再現してただけですよ。笑

コメントを投稿する
アバター お茶にごす。

終わり方があっけなさすぎる、とでも言うんでしょうか?
あまりにも鬼滅、鬼滅と言われるのでまとめだけ拝見しましたがなんだ、それ?という感じでした。ただ人?がどんどん死んでいくなーっていう、、
内容が薄い

コメントを投稿する
アバター えむ

夫に「一緒に映画行って欲しいから見て欲しい」と言われてマンガを読んだのですが、絵がヘタだしセリフ回しがダサくて1巻でリタイア、アニメならマシだからと言われたものの雑な構成に都合の良過ぎる展開で疑問が残ったり演出がやっぱりダサかったりで、半分まで観て「う~ん…」と思っていたところ、この記事に辿り着きました。
そもそもストーリーや設定が今までの色々な少年漫画を切り貼りしただけ、割に伏線もロクに張られていない…と普段ほとんどマンガやアニメに関心がない私ですら思っているのに、何でこんな人気なの?でもこれだけ人気な中、そんなの大っぴらに言えないし…と思っていたので、この記事やコメントを読んで私だけが感じているのではないのだなと少し安心いたしました…(笑)。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

えむ様

ありゃ、女性でもダメな人はダメなんですね。
いつの間にかこの記事が安心材料になりつつあるのは嬉しい限りです。

つまらないのに続きを見るのは大変かと思いますが、ぜひ旦那さんの愛には答えてあげて下さい。笑
私も息子と映画は観に行きます。

コメントを投稿する
アバター とある主婦

40歳主婦です。同じこと考えてる人いるかなー?ってググったら、この記事に辿り着きました。
カゲオさんが色々代弁してくれましたわ。
11歳の娘がどハマりして、どうしても読んでと言うので読んでますが…ここまで社会現象になるほど!?
ジャンプはドラゴンボールZまで、初期のキン肉マン、北斗の拳、シティーハンター、幽遊白書、スラムダンク、デスノート、HUNTER×HUNTERくらいしか読んでいない身分で語る資格はありませんが。ワンピースもハマれず16巻で断念しました。ろくでなしブルースは、ギャグが寒くて一巻で無理でした。
鬼滅の刃、とにかく通してダサいって印象です。あと、伏線欲しいですね。個々の設定も背景も浅いですね。感動系のエピソード泣けないです。主人公ご都合主義があからさまですね。
でも私もカゲオさんほど分析力はないので、もう一度ちゃんと読んで向き合いたいと思います。今まだ12巻でくじけそうになってるので、19巻まで読んでみますね。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

とある主婦様

いや女性でそれは十分読んでます。笑

子供いると違いますよね。私も7歳の息子と共通の話題を楽しむために読んだってのもあります。
まさかパパがこんな記事を書いてるとはつゆ知らず……。笑

12巻ですかぁ、一応今のところ19巻が一番面白かったですよ。

「俺は聖帝サウザー、南斗六聖の帝王、退かぬ!媚びぬ!!省みぬぅぅぅ!」←昔の敵役はギャグオブ悪でしたよね。笑

コメントを投稿する
アバター 牙狼

読もうと思わないし読んだこと無いので分かりませんがダークファンタジーの金字塔ベルセルクで例えたら
精神崩壊したキャスカが2年寝てたら喋れる程度に回復。
それでも完璧に元に戻したいと思う優しい主人公リッケルト。
道中 長尺の寒いギャグを連発するセルピコを仲間に追加。
わずかな修行により強くなったリッケルトは人間レベル最強のガッツを頭突きで流血させるほど成長する。
人を食らう魔物を倒していく中でベヘリットにより魔物にされた人間には必ず悲しい過去があり同情する主人公リッケルト。
敵のボスグリフィスは変化を嫌いファルコニアを創造することに興味は無くひたすら人間を恐怖させる。
グリフィスは元仲間であるリッケルトのビンタにぶちギれてとりあえず殺す。
幹部であるロクス ゾッド達にも気に入らない事があると殺すか八つ当たり三昧

っていう漫画でよろしいですか?
この内容でバズってるとしたら相当ですね(^_^;)

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

牙狼様

だいたいそんな感じですね。
ただできれば例えはジャンプ作品でおなしゃす。笑

私も本当はヤング以降のネタをぶっ込みたい気持ちをグッとこらえて、ジャンプネタだけに留めています。笑
理由はターゲットの違いですね。

コメントを投稿する
アバター ニックネーム

面白いと勧められたので見ましたが、話が単調でキャラ1人1人の設定が浅く、金髪の泣き喚くキャラはうるさいだけでギャグとも呼べない。
単調なだけに話はすらすらと進むので早く話が進んでほしい人には向いているかもしれない。
アニメの楽しみの中には、キャラの過去や性格を知って感情移入したキャラを好きになったり伏線が回収された時のスカっとした感じや考察を楽しんだりと様々だが、このタイトルには一切そういった物を感じなかった。
ほとんどの話が1〜3話くらいで終わり次の街や村に行ってしまうので登場キャラに感情が入る前に次の話に行ってしまう。
余計な事は考えず、すらすらと話が進むのが好きな人ははまるかな?といった印象。
キャラの可愛さなどもあるのかな?
設定など作り込まれてはいないなーとゆう印象。
私は10話〜くらいで飽きちゃいました笑

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

ニックネーム様

確かに話の展開は早いですよね。
Twitterを見ても、様々な理由で途中離脱している人がかなり見受けられます。

とはいえ、マーケター視点で今一番売れている漫画を考察するのは色々勉強になったので、ある意味良き教材となりました。笑

コメントを投稿する
アバター あいす

あまりにも私と思っていることがカゲオさんの意見と同じで、私だけじゃなかったのか!と思えたためコメントさせて頂きます。私は鬼滅のアニメをすべて見ましたが面白いとは感じず、the普通もしくはそれ以下だと感じました。しかしアニメが終わるとたちまち称賛の嵐、こんなに面白い作品があったのかとばかりに騒がれ、正直驚きました。私は十代で女なのですが、友達はみんな鬼滅は面白いと盛り上がっていて、こちらとしては自分が認めていない作品をひたすらに褒め続けられ、共感を求められるといい気はせず、つい「そんな面白いか?これ?」と喧嘩を売りかけそうになっています。笑
ですのでカゲオさんの主張は私がもとめていた主張でもあり、私だけでは無いという安心を与えてくださったため読んでいて気持ちがスカッとしました!!
自分の意思を大切にしようと思えました。ありがとうございます!

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

あいす様

>「the普通」
まさにそんな感じですね。私も社会現象になるほど特別なものは感じませんでした。

自分の意思を大切にするのは良いことですね。でも喧嘩したらダメですよ。笑

学校など小さなコミュニティに所属しなければいけない若者にとって、鬼滅ブームはある意味「忖度」を学んでステップアップするいい機会な気がしています。

コメントを投稿する
アバター ruby

学生時代がジャンプ黄金世代だったアラフォーです。ブームに乗って19巻まで読み、本誌の展開も追ってますが、最近の本誌にアレアレ?と思うことが多くて、ここに辿り着きました。

書かれてること全部納得の分析です。特に自分が気になったのはご都合主義が多いこと。隠しとかカラスとかネズミとか、最近の毒強すぎとか、唐突な便利グッズが多いのは白けますね。

ま、それでも自分は鬼滅という漫画自体嫌いじゃないです。むしろ好き。
たいして面白くはないけど。
昔だと聖闘士星矢みたいな、ストーリーと設定は支離滅裂、だけど技とキャラが無茶苦茶カッコイイってノリで、勢いで楽しむ漫画だと思ってます。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

rudy様

ヤバイ、私よりジャンプの大先輩きました。笑
本誌は追えてないのでわからないんですが、最近はそんな感じなんですね。

聖闘士星矢もう少しいうなら、ドラゴンボールくらい思考停止で読める感じに振り切ってれば違和感なかったのかなぁと。

所々大人を意識している構成なので、そうなると話が綺麗すぎるというか、優しすぎるというか……この内容ならもっと重くしてもいいのになぁと思いました。

コメントを投稿する
アバター みみみ

同世代の女性です。幽白、スラダン全盛期、ワンピースの始まり…という時代にWJ読んでいた身として、この記事には同意しかありませんでした。

好奇心でなんとなく読み始め、そこそこ続きが気になるので読んではいたものの、途中であまり魅力を感じなくなり読むのを止めていたらアニメ化で大ブレイク。周囲の友人達の大多数がハマっているので再度挑戦したところー…嫌いなわけではないが何故ここまでブレイクするのかは疑問に感じました。今もWJ本誌読んでますが、どうしても薄いとしか思えない。
アニメの戦闘シーン等はかっこいいし、みんな大好き刀を使う和物!ということで人気がそれなりに出るのは分かりますが、世界的大ヒットに、しかもワンピースを超えてしまったのが本当に分からず首を傾げています。正直、完結して2〜3年も経てば忘れられてしまうのでは…と思うほど。

アンチにはなりたくないのに、周りの声が大きすぎてアンチになってしまいそうです…好きなキャラもいるんですが、深堀りできない(しようと思わせてくれない)ので結局感情移入ができずに終わってしまう。漫画の見せ方もよく分からないことが多く、戦闘漫画としての魅力も物足りなさがあります…

なんとなく、流行り物のシミュレーション系ゲームのような感覚があるのかなと思いました。キャラや設定が美味しいのでブレイクはしているが、ストーリー自体はかなり薄い…というような。なので自分が「漫画」に求めているものが何もないという印象です。
そんなわけで心の底から今何故流行っているか疑問ですし、この作家さんが神だと崇められかつての巨匠達と並べて評価されてるのがしっくり来ません。

他の方のコメントにもあったように「the普通」というコメントに尽きます。

人がめちゃくちゃ死ぬ割には重みもなくて、みんなが「本誌読むの辛い、月曜が阿鼻叫喚」というのが分からなすぎて、あぁ自分はこの作品に全くついていけないんだなと感じました。誰が死んでも悲しくならない漫画は正直珍しいです…
(アニメの19話だけは唯一感動したんですが)

長々すみません。ともあれ、言いたいことをほぼ代弁しているブログに出会えてなんだかスッキリしました笑 ありがとうございます。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

みみみ様

おぉ幽白、スラダン世代きたー。
別名:戸愚呂弟がB級妖怪と聞いてぶったまげた世代。笑

刀と和物でいえば、今ワンピースも「ワノ国編」でクソアツイのに、なぜ鬼滅に負けているんだ?と正直思っています。
個人的には「マリンフォード編」と双璧を成すほど面白いのに……。

確かに、同調圧力感は否めませんよね。
私もアニメと漫画を読んだあと、ネットやTwitterで検索かけたら、名だたる有名ブロガーもこぞって鬼滅面白い発信やネタ記事に走ってて、この自体は異常だなと。

そこで一石を投じてみた所、予想どおり同じような感性を持った方々がいて「これこそリアルな声、世間の声だよな」としみじみ感じています。

一片の淀みなく…己が道を…貫く…簡単な様で…何と…難しい事…よ
ハイテク化する令和で…どこまでブログに生き…「文・楽・書」…を貫ける…か…な……

コメントを投稿する
アバター はなだ

こんなにも
もやもやを具体的に書いて頂いてスッキリしました!

薄っぺらくて
キャラの個性もわざとらしい

20代女です
周りもみんなハマっていて
誰にも言えなかった事を発散できました

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

はなだ様

スッキリできたならよかったです。
この記事を書いてみて、鬼滅の刃に疑問を呈している方も結構いるんだなぁと実感しております。

コメントを投稿する
アバター 現役中1男子

[絵]
・漫画は少し違和感、顔と髪の毛のバランスがあってない
・アニメに関しては神作画、ヴァイオレットエヴァーガーデンまでは行かないものの中々きれいだった
[キャラ設定]
・少々癖の強いキャラが多く、「斉木楠雄の災難」なんかを見ている人は大丈夫そうだが体制がない人はダメそう
・声優陳が優秀で聞いていて違和感がないのでいいと思いました
[ストーリー]
・ストーリーの種類的に言うなら「終わりのセラフ」と似ていて、少々俺TUEEEEEEE感もありましたが、柱の死亡などの絶望感もあり、これはこれで面白いと思いました
・記事に書いてあったラスボスのクズ感に関しては共感しますが、個人的には理不尽を極めたキャラクターもいいとは思います
[人気の理由]
個人的に思うのは、「かっこよさ」を極めた作品であることに間違いはないと思います、子供受けがいいのはその影響かと。
アニメの作画が優秀だったこともあり、技のエフェクトなんかがよく書かれていて厨二心をくすぐられましたw
[記事を見て思ったこと]
取り敢えず「鬼滅ファンがうざい」などと言う誹謗中傷が書かれていなくてよかったです。
私には独り言に口を出す権利はないので批判は致しませんが、漫画や流行に批判があることは当然であり、わざわざ記事に書く必要はないと思います。
また、個人的見解を述べただけで批判をされる社会自体も間違っていると、私は思います。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

現役中1男子様

本当に中一ですか?
これだけ自分の思いを言語化できて、かつ箇条書きで分かりやすくまとめるとは素晴らしいですね。

>理不尽を極めたキャラクターもいいとは思います

なぜ悪にも美学が必要なのか?
何十年経っても人の心に残る悪を作者はどういう風に考え、作っているのか?
といったところまで知ると、また違った視点を持てるかもですね。
最近の本だと「kotoba 2020年春号」なんかは分かりやすくていい勉強になると思いますよ。

>「かっこよさ」を極めた作品であることに間違いはないと思います

まだお若いのでこの先様々な作品に触れていくと思いますが、十年後も同じ価値観であれば、もう一度お話ししてみたいですね。

>わざわざ記事に書く必要はないと思います。

逆ですね。記事にするからこそ、こうした新しい議論の場が生まれるんです。
この記事はどこが評価されているのか?
コメント欄がこれだけ盛り上がっている理由は?
この辺を分析できるようになれば、もう少し柔軟な考え方ができるようになると思いますよ。

>個人的見解を述べただけで批判をされる社会自体も間違っていると、私は思います。

世の中に向けて何かを発信すれば、多かれ少なかれ批判はされます。ここのコメントのようにね。
誰からも批判されたくないのであれば、大人しくしとけってことです。

なんか説教くさくなっちゃって申し訳ない。
ただ中一でこれだけしっかりされた方だったので、期待も込めて真剣に伝えました。

コメントを投稿する
アバター すえのこ

はじめまして、20代前半学生です。

趣味でコスプレをしており、ある時期から鬼滅レイヤーが増え、友達にも進められました。漫画は読んだのですが、いまいちハマれなくてこちらの記事にたどり着きました。

面白くないと感じた理由が腑に落ちました。記事を読んで、私が一番つまらないと感じた理由を以下に述べます。
私はシリアス系の物語でしたら、人の性(さが)を醜く暴かれたり、苦しみながらも成長したりするものが好みです。
正直精神的な微グロを期待して読みましたが、鬼滅は良くも悪くも綺麗だと思いました。直接的な微グロや苦しむ描写はあるのですが、主人公が緩和してしまうんです。主人公が直後に救ってしまうんです。そのために、残酷な出来事の後、主人公がもがき苦しんで成長するという印象が薄れるのかなと感じました。絶望しないんですよ、主人公…。戦闘メインなのに戦闘力が分かりにくいと、キャラ一人ひとりの輪郭が分からないっていうのもある気がします。
成長しているのかも分かりにくいです。
あと、たぶん”絆”で成長することを描きたいのかなと思うのですが、他者との絡みが浅いですね。日常回が圧倒的にない。正直、そんなに長い時間や深い時間を過ごした様子が伺えず、一生の別れになっても悲しんで引きずるほど交流深かった…?と思ってしまいます。感動的だけど、ほぼほぼ今回の戦闘シーンでしか交流ないでしょ君たち、と突っ込みたくなります。

絶望しない主人公については、他の方のコメでも触れられていた、「魔入りました、入間くん」という漫画があります。こちらでは絶望しても意味がないと経験した上での前向きさなのですが、欠点もあり、友達と乗り越え”笑顔”で成長する、前向き成長日常系な漫画です。方向性は違いますが、こちらは絶望しない意味付けが明確に背景にあるので違和感ないなと思います。そう考えると、炭次郎が人に優しく鬼にも優しく、前向きに捉えて生きる意味付けがはっきりほしいと思いました。

勧めてくれた友達曰く、元々和風系が好きだということと、兄弟愛に弱く主人公と妹の関係が好きである、と力説されました。
和風系ジャンル自体には昔から一定層のファンがいますし、歴史系が好きな層にも時代考察したりして引っ掛かる方々もいるかと思います。
また、人との”絆”を大事にするという、戦闘を通したわかりやすいテーマ(作中で絆の深さが緻密な描写で裏付けされているかは別)の基、それに賛同してハマる、というのも理解できます。

読んでみて、まぁ比較的精神的苦痛を伴わない、ぬるい内容だと思ったため、精神をすり減らさないで安定して読める戦闘系を楽しむ分にはいいと思いました。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

すえのこ様

はじめまして。

重いテーマを扱いたいのか?フランクな方向性に持っていきたいのか?
この辺りを最初から明確にして使い分ければ、適当なストーリーでも処理できるんですけど、ぜーんぶ中途半端なんですよね。

例えば無限城編に入ったら、もうギャグは封印するとかにすればいいのに、ここでもふざけてたりするから緊張感を感じられないとか。

“絆”に関しても大人は別として、これだけ流行ると子供達がどう感じているのか?は興味あります。

中には「相手をどんだけ追い詰めても、最後に情けかければ許される」なんて感性を持つ子もいるんじゃないかなぁとか考えちゃったりしますね。

まぁ現代人の大衆心理を学べたので、良い勉強にはなりました。笑

コメントを投稿する
アバター すーや

中学1年です。
私は鬼滅はストーリーが深いって言ってる人のことがちょっと無理です。
鬼滅で深いって言ってる人は進撃とか見てほしい。
こんなこと言ったらなんですけど、多分理解できないんでしょうね。
(理解できる人もいると思うけど)

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

すーや様

確かにストーリーに深みはないですよね。

「進撃」も壁を出てからかなりの読者が離れましたから、単純に「巨人」VS「人間」のバトルものとして読んでいた人が多かったのかな?と思いました。
(本当はそこからが面白いのに)

ちなみに、私が中1の時ハマっていたのは「グラップラー刃牙」というギャグ漫画です。笑

コメントを投稿する
アバター マエ

皆さんと同じく、やたら評判になってるのでアニメを見てみました。
が、一緒に見ていたアラフォー同世代の妻も「うーん…」こちらの分析を読ませて頂いてとても納得しました。
先の読めない、翌週が気になって仕方ない、あの感覚がないんですね。
子育てもあってちゃんと見られてる作品は少ないのですが、最近ではログ・ホライズン、進撃の巨人、ゴールデンカムイで感じたドキドキがありません。ジャンプ黄金世代には物足りなさすぎです。
共感者が結構いて嬉しく思いました。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

マエ様

人生の大先輩からのコメントありがたいです。

私も続きが気になるってのは皆無で、本誌やネタバレ情報は一切追ってません。笑

ログ・ホライズンは未読ですが、後の2つは好きな作品です。

ゴールデンカムイが好きなら漫画になりますが「群青戦記」もハマるかもしません。

コメントを投稿する
アバター ばんばん

漫画が大好きな20代女子なのですが、周りが鬼滅の刃おもしろい!!おもしろいよ!!!て言ってたので、姉から借りて14巻まで読んでそんなに面白いのか??自分の感性がおかしいのか???と、思い、同じことを考えてる方いらっしゃるかな??と探して、この記事にたどり着きました。

キン肉マン、北斗の拳、ジョジョ、テラフォーマーズ、ヘルシング、ドリフターズなど、人間達が命を燃やし戦う漫画が大好きなのですが、今回の鬼滅の刃もそうなのかな?と期待しましたが、詐欺にあいました。

この、謎の肩透かし感をどう表現しようと思っていたところこの記事を読み、私が思っていること全部言ってくれていました。キャラが浅い、ストーリーも良くない、などなど、全てに共感しました。この記事に出会えて良かったです。

あと、多分自分と同じことを感じてる人がいるかも、あともっとこの記事を読んでもらいたくて、Twitterにてシェアさせていただきました!
こういったブログでコメントを書くのは初めですので、見苦しいところもあるかもしれませんが、お許しください。

これからも、お体を大事になさってください

PS ここ最近で面白かったのは「参りました入間くん」でした。もしよろしければご覧になってください

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

ばんばん様

どれも良作ですよね。好み超合いますわ〜。

「空気を読まん、読めんのではなく読まん、徹底して空気を読まん」

しかもたまたま昨日「ヘルシング」をアニメで見てたので、シンクロニシティ。笑

初コメにシェアありがとうございます。

「魔入りました!入間くん」は未視聴なので、機会があれば観てみますね。

ただアマプラでレビュー読んでたんですけど、コイツの書き出しと最後の文読んで爆笑しちゃいました。笑
参考:カスタマーレビュー

コメントを投稿する
アバター mk

30代の子持ち主婦です。

鬼滅がキャラ弁になっていたり、ママ友さんにも絶対に面白い、見てないなんて損してるとまで言われ、興味がわいて十数年ぶりにアニメというもの見ました。

ちなみに私は女ですが、小中高と毎週ジャンプを購読していました。 
スラムダンス〜ワンピース初期育ちです。
(社会人になると同時に完全に漫画アニメからは離れてしまいましたが)

いつ面白くなるのかな〜と楽しみにしながら見ましたが、結局面白さが全くわからないまま見るのがしんどくなって挫折しました。

あの頃のような漫画に対するワクワク感が全く湧かず、次はどうなるの?とか、早く続きが見たい!とか、主人公や敵への愛着も憎悪も感じず、感動も笑いも何もなし。

社会現象にもなっている「鬼滅の刃」で1ミリも感情が動かない自分は異常者なのか?
それとも長年のブランクのせいで感性が鈍ってしまったのかも。とかなりショックを受けました。

それを引きずっていたある時、なにげなく『鬼滅の刃 面白くない』で検索し、トップヒットだったこちらの考察を拝読し、ああそうそう、こういうことだよねとスッキリしました!

