WordPressカスタマイズまとめ←クリック

Googleアナリティクスの初期設定を図解で解説

Googleアナリティクス初期設定

この記事では、Googleアナリティクス(以下:GA)の「正しい設定方法」を書いています。

すでに「GA」を活用している方向けの内容なので、まだGoogleアカウントを持っていない方や「GAの登録方法」から知りたい方はこちらから。

Googleアカウント作成ページ

作成ページへ飛ぶと、こんな画面になります。

Googleアカウントの作成手順・1

Gメールでアカウントを作成する場合は、このまま各項目を埋めていき「次のステップ」をクリックしてください。

自分のアドレスで作成したい場合は、「現在のメールアドレスを使用する」をクリックしてください。

Googleアカウントの作成手順・2

「