特に過去のジャンプ名作と比較されて解説されているのが秀逸です。

なぜ面白く感じなかったのか論理的に解説されると非常に分かりやすいですね。

自分がサイコパスなのかと悩むところでしたがモヤモヤが晴れました。
ありがとうございました。

他の記事もこれから読ませていただこうと思います。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

mk様

キャラ弁にママ友ってのが、リアルっすね。しかも多分同世代です。笑

ワンピース初期だと「ゼフ」と「サンジ」の師弟愛は号泣しました。(カゼひくなよ)このたった一言にゼフの優しさがすべて詰まってて、今読んでも普通に泣きます。
それにひきかえ「鱗滝」と「炭治郎」の師弟愛ときたら……。

あくまで私の仮説ですが、トレンドに乗っかってるだけの人を除き、本気で「鬼滅の刃」を推している人はマジで他作品を知らないんじゃないかな?と思ってます。
そこで面白くない理由の代替案として過去作品を挟んでみましたが、そこを分かってくれる人がいてくれて嬉しい。
この記事を読んだ100人中1人でも、他作品に興味を持ってくれたら結果オーライです。

話変わるんですけど、文章めちゃくちゃ読みやすいですね。
ブロガーとかライターさんなのかな?とも思いましたが、もし何もしてなければ物書き向いてると思います。
今コロナとかで大変な世の中ですし、興味があれば在宅ワークオススメです。

コメントを投稿する
アバター りか

記事を読ませて頂きました。
同感です!!!
ナルトやジョジョ、ハンターハンター、ハガレン等を読んで来た身としては、鬼滅が本当に薄っぺらく感じてしまって…

価値観は人それぞれですし、アンチする気ではないのですが、アニメの作画や、アニメの音楽、映像のクオリティの高さなど、アニメ化による功績もでかいのかな?と思います。

好きな世代もまさしく漫画ビギナーと小学生など低年齢層が多く、世代の違いかなぁ、とも思います。
鬼滅の刃原作を読んでいても、いつもあれ?これあの某有名漫画で同じような技やシーンを見たような。。。という既視感が多く。

映画も友人に誘われているので見に行きますが、ストーリーを見に行くより、アニメの綺麗な映像を見にいこうという感じです。

まさしくドンピシャでスッキリしました。
ありがとうございました…!!

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

りか様

「オレにとってこの状態は昼下がりのコーヒーブレイクと何ら変わらない平穏なものだ」を通ってきた世代だと全体的に薄く感じてしまいますよね。笑

確かに「鬼滅の刃」が売れた一番の理由は「アニメ化」というより「ufotable」でしょうね。

なんで、映画も映像に関しては期待できそうです。しかも「炎柱」だからユーフォーさんの得意分野なはず。

コメントを投稿する
アバター 物心ついた頃から少年ジャンプ

還暦の母の影響で物心ついた頃からジャンプを読んでいる主婦です。
私も鬼滅の刃があまりにも薄くて夫と何が面白いんだ?と思っておりましたが、本当に納得の記事でした。読解力に関しては短文で発信するTwitterユーザーに特にウケている分、そういうことなのかな、と納得してしまった部分が大きいです。全て言語化してくださりありがとうございます。
また今の若い子や本や漫画に親しみがない、導入篇としては良いのかな…とも思いました。あとは、ファンマナーさえ良ければもっと鬼滅に入って来る人も増えるのにな、とも。
後半、私の願望になってしまって申し訳ないです。ここまで目を通して下さりありがとうございました!

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

物心ついた頃から少年ジャンプ様

やはりジャンプの過去作品を読んできた方には響かないんですね〜。

確かに「Twitter」で検索した際、「おもしろい」「ヤバくない?」「めっちゃ深い」ばかり羅列されていて、僭越ながら今後の日本が少し心配になりました。笑

導入編としてなら、全然ありですよね。なんなら私らが通ってきた「ドラゴンボール」なんて「鬼滅の刃」以上にキングオブ内容なし漫画でしたから。
(ただし、圧倒的な画力と戦闘シーンに革命を起こしているので鳥山明が天才なのは揺るがない)

なんかファンマナー悪いみたいですね。
これもSNS世代の性なのかなぁとおっさんは白い目で見守っています。笑

コメントを投稿する
アバター 折り畳み傘

「ドラゴンボール」が小学生向けなら「鬼滅の刃」は中高生向け、といったところでしょうか。結局話題になるのはSNSをたくさん利用している中高生ですから、この作品が人気になるのは納得できますね。自分もすごく話題になった「SAO」を読んでみましたが、「ん?」と思ってしまいましたね。でも、普段漫画を読まない人にも楽しめる漫画を描けるのは素晴らしいと思います。その後ディテールの豊かさがふんだんに盛り込まれた作品に出会ってくれれば良いですね。(ドラゴンボールは今でも大好きです)

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

折り畳み傘様

申し訳ない。否定するわけではないですが、マーケター視点だと「鬼滅の刃」のターゲットには小学生も含まれていると考えています。
主人公が若く稚拙、鬼という単純な敵役、剣術というわかりやすいアクションなど、ストーリーを理解せずともバトルものとして見れる要素を多分に含んでいるためです。
(その割に難しい漢字を使いすぎですけど)実際、ウチの子(小1)のクラスでも流行っています。

またSNSで話題にするのは中高生ですが、実際に売上に貢献しているのは30〜40代以降の女性でしょうね。
結局、金を持っている層(大人)をターゲットにしなければ、現代では漫画で数字を取ることが難しくなってきています。

「SAO」はレビュー読んで(長いからめんどくさい)見るのやめたんですが、内容は微妙なんですね〜。
それを聞いてやっぱ見る気にならない。笑

私もドラゴンボールは名作だと思っています。歳を重ねてから見ると当時とは違った視点で楽しめますよね。
界王神界で魔人ブウと戦ってる時、ベジータが「お前はすごい奴だよ」って悟空のこと認めたシーンとか今見るとめっちゃいいシーンだなと思いました。

コメントを投稿する
アバター FACT666

カゲオさん、初めまして。
FACT666という者です。
自分のツイッターを引用してくれてありがとうございます。
「読んでから鬼滅を批判しろ」と言われない様に1話から最新話まで読んだ上で、批判的な感想を呟いてるんですが、
まず、最終選別試験の雑さ。
鬼殺隊になるための試験で大量の子供達を無駄死にさせてる時点で「ん?」ってなります。
試験なんだから鎹鴉や救護班に監視させて貴重な子供達の命を全力でサポートしないとおかしいし、危機的状況に備えて柱の一人を試験官にするのもいいのにと、ツッコミ所満載。
鬼殺隊トップの産屋敷が鬼に餌(新鮮な子供)を与えてるだけの試験になっています。
冨岡は最終選別で仲良くなった錆兎を目の前で失い、鱗滝も錆兎や真菰など数名の愛弟子を最終選別で失っているのに誰も最終選別に疑問を呈さず、産屋敷を崇拝。
この異常性を見て、鬼滅って少年漫画の中でも世紀の大駄作なんじゃないかと確信したんです。

「鬼殺隊は政府非公認」という設定も最新話まで読んでも、全く活かされていません。
設定がそこに存在するだけで、政府が全く描かれないんです。
こんな漫画は歴代のジャンプ漫画でも珍しい。
大抵の漫画家は政府の名前を出したら政府側もきちんと描写するのに、鬼滅の刃の世界では政府が空気なのでただただ鬼と鬼殺隊が暴れ回るだけで19巻が終わります。

現在はライブ感とテンポに重きを置きすぎた結果、最終戦なのにただのご都合後付け展開で無惨が弱体化している始末。
珠世の4種の薬はさすがにドン引きしました。
「鬼滅は他の長期作品と違い引き伸ばしが無くていい」と良く言われてるんですが、自分から言わせると「テンポを多少遅めてもいいからもっと描かないといけない部分を端折らずに書け。テンポの速さが仇になって作品の弱点になってるぞ」と言い返したくなります。
無惨も既に10週以上、腕を振り回すだけでラスボスとしての魅力は皆無です。

鬼滅は歴代のジャンプ作品とは違い、アニメ化前はあんまり売れてなかったので「アニメのおかげ」と言われても仕方ないと思います。
実際、原作はアクションが多い割に画力が低すぎてufo頼りになってますし。
原作力が皆無の漫画なのにメディアが鬼滅特集を毎回やってるから、嫌悪感も凄いんじゃないですかね。
某海賊漫画、某巨人漫画もメディアが人気に乗っかってプッシュされてましたが、この2作品は鬼滅と違いアニメ化前から原作が爆発的に売れてて、そこからのアニメ化でしたので流れ的には分かります。
でも、鬼滅は…。はい…。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

FACT666様

初めまして。

記事を作成するにあたりTwitter検索もしていたのですが、深い考察をされていたので引用させていただきました。

>「読んでから鬼滅を批判しろ」と言われない様……
すげーわかります。さすがにこれだけのヒット作品だと下手な批評は炎上記事にしかならないと思い、見直しもできるようちゃんと金払って漫画買いました。笑

私が記事に書いていない部分の考察いいっすね。
ぶっちゃけお館様がやってることって、無惨のパワハラ会議と大差ないですからね。実は途中まで「お館様」が真のラスボスなんでは?なんて期待して読んでいたのですが、あっさり自爆して死ぬという……。笑
そういった意味では「ハンター試験」なんかはよくできていました。

本誌の方は追えてませんが、そんな感じなんですね。
ってことは次巻は黒死牟戦だから、そん次の21巻あたりは無惨の「リッパー・サイクロトロン」回になるってことか……。笑

コメントを投稿する
アバター にこ

記事を読ませていただきました。

鬼滅の刃19巻まで読みましたが、先入観を持たずに読めばつまらなすぎる程ではなかったです。

ですが私もカゲオさんのように内容や伏線に深みを求めてしまうのでこの記事共感です!!!!

特に主人公や登場人物に都合がよすぎるという点については共感してもしきれません!

この記事は鬼滅の刃をただ単に否定するだけではなく評価するところは評価してるところがすごく素敵です。

鬼滅の刃ファンを否定しない心がいいですね

また、そういう人に言われるからこそ納得できます(^ω^)

カゲオさんが絶賛するジャンプ黄金期の作品をもっとたくさん読んでみようと思いました!

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

にこ様

おぉ鬼滅ファンの方?からのコメントは初かもしれません。
共感していただける内容ならよかったです。

確かにつまらな過ぎるとまでは思いませんが、意外と普通なんですよね。
世間の声から入ったので、自分の期待値が高すぎたってのは否めません。

わぁ他作品にも興味を持ってくれるのは嬉しいな〜。本当はそれが一番の目的ですから。
別に私が押し売りしたいわけでなく、ガキの頃から世話になってる漫画家の先生たちに少しでも貢献できたらって思いが根っこにあるんですよね。

コメントを投稿する
アバター 面白記事ありがとう

面白い記事でしたので、お礼をお伝えしたくてコメントさせて頂きます。
子供の頃ドラゴンボールが流行っていて、その時代のジャンプを読んでた世代です。
鬼滅は私の周りにも大変ファンの方がいますので、あまり大きな声では言えませんが
自分も殆ど同じ感想です。楽しんでる人にわざわざつまらないと言うのも変ですしね。

「読解力が低下してるから云々」はちょっと自分が正しくて好きな奴らが読解力が
低いからなんだぞ、の様なマウント感があって、気持ちよくなりたいがための記事?
と(私には勝手にですけど)見えちゃったので微妙に感じましたが、他の殆どの部分は
全体的におっしゃる通りだと思います。

死ぬほどつまらない!読む価値無し!って感じじゃないんですよね。
んー、まあ好みの人なら多分楽しめると思うけど、全体的な面白さとしては
別に普通かな…みたいな、その程度の感覚です。全5巻の漫画みたいな。

私も何とか人気の理由の一端でも掴みたくてアニメ観始めましたが、
アニメ化が一気にファンを増やした事は間違いないのもわかりました。

さらに今更昔のジャンプ漫画読ませて「こっちの方が面白いだろ?」も
ちょっと違う気がするので、きっと今の子ども達にはこれが我々が
好きだった作品の様に映っているのかな、と思って近頃はある程度
納得することが出来てきました。

実に面白い記事でスッキリです、ありがとうございました。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

面白記事ありがとう様

>「読解力が低下してるから云々」はちょっと自分が正しくて好きな奴らが読解力が低いからなんだぞ、の様なマウント感があって、気持ちよくなりたいがための記事?と(私には勝手にですけど)見えちゃったので微妙に感じましたが

あれ?そんな感じに取れました?一応私の主観ではなく、参考にした書籍を挟んでエビデンスを示したつもりでしたが、申し訳ない。

>「今更昔のジャンプ漫画読ませて「こっちの方が面白いだろ?」もちょっと違う気がする」

うーん、そんな風に思わせてしまったのなら私の書き方が悪かったかもですね。
あくまで批評した内容の代替案として過去作品を挟み、その中に若い読者が知らない作品があって興味を持ってくれたら嬉しいなとの思いです。
また同世代以上の方であれば、こうしたコメント欄で「懐かしい〜、分かるわ〜」って会話ができるだけで私としては満足なんですよね。

どんな理由であれ「鬼滅の刃」ブームの経済効果はデカイです。
それを「鬼滅の刃」だけで終わらせるのか?そこから派生させていくのか?はマーケター次第なんですよね。

私の場合は「漫画好き&ブログを書ける」って環境があるので、持ってる武器で派生させていこうとしてるだけで、マウント取る気なんか一切ないですよ。

とはいえ、面白く感じてスッキリしていただけたなら良かったです。

コメントを投稿する
アバター からす

初めて読んだ漫画がジョジョで(しかも3部から)
NARUTO、ワンピース、BLEACH、スラダン、るろ剣
、ドラゴンボール、シャーマンキング、幽白、HUNTER × HUNTER、アイシールド21など色んなジャンプ作品を読んできたんですけど…
鬼滅の刃だいすきです…‪笑
鬼滅は展開が早くてそこまでキャラも掘り下げないから薄そうですけどキャラの名前の意味や最近ハマってる遊び、趣味(この辺は公式ファンブックじゃないとわからない)から生い立ちや伏線などが細かく散りばめられてます。
細すぎて伝わらないからあんまりくみ取って貰えなさそうですけど‪笑
売れた理由は比較的わかりやすい話と
巻数の少なさが手を出しやすかったのもあるのかなって個人的に思います!
自分は読んじゃえばどんな漫画も楽しんじゃうので
あまり意見は出来ませんがこんな感じです!

コメントを投稿する
アバター eちゃん

(鬼滅ファンの皆さんは、私のコメントで気分を悪くさせてしまうかもしれません、ごめんなさい。ですが1つの意見として発信させてください。)
20歳女です。
ハマった漫画といえば銀魂くらいで、それ以外の作品はほぼ観たことがありません。
(なのであまり大きいことは言えないのですが)
これは簡単すぎる内容で、とても物足りなく感じました。
そう感じたのは鬼滅への期待値が大きすぎたせいもありそうです。
あまりにも面白いと騒がれていたので、一度は観てみようと思ったのですが、
知人やネットの意見を見る限り「鬼滅面白い、ハマった、絵が綺麗」など似たような感想ばかり。ストーリーに関する感想が少なく、
そこまでそそられませんでした。
が、最近仲のいい友人に勧められてようやく観ることにしました。
友人曰く、3話以降から面白くなると言っていたのでいつ面白くなるのだろうと思い、十話まで観ましたが飽きてしまいました。
この先を見る気になれません。
鬼滅を良く評価する人の言う通り
技はすごかったし、絵も綺麗だったのですが、
ストーリーやキャラクターに引き込まれる要素がありませんでした。

どうしてだろう?と思っていたときにこの記事に出会いました。
私が思っていたことを過去の作品と照らし合わせながらわかりやすく解説されており
モヤモヤしていたものが一気に晴れたような気持ちになりました。

ありがとうございます。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

eちゃん様

いや「銀魂」にハマってる時点で友達になれる。笑

そうなんすよね。私もかなり遅咲きデビューしたので期待値高すぎて
「え?これが本当に流行ってるの?」ってのはありました。

ここのコメント欄を見てると、女性でもハマらない人が結構いるとわかったので、やはりメディアのプロパガンダはエグいなと思っております。

コメントを投稿する
アバター ナッシー

ジャンプ本誌に手をつけたのはワンピースが始まった頃ですが、それ以前から単行本でドラゴンボールやスラムダンク、ターちゃん、るろ剣などを買ってたという年代です。
よく今の読者はとかいうけど、そんなの関係なく鬼滅はこんな人気になるの分からないです。近年でも面白い作品は存在しますけど、そっちのがずっと人気ないですし、中には打ち切りくらったのもあるから声出しにくいですけど、ネットのネガキャンは酷かったし本当にネットの声に迎合する事しか考えたないんじゃないかと思う事多数。
ぶっちゃけ今でも他の連載陣のがよっぽど深く掘り下げていたりするのに、ネットでは鬼滅程人間ドラマやってる作品はない、他は薄っぺらとかいう的外れな鬼滅信仰と他の作品的外れな批判というおかしな情報を元にして見てるんじゃないかと思える次第。鬼滅なんて即接敵、即戦闘の浅いストーリーで、他の作品は敵に出会うまで過程があり、戦闘まで準備があるのに。しかもそれでいてテンポが早いだの遅いだのとかも言い出しますし。
接敵までがほとんどないからそこまではテンポ良くてもぶつかってからが無意味に長いし別にテンポよくもないですけどね。

ただ、たった数年の修行でという部分だけは賛同出来ませんでした。
大抵の漫画で数年修行がせいぜい、中には数日で逆転とかも珍しくないですし、黄金期と比較しても相当修行してる方。
むしろパワーアップした筈なのにそんなに強さに変化が見られないのが問題でしょう。
下弦である塁を追い詰めて油断したとはいえ柱に手を縛られてた重傷状態でダメージ与えておきながら、そこから全集中とやらを会得し柱が未経験レベルの強敵や人形との修行をしても主人公がダメージを与えた柱にすら追いついてない。
ドラゴンボールなら天下一武道会で最初にジャッキーチェン(亀仙人)と月壊して消耗とか万国驚天掌が無駄撃ちになったとか亀仙人に不利な条件ありすぎたので接戦というのは否定しますが、結構勝負になってた。
なのにそこからレッドリボン軍や桃白白、カリン塔での修行、その後3年間の修行と超神水飲んでピッコロ大魔王倒してもまだ亀仙人のが強いとか言うようなもんです。まあアニオリで亀仙人の師匠のが強いとか妙ちきりんな事やらかしましたけど、アニオリはスルーって事で。
そんな主人公がどんなに試練乗り越えても成長してるかすら微妙なのは完全にノーサンキュー。

まあ女性に受けてるどころか、腐女子御用達とかネガキャンに入ってる作品でも本当は男読者が結構いて腐女子と同類にされるから離れるとかいう被害受けてる作品も多々ありますからね。
ジャンプを腐女子作品という連中の、作品に対する批判は基本的外れです。これは好きでもない鬼滅に対しても当てはまりますけど。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

ナッシー様

おぉ多分同世代かもしれません。

>ただ、たった数年の修行でという部分だけは賛同出来ませんでした。

もちろん、私の感想にすべて賛同してほしいとは思ってませんよ。

ただこの部分で伝えたかったのは、キャラクターのパワーバランスの崩壊であり、修行の年数うんぬんではないんですね。
修行期間が短かかろうが、長かろうがそこまでに納得のできる内容や伏線があれば特に何も感じません。

例にあげてるドラゴンボールであれば、その時々で最強の敵が登場し倒す→もっと強い敵が現れるという単純な設定でした。
なので「セル編」や「ブウ編」のように後付けで作ったストーリーでもそこまで違和感は感じません。

細かく言えば、悟空が強すぎるのも地球に落下した時に頭を打って覚醒した設定もありましたし、サイヤ人は死にかけるたびパワーアップする設定もあります。

対して鬼滅の「柱」は、最初から物語の最強メンバーという設定で登場しています。

であれば圧倒的な強者像を崩すべきではなく「炭治郎」ごときが反射神経の強化や呼吸法を学んだ程度で同レベルになってしまっては、パワーバランスが崩壊してしまうと私は思いました。

コメントを投稿する
アバター オジサン

記事楽しく拝見しました!
私は鬼滅の刃(アニメ版)好きの30代半ばのオジサンです。
禰豆子が暴れて炭治郎に生き地獄エピソードを与えるって案は爆笑しました!
可愛いくない禰豆子嫌すぎるし、絶対売れないでしょそんなの(笑)
まあ、色々不満はあるけど少年向けの作品なのでしょうがないですよね。
少年では無い人間は楽しめたらラッキー。そういうもんじゃないんですかね?

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

オジサン様

わお!鬼滅ファンの方ですね。

禰豆子の生き地獄エピソードダメっすかね〜?
確かに可愛いですけど、もっと刺激を欲してしまう自分がいます。笑

いえ不満はないですよ。面白くないってのは本心ですが、あくまでこの記事もエンタメであり、私なりにユーモアも含めたつもりです。

もちろん情報の受け手側でいるのであれば、楽しめればいいじゃんってのもわかります。
ただ発信者側に立つとそれじゃ誰にも響かないんですよね。

SNSのような対立構図ではなく、普通に鬼滅ファンとも面白い議論ができればなと思いこの記事を書きました。

コメントを投稿する
アバター めめ

はじめまして!鬼滅の刃にハマっている20代の女です。

カゲオさんの記事、とても分かりやすくて納得する部分が多かったです。
鬼滅の刃は面白いし大好きなのですが、確かに他のジャンプ作品と比べると物足りないような気もします。
ヒノカミ神楽も炭治郎の微かな父親の記憶であんな一瞬で体得するものなのか?少し私も疑問でした。
柱の存在も護廷十三隊の隊長格と比べると圧倒的な強さやカリスマ性が弱かったり···
煉獄さん、読む前は圧倒的な人気キャラだったのでどんな強キャラかと思ったら上弦の鬼とはいえすぐ死んじゃうし··
魅力的なキャラが沢山いるのでもっと深く掘り下げて欲しかった!という思いです。
メディアがほぼ毎週の様に同じ様な内容の特集してるのも違和感を覚えます。
正直「またか 」と思ってしまいます(笑)
長文・乱文失礼しました!

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

めめ様

はじめまして。

おぉ〜鬼滅ファンの方ですね。
そうなんですよね。
どんな作品もただアラを探すだけなら誰でもできますから。

そうならないよう「◯◯に対して俺はこう思った→例えばこんな風にしたらどうかな?」って漫画好き同士(ファンも含めて)でいろいろ議論できればなと思い、結構考えて記事書きました。笑

メディアは金になること大好きですからね。あれは完全に大人の都合でしょう。笑

コメントを投稿する
アバター にわか読者

絵の不気味さ(褒め言葉)や和風の世界観が好きでアニメを見ましたが、ツッコミどころが多いと言われても否定できない気がします。
個人的に、あんなにしっかり者の禰豆子が鬼になってしまったのに炭次郎が案外すんなり受け入れててびっくりしました。しっかり者の家族が事故や病気で白痴っぽく(あまり良くない言い方ですが)なったと考えると、炭次郎の心情はとてつもなく複雑なものだと思います。その他にも政府非公認設定も気になりました。
好きな作品ですが、ファンが騒ぎすぎな気もします。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

にわか読者様

そうなんですよね。
炭治郎の「優しさ」は、結局その場だけで薄っぺらく感じます。
もっと深い愛がないと響かねーよと。

コメントを投稿する
アバター ルナ

20代の女です
自分も最初らへんの狂った禰豆子が普通になってるのに違和感を感じるので共感しました
獣の奏者エリン(エリン知らなかったらすみません)みたいに抑制出来ないと無関係の人や主人公襲う~とかにした方がよかったのと個人的には悪役も悲しい過去があって可哀想…って展開は累の奴の1度きりにして欲しかったです
何度も何度もやられるとつまらないというか…

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

ルナ様

ごめんなさい「獣の奏者エリン」未読です。
ただ私もダークストーリーを求めてしまう癖があるので「鬼滅の刃」の流行を見て、今の時代には合わないんだなと思いました。

コメントを投稿する
アバター View Explorer Selena

高校2年生です。
漫画はジョジョくらいしか読んでいませんがゼノギアス、クロノ・クロスといった2昔前ほどのストーリー型RPGにハマりました。
鬼滅の刃も例の如くブームに乗っかってアニメは見たんですが…うーん

設定にある程度の整合性を求める自分には辛かったですね。
ねずこは人間に戻り切っていなかったため目的はなくはないですが、味方側についてしまっては…。最終選別不合格なら殺さなくてもよくね?岩切れた理由が精神的な描写で終わっているじゃないか…などなど
突っ込みたくなる部分が多数見受けられました。

修行編を飛ばしまくっていたのでアニメは2クール分まるまる技紹介フェーズだと思って見てたんですが、もしかして今後も新技が出続けるんでしょうか?
バトル漫画の肝は戦略性だと思っていただけに、もしそうであるなら幻滅…まではいかないまでも落胆しちゃいますね。よくよく考えてみれば、アニメ視聴はストーリーではなく「キャラ」と「演出」と「BGM」でモチベーションを保っていた…(椎名さんのフィルムスコアリングは本当に尊敬します)

なんでこんなに周りに好きな人がいっぱいいるんだろう?から始まり
どうにかして評価点をさがそうと躍起になって
面白くない原因が分かると、面白いと思っている人は読解力のない蒙昧な人間なんだと無意識に蔑む下種な自分がいて
その自分の感性を疑い始め
彷徨った結果がこの記事です。

これぞカタルシス。自分と同じこと思っている人は周りにも一定数いるんだなと気付かされ安心しました。ありがとうございます!

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

View Explorer Selena様

安心材料になったようでよかったです。

正直いうと、鬼滅を面白いという視点で書くことも可能ですし、簡単です。

ただそれを読んだ読者はどう思うのか?
自分と同じように漫画好きの人はどう思っているのか?

を考えた時、自分に嘘をついてまで書きたくないと思ったんですよね。
ただし、誰かの役に立つ&ユーモアを混ぜた批評記事にすることを意識しました。

コメントを投稿する
アバター 月曜日が怖いのは推しが死ぬかもしれないからです

はじめまして!
鬼滅ファンの大学一年生の女です。

今鬼滅にどハマりしてはいますが、声高々に「絶対読めよ!!」と言っている人達に違和感を感じていたので、敢えてつまらないと思っている人の意見を聞けて嬉しいです。

まず私が鬼滅にハマっている理由ですが、そもそも私が感情移入しやすいチョロ人間という所が前提にあると思います。キャラクターの想いに深く感じ入ってしまうんです。
だから多少の「なんで」「どうして」を無視して読み進められちゃうんですね。
例えば胡蝶しのぶのエピソードですが、14の女の子が18になるまで鬼への復讐心で自分を偽り続けた、と言う所に胸打たれてしまうわけです。さらに自身を犠牲にしても鬼を倒そうとし、後を妹に託すという所が私にとっては所謂「しんどい」部分なんです。その「しんどい」に面白さを感じるんですよね。
だから面白くないと感じる人にとってはとことん面白くないですし、私も自信を持って「鬼滅面白いから絶対に読むべきだよ」とは言えません。メディアの特集も異常だと思います。もう辞めてほしい。他の話題無いのかな?

ただ、そんなチョロ人間の私でも違和感が拭えない所があります。上の方が仰っている珠代の薬です。無惨に投与した薬、実は四種類あって、うち二種類は今週号で後出しされたんです。それがチートすぎて……
人間化の薬、老化の薬、分裂阻害の薬、細胞破壊の薬。うち二つまでなら、胡蝶との共同開発で頑張ったんだな〜で終われたのですが、流石に納得できませんでした。(珠代がいい顔してたので許せましたが)

後はそうですね、主様の「ワンピースがワノ国編で盛り上がっているのに〜」ですが。私にとって最近のワンピースは、画がごちゃごちゃしていて読んでいて疲れてしまいます。面白いけど、漫画読んでいる気分にならないんですよ。初期はごちゃごちゃしてないから読みやすかったし、アラバスタ編なんか最高に好きなのですが……もう小説で良くない?と思ってしまいます。小説に挿絵。それならばとアニメを観るのですが、所々で入る余計な間にイライラして集中出来ない。周りにも同じ様な意見の子が居たので、多分それが要因の一つに入っているのではないかな〜と思います。

まだ面白いと感じてる理由は沢山あるのですが、私が一番大きく感じているのを取り上げました。
因みに、無惨の魅力の薄さはファンの間でもネタになりつつあります。「まっ、所詮は無惨様だからね」みたいな。

長文・乱文失礼しました!

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

月曜日が怖いのは推しが死ぬかもしれないからです様

はじめまして。

うほ、遂にガチファンの方からもコメントが来ましたね。

なるほど〜。
確かに「しのぶ」の過去編を見ると、お姉ちゃんの幻影を追ってこの仕上がりになったのか「本当はこういう子なんだなぁ」ってのはありましたね。

あくまでこの記事も作品に対する個人の感想(読者に響かせるテクニックは挟んでいますが)なので「鬼滅の刃」を面白いと思う方をチョロいとも思いませんし、否定する気もありませんよ。
なので記事中でもファンに対する言及は一切していません。

また本当に自分が好きな作品なら、自信を持って人に勧めていいと思いますよ。
メディアの戦略や鬼滅ファンの民度などは、個人的な作品に対する思いとは無関係ですから。

>珠代の薬〜
本誌は追えていないのでわからないんですが、そうなんですね。
単行本は今後も買うつもりなので、時が来たら読んでみます。

>主様の「ワンピースがワノ国編で盛り上がっているのに〜」

作画が読みにくいのはある。笑

ワンピースが若い子にウケない理由を私なりに考察すると、SNSの普及で個人の時間配分率の変化が起こり、昔に比べ漫画に時間を注げなくなったのが原因だと思ってます。

例えば

・メールとかいつの時代?→LINEでよくね?

・140字もあるTwitterダルい→画像にいいねするだけのインスタ最高。

・最近YouTube長いんだけど→TikTokで雰囲気だけ楽しめればいいや。

などテキスト媒体はもちろんのこと、動画ですら数十分を観れなくなってきている傾向があります。

そうなるとワンピースのように文字数も多く、読むのに時間がかかる作品は「面白い、面白くない」の評価フェーズに入る前に「めんどくさい」というフィルターがかかり、いつの間にか読まれなくなっているのかなと。

特に最近のストーリーは若い子をターゲットにしてるとは思えない内容ですしね。

結果として、今の漫画に求められるのは「物語の簡潔さやテンポの速さ」であり、そういう意味でも「鬼滅」が流行ったのは偶然ではなく必然で、納得もできています。

コメントを投稿する
アバター ヒデタロス

私が思っていることをカゲオさんが全て代弁してくれたので言うことがほとんど無いのですが
もう、全体的に「気持ちよくない」んです。
戦闘シーンや柱の強さの描きかたなどは・・BLEACH読んで勉強してくれってレベル。
漫画好きな素人がいろんな名作を切り貼りしたようなレベルの設定、世界観。
19巻まで読んでの結論
彼岸島とぴったり互角の漫画

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

ヒデタロス様

同じく19巻までしか読んでないので、本誌まで追ってるコメ欄のガチ勢についていけてない主。笑

バトルものなら戦闘シーンの表現やパワーバランス大事ですよね。
作画の技量に関しては、素人の私がどうこう言うつもりはないんです。
ただ「見せ方」に関しては確立された方法がいろいろあるので、ちょっとは参考にしてくれよ〜って思いますね。

一護が初めて卍解した時、本誌で1話まるまるフルカラーになったのは良き思い出です。

読者:「じゃあ鱗滝は今までずっと炭治郎も…産屋敷も…柱も他の全ての鬼殺隊員達も…みんな騙してやがったのか」

鱗滝:「騙したつもりはない…ただお前達が誰一人理解していなかっただけだ…ワシの本当の姿をな」

読者:「理解してなかっただと…お前だって知ってる筈だ…炭治郎はお前に憧れてた、あれから死にもの狂いで努力してやっと柱になったんだ」

鱗滝:「クックック…知っている…自分に憧れを抱く人間ほど御し易いものは無いのでな、だからワシが炭治郎と禰豆子の特例を認めるよう打診したのだ」

読者:「鱗滝、俺はてめぇを…殺す」

鱗滝:「フン、あまり強い言葉を遣うな、良い機会だ1つ憶えておけ…憧れは理解から最も遠い感情だ」

コメントを投稿する
アバター 漫画好きな中学生

中学生です。
私の周りは鬼滅の刃ばっかりで正直うんざりしてます。
しかもハマるのは今まで「漫画好きとかオタク」「アニメ好きなの?きも」のような割とアニオタなどをバカにするような奴がハマってます。試し読み程度で読みましたが
本当に面白くなかったです。
内容がごちゃごちゃで理解し難く、ワンピースや銀魂などの人気作と違い、
キャラクターもブレブレな気がしました。
これで社会現象が起きるのはおかしいと思いました。きっと読んでるのはお子ちゃまか、昔に比べ学習能力が低下した若者なんだろうなぁと思いました(私もケツの青い若者です笑笑)
鬼滅の刃が面白くないと感じてる人が居て私も嬉しいです

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

漫画好きな中学生様

そうなんですね。
私も本格的に漫画を集めだしたのは中学生でしたよ〜。

>きっと読んでるのはお子ちゃまか、昔に比べ学習能力が低下した若者なんだろうなぁと思いました

というのは心に留めておき、人の趣味をバカにするような奴を無視できる「スルースキル」を身につけるといいですよ。

鬼滅ブームは一過性のものだと思いますので、それまでは辛抱ですね。

コメントを投稿する
アバター 面白くないと言うとアンチ扱いになる昨今

はじめましてでコメントさせていただきます。
わたしもカゲオさんと同世代です。
鬼滅は原作は未読でアニメのみのにわかです。
見たきっかけはメディアで話題になっていたのでどんなもんかなと先に主人が見て、自分も気になってという感じです。
好きな芸人さんが話題に出していたのも影響はありますが。
そんなにわかではありますが、

なぜなら、現代っ子は全体的に「読解力どっかいりょく」が落ちてきており、漫画といえどあまり複雑な話を好まない(理解できない)傾向があるからだ。

この一文にすごい共感を持ちました。
今のなろう小説も然り、そんな傾向が顕著ですよね。
わたしは鬼滅は良くも悪くも初心者向けの作品だとおもっています。
人気の理由は複雑に見えてそうでもないわかりやすさと、よく既存の漫画の切り貼りと言われますが、少年漫画の基本の流れなんじゃないかなぁと。
基本だから忙しい大人が飛ばし飛ばし見ても補完できるとか。
それでもいいと思うんですよね。
活字離れ脱却のきっかけになるならなろう小説もありがたいし、無料漫画アプリが溢れる時代に雑誌を手に取って、単行本を買ってもらえるような作品があるのはいいことだと思います。
そういう視点で見たら鬼滅は良作だと思います。
でもじっくり読むなら物足りないです。
中学生の頃なら多分幽白と同じテンションで読んでたかもしれません。
やっぱり良くも悪くも少年漫画なんでしょうね。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

面白くないと言うとアンチ扱いになる昨今様

同世代いいっすね。
ってどこに一番共感してるんすか。笑

>活字離れ脱却のきっかけになるならなろう小説もありがたいし、無料漫画アプリが溢れる時代に雑誌を手に取って、単行本を買ってもらえるような作品があるのはいいことだと思います。
そういう視点で見たら鬼滅は良作だと思います。

ただこういう視点で物事を見れる人からのコメントは嬉しい。
まさにそうで、結局ビジネスなんですよ。

理由はどうあれ今売れているものに対して、代替案なき批判はマジで意味ねぇと思ってて。

流行ってる要因やファンの心理や市場を分析して、確実に終わる一過性ブームを終わらせないためにはどうするか?
を考えるのが大人の仕事だと思ってます。

なので

・「鬼滅ファンは民度が低い」
・「アニメ化で売れただけで原作はクソ」
・「吾峠呼は女だからわかってねー」

など主語のデカイ批判は無駄に敵作るだけで、もったいねぇなと思ってるんですよね。

このコメ欄みれば、私の批評を読んだ上でも普通に話せる鬼滅ファンの方もいるので、結局「伝え方」や「言葉選び」が重要なんだなとつくづく実感しています。

「三流は感情的批評で多くの敵を作る、二流は論理的批評で余白を作らず自己満足、一流はファンも巻き込む場を作る」

なんとなく思いついた言葉ですが、物書きなら一流を目指したいな〜って私はいったい何を語ってるんだ……。

つまり「フルパワー100%中の100%」ってことですわ。笑

コメントを投稿する
アバター ギボコロリ

このコメント欄見て安心した。
旦那に勧められてアニメを10話程観させて貰ったけど 設定から時折見せるギャグタッチ、萌え要素、寒いわあ…って。
妹が一切人を喰らわない事に疑問を感じたけど面倒くささが勝ってどうでも良くなったわ。
でも凄く人気だよね。
悪くいうと感じ悪いし 敢えて触れないでおくから 身近な人が私に話題振り、同調を求めてこないよう願ってる。
とにかく 多分もう観ないし読まないと思う。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

ギボコロリ様

私もここまでコメント欄がアツくなったのは予想外でした。

でも旦那さんとは仲良くしてあげてくださいね。笑

次は良い作品に出会えることを願ってます。

コメントを投稿する
アバター 平三郎

僕は18歳の男性です。
前から鬼滅の内容に全く共感を得られずむしろ胡散臭くて薄っぺらい内容に嫌気が差してして、その上世間はあまりにも露骨に鬼滅を推してくるので鬱陶しく思っていました。もちろん何を好きになるかは個人の自由ではありますが、社会現象にまでなるのは疑問に思ってしまいますしメディアがここぞとばかりに鬼滅ばかりをほぼ毎日しつこく取り上げるので不快です。
僕は以前より犬夜叉、銀魂、キングダム、るろうに剣心、鋼の錬金術師、BLEACH、ドラゴンボール、NARUTOなどのバトル系の漫画に親しんできたので、それらと比べて鬼滅は色々と物足りない上にしょうもなく感じます。
それと鬼滅ファンの人はとにかくマナーが悪いのでどうしてもそれで悪い印象を受けます。もちろん全てのファンがという訳ではありませんが、とにかく民度が低いです。常識に欠けるところや自分勝手で幼稚なところが目立ちます。
あの中で群れるのはちょっと… と感じています。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

平三郎様

社会現象になっているのは「鬼滅ファン」の影響というより、大人の都合によるものなので、18歳ならこの機会にビジネスを学んでみると面白いかもですね。

鬼滅ブームは今まで漫画やアニメ文化に触れてこなかった層に、メディアが大衆操作で影響を与えているので、一部のマナーの悪さが目立つんですよね。
本来作品を必要としていない層に、無理やり届けるとどうなるかが分かる良い教訓です。

コメントを投稿する
アバター お人形

中学生です。私は暗い話や心理的な細かい描写があるような作品(アカメが斬るのような)が好きで、今回流行った時に好みの作品そうでワクワクしながら見ていたのですがつまらなかったですね。アニメの最初しか見ていないのですが、
作者は暗い話を作り慣れてないように感じました。筆者さんの言うところもそうですし、炭治郎の村が襲われた時にわざわざ死体のうつろな目が向いているのだからその瞳をアップにしたら気持ち悪さも上がって話の重みも上がると思うのにほったらかしにしたり、禰豆子が炭治郎を守る時に自身の腕を血が出るくらい噛んで我慢してる様子を描写するくらいしたらいいのに、それもなく。そんなんで重度の飢餓状態とか言われても信じられないし、感情移入もできません。
他にもあるんですが、特に気になったところはこのふたつですね。アニメを見ていると、ここぞというシーンを全部ダメにして軽く流せる話になっているような印象を受けました。
話を深く読み込んで隅々まで読み込みたい人たちにとっては面白くない、意味の分からない流行りものにしかならないのでしょうね

コメントを投稿する
アバター 疾風

初めまして。
私も、アンチとまではいかないですけど、あまり面白くないなぁと感じていた中学生です。
と言っても、私はストーリーの良し悪しとかわかるわけではなくて、
いつも漫画を読むとき、「キャラ」で読んでるんです。多分。
こういう過去で今のこの性格につながるのか、とか。
だから過去はしっかり納得できるものがいいです。
でも鬼滅の刃は、カゲオさんが言っている通り、過去編が薄かったりして、
あまりキャラに魅力が感じられなかったのが原因なんだと思います。
鬼の過去も、なんというか、唐突過ぎて感情移入できませんでした。
訳ありの悪役も、上手く書かれていたら好きなんですけど…
まわりの友達は絶賛なので、この気持ちが少し吐き出せて嬉しいです。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

疾風様

周りに理解者がいないと辛い時もありますよね。
私も同じく過去編大好きな性分なので、鬼滅に関しては鼻くそほじりながら読んでました。笑

コメントを投稿する
アバター わさび

20代女です。
私は好きな漫画もそこまで深く読み込めてはいない、所謂キャラ厨のようなタイプですが、
鬼滅キャラは全体的に中途半端でどこかネチネチしていて爽やかさが無いところが苦手です。
ジャンプではワンピースやDr.STONEが好きで、その理由の一つが根が素直で爽やかで気持ちの良いキャラが多いところです。そんなキャラ達が協力しながら様々な苦難や過去を乗り越えていくところに惹かれるし、対照して悪役の魅力も引き立ちます。(ワンピのオロチ様は無惨様と違って見た目は不細工ですが、おでんとの対比もあり悪役としての魅力は数倍上だと思います)
特に好きなのはゾロやサンジやおでん様、ドクストの千空など、一見ただの乱暴者や皮肉屋のようでも根底は本当に真っ直ぐで優しいと思えるキャラです。鬼滅では見つけられませんでした。
炭治郎が鬼を倒してからこれ見よがしに悲壮な顔で哀れむのは上辺だけの優しさ描写に思えて苦手です。

ギャグのノリは最近のTwitterに似てる気がします。大喜利ツイートのような、いかにもバズり目的の説明的でくどい感じ。(伝わるでしょうか…)
実際Twitterでは鬼滅のコマが画像リプなどに便利な画像として紹介されたり、数ページの台詞をソシャゲや同人活動についてに改変したコラ画像が大量に出回ってます。
そういうTwitterとの親和性もヒットした理由の一つなんじゃないでしょうか?私は苦手ですが…
味方キャラの死もsnsで話題にしやすいですし。とりあえず「しんどい」「尊い」とか…
最近の本誌ではキャラが死なないのでファンの感想も少ないです。なので本当に内容が薄い漫画なんだと思います。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

わさび様

いえいえ漫画の読み方なんて人それぞれですから、逆に私はキャラ厨などの感情を持ち合わせていないので「ネチネチしていて爽やかさが無い」という表現はでてきませんし、新鮮です。

オロチかぁ、確かに無惨より背景をしっかり書いてる分、ストーリーは面白いですが全然好きなキャラじゃない。笑
ワンピースの悪役なら定番ですが「ドフラミンゴ」と「クロコダイル」がダントツで好きです。

>一見ただの乱暴者や皮肉屋のようでも根底は本当に真っ直ぐで優しいと思えるキャラ

鬼滅の中だと「風柱の不死川実弥」がそんな感じかなぁと思いました。
個人的には弟に自分で過去や思いを打ち明けたのが気に食わなくて、あれが間接的に伝わってたら最高だったのになぁと。

ごめんなさい、SNSは記事を書く時の分析にしか使わないので、大喜利ツイート?よくわかってません。汗
なるほど〜そういうのもあるんですね。
その辺は全然詳しくないですが、つまり過去作品はSNSと親和性がなかったり、改変しずらかったってことなんですかね?

キャラが死ななきゃ感想少ないって……いったいファンは鬼滅に何を求めているのか……。
そういう意味では「ハンターハンター」は死に様を書くのが抜群に上手い。

コメントを投稿する
アバター カカオ

アラサーです。

最新巻まで読んで面白さが全くわからなかったため
他にも同じこと思っている人がいないか探していたところ
この記事に辿り着きました。
自分だけハマれないのはおかしいのではないかと思っていたので
この記事を読みとても安心しました。

特にこの漫画のギャグが本当に合わなくて
読んでると寒気がするレベルだったので
ギャグがつまらないと明記してあったこと、本当嬉しかったです。(嬉しいとかそういう問題ではないですが…)

煉獄が死ぬシーンも煉獄が登場したばかりで死んでしまったため
何故こんなに煉獄が崇拝されているのか理解出来ません…。
どんなにあっけない死であったとしても
ジョジョのナランチャのようにそれまでの過程があるからこそ、あのあっけない死が儚いのであって
あまり主人公達と関わりのない柱があんなあっけなく死んでしまっては
漫画におけるモブキャラと変わりないじゃないかと思いました…
決してモブキャラであればどんな死に方でもいいというわけではないですが、個人的な願望としては柱という最強軍団の1人である煉獄の圧倒的な柱としての強さをちゃんと描写して、ある程度主人公たちとも関わりやエピソードを残してから退場してほしかったです。そしたらこの人気にも納得出来たかもしれないです。

内容が簡単でとんとん拍子に進む漫画が今の世間に求められてるからこその人気なのかなとは思いますがテンポがよければいいものではないと個人的には思います。
しかしながら過去の超大作も今連載していたら間延びしてる!とか批判されそうです…。

私はハンターハンターやNARUTOなどを読んで育った世代なので、この辺りの漫画を読まずに鬼滅を読んで絶賛してる人は勿体ないなと思ってしまいます…。
これらを読んだ上で絶賛してる人はもうわかりません。笑

ただ、いち社会人としてブームを作り経済をまわすことは大事なことだと思うので世間が飽きるまでとりあえず見守ろうと思います。

筆者様のような語彙力がないため読みにくい文章になってしまい申し訳ないです。
的を得た素晴らしい記事をありがとうごさいました!

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

カカオ様

このコメント欄読むと「あぁみんな凄まじく言いたいことあったんだなぁ」と感じますよね。

鬼滅ギャグはマジでアラサーにはキツかったです……。笑

煉獄っすよねぇ、、、柱の中だと割といいキャラだったんですけど、で結局君は誰だったの?って感じなんですよね。笑

「俺は俺の責務を全うする!!」ってセリフは意志の強さ、雰囲気、語呂、タイミングもあのシーンにバッチリハマっててカッコよかったのに。

そのあとで炭治郎が「煉獄さんの方がずっと凄いんだ!!強いんだ!!〜」みたいなバカ丸出しの稚拙なセリフ吐くから台無しなんすよね……。

今youtubeやVOD強いですからね〜、活字離れ世代から漫画離れまで始まってて脳みそ使わなくなる一方です。

>ただ、いち社会人としてブームを作り経済をまわすことは大事なことだと思うので世間が飽きるまでとりあえず見守ろうと思います。

一番大事なのはここなんですよね。
会社が儲かる施策に資金投下するのは当たり前のことですから、メディアを使いまくってそれ以上のリターンが得られるなら誰でもやるでしょと。

むしろファンの方が連日のメディア報道をウザがってるのは理解できかねます。

私なら好きな作品が広まってくれるのは嬉しいし、もっと取り上げろ〜って思いますから。笑

漫画に限った話じゃないですけど、基本作者(クリエイター)ありきなのにあんたら本当に好きなの?応援する気あんの?って思いますね。

全然読みにくくなかったですよ。わざわざコメントしてくださり、ありがとうございました。

コメントを投稿する
アバター SS

中学生です。

言っていることに矛盾があったり、ちゃんとまとまっていないところもあるかもしれません。

鬼滅の刃はアニメしか見ていません。
アニメのほうを二回見ました。

自分がアニメを二回見て、思ったことはこうです。
一回目「絵も綺麗でとてもかっこいい」
二回目「設定や世界観など、細かなところに注目して見ていくとよくわからないところが多すぎ」

例をあげると、アニメ四話の最終選別の時、いきなり説明も無しに水の呼吸がでてきて理解ができませんでした。
その他も、説明や解説が足りていないところが多かったなというのが自分の思ったところです。

自分が思うのは、子供や学生などが深いところや細かいところを気にせず見るのには、かっこいい要素が入っているから丁度いいからなんじゃないかなと思います。

こうゆう考えの人もいるんだなー程度に見ていただければ幸いです。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

SS様

全然大丈夫ですよ。
私も基本、居合系の技が好きなので、善逸の技はカッコイイと思ってます。

あくまで批評という性質上、ユーモアを含める為にもある程度読み込む必要があっただけで、本来アニメは楽しみながら見るものですからね。

コメントを投稿する
アバター ぽんぽぽ

友達から、「進撃の巨人をシンプルにした感じの話」って言われて、アニメから入ってみましたが、う〜む…。ピンとこなかった。必死に何が面白いのか探そうとしてることを伝えたら「おじさんになったね〜w」と!「理由を探さなきゃいけなくなるようになったら、おじさん」になったのだと!そう言ってるのもおじさん。泣いた。

進撃にしても東京グール、ガンツ…ちょっとダークなスタートは好きなんです。不穏な気合に押される感じと言うか。
家族惨殺で始まるからそうゆうのが来るのかと思ったら結構ライトというか、「家族惨殺されて、妹生きてたとは言え、そんくらいの立ち直り?はやくない?」みたいな入りだったので、そこからして世界に入り込めなかったのかもしれません。

全然どうでもいいですが、コメ欄でジョジョも引き合いになったりしてるのを見て、
なぜか4部の重チー爆死の
「じょうすけーーーー!」
ってシーンを思い出しました。(謎)
なんか、あれ、初めて読んだ時悲しかったなぁ…って。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

ぽんぽぽ様

私もおじさんの1人です。笑

>進撃の巨人をシンプルにした感じの話

この2つよく比較されるんですが、個人的には全然違うと思ってるんですよね〜。

・「別冊少年マガジン」は15歳前後をターゲット&ダークファンタジーをコンセプトに創設された雑誌。
しかし蓋を開けてみれば、読者層は20歳以上が大半となったため、そもそも作風を大人向けに作っている。

・「週刊少年ジャンプ」は小中学生男子がターゲット&「友情」「努力」「勝利」がコンセプトなので、少年にも響く内容を書かざるを得ない。

なので、私からしたら「進撃のが面白いのは当たり前でしょ」って感じです。

ダークストーリーいいですよね。おっさんになると世の中の汚い部分を知っていくだけに余計にそう思います。笑

いや急に「重チー」出てきて笑った。笑

コメントを投稿する
アバター ららら

私は連載当初から読んでましたが、1話目でああこれ打ち切りコースだなと確信していました。しかし今や社会的現象に。流行を理解できないのは悔しいので、また我慢して読み返すべきか?と思いましたが、最初に無理だと思った作品は何回チャレンジしても無理なのではないかと思い諦めて、「鬼滅 面白くない」で検索したところこの記事にたどり着きました。
Twitterでは面白くないという意見はあまり見受けられず、みんな洗脳されてる…と悲しかったですが、こちらの記事ではどこが面白くないか具体的に述べられていて大変興味深かったです!

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

ららら様

私も無理だと思った作品への再チャレンジキツイ人です。
内容より作画アレルギーのが酷くて「無限の住人」とか中学生のころ挑戦して、速攻離脱しましたね。その後アニメ化でクソ綺麗になってて笑いましたが。笑

SNSは不特定多数が見てるから、本垢で批評するのは厳しいでしょうね。
この記事をリツイートしてくれてる方もほとんど裏垢の人です。

いえいえ、最後まで記事を読んでいただいてありがとうございました。

コメントを投稿する
アバター 餃子

高二男子です。私もアニメを見て漫画も少し読んでみましたが、小学生の頃からジョジョやGANTZを読み漁っていたからか、あまりピンと来ませんでした。先に言及されている方がいるかもしれませんが、火付け役が三四十代の
女性であることとアニメが始まった2019から
流行りだしたことなどからやはり、アニメの
力というか声優の力がかなり強いと感じました。これは鬼滅に限らず最近のアニメ化された
他の漫画にも当てはまると思います。
その中でも鬼滅は持ち上げられすぎたので、
皆の目に付いてしまって「あれ?これそんなに面白いか?」という人が出てきてしまったのではないでしょうか?普段漫画を読まない人の
入口としてはいいのでしょうがこの作品だけで
漫画を知った気にはならないで欲しいと思いました。長文失礼しました。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

餃子様

おー小学生で「GANTZ」デビューはかなりイケてますね。笑

個人的には作品が売れた要因等はどうでもよくて、記事の意図としては「自分はこの作品に触れてどう思ったのか?」を言語化しただけって感じですね。

おっしゃる通りで、鬼滅を入口に他作品にも触れて「一億総漫画社会」になったら最高だなと思ってます。笑

コメントを投稿する
アバター たじ

30歳ですがアニメを見て面白くないと思い、検索してたどり着きました。一応漫画も見てますが進まない、、、

たくさんの漫画を見てきたから面白くないのか、なるほど、、

たしかに周りで鬼滅面白いと言うのは漫画普段読まない人やビギナーかも、、

漫画は見づらい、、
ストーリーが感情移入しづらい、、
アニメも人気声優使えばいいわけじゃないよ、人気じゃなくでもキャラに合う声優にしてくれ、って思ってました。

漫画もアニメもゲームも黄金期のものから子供にみせたりさせたりしたいな

コメントを投稿する
アバター ああ

ジャンプ好きの20代です。
日本中が鬼滅ブームですので私も読んでみましたが酷いものですね。吐き出すところがないのでコメントさせていただきます。
まず私が思ったのは、台本を読んでいるかのような表現の下手さですね。絵の描写で表すのも上手くないし緊迫した場面でいちいち説明したりするのでテンポが悪いです。
 あとジョジョですねこれは。本家は呼吸法により血液の波紋を太陽光の波紋と合わせ、生命エネルギーを出し、太陽が弱点の吸血鬼を倒す。強い生命エネルギーなので治癒にも使える。よくできています。一方鬼滅は、酸素をいっぱい吸って身体能力が上がる!そのかわり長時間使うと体が危ないよ!と設定の練り込みが薄いし、そもそもルフィのギアセカンドの真似では?と思いました。しかしルフィは体がゴムという特別な設定を生かしてるわけですから、おんなじ事が誰でもできちゃう鬼滅はやはり浅いですね。
 ラスボスにもカリスマがないです。ラオウやディオみたいなラスボスだとかなり違った作品になれたのでは?と思いますね…

いや私が掲示板で鬼滅ファンと言い争ってしまったことがあるので個人的に大嫌いです。なんであんなクソの山(失礼)が流行ってるんでしょうかね。ジャンプ好きの頭がクソになったんでしょうか。いずれにせよ私は鬼滅アンチを続けていくとしましょうかね。笑

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

ああ様

確かに「ジャンプ過去作品の寄せ集め感」は否めません。

もちろん他作品を参考にするのは構わないし、このご時世に0ベースの作品を作り出すのは難しいですからね。

ただ参考にするならもう少し丁寧に書いてほしかったな〜という思いはあります。

コメントを投稿する
アバター 大包平(おおかねひら)

男子高校生(もうすぐ2年生)です。僕は生まれてから鬼滅の刃を知る前までに読んだことのある漫画がワンピースと日本史の漫画だけだったので、他の漫画とは雰囲気が何か違う(と感じた)同作品の虜になってしまいました。
雰囲気だけでなく、僕は小さい頃から日本古来の漢字や日本刀が大好きだったからというのも理由です。
それと、他の方が仰る通りこの作品は漫画への入門の為の作品なのかなと思いました。鬼滅の刃に興味を持ったおかげでブリーチや銀魂、こち亀などの面白い漫画に出会えたからです。
また、今回のあなたの記事のおかげで、鬼滅の刃を好きな人、嫌いな人の意見を見ることが出来たので良かったです。
これからも、多様な漫画をいつまでも楽しんでいけたらいいなと思います。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

大包平(おおかねひら)様

そうですね。私も他作品を知らなければ、もっと素直に楽しめたと思います。

>日本古来の漢字や日本刀が大好き

なるほど〜。こういう視点もあるんですね。面白いです。

>鬼滅の刃を好きな人、嫌いな人の意見を見ることが出来たので良かったです。

手前味噌ですが、結構いい議論の場を作ることができたなぁと思っています。笑

ぜひぜひ漫画ライフ楽しみましょ。

コメントを投稿する
アバター からな

確か柱会議の所から週間で読むようになりました。好きでも嫌いでもなく、取り敢えず読んでるというか、感覚としては野球に興味無いけども取り敢えず地元の球団応援してる様な感覚です…。読んでて毎回気になってたのが、カゲオ様が述べてる通り
①主人公に対して都合が良すぎる
②技の表現が下手
③歴代ジャンプ漫画の切り抜き表現
これらが引っかかってました。特に戦闘描写はアニメでようやく補完された様な感じがして、漫画だと呼吸、型の名称は違うけどもやってる事あんま変わらなくない?って思ってたりしました…。
主人公の人間性についても6人兄弟の長男だからとはいえ人柄が良すぎて、「こんな人間いるかよ?」って思ったりしたし、実力も気づけば柱クラスだし…。元から主人公が強いって作品は個人的に嫌いだし、修行描写挟むのはいいんだけども、短期間でそこまで強くなる?とも感じました…。
ストーリーももっと暴走した妹に悩まされて精神が摩耗されていく様なダークな作品にして欲しかった感はあります。
とはいえ主要キャラだろうが殺す、四肢欠損するような潔さは作品的には好きだったりしますし、もうすぐストーリーも完結しそうだし取り敢えず最後まで読むつもりです。
長文失礼しました。
P.S
今ジャンプで連載中の物ですとチェンソーマンいう作品が個人的に面白いと思ってますので機会がありましたら読んでみてください。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

からな様

一思いにぶった斬ってやるのも、また優しさなんですよね。
「炭治郎」が本当に妹を人間に戻したいのであれば、必死なのであれば、鬼に情けをかけてる場合じゃねーだろと。

また生死をかけた闘いの中「お前ずいぶん余裕あるな〜」って思っちゃいますね。
そういうのは感謝の正拳突き10000回できるようになってからにしてくれと。笑

そうなんすよ。ダークに持ってたら今みたいにメガヒットはしてなかったと思いますけど、そっち路線で読みたかったです。

オススメ作品の紹介、感謝です。
最近はめっきりジャンプ系読まなくなってしまったので、こうした情報はありがたい。
「お気に入り」にぶっ込んでおくので機会があれば読んでみます。

コメントを投稿する
アバター 匿名志望

ジャンプ歴10年ほどの大学生です。
鬼滅の凄まじい人気爆発っぷりにモヤっとした気持ちを抱えていたので、全てでないにせよ記事に同意できる部分がありました(展開や設定のご都合感、戦闘シーンが面白くない、アニメでのギャグの苦痛さ等)
自分は最初の方は連載陣の中でも上位にくるレベルで楽しく読んでいたんですけど、上弦と戦い始めたあたりから飽きてしまいました。分かりやすさは単調さと表裏一体であり、勢いと雑さも表裏一体。一度裏返ってしまうともう楽しめなくなってしまうのだなと思いました。
好きな理由より嫌いな理由の方が探しやすいため、嫌いと言っている人の方が具体的なのだと思います。
私は鬼滅という作品自体は好きでもない程度ですが、これくらいの作品が漫画史に残るレベルの売れ方をしていることに納得いかなかったり、ミーハーで鬼滅だけを持て囃すファン層などは気に入らないというふうになってしまいました(あんまり良くない思考なんですけどね)。
鬼滅の大ブームでもっとジャンプ全体にスポットライトが当たってくれれば良かったんですけど、もう雑誌で漫画を読むという文化は廃れつつあるのが残念です。

コメントを投稿する
アバター まままーり

原作は読んでおらず主人が流行ってるから見よう!と言い出しアニメを見ました。アニメは動きも出るし、色の使い方などを皆は魅力と感じたのかな?と思いましたが、ストーリーに関してはワンピースの様に登場人物や鬼たちの過去に涙することはひとつもないほど浅く、銀魂のようにギャグで笑うことも無く、柱はBLEACHの護廷十三隊なのか?と思う割にボスには魅力の欠けらも無い。鍛錬してもぶちのめされるくらいの敵が出てくる一筋縄でいかないのがジャンプ漫画だと思っていましたが、主人公負けないんだもんなぁ、イージーモード過ぎますよね。そして登場人物の名前が覚えにくい。大鶴義丹とか毒蝮三太夫みたいな名前ばっかりでw

しかしれここまで言っても主人が続編を見よう、見よう!としつこいので困ってます、ほんとに。。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

まままーり様

大鶴義丹と毒蝮三太夫〜〜〜例えが面白い。
変化球で「キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード」もいかがですか?笑

きっと旦那さんは奥様のこと大好きなんでしょうね。ぜひそこは一緒に観てあげてください。笑

コメントを投稿する
アバター ANUBIS

鬼滅の刃に関して、話題の〜とかで盛り上がる同世代を見ると、お前らJUMPで何を読んで何を学んだの?と思ってしまいます。

“現実よりも酷く劣悪な環境でも光を失わない、諦めない”作品を見たからこそ、僕らは現実社会で「あの主人公のように!」と奮い立つ事が出来たはず。

必殺技やら何やら、そんなもんは特に要らん。
毎度毎度、必ず勝つ必要も無いし、100%安全設計なんてもんは無いし、そんな学ぶもん無いヌルゲーに興味無い。

流行り廃り以外、何も残らん。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

ANUBIS様

>“現実よりも酷く劣悪な環境でも光を失わない、諦めない”作品を見たからこそ、僕らは現実社会で「あの主人公のように!」と奮い立つ事が出来たはず。

素敵な言語化ですね。

万太郎のように強く、ケンシロウのように鍛え、剣心のように優しく、両津のように図太く、太尊のようにツッパリ、たれ蔵のように諦めず、花道のようにカッコ付け、悟空のように修行を楽しみ、承太郎のように硬派に、遊戯のように戦略的に、たけしのように元気に、ルフィのように夢を持ち、リョーマのように負けず嫌いに、ボーボボのように笑い、セナのように素早く、時には夜神月のように先輩に殺意を覚え……

そうしいしい大人になっていきますね。笑

コメントを投稿する
アバター 春から高校生

初めまして、こんにちは。
自分は、クラスでの鬼滅の刃ブームに全くついていけず、もやもやとした物を抱えていた時この記事を読ませていただきました。
この記事には私の言いたかったことや鬼滅の刃をつまらないと思った理由が言語化されて記されていて、非常に楽しませていただきました。私が鬼滅の刃をつまらない、嫌いだ、と思った理由は大体二つで、一つ目は必殺技のお披露目シーンがわかりづらく、ダサい事です。
自分の一番好きな作品であるBLEACHと比較すると、BLEACHの必殺技(卍解)は見開きや大きなコマでドン!と書かれており、千本桜景義や残火の太刀、双王蛇尾丸や龍紋鬼灯丸などの卍解には、見ただけでゾクゾクしてくるようなカッコ良さがあります。それが鬼滅の刃にはない様に感じられるのです。アニメだと分かりやすくなっていましたが、コマから必殺技の強さや衝撃が伝わり辛く、ネーミングセンスもイマイチな点から自分は鬼滅の刃をダサいと感じました。
もう一つは登場人物のセリフや考え方が生きたキャラクターの物でなく、作者の思想の押し付けの様に感じられてしまう点です。
泣いたり弱い奴は男ではないだとか、敵キャラクターも分かりやすい悪であり、安っぽい勧善懲悪ものである所も問題です。
敵も戦いに関してのポリシーや戦いに身を投じるようになった背景も薄く、敵キャラクターに魅力を全く感じれなくなってしまっています。
鬼滅の刃のキャラクターは総じて芝居をしている様なキャラばかりで、それを芝居だと割り切って読むのならば面白い作品ですが、漫画に物語性や哲学や人間の生き様を求めてしまう自分の様な人間にはあまり向いていない作品だと私は思います。
稚拙な文章で長々と綴ってしまいすみません。
長文失礼しました。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

春から高校生様

BLEACHの「卍解」や「詠唱系」は神がかってましたね。
中学生の時、みんな真似してましたよ。笑

キャラのセリフもカッコイイですしね。
「私と貴様で何が違うのか教えてやろう、格だ」←柱にもこれくらい言ってほしかった。
今度「千年血戦篇」アニメ化するから楽しみですね。

>漫画に物語性や哲学や人間の生き様を求めてしまう自分の様な人間にはあまり向いていない作品だと私は思います。

そうですね。「漫画なんだから」って失笑してくる人いますけど、十分いろいろ学べますからね。
昨今のビジネス書なんかも漫画で解説系は増加傾向にありますし、キッカケは鬼滅でもいいから漫画の素晴らしさがもっと広まるといいな〜と思ってます。

今は大変な世の中ですが、春から高校生活楽しんでください。

コメントを投稿する
アバター BEEL

連載開始当初からジャンプで読んでました。可もなく不可もないけどせっかくジャンプを買うからには読むって程度の思い入れしかありません。
アニメ化した時の人気爆発には「そんなでもなくね?」と驚きましたが、漫画からアニメという順で見たのでアニメ作画のクオリティを存分に楽しめて満足できました。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

エンジェル様

そうなんですね。
私は誰か選べっていうなら「禰豆子」かなぁ。

原作じゃなくてTwitterとかに上がってくる二次創作のが好きかも。

コメントを投稿する
アバター そう

私はとある作品の影響を受けてオカルトを少々嗜んでいるのですが、鬼滅の刃においての鬼の設定に関してはもう、ひどいとしか言いようがありません。
まず、鬼滅の刃の鬼は多種多様の能力に姿これに関してはまだいいと思います、ワンパターンとなってしまっては面白味がありません。問題は鬼の弱点の設定です、鬼で太陽が弱い、特殊金属による武器に弱い。これに関してはゲーム好き、ファンタジー好きは一度は聞いたことがある種族とほぼ一致します、そう「吸血鬼」です。吸血鬼は日光に弱く、日光に当たると灰となってしまい、銀に弱く銀のフォークですらダメージを負うほどの弱点。それに対して鬼滅の刃の鬼は太陽に弱いのに対して弱点の金属で作られた金属で首を切られてやっとダメージとなる。それ以外を切ってもダメージにすらならない。ただ吸血鬼を強化して漫画として使い勝手が悪い能力を省いただけの種族と感じました。
また、多くの能力と姿があっても別に良かったのには別の理由として、鬼は正体不明の恐怖の総称で、皆が思う姿はほぼ後付けに近い姿であるため、別にいいのですが。設定は完全に吸血鬼、確かに分類によっては吸血鬼は鬼の種族の一種として分類されることがありますが、鬼滅の刃に置いては鬼と呼ばす「化け物」と呼んだ方が良かったのではと思います。
そして、ラスボスの圧倒的な弱さです。生きている時間にそぐわない知識量と戦闘能力の低さ。伝承上で存在する鬼は自分達を大盗賊と名のって人間から大量の食料と金品を奪い、大盗賊団が崩壊するまで負けと言った負けがない酒呑童子(捨て童子と呼ばれた頃は含まない)に大盗賊団の右腕に成る実力を持った上で、門の下で人間が作った詩に返すのが難しい対句で歌い返したと言われる茨木童子もう少し設定がどうにかならなかったのかと言う設定に呆れてしまいます。それに対しラスボスは長年生きた、下部を増やした、部下は信用できないから殺す、目的が取って付けたやつで、知性も歴戦も全く感じさせない設定。酒呑童子は、生きていた年数不明、力を得るまでの経緯がある、そしてやりたい放題やっている部下と言う名の仲間がある、その後もやりたい放題という戦いの勝率を書かなくてもどれだけ強者だったかわかる伝承がある圧倒的強者感、正直言ってどちらがどの様に強いのかと、酒呑童子も鬼滅の刃を知らない状態で強みを聞かされたら、酒呑童子の方が強いと思ってしまうほどラスボスの弱さ。
もう少し設定がどうになならなかったのかと、設定に呆れてしまいます。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

そう様

なるほど、面白い話ですね。

私は伝承上の鬼のことはよく分かりませんが、無惨は弱くはないと思いました。

バカではありますけどね。

ただ無惨の設定の雑さが目立ったので、そこが気に入らなかったなぁと。

コメントを投稿する
アバター 鏡虹奈

記事読みました!私のクラスでは鬼滅信者より鬼滅アンチの方が多いですね笑。
私はまだ鬼滅の刃のアニメも漫画も見たことがないのですが、正直アンチ側の方です。やっぱり環境で好き嫌いって別れるものなんですね笑

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

鏡虹奈様

そうなんですね。
ただ環境は関係ないですよ。

自分がどう思ったか?を大事にしてくださいね。

あと私はアンチではないですよ。

金払って作品を購入した上で、自分の思ったことを言語化(批評)しただけです。

コメントを投稿する
アバター しゅー

攻殻機動隊とAKIRAが大好きな私としては、終始薄寒さを感じながら読むことになりましたが、半分寝ながらでも理解できるストーリーなのは逆に魅力なんじゃないかなと思います。
名探偵コナンや、アンパンマンみたいな安心しながら見られる作品というのも、世の中には必要なのかなぁと。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

しゅー様

> 半分寝ながらでも理解できるストーリーなのは逆に魅力なんじゃないかなと思います。安心しながら見られる作品〜

もちろんブームになってる以上、そこについてはなんとも思ってませんよ。

別に私はアンチじゃないですから。

作品の存在に言及してるわけじゃなく「俺はこの作品読んでこう思ったけど、あなたはどうだった?」

と同調圧力で肩身狭い人やモヤモヤしてる人が思いを綴りやすい場を作る

記事が多くの人の目に触れる

議論が起こる

鬼滅ファンの目にも触れる

他作品を知るキッカケになる

みたいに鬼滅ブームを一過性で終わらせない施策みたいなものですね。

コメントを投稿する
アバター 花形

50代男性です。幼少から漫画・アニメはかなり見倒してきましたので、「鬼滅の刃」もこれだけの話題作品は見ておかないとな、で昨日アニメ1話から見始めたのですが、5話で力尽きました。カゲオ様の考察、客観的な立場で評価しておられて、この先も期待できないのが想像されましたので、もう見ることはないような気がします。とにかく設定が一貫してないのは見ていてストレスがたまります。

しかし、これだけの人気になったのには理由があるはずで、おっしゃるように「漫画を読み込んでない層」の多人数にアピールするような背景の設定・ストーリー展開・キャラ設定を(AI等を使って?)分析しきったマーケティングで提供しているのだとしたら、恐ろしいですね。漫画版ハリウッド映画と言いますか・・・・

個人的に、最初に設定したクライマックスの設定がブレてない傑作だと思う漫画作品は「バンパイア」「デビルマン」「漂流教室」「AKIRA」「進撃の巨人(未完ですが)」などでしょうか。
「鬼滅の刃」は人気作品になってしまったので、今後、「北斗の拳」におけるアフター・ラオウみたいな展開になって行くのでしょうね。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

花形様

いやぁこういうコメントが一番嬉しい。
文章を読んだだけで、深い視点をお持ちなのが伝わってきます。

正直、好き嫌い・信者とアンチみたいな二元論でしか話せない人は退屈なんですよね。
せっかく空前のメガトレンド(流行り方)なんだから、経済とビジネスの視点でも語ろうぜと。

>マーケティングで提供しているのだとしたら

現状だとまだAIを導入しているとは考えにくいですが、マーケ感覚に優れている編集者(箕輪みたいな)なら、ターゲットを絞ることくらいやってると思うんですよね。

>「鬼滅の刃」は人気作品になってしまったので、今後、「北斗の拳」におけるアフター・ラオウみたいな展開になって行くのでしょうね。

もしくは早ければ来年、再来年には人々の記憶から消え去ってるかもしれませんね。

コメントを投稿する
アバター 笹の葉

ジャンプ漫画は沢山読んではいませんが、鳥山明先生の漫画が好きな20代です。
初めて鬼滅の刃を読んだのは2017年頃です。2020年の現在ほどではありませんが、当時のネット上では「わかる人にはわかる隠れ人気のある漫画」という立ち位置だったかと記憶しています。
この場を借りて書かせてもらいます。
鬼滅の刃はキャラクター人気がある点では王道少年漫画としてはクオリティが高いと思いますが
ストーリーには面白みを感じませんでした。
1話で禰豆子が鬼に変貌してしまい、その後も「いつまた凶暴化するのだろうか」という危険性を孕んだ話だと信じていました。しかしこの記事で仰られているように、禰豆子はマスコットのように可愛くなり、主人公の「妹を人間に戻してやりたい」という動機にも強い説得力が見当たらないのです。
更に善逸というキャラクターが登場してからは鬼退治することへの緊張感も一気に薄れていったように思います…
説明するモノローグ(心情を語るあの四角い吹き出しのようなもの)が多いことや
戦闘描写があまり上手くないのも
その種の漫画が好きな者としては、エフェクトや表情や構図などがいちいち気にかかります。ページをめくるスピードが、良くない意味で落ちることが何度かありました。
鬼滅の刃は全体的に苦手ではあるのですが、好きな部分もいくつかあります。
例えば
・遊郭編での主人公と敵それぞれの兄妹の対比
・無惨様があまりにも矮小なボスなので
逆に新鮮でユーモラス
・珠代様というキャラクターから他の漫画家では中々描けない気品さを感じる
・作者の短編集を拝見したのですが
作風や言葉の選び方が大人びておりまるで漫画雑誌ガロのようである
鬼滅の連載が終わったら青年誌の方で活躍して欲しい才能がある
…などの点が素晴らしいです。

長文を読んでくださりありがとうございました。
私も含め皆さん独自の意見をお持ちのようで楽しく読ませていただきました。
好き嫌いがあるにせよ、この漫画には妙な引力が備わっているという証拠なのですかね。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

笹の葉様

いいですね。こうして多角的視点から物事を見れる人だとこちらも話しやすいです。

何も全否定してるわけでなく、好きな部分もあるけど、全体的に面白くなかったってだけなんですよね。
あくまで批評なので「わかりやすく、ユーモアを交えて」エンタメ記事に落とし込んでるんですけど、理解できない人は理解できてないようです。

これはアンチ記事だ「キーッ」みたいな感情論全開で咎めてくる人もいますが、どうして二元論でしか物事を考えられないのかな〜と思ってます。笑

こうして普通に話せば、自分と違う視点や情報を学べたりして面白いのになぁと。

例えば、吾峠先生の「短編集」は読んだことなかったので、このコメント見て即効ポチりましたもん。笑
今から読んでみます。

「バイちゃ」

コメントを投稿する
アバター 年をとるとはこういうことか。

私も子供に付き合ってなんとか全巻読み、違和感しかなかった者です。
しかし、ジャンプではワンピースすら既に読めないレベルに感じる40代なので、筆者さんより重症です。
青い彼岸花はエイジャの青石、ラストシーンは無惨が地中深く埋められて「考えるのをやめた…」でキマリ!!…なーんてキメツをディスりすぎて子供とケンカになりました。
出会って間もない炎柱?の死をまるで王騎将軍や狼刃将軍のの死のように主人公が思い出すのに首をかしげ、ギャグとシリアスの調和…ハーメルン懐かしい…なんて、懐古主義が次々出てきて全く集中できませんでした。
細かい設定がオマケページに書いてあったり、技の属性が戦闘で何の意味もないことにも驚き、高学年の子供に言ったところ、「そんな設定いちいち色々あったら面倒くさくて楽しめない。」との言葉…。さすが、ポケモンですら戦闘ナシの世代…。
先日、満を持して子供に「うしおととら」を読ませたところ、「読むのに疲れる。」と2巻で挫折。スマホゲームとYouTube、ケータイ小説に慣れてしまうと、プロが死ぬ気で書いた昔の漫画は、もはや小説並みに読むのにスキルが必要なのかもしれません。
ま、ようは私も年をとったということです。キメツからすりゃ、「お前らはビックコミック読んどけ!」でしょうね。
さ、我々は昔への忠誠心で北斗のパチスロでもやって、ジョジョリオン買わなきゃ。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

年をとるとはこういうことか。様

文才ありますね。
ちょー笑いました。笑

十数種しかない技の属性設定すら面倒とは、大変な世の中になったものですね。

もうすべてが

「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄」

なんでしょうね。笑

コメントを投稿する
アバター 屁理屈野郎

初めましてカゲオさん
鬼滅の刃つまらなくはないけど
なんか物足りないなて思ってた
時に
この記事見つけました

確かに物足りなさや
ちょっとワクワク感はないかもですね
つまらなくはないんですけどね

まず炭治郎や善逸、伊之助けを
作者さんは全面的に出したいんだろうなと思うですが
3人の急激な成長にまず
?が浮かびます
いつどこで
これだけの成長したの?的な感じで
【漫画で出てきた柱による特訓は除きます⠀】

それと炭治郎と同期の接点が浅すぎ
な気がします
善逸や伊之助に関しては多少絡みがありますがカナヲに関しては(^ω^;)

カナヲが炭治郎を心配しするシーンが漫画で
出てきますが
どの辺で炭治郎とカナヲの距離が縮まったのかよく分かりません
【カナヲとしっかりと話してたのは炭治郎がカナヲに退院の挨拶に行った時ぐらいでしょうかね⠀】

漫画で善逸が新しい型で
鬼になった兄弟子を倒してますが
ここでもハテナが浮かんでしまいます
いつどこで技を編み出したのかな的なやつですね
【善逸が師匠のところに行ってなにかヒントをもらって的なシーンがありそのシーンで技が未完成だったけど兄弟子の戦いで完成したとかならおーてなるのですが(^ω^;)⠀】

炭治郎達の階級の上がり方も早い気がしますね

十二鬼月との戦闘シーンはもっとあってよかったと思いますね
下弦の鬼が累以外無惨の手でしんでしまうよりかは
炭治郎達と戦っての方が良かったのかなと思います

ちょっと色々ありすぎてキリがないので
最後にこうした方が良かったんじゃないかなと思うこと書きます

禰豆子が珠代さんの薬で人間に戻ったのはいいとしましょう
ただ戻し方にもちょっとした工夫をして欲しかったなと思います
【自分は今出てる巻までしか読んでないので禰豆子が人間に戻った話はTwitterなどの情報によるものです】

例えば
無惨の目の前で禰豆子が人間に戻るとかですね

そもそも無惨は
太陽の下でも行動できるようになるためにあるものを探していたさなかに
禰豆子が陽の光を克服して
禰豆子が欲しいとなってるいるわけです

ならば1度禰豆子は無惨にさらわれるべきなのかなと思います
そして禰豆子が無惨に食べらる瞬間に炭治郎達が登場
禰豆子に珠代さんの薬を与え
人間に戻るまでの時間を稼ぎ
無惨のやぼうを打ち砕き
なおかつ無惨にも人間に戻す薬を与えみたいな方が盛り上がると思うですよね

出来れば
そこまでに行く間に
無惨との接触は最低でも
2回はあった方がいいのかなと
1回は珠代さん達と会った時ですね
2回目は無惨が珠代さんの薬作りの妨害するのを阻止に現れて2度目の接触的な感じですね
【炭治郎はこの時点で珠代さんの薬以外では禰豆子を人間に戻すことは出来ないと知っています
それは御館様に無惨を殺せば鬼は全員死ぬと聞かされているからです】
みたいな感じの方が良かったなと思いました

なんか最後のは
作者に意見する感じの文になってしまいました(^ω^;)
長々と書いてしまいましたが
テンポが早いのはいいのですが
もう少し伏線を回収しつ炭治郎達を
十二鬼月と戦わせて成長さしてから
無惨との最終決戦まで行っても良かったのかなと思います

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

屁理屈野郎様

本誌の方は読んでないので、分かりませんが、個人的に無惨との接触は無惨とわからない形でも良かったのかなぁと思いました。

炭治郎の嗅覚設定は一旦置いといて、実は普通に接触してたのが無惨だったのかぁぁぁ!みたいな。

読者にも誰が無惨かわからない感じにして、最後に予想の斜め上で攻めてきてくれたら、結構楽しめたかもしれません。

コメントを投稿する
アバター ヒッキー

漫画アニメ好きの20代です。僕は鬼滅の刃面白いと思います。ただ社会現象になる程面白いとは思いません。いろんな漫画アニメを観てきた中で鬼滅の刃と同じくらい面白いものはいくつもあるし鬼滅の刃よりも面白いものはいくつもありました。
よくニュースなどのインタビューなどで鬼滅の刃の良いところとしてキャラクター一人一人の物語に感動してとか言う人がすごく多いと思うんですけどそんなの他の作品だっていっぱいあるわと思いながら僕は見てます。
鬼滅の刃の良いところってわかりやすいストーリーと設定だと思います。一般の漫画をそこまで普段から読まない人たちにとってはすごく流れるように読める作品だと思います。子供たちにとってもいっぱい必殺技が出てきて悪い鬼を倒すストーリーはわかりやすくて良いと思います。ただ漫画アニメを普段から多く見る人たちにとってはもう一つ刺激が足りないというかもっと深みのあるストーリーの方が好きな方が多いのかなと思います。ただ深みのあるストーリーになると個人の好き嫌いの差は結構でちゃう気がするので結局これくらいのストーリーと設定がいいのかなと思うし一般の方や子供たちにもわかりやすいものだからこその人気かなと。
この漫画嫌いってなりづらい漫画なんじゃないかなと思いました。
ここまでいろいろ書いてきましたけど結局は芸能人の力が一番なのかなと心の底では思ってます。芸能人がテレビでオススメしてたら一般人はそれなりに興味持ちますからね。
長々と書きすぎてもう自分でも何言ってるのかよくわかんなくなりました。
ごめんなさい

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

ヒッキー様

>鬼滅の刃の良いところってわかりやすいストーリーと設定だと思います。
たとえばどの辺が分かりやすいストーリーなんですか?

>一般の漫画をそこまで普段から読まない人たちにとってはすごく流れるように読める作品だと思います。
流れるように読める作品と読めない作品の一番の違いは?

>子供たちにとってもいっぱい必殺技が出てきて悪い鬼を倒すストーリーはわかりやすくて良いと思います。
他作品とはどこがどう違うのでしょうか?

>ただ漫画アニメを普段から多く見る人たちにとってはもう一つ刺激が足りないというかもっと深みのあるストーリーの方が好きな方が多いのかなと思います。
玄人が求める刺激とはどんなものがあるでしょう?
また深みのあるストーリーとは?

>ただ深みのあるストーリーになると個人の好き嫌いの差は結構でちゃう気がするので結局これくらいのストーリーと設定がいいのかなと思うし一般の方や子供たちにもわかりやすいものだからこその人気かなと。
なぜ深みがあると好き嫌いが出てしまうとお考えですか?

>この漫画嫌いってなりづらい漫画なんじゃないかなと思いました。
その割に過激なアンチも見受けられますが、それについてはどうお考えですか?
また「好き嫌い」と「面白い面白くない」は別物だと思いますがどう思います?

>芸能人がテレビでオススメしてたら一般人はそれなりに興味持ちますからね。
有名人が勧めると大衆が動いてしまうメカニズムを具体的に教えてください。

なーんて少し意地悪な質問をしましたが、上記のようなことを言語化すると説得力のある文章を書けるようになります。

コメントを投稿する
アバター awkward

アニメ10話まで見ました。
原作から打って変わって作画凄いですね。
集中せず流し見で見たせいもあるかもしれませんが全く感情移入出来ませんでした。
ダイジェストみたいに退屈な修行編入れてる癖に型の描写が全く無いのが謎。
ギャグの差込みが寒いのは私も感じました。
猪突猛進ニキが出てきたら面白くなるんかな…

コメントを投稿する
アバター ケイヤマ

21の女です
私は鬼滅の刃は好き寄りの普通ぐらいの好感度ですが記事の内容には概ね同意しました。特にギャグが寒いのに関しては強く同意できましたwアニメで善逸が出てくる度に本当にうんざりしましたww

以下は個人的な作品に対する考察です。
鬼滅の刃という作品が売れている・人気が出ている要因として女性層によるキャラのアイドル的な楽しみ方があると思います。特に人気が集中している柱は個性豊かな美男美女が出てくるので、バトル漫画ではありますが、キャラで萌えるというのが安易に行えるのかと思いました。また、過去編は浅いですがそれが逆に想像が掻き立てられて二次創作や考察なども活発になっているんだと思います。言い方は悪いですがキャラを表面的に見て自分たちで盛り上がるのには打ってつけの作品だなと思いました。
鬼舞辻無惨なども筆者さんがおっしゃっているようにクズで無能な所があまりにも酷すぎて、ファンの間では散々おもちゃにされたり、ネタにされていますw恐らく、作者もそういう盛り上がりを見越してああいったキャラ付けしている節があると思います。(少しネタバレになってしまいますが最近の本誌での鬼舞辻の扱い的に)

また、とある場で私が鬼滅に関する不都合な点や整合性が取れていない点に関して指摘したら「そんな細かい事まで考えながら読むとかちょっと面倒くさい人だな」って作品が好きな方に言われたことがあるので、細かい欠点を無視して盛り上がるのが好きな方がいることに驚いたのと、もしかしたらファンの中にそういった方が多いからこんなに流行っている印象を受けました。

今ではTwitterを中心にSNSが発達し、そこでの他人との感想の共有や一時的な盛り上がりやライブ感が重要視されて細かい所は無視・見ないフリというのが主流のようにです。鬼滅の刃は新時代の作品の楽しみ方を象徴するコンテンツだという結論が出ました。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

ケイヤマ様

おぉ結構冷静に分析してますね。
女性の方は感情論をぶつけてくる方が多いので感心しました。

>鬼滅の刃という作品が(爆発的に)売れた要因
アニメ化(9.5割ufoのおかげ)

>鬼滅の刃が人気な理由
メディアによる大衆操作

>そんな細かい事まで考えながら読むとかちょっと面倒くさい人だな
批評なき作品は宗教と同じ

>鬼滅の刃は新時代の作品の楽しみ方を象徴するコンテンツ
来年再来年にはブームが去り、一部の人は黒歴史になると予想、そして同じ戦略は二度と通じない。

私なりの見解を超簡単にまとめるとこんな感じですかね〜。

コメントを投稿する
アバター なんでもないや。

私は20代半ばの女です。学生の頃からジャンプ愛読者でここ数年は忙しさにかまけて距離を取っていました。

最近鬼滅の刃が話題になり「社会現象になるほど面白いなら!!」と久々にアニメも漫画も見てみましたがどうしてもハマれず…。
周りの友人が鬼滅の沼に沈む姿を見つめながら「私はもうジャンプの客層ではなくなってしまったのか…」 と落ち込んでいたのですが、この記事を読み少し安心しました。

主人公達の過去、柱達の過去、鬼の過去…皆それぞれ何かを背負ってこの場にいる。いや、わかる、わかるけど…!!!
漫画だと一瞬だしコマの切り替えがグダグダで「だから何を伝えたかったの?」と置いてけぼりにされてしまうし、アニメだと隙を見つけては過去を振り返り長ったらしくお涙頂戴を迫られている気がして疲れてくる。
かといってじゃあギャグシーンが面白いのかというとそうでもなく、ピーピーと喚いて喚いて喚き散らし笑い所が分からぬまま次のシーンへ切り替わる。
全体的に緩急がない、そんな印象の漫画でした。

BLEACHやNARUTOもそうですけど数年前にリボーンという漫画ありませんでしたか?
あの漫画個人的には凄くバランスが取れていたなと思うのです。
それぞれの思いや訓練に対する決意や努力、敵と対峙した時の緊張感、ギャグシーンのテンポ、どれも明確で分かりやすく飽きさせませんでしたし、ストーリーの展開やキャラクターの見せ方、技の演出がアニメも漫画もとても上手いなと思っていました。
あれくらい緩急しっかりと表してくれないと読者として感情の持って行き場がない…。

鬼滅の刃、きっと面白いんだと思います。
ただ今のままだとどうしても受け入れられないので5年後くらいに誰か違う方でリメイクしていただけると楽しく読めるだろうな…なんて淡い期待をしています。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

なんでもないや。様

私もキャラの過去編好きなので、そのへんは特に残念でした。
別に過去編をしっかり書いたからって引き伸ばしにはならないと思うんですけどね〜。

・宝くじで6億円当てた人の話

・フリーターが6億円貯めた話

持ってる額は同じだけど「どっちの話が面白そうか?」「聞いてみたいか?」

っていうとほとんどの人は後者を選ぶと思うんですよね。

これもバックボーンがあるか?ないか?の差なので、やっぱりそのキャラがどんな道を歩んで、何を考えてきて、今があるのか?って大事だと思うんだけどな〜。

コメントを投稿する
アバター あけぎぬ

鬼滅の刃を面白いと言われ、どんな話なのかを聞いたら。
鬼がいて、鬼は味方を増やそうとしている!鬼は元人間で過去に色々ある!鬼の親玉は鬼をコントロールできると説明されて。あー、彼岸島やんそれって言ったら凄く怒られました。
一応勧められたので一話だけアニメを見た感想としては、絵が可愛いすぎてちょっと無理やなーと(^ ^)
後は、主人公がフェイントかけて斧を上に投げて時間差で落とした時は、正直失笑でした。そこはむしろ全力で斧を振りにいけよと!
ただの村人Aの主人公がそんな高度なテクニックできるかと!笑
長々と書きましたが、流行ってる理由がわからない漫画です。

コメントを投稿する
アバター ri

カゲサイさんの記事は、題名に対して、まさにその通りだと思います。
本誌もリアルタイムで最新号まで追っていますが、なんか…なんかもう…
今ストーリーはかなり間延びしている感じです。
原作では攻撃が何がどうなってるのか全く分からず、アニメでやっとこれはこういう攻撃なんだ〜と分かるのでやはりufoは偉大です。笑

噂によると、ジャンプナンバー1の主要キャラの死亡率も気になります。
そんなに簡単にバンバンキャラクターを死なせないで欲しいと個人的には思います。
キャラクターを死なせたら話題になる、みんなが衝撃を受ける、そう思っているのかな…?

最近はジャンプもヒット作がなかったから、ここぞとばかりに持ち上げているのも気になります。
このブームは去るまでちょっと離れたところで見守っておこうと思います。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

ri様

そうなんです。この記事のタイトルは「面白くない理由」なんですよね。
この辺わかってない人結構いるので「読解力」の前に……。

へぇ〜主要キャラの死亡率ジャンプNo.1なんですね。
そう言われてみれば、ジャンプ作品は死をあまり描かないかも。(ジョジョとハンターハンターは別枠)

もし死んだら話題にって作者が考えてるなら、読者を舐めすぎですね。

コメントを投稿する
アバター

面白さが一切分からなくて調べてる時にこの記事を見つけて納得できる説明でした
他では逆張りや感性が古くなったなど思考してないのに思考してみた記事が多く参考になりませんでした
ここでも嫌いやアンチは異常のような雰囲気は嫌です
自分はちゃんとした反対意見なら聞く事も新しい発見があって結構好きです
自分の好きなワンパンマンが嫌いと言う意見で、主人公がなろうの様で嫌いと言った意見に、なろう作品が好きでない自分はなぜサイタマに不快感が無いのか考えさせられました
黒子やリボーンなどは自分は好きでは無くとも受けてる所や名場面は理解できたんです
世間では大絶賛されてる鬼滅の刃は自分にそう言った物が一切なくて未知の感覚に陥りました
優しいとされる炭次郎ですが自分にはどう見ても表面的に優しいか身内に優しいだけにしか映りません
妹を守る為とは言え人にいきなり斧を投げたり、可哀そうな生き物発言は鬼を下に見てないと発言に聞こえますし鬼に同情しますが殺そうとしているのは炭次郎です最後に免罪符代わりに同情してるだけに見えます

兄妹愛もそんなに感じません
突然身内が鬼になっても身内を庇うのは誰でも同じだと思うし炭次郎は特別な事をしません
最初の暴走で片腕喰われても信じていて食事は炭次郎の血、もしそれ以外を口にすれば禰豆子を殺し自分も自害する
それ位すれば二人の信頼関係も必要になるし優しくて責任感のある兄を描写できると思います(書いていてよくある設定な気がしました)

お館様が善人として描かれてるのも納得できません
選抜試験毎にあれだけの被害を出しているのに優しいわ無いでしょう
少なくない人数が命落としてる試験ってことを作者は忘れているんでしょうか?
娘達と自爆するのも少し遠くの方で遊んで来なさいなど逃がす事を試みてもいい気がします
無惨に気取られない為に一緒に自爆しましたが、親が子供を逃がす事は可笑しな事でしょうか

男として読んでいてダメなのは善逸、黒死牟、炭次郎でしょうか
善逸が騒がしいのには目を瞑るとしても守るべき対象の後ろに隠れるのはギャグの範囲を超えています、何するために鬼殺隊に志願してるのか分かりません
黒死牟は武人風でありながら小物もいい所
舐めてた弟に実力で負け、鬼になる前から頼むから死んでくれなど願う
鬼になってからは年老いた弟にも勝てず、老衰での決着
弟に勝つために鬼になったのにそれも果たせない結果なら自害でもして欲しい所
炭次郎の戦闘中の心理描写がテンパってるだけにしか見えない
俺は決して諦めないと言いつつ心の中で動かないや痛いなど弱音を吐くのはやめて欲しい
柱での修行でモブが炭次郎を褒め称えるだけなのも気持ち悪い
最終試験に受かった強者のはずが命がけの戦いしているにもかかわらず、まるで緩い部活動してるかの様です

鬼滅の刃は自分の総評としては王道の成り損ない
展開は王道ですが王道にするには足した方がいい箇所が何か所かある感じがします

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

あ様

>他では逆張りや感性が古くなったなど思考してないのに思考してみた記事が多く参考になりませんでした

自分も記事書いといてなんですが、その気持ち分かります。
好きな奴の嫌いな理由を無理やり考察してる記事って、薄すぎて読者のことなんもわかってねーし、保険かけまくりの記事なんかも全然面白くないんですよね。

>それ位すれば二人の信頼関係も必要になるし優しくて責任感のある兄を描写できると思います

そうなんですよね。
なにもサイコ的に殺せと言ってるのではなく、涙しながらでもいいし、わめき散らしてもいいし、その後病んでもいいから、他人に迷惑をかけてしまう可能性を考えて厳しい決断をするのも家族だろと。

>お館様が善人として描かれてるのも納得できません

いやぁ彼は完全にサイコですよね。無惨バカなんだから、そこまで気を回さなくても気づかないはず。

>命がけの戦いしているにもかかわらず、まるで緩い部活動してるかの様です

いい例えです。

ほんと全体を通して緊迫感が伝わってこないんですよね。

コメントを投稿する
アバター ナッシー

漫画のキャラなら他人に迷惑かけようが兄妹優先だろうが別にいいかなって思いますが、それが作者の気紛れでコロコロ変わってるのが問題なんじゃないかと思ってます。
例えばワンピースのルフィはエースを助ける為の被害なんて知ったことかと全力で助けようとしてましたが、それまでもあくまでも自分が気に入った人を助けるってタイプだったのでそのキャラらしい生きた存在です。
対して炭治郎は鱗滝の妹が鬼として人を殺したらという質問に対して何とか妹の始末を付けるという考えに至った筈なのに、遊郭でそれに対する葛藤もなくその後もスルー。殺したくない気持ちがあるのは分かるが葛藤はしろ。
他にも風柱の弟の事で、弟本人よりずっとキレてたのに、その直後に弟に対して風柱のフォローしたりしっちゃかめっちゃか。お前がブチ切れしなければ良かったんだよ、てか匂いで分かってたとかフォローを自分でするのに何でキレてたんだと。
他のキャラも水柱に鼻っ柱へし折られて強くなるぞって意識した伊之助がすぐに修行放棄するとか、せいぜい強豪部活をすぐに辞めた名たのモブ程度の決心とかオイオイと言いたくなりますし。
柱に至っては目も当てられない状態。特に関わりも無かった炭治郎の言葉1つ、2つで簡単に炭治郎の事は特別とか言い出す。共闘したら絆生まれるというのを考慮したら音柱と炎柱くらいは分かりますけどね。
炭治郎を特別扱いしない風柱は弟を1人置いてきぼりにしてたクセに弟の為にとか言い出したり、最初のやらかしと繋がってない良い人なんですよアピール。
先に書いた音柱も最初は帯鬼が外に出たと伊之助が言っても、うるせーとか言い出した職務怠慢なのに沢山こぼれ落ちたとか意味不明ですし。
ストーリーは簡素と言われるドラゴンボールでも、キャラがちゃんとそのキャラらしい動き・言動をしているんです。キャラが変わる時は間に変わるイベントや瞬間を描いて納得出来るものになっています。このように漫画というのはキャラのらしさが崩れないのが最重要だと思います。変わる場合は成長イベント挟んで説得力出したり。
鬼滅はそういった漫画として基本的な事まで抜けてるので好きになれないです。名作の長所に勝てないのは仕方ないけど、そうでない部分でも惨敗してます。
ネットで叩かれてる作品のがよっぽどちゃんとしてます。

柱に対する認識は下弦だろうが倒せばなれるくらいの認識なんでそんなに高い壁と思ってなかったですけど、上弦が何十人殺したとかいうと、どんな期間で発生して殺されてるの?って思いました。ワンピースの海軍佐官程度の扱いでしよ(笑)

炭治郎は才能無いアピールしてますが、それは努力してると言いたいだけでとんでもない才能という認識です。
そもそも一族が日の呼吸を継承出来た=誰も習得出来なかったのはいなかったというとんでも血統です。まだ単行本では出てないかもですが、日の呼吸は始まりの剣士の双子の兄である上弦壱が300年追い求めて会得出来なかったという特別性です。そんなのを少し話して見せてもらえば会得出来た初代、それをどの代も途絶えさせる事なかった先祖とか全員柱なんて比較になりません。

最初にヒノカミ神楽とか言い出して謎強化された時は戸惑いましたが、最初に出た時が今ってだけでそのうち作品に馴染むのでは?と思って見てたらドンドン「なんで簡単に習得出来たの?」って疑問が湧くように盛られていくのにドン引きしました。
ただ、それだけ絶対的な効力のある呼吸なんだという認識も積み上げてきた筈。それが本誌では簡単に崩れて本当に無意味なモノになり下がります。作品の6割もの期間かけて積み上げた強化も無意味にするってどういう事?と本気で作者を疑いました。人はそんな急に強くなれないそうですが、これまで散々急に強くなってますからね。

他の作品で急に出た強化と言えばドラゴンボールのサイヤ人が死にかけたら強くなるとワンピースの覇気が思い当たります。
ドラゴンボールは地球にいた時の悟空は死にかけてリベンジをしてましたが、死にかけるとリベンジの間にはカリン塔での修行やらの強化イベントがあったしピッコロ大魔王の時にはタンバリンとピッコロの2人に殺されかけて超神水でやっとなので当時本誌で追ってた人は急な設定だと思ってもおかしくない筈なんです。でも悟空がナメック星に付くまでにベジータが強化されていく事で多少の違和感あっても飲み干せるようにして、更に超サイヤ人という言葉を何度も出してそれが変身と思わせないながらも特別な存在と出して読者に納得させる時間を作ってた筈。
ワンピースの覇気も、悪魔の実という相性ある世界に白ひげという最強認定を出す事で攻略法があるんじゃないかと思わせ、シャボンディ諸島や頂上戦争で何人かが覇気を使う事で馴染ませた過程があります。何故かアンチには覇気の存在はいまだに叩かれますが。
でも鬼滅のヒノカミ神楽は凄さを浸透させたのに簡単に放り出しました。斬新といえばそうですが奇抜と言った方が正しい駄目な事。
無惨戦を見るとこれまでが大したことないレベルで酷いです。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

ナッシー様

おぉコメントを二回くれたのは初かもです。笑

>漫画のキャラなら他人に迷惑かけようが兄妹優先だろうが別にいいかなって思いますが、それが作者の気紛れでコロコロ変わってるのが問題なんじゃないかと思ってます。

漫画のキャラなら……これいっちゃうと議論にならないので反則。笑

>例えばワンピースのルフィはエースを助ける為の被害なんて知ったことかと全力で助けようとしてましたが、それまでもあくまでも自分が気に入った人を助けるってタイプだったのでそのキャラらしい生きた存在です。

頂上戦争のシーンで、ルフィに「お前はアニキのことしか考えてねーのか、周りの被害も考えろよ〜」てのはキャラらしさとかタイプ云々の前に野暮かなと。
対して鬼滅の世界の「人様への迷惑」って人間を殺す(喰う)可能性のことなので、この部分でワンピースのトンデモ世界観と鬼滅の世界観を同義にして語るのは無理があると思います。

>柱に対する認識は下弦だろうが倒せばなれるくらいの認識なんでそんなに高い壁と思ってなかったですけど、上弦が何十人殺したとかいうと、どんな期間で発生して殺されてるの?って思いました。ワンピースの海軍佐官程度の扱いでしよ(笑)

柱は最強として登場する=実は敷居が低かった(弱い)=設定ミス
実際の事実のみを追うのではなく、どうすれば面白くなってたかな?という視点も大切ですね。

>炭治郎は才能無いアピールしてますが、それは努力してると言いたいだけでとんでもない才能という認識です。

ここも同じですね。
日の呼吸が〜とか血統が〜とかの事実ではなく、「炭治郎」が「柱」より才能あったとして面白くなるの?ってことなんですよ。

私は「柱」の立ち位置と「炭治郎」にもっと実力差をつけたほうが面白かったと思ったので、記事中でもそこを抜粋してるんですね。

>まだ単行本では出てないかもですが

この記事は19巻までしか読んでない(記事中にも明記しています)感想なので、本誌ネタについてはノーコメントで。

>ドラゴンボールは地球にいた時の悟空は死にかけてリベンジをしてましたが、死にかけるとリベンジの間にはカリン塔での修行やらの強化イベントがあったしピッコロ大魔王の時にはタンバリンとピッコロの2人に殺されかけて超神水でやっとなので当時本誌で追ってた人は急な設定だと思ってもおかしくない筈なんです。

もう一回いいますけど、私はドラゴンボールの世界観ならどんなアホ設定だろうが、後付けだろうが気にならないし、どうでもいい派です。
設定を深く掘り下げる漫画じゃなく「ネタとして楽しんだり、圧倒的な画力を眺めたり、戦闘シーンを楽しむ」こういう位置付けですね〜。

> 鬼滅のヒノカミ神楽は凄さを浸透させたのに簡単に放り出しました。斬新といえばそうですが奇抜と言った方が正しい駄目な事。

「ダメだと思った理由+代替案」をセットで考える癖をつけると、もう少し柔軟な考え方ができるようになると思いますよ。
例えば「あそこを〇〇という展開にすれば〜」とか「〇〇のシーンをこんな風にしておけば〜」こうはならなかったはずみたいな感じですね。

コメントを見る限り、考察は鋭いのですが、少し相手への配慮とユーモアが足りないと感じました。
もちろんこちらが解放しているコメント欄なので、お好きに書いていただいて良いのですが、せっかく深い考察をしてるのにもったいないなと思ったのでお節介をつい。

コメントを投稿する
アバター しらす

どうも。中学生女子です。

私は鬼滅の刃が好きですが、なぜ好きなのかまでは考えたこと無かったかもしれないです。

ではなぜ好きなのかと考えた結果ですが、キャラの個性の強さかなと思いました。
猪の頭被ってるやつだったり、桜餅食べ過ぎて髪色変わった奴だったりとぶっ飛んだキャラが多くて推しやすいのが好きな理由だと感じます。

この記事の言うことは全部納得できます。その通りです。
私はジャンプ作品はワンピース、ナルト、銀魂、暗殺教室ぐらい。それ以外なら進撃の巨人、七つの大罪などしか読んだことの無い新参者ですが、これらの作品と照らし合わせると確かに薄いと感じます。

実際、私もクラスの子たちと話を合わせるために読んでた節があります。ちょっと否定的な事を言うとすぐ怒るので怖くて、、、
ですが、この記事を読んではっきり意見を言えるのはかっこいいと思いました。

鬼滅の刃の単行本を読む時のワクワク感のうすさの原因がわかりましたww

キャラ自体は好きなので、これからも細々と読んでいこうと思います。

ついでに言いたいんですが、私の推しがもうやられてしまった鬼の、獪岳なんです。
その事をクラスメイトに言うと、獪岳はクズだから嫌い、などとボロクソに言われます。
なんで世代の低い作品は民度がこうも低いんでしょう。
人の推しをバカにするなんて、ワンピースを語る時にはいませんでした。
私はこういう信者たちが鬼滅のイメージをさらに悪くしてるんだろうと感じます。
主様はどう思いますか???

カゲオ カゲオ

しらす様

ハハハ。質問で締められたコメントは初めてかも。笑

信者が鬼滅のイメージを悪くしてるんじゃないか?についてですね。

まぁそれもあると思いますよ。
この記事を書くにあたり、アンチの方も観察していましたが、内容うんぬんより信者を嫌っている方が一番多かったです。

また学生間でのいじめのようなツイートもいくつか目撃したので、今の学生は大変だろうなぁとも思いましたし、危険を伴うのであれば忖度して適当に流しておけばいいと思います。

ただ私個人としては、信者および他人の言動はどうでもいいと思ってます。
誰がどう言っていようと「私は全体的に面白くなかった」という事実は変わらないので、思ったことを書いただけですね。

最後に推しを否定された件ですが、中学生同士で民度を相手に求めても疲弊するだけですよ。

「私は獪岳推しなんだ〜」に対し

「獪岳はクズだから嫌い」こういった返答しかできない方は、そもそも自分のことしか考えていない”無惨”みたいなもんなんで、こっちが大人になってほっとくのが一番です。

過ぎ去れば二度と戻らない中学生活・楽しい思い出をたくさん作ってくださいね。

アバター pico

初めまして。高校2年生女です。
とても面白い記事だと思い読ませて頂きました。私自身、「鬼滅の刃」信者程ではありませんが面白いと感じました!

私の意見を簡潔にまとめさせて頂きますと、普段漫画を読まない方には読みやすい簡単な内容のためとても面白く、普段から漫画を読む方には設定が浅く物足りなさを感じ面白さが分からない作品だったのではと思います。
記事主様の意見には同意するところが多くありました。笑

「鬼滅の刃」をきっかけにもっとたくさんの漫画を知り読む人が増えればいいなと思います^^

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

pico様

おぉ〜簡潔でGood!!
鬼滅ファンや好きな方にも「いかに面白く読んでいただけるか?」を考えて書いたので、好きな方からの「面白い」は最高の褒め言葉。

>「鬼滅の刃」をきっかけにもっとたくさんの漫画を知り読む人が増えればいいなと思います^^

そしてこの考え方も最高オブ最高。同じく一過性のブームでなく、漫画経済圏が広がってほしいですね。

コメントを投稿する
アバター チャリ50k通勤

単行本2巻ぐらいまでみたけど、全然はまらなかったです 絵柄とかも個人的にはあまり好きではなくイマイチ 40過ぎのオジサンなんで感覚がどこかあわないだけかもしれないです 今ハマってるのが女帝(結構古いです)です リアルに近い感情がたくさんでてきて 要所で見事に裏をかかれて面白いです

コメントを投稿する
アバター まっさん

20代男性です。
そんなに深く漫画は読むほうでは無いのですが、記事内容にはとても納得しました。鬼滅の刃は別につまらない訳では無いのですが、話題になる程の物かと聞かれると否定的になってしまいます。

僕はキャラクターの感情や背景よりかは、技や戦術、その習得過程に面白味を感じます。好きな作品である「slam dunk」の桜木花道がシュートを身に付けるために猛練習をしたこと。少し前の「PSYREN」で主人公の夜科アゲハが暴走する能力を制御する術を学んで強くなること。最近では「ワールドトリガー」という漫画が、能力の使い方やチームとしての戦術が多岐に渡って面白いです。
そういった部分が鬼滅の刃は浅いかなあと感じます。どういう技なのか説明が少なく分かりづらく、個人的にはどの技も刀を振っているだけなのでは?と思ってしまいます。技の描写がどれもほぼ同じだと感じるのは僕だけでしょうか?戦闘シーンも迫力がない気がします。戦闘に関しては、戦術などが無く殴り合いのような戦いが多くはないでしょうか?
主人公がいい感じに覚醒して勝利のような場面にもあまり魅力を感じません。一回負けて、その後修行して再戦して勝利!のようなシーンが少ないような…。(ドラゴンボール、BLEACHなど)まあ鬼と戦う以上負けたら死ぬので仕方ないんですかね…。

僕の意見も全然拙いので伝わらないかもしれませんが、一読者としてコメントしてみました。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

まっさん様

いやいや、私も対して深く読み込んでないですよ。ぶっちゃけ鼻くそほじりながら読んでましたから。笑

シュート2万本いいっすよね〜。
ワールドトリガー全巻持ってるのに積読(電子だけど)になってるな~。いつか読みます。

技に関しては、属性がある意味あったのか?感が強いですね。

戦闘=死にする設定なら、ネフェルピトーの禍々しいオーラみたいに敵の圧やオーラで完璧に心折れるくらいのシーンは欲しかったですね。

コメントを投稿する
アバター いのり

私も中学生ですが周りホントに信者が多い…。
趣味でコスプレもしてるんですが小さいイベントでもたんじろう、ねずこ、ぜんいつ(漢字分かりません)がめちゃくちゃ多いです。半分くらい鬼滅の刃…みたいなかんじです。
私は鬼が主人公側の作品が好きなので地雷ですが…。親がファンで漫画、アニメ見ましたがなんか詰め込みすぎというかなんというか…売り出し方も強引っていうかまあ商売としては上手いのでしょうがはっきり言って汚い手なんですよね…
あくまで中学生の脳での受け取りかたですが…

コメントを投稿する
アバター COM

全く同じことを思い、世の中はこの漫画の内容を本当に面白いと感じているのか?!と思い検索しましたところこのブログを見つけました。
まさにすべてのキャラの裏付けが弱いので共感する前に過去のお話が終わり敵を倒すこの流れは王道ですが、過去1番共感できませんでした。一気に読んでいるので更に早く感じもう終わり?!状態に
不幸にしても皆その不幸がなんだか中途半端なんですよね…
主人公ピンチに必ず禰豆子乱入するし…
主人公が禰豆子で鬼になった悲しみの中人間に戻る葛藤を描いていたほうが作者もよかったのでは?と思わせるくらい禰豆子
そして書かれているように、描写の甘さにより何をしているかがわからないコマがとても多く読みづらい
初めの巻だけかと思ったら19巻までそれか続く
だからアニメで人気が出た理由がわかる
説明いるか?な部分で変な説明するのにここはないんだ、みたいな箇所もある
確かに黄金期のジャンプを私も愛読していましたのでこれがジャンプで人気なのか….と思ってしまいました。

コメントを投稿する
アバター ああああ

高校一年です
鬼滅流行ってるので読んでみたらストーリー
浅すぎて何にも感情移入できませんでしたw
結構前にヒロアカ流行ってたときも
数巻読んで離脱した記憶がありますねw
別にアンチなわけではないですが社会現象に
なってる意味が全くわからなかったので
ここ読んで安心しました〜
普段はジョジョとか読んでます

コメントを投稿する
アバター みぃ

ただただ単純に一般的レベルでアニメマンガ好きなアラさです。
昨今の鬼滅流行りで言葉を失っていたところにこの記事をみつけました。

つまらないとは言っていない、がステマにも程があるんじゃないか、
普通にジャンプ漫画であり、普通に連載してる感の漫画であり、
ufoのアニメはとてもよかったが、そんな言葉で片付けるレベルかと。

駄作でないが傑作でもなく。
話題をさらい、コミックスがなくなるなど、考えられず。

はまらない自分は死んだ方が良いのか。
国民的良さがわからないならアニメマンガを卒業すべきなのか。

生きる気力をなくしていたときにこちらの記事を拝見し
光を見ました。
まだ生きていてよい、好きでいてよいんだと感じました。

フツーに元気玉つくれる気がして
フツーに海賊になりたくて
フツーにニンジャごっこして
フツーにジョジョすげぇなって思って
フツーに休載する富樫大センセにハラハラして
フツーにいつ終わるかと銀時みて
フツーに日本刀に興味出て
フツーにスポ魂みて腐女子を理解し
フツーに実写化映画化ブツクサ言いながら網羅し
フツーにアニメ見ながら同回のマンガを毎度見て
フツーにハガレン新鮮だったし
フツーに留美子とヤンキーおさえつつ
フツーにコナンのスマートキャンバス買っちゃうし
フツーにスパ泉一服コーナーで進撃みるし
フツーに断然マンガはチャンピオン派だし
フツーに妖怪ウォッチもポケモンもかわいいし。
ちゃんとまることしんちゃんとサザエとドラえもんには
敬意を払い、
バイブルはブラックジャックで。
ここでは語れない大好きな作品あって。

その程度の人間ですが、
鬼滅の良さわからないの?って言われるんです。
おもしろいよって言われるんです。

国民的作品になっていくのでしょう、いずれ。

苦しかったけどようやく息ができるようになりました。

ほんとうにありがとうございました。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

みぃ様

いやフツーに息してください。笑

おっ女性でチャンピオン派は珍しいですね。
私も単行本デビューは「グラップラー刃牙」でした。笑

また月刊チャンピオンですが「香取センパイ」は、10000冊以上読んできた漫画人生で一番笑った漫画です。笑

まだまだアニメマンガ道を楽しみましょ。

コメントを投稿する
アバター かねごん

同じ考えの方いるのかなーと思い…
鬼滅の刃 面白いか?でググって
たどり着きました。
 自分の違和感を何故か?再認識できて良かったです。
 おすすめの鬼の漫画がきになります。読んでみまーす。

 自分的にミーハーですが
志々雄真 かメルエムかなー
カリスマ性を感じるラスボス感

コメントを投稿する
アバター すず

あまりにも周りの方が面白い!面白い!!!と連呼するので、、、アニメの方がハマりやすいだろうと思い、全話見てみました。

ハマりたいなあと思っていたのですが、、、全然でした。全くです。
納得できないことが多すぎました。

なんでこんなに納得できないんだろうと思い、検索してみるとここにたどり着きました。
『わかる!』と思うことが多く、なぜ納得できないのか、理解できスッキリしました、、、!ありがとうございます!

わたしは20代前半で、ジャンプ作品ではジョジョが1番好きです。やはり、、、他作品と比べてしまいますね、、、。壁にぶち当たって、まだまだ自分は弱いんだって気づき無力感・絶望感を味わってこその主人公だと思います。
わたしはそこに共感しますし、それがあるからこそ、強くなるために頑張ってる姿を見て心から応援するし、以前よりもっっと強い敵を倒せたときには感動して泣きます。

ですからたんじろうにも絶望感・無力感を味わって強くなってほしい、、、そう思いながらアニメを見ていましたが、特に盛り上がりもなくいつのまにか終わってました笑

否定してるわけではないんですが、ハマれなかったことが残念でした、、、。

コメントを投稿する
アバター めいぷる

私は母が職場で子供とのコミュニケーションのために見るので付き添いで見ていましたが、一流ではなく、最低限の神アニメと慕われる要素もないように見受けられました。

キャラクターが何か感じて、その後にする行動を心情を見せず第三者である私たちに見せるというのが最低限のラインだと思ってます
神アニメと呼ばれるものはこの行動が序盤では素っ頓狂なものに見えますが、実は深い意味あってのものだと終盤でわかる…というどんでん返しの面白みがあります
しかしこのアニメは感情がセリフで出していますし、言動ですぐにわかるんです

一流の人はその理由にも魂を吹き込むのですが、それも怠っている気がします
怒り、悲しみ、葛藤がセリフで伝えられて、どうにも登場人物の感情が心に響いてこない
上手い人のアニメキャラは無機物なキャラじゃなくて生きている人に見えるんですけどね
このアニメでは作者が考えたお人形劇の世界観を淡々と説明されてる気分になるんです

そして作者様は基礎を作って満足してるように感じます
世界観を作った後にそこからの発展がないんです

結論としてはこの作者自身、鬼滅の刃というものを書きづらいと感じてるのでは?です
得意分野であれば普通はもっと伸びるはずなんですよ…でも他の所から要素をもらうだけもらって使って、その世界観に何の情熱も愛もないわけだから伸びない
とりあえず世界観ドーン!キャラクターの性格ドーン!で作者の本気の愛が見えないです

一度でいいから鬼滅の刃の作者が描きたい漫画、アニメを見てみたいです

コメントを投稿する
アバター よっさん

私は20代主婦です。

友達に「面白いから!絶対ハマるから!」と言われ
しぶしぶ漫画を読んでみて
まず画力にギョッとしましたが
もともと少女漫画より少年漫画派でしたので。
(徐々に上手くなっていくと思ったが期待外れ)
ネタに関しては面白そうだなと思いましたが
読んでいくうちに
なんだこれ
これが売れてるだと?! と。
友人に 1つも面白くない
・ネズコの特別感はなに?
・まず下弦の鬼なり上弦の鬼なり登場早過ぎ
・炭治郎が柱より強くなるスピード異常
・完全なる悪役がいない
・炭治郎の優しさが取ってつけたような感じで気持ち悪い
・ポイントポイントで回想入れたらいい感じなのに
 と真顔で伝えると
怒られました。笑
漫画じゃなくてアニメならと観てみましたが
変わらず…
(ただアニメの映像は映画のアニメなりに綺麗)
逆に信者さん達が好き好きアピールをすればするほど
嫌悪感が強くなってきています。
モンモンとしていたところ
鬼滅の刃 面白いか? と調べてみたところ
カゲオさんの記事を読んで
同じことを思ってる人がいたと安心しました。
ずっとイライラしていたので
嬉しかったです。

因みにジャンプならワンピース、銀魂、NARUTO、ジョジョ、BLEACH が大好きで全巻持ってます。
サンデーも好きです。
また上記のような作者が現れることを祈っています。
ありがとうございました!

コメントを投稿する
アバター のこのこ

中学生女子です。

母が昔読んでいた漫画が家にあり、幼稚園の頃からずっとそれらの漫画を読んでいたので、鬼滅よりこっちの方が断然面白くないか?と思ってしまいますw
今の漫画でも面白いと思う作品はあるので単純に鬼滅が私に合わなかっただけですが…

クラスメイトなどに勧められることが度々ありますが、そこまで熱狂するほど面白いか?めちゃくちゃつまらないという訳では無いけれど…って感じです。

個人的にジャンプなら幽遊白書と銀魂が好きです!

鬼滅には皆が面白いと言うので期待していたのですが、少しガッカリでした

コメントを投稿する
アバター シュガー

中学生女子です。

私は鬼滅の刃面白かったのですが、展開がとても早く内容も浅く、なんかもったいない作品だなと思ってました(漫画初心者な私が言うのもあれですが、)
社会現象になる程かな?と調べてたらこの記事を見つけました。私が思ってないところまで主さん分析しててとても考えられました。

鬼滅の刃は漫画初心者がアニメ漫画にハマるきっかけになるひとつの作品だと思います。
漫画初心者はこの漫画をきっかけに漫画の沼にはまって欲しいですね。

記事面白かったです!

コメントを投稿する
アバター 作田

私は鬼滅にハマりませんでしたが、流行るのも分かります。

ジャンプ黄金期世代の人に怒られそうですが、私は鬼滅は画力のないドラゴンボールみたいなものだと思っています。
これはけしてドラゴンボールを貶しているわけではありません。
ドラゴンボールの魅力はなんと言ってもあの高い画力と画面を構成する力にあると思うのですが、それ以外の点も老若問わずに人気出る構成だったと考えています。
特に深いストーリーや複雑な伏線や練り込んだ設定があるわけではなく、キャラがさほど複雑な思考も持ち合わせてなく、誰が味方で誰が敵かも初めからはっきりしている。単純明快で分かりやすい。なおかつキャラクターのデザインが皆特徴的で個性的。でも女の子キャラはシンプルに可愛い。主人公はひねくれてなく真っ直ぐで素直なキャラクター。緻密な伏線が張り巡らされた複雑なストーリーが心理戦が好きな人には物足りないかもしれませんが、子供には分かりやすく入っていきやすい。ドラゴンボールと鬼滅を似てると感じたのはそういう点です。
元から超人的な能力を持つ主人公がさらに強くなっていくお話も、なんだかんだで好きな人が多いと思います。

流行ってるラノベアニメやも、なんだかんだで主人公は最初からその世界ではチートなものが多いですよね。
最近は特に主人公がオタクタイプや苛められひ弱タイプか、ひねくれたり抱える心の闇が大きい作品などがよく目につきました。(個人的には)
ダウナー系とでもいいましょうか。
実はその手のタイプはわりとコアな層にハマられるタイプで、一般受けが本当に良いのはなんだかんだで今も昔も爽やかで真っ直ぐな存在なんですよね。
アンパンマンが今と昔もずっと大人気というのにも近い気がします。

どんな状況でも真っ直ぐな性格な主人公が活躍+敵が誰か最初からはっきりしてて目標目的も分かりやすい+子供でも理解できるキャラの心理と立場や関係性、話+日本で一番売れてる少年漫画誌作品+アニメのクオリティの高い演出が合わされば、流行ってしまうのも分かります。

カゲオさんの深い考察力に感銘を受け、納得も存分にできました。
一方で、カゲオさんのように物語やキャラクター性を深く読み解いていく方からは受けが悪いからこそ、鬼滅のこの大ヒットなんだとも思っています。

コメントを投稿する
カゲオ カゲオ

竹田様

>ジャンプ黄金期世代の人に怒られそうですが、私は鬼滅は画力のないドラゴンボールみたいなものだと思っています。

なるほど〜そうなんですね。

私はドラゴンボールとは少し違うと思ってて、その理由は「世界観」なんですよね。
ドラゴンボールは第一話からデッケー魚出てきたり、拳銃で頭打たれて「いって〜」で済む世界観なので、最初からなんでもアリのファンタジーとして呑込めました。

一方「鬼滅の刃」は、家族惨殺から始まり、人の死を扱うテーマにも関わらず書くべきことをすっ飛ばしすぎだと感じます。
私の中では「ストーリー性がない・るろ剣とBLEACHを足して2で割った作品」といった感じですね。

>実はその手のタイプはわりとコアな層にハマられるタイプで、一般受けが本当に良いのはなんだかんだで今も昔も爽やかで真っ直ぐな存在なんですよね。

もちろんそうでしょうね。
少年ジャンプのターゲットは「小中学生男子」・実際の読者層も2018年データでは20歳以下が70%以上を占めていますから。
といったことも含め、良い議論が起きるように記事を書いています。

記事を書いた時から今に至るまで、憎悪に近いアンチはたくさんいても、エンタメとして昇華してる「批評」ってないんですよね。
ただのアンチ屋ブロガー・ツイッタラー・YouTuberと比べ、コメント欄が割とクリーンなのも、コメントの質が高いのも、種明かしをしてしまえば綿密に計算して作ってるからだったりします。

>どんな状況でも真っ直ぐな性格な主人公が活躍+敵が誰か最初からはっきりしてて目標目的も分かりやすい+子供でも理解できるキャラの心理と立場や関係性、話+日本で一番売れてる少年漫画誌作品+アニメのクオリティの高い演出が合わされば、流行ってしまうのも分かります。

いいですね。こうした分析をできる方は大好きです。せっかくなので私なりの見解も述べます。
これはある意味ではそうですが、ここまで爆発的ヒットとなると作品の良し悪しだけではないんですよね。
あまりこういうことは言いたくないんですが、売り上げ(流行)に関してはメディアによる大衆操作が大きいかなと。

人間の心理って結構いい加減で、特に日本人は周りと合わせていれば間違いないと思い込む癖みたいのが潜在意識にあります。
メディアが「鬼滅の刃特集」を流しまくる、芸能人が面白いと言っている、SNSでも学校でも流行っている……となると最初は面白いと思っていなかった人も興味なかった人も面白いものだと記憶は書き換えられていくんですよね。

もちろん本人たちにその自覚はありませんが、だからこそ多くの人は「鬼滅の刃はどこがどう面白い?」・「鬼滅の刃は今までの作品とどこが違うの?」と質問をしても明確に答えることができません。
またAmazonのコミックスレビューなんかもツールで調べてみるとサクラが多く含まれてますし、有名人もステマをしている人はいるだろうなと予想しています。

こんな感じでいたるところで印象操作は行われているので、大ヒットの要因は作品内容だけではないかなと。

「加齢臭」と命名し流行らせたのは「資生堂」→急にニオイが気になり始める→対策商品を買う→今度は「ストレス臭」を流行らせる。
みたいに、流行らせた意図や誰が儲かるのかな?を探っていくと結構面白かったりします。

反対意見は不可欠である。
良い漫画家は敵対する人から熱心な支持者よりも多くを学ぶものだ。
>>Walter Lippmann・世論

ってちょっと真面目すぎたかな?いいコメントが来たので、ついつい。笑

コメントを投稿する
アバター 器物自無山

やっぱり、あまり複雑な物語が理解出来ない人向けの漫画ですよね。アニメ見てても、ギャグシーンはうるさいだけだし、走馬灯だらけでその内容も中学生の僕自身でも考えられそうな単調な内容で、走馬灯のシーンが来る度に「ちっ。またこれかよ。」と思ってしまいました。世界観は好きだけど、ストーリーが酷すぎる。展開が全て予想通りに進んでいく。ホントに子供向けって感じがしました。この記事にもあったように鬼舞辻何たらさんがただの酔っ払いの喧嘩を買ったとことか、「え?」ってなりましたもん。HUNTER × HUNTERのボノレノフが蟻に挑発されて「所詮は獣の戯言。私の心には響かない。」と言ったシーン、本当に火拳のエースさんと器物時さんはこれを見習うべきだと思いましたw恐らく、今の鬼滅ファンがHUNTER × HUNTERやワンピースを見たら驚愕するでしょうね笑。あとは鬼滅ファンの民度の低さにはイライラしますね。年齢層が低いから仕方ないのかな。とにかく、僕自身も鬼滅を面白いと思わないので、共感できる人がいて、嬉しかったです。

コメントを投稿する
アバター おかか

こんにちは、最近感じてきたモヤモヤからこの記事にたどり着きました。大学生です。
私がモヤモヤし始めたのは物語が佳境に入ってきた最近です。ネタバレ回避で詳しくは書きませんが、190話~200話で終わりが近づき、「え、、自分の想像してたような主人公の成長とか、やり切った感がないぞ??」と感じて、そこから一気に我に帰りました。
作者の多様性とか創造性にケチつけることはしたくないので、他のジャンプがこうだったから鬼滅はそれに反しててアカン!とは言いませんが、個人的にはもう少し違う話の流れでも良かったかな〜って考えるだけにしてます。

記事とても面白かったです。
特に戦闘力の設定+ボスのクズさには納得させられました。私の中で一番初めに浮かぶ魅力的な悪役はブリーチの愛染だったんですけど、霊王を殺すっていうでっかい目標とそのために積み重ねる地道な努力や根回しがあって、嫌いだけど「こいつすげーー」って思わされる。でも鬼滅の無惨って、「自分が死にたくない」という目的とそのためになぜか部下殺しまくったりなぜかド田舎の炭焼き一家を襲ったり、目をつぶれないくらいの意味不明さがあって魅力的に感じないんですよね…。

記事読んでて感じたのは、「なんで好きなんだろう」って考えることを放棄している自分がいること。なんか戦ってて死にかけて、登場人物が必死になってるのを読むと、「いやこのプロット変じゃね?」って一歩引くのが難しい。笑
大衆迎合的にならずに客観的になることって大事だな〜って思いました。

読み返すと飛び飛びの感想になってますね、すみません…
記事書いてくださってありがとうございます!

コメントを投稿する
アバター れいちゃーんず

こんばんは、本当にガッテン!!な記事をどうもありがとうございました。
まだ鬼滅を見たことのない小3息子に「鬼滅って面白い?」と聞かれて観てみた主婦です。HxH世代で、昔はジャンプヤンマガアニメは好きな方だったと思います。
がっ、鬼になった妹が人を喰わない時点で、早々に脱落してしまいました。妹に腕1本でも喰われて失って(もしくは大事な人が誰か喰われて)、それでも守り抜いてみせろやとか思って読んでました。
その後も、鬼滅が話題だというニュースが出るたびに、アニメを連続で観てみたりしたのですが、見るたびになぜかフツフツと湧いてくる怒りや苛立ちが・・!!(笑)
死ぬ時だけ盛り上がる(死だけをことさら特別のように盛り上げる?)薄い個人ヒストリー、夜露死苦みたいなわざとらしい漢字羅列の名前、主人公の「生まれつき特別」設定が出てきた時には、思わず「中二病かよ!!」と叫んでいました。
・・・が、少し落ち着いてから、とことん中二病のための、中二病を追求したマンガなのだと思ったら、なにかストンと腑に落ちました。
私が感じている苛立ちは、中二病時代の頃の青い世代に(自分含む)、「10年そこそこで100年生きたような顔してんなよ!」「そんなうっすい考えで世の中渡っていけると思うなよ!」「自分だけ特別だと思ってんじゃねーよ!」という苛立ちと同じものかもしれません。それを、鬼滅の刃にも感じるのです。世の中のすべての(どんな年代の人の中にもある)”中二病心”をくすぐるマンガと思えば、これだけヒットしているのも腑に落ちるのです。そこに特にフォーカスしたマンガと思えば、ストーリーや人物の成長や現実味などは2の次でも良いわけですし、ましてや根性とは無縁ですしね。
怖がりな息子には「今見ても怖いだけだから、もう少し大きくなってからね」と伝えました。
これからも記事を楽しみに期待しております。ありがとうございました!!

コメントを投稿する
アバター 肉眠

普段あまり漫画やアニメに接しませんが、人気があって盛り上がった作品は見たりしてる者です。
今回、鬼滅の刃が面白いらしいということで見始め、薄っぺらくてクドい(ってすごいな)内容に飽きて途中で見るのやめました。
なんで人気なんだろう?と思い検索してこちらに参りました。

設定もエピソードもギャグも、全体的に雑な印象でしたが、
具体的な考察に納得しまくりました。ありがとうございました。

コメントを投稿する
アバター あんちぼーい

銀魂…完結
H×H…長期休載
バガボンド…長期休載
好きな漫画が続きが読めなくなってしまったために鬼滅の刃、1巻を手に取ってみたが、これは集める価値はないな、と即分かった

コメントを投稿する
アバター mor

カゲオ様はじめまして。
記事拝見しました!
私は鬼滅の刃が嫌い、というか受けつけられないです。
今まで作品に対してどうしても無理だと思うことは初めてなのと、周り(身近な人や、SNSの人など)はすごく良いというのでその不一致が気持ち悪かったのですが、カゲオさんの批評やここのコメント欄を見て少し安心しました。ありがとうございます!

私が以前試しに鬼滅の刃を少し読んでみたり、アニメを数話拝見してみて、この作品のなんとも言えない感じは主人公に詰まってるなと感じました。

私はジャンプの作品の主人公でいうと、チェンソーマンのデンジがすごく好きです。(カゲオ様がご存知でなければすみません。もしよければ是非読んでみてくださると嬉しいです!)
他にも理由はあるけど、1番は自分に正直で感情豊か、故に程度の低いところや人間の汚いところもあけすけになっている真っ直ぐな感じが作品全体から伝わってくるからです。
生きている感じがするからです。

それと比べると
たんじろうは汚いところはなく、優しくてまっすぐ、誠実な人間ということになっているみたいですが、全くそうは思えません。
例えばもし妹が人を襲ったら腹を切る(しかも自分の師匠と上司も)と約束したのにもかかわらず、遊郭で妹が人を襲いかけたときに、正直で誠実な人ならありえない行動をしました。
すごく自然な隠蔽の流れだったのでやり慣れてそうなのも怖かったです。

まあここでポジティブに「あぁクズキャラ路線かー」と思えると幸せなのですが、
いちいち敵にブチ切れてイキり出すのはクズじゃなくただ不快。かと思えば急に慈悲の心を持ち出すからよくわからない。
加えて何故か他のキャラクターが宗教みたいに「たんじろうすごい!優しい!特別だ!」と聖人扱いするのがとてもきつい。

しかもその優しさがわざとらしいし薄っぺらい。ご都合展開で生き延びた主人公からの一言二言で電流走り、心変わりする周りのキャラクターから作者の雑さ、「こんなにすごいんだよ!愛して!」という意志が不自然に見えてしまう。

なので、たんじろうは優しい正直者というより、とってつけた「優しさ、正直さ」という軽いトッピングがあるだけ。トッピングの仕方も雑。
汚い部分が見えることもあるけどデンジのようなキャラとして愛せるようなものでもなく、どっちつかず。
そしてなにより作者の「これを愛してほしい」「こうなってほしい」という意志ばかり先行しているところが多いので、そもそも生きた人間が自分で動いているように見えないのです。
じゃあなんなんだこいつ…という全くワクワクしない気持ち悪さを感じていました。

それを考えてカゲオ様の記事を読んでみると、「なんかこういうことって鬼滅全体のストーリーや雰囲気に言えることだったんだな。どうりで嫌いだったんだ」と一人で妙に納得できてしまいました。
他にもギャグが寒い、他漫画の切り貼りみたいな設定、絵の手抜き感がひどい…など気になるところはあるのですが、色々考えているとついには私が鬼になりそう。

また、カゲオ様の挙げていた雷の必殺技の動画も拝見しました。鬼滅は無理だと思っていた私でもかっこいい、すごいと感じました。
今まで鬼滅のよさというのがわからなかったのですが、少なくともこの動画は見れてよかったなと思います。
改めてありがとうございました!

長文失礼いたしました!

コメントを投稿する
アバター もりもり

高校1年生の女子です。
鬼滅の刃はアニメから入ったのですが、2話で断念…その後流行っていると知ってからもしかしたら途中から面白くなるのかも、と全話見てみたのですがやはり面白くない。
まず、最初の修行シーンからとにかくうるさい。
作者自体、表現力があまりないからなのか、とにかく主人公に心の気持ちを語らせまくって辛い修行なんだなあって伝えようとしているけど、ただの誤魔化しにしか見えない。しかもその心の声さえも薄っぺらい言葉ばかり。
更に心の声で読者に共感を求める割にはキャラクター達の奇行が多すぎる。炭治郎は鬼に家族を殺されたのならもっと鬼に対する殺意と元の優しい心の葛藤があっても良かったと思う。躊躇無く殺してから優しく手を握ってあげるのは普通成長した主人公がやる行動では?と疑問だった。
そういう気持ちもあってかこの記事には共感しかありませんでした!
ちなみにマンガワンで連載していたセンコウガールという漫画が最高にハイセンスで面白いので是非オススメですよ!

コメントを投稿する
アバター やらし

はじめまして。共感しすぎました。
漫画とかあんまり読んだことない人が流行にのって楽しいって言ってるんだなぁって感じている時にこの記事見て、自分の感覚が狂ってないことを確認出来ました。
コメント残している方たちも漫画をちゃんと読んでいる方たちでコメント見るの楽しい笑

コメントを投稿する
アバター さき

別にどれだけ人気になってくれても構わないんですけどついこの間まで「え、アニメファンなのwオタクじゃんww」みたいだったやつらが急に「全集中~!水の呼吸~!!」とか言ってたのは腹立ちました。どうせ流行りが終わったらすぐ捨てるくせに

コメントを投稿する
アバター ヴァルジャーン

カゲオ先生

内容に関して、全く同感です。

売上でも、君の名はが千と千尋に
勝ってるから、前者の方が名作って事だよって言っちゃう輩増えましたよね。

ワートリやヒロアカのやつも分析やって欲しい。

ヒロアカなんて、デク含めヒーロー気取りの幼稚園に、ジャンプっていう一冊の中でって考えたときに、それでもヒーロー面出来る自信ありますか?って言いてぇもん。

ヒーローになりたいって奴らの動機やその背景
とか分析して欲しい。いや、暴き出して欲しい。

コメントを投稿する

コメントはお気軽にどうぞ

電子書籍100冊半額クーポンはもう使った?
詳細はこちら
おすすめ漫画アプリ9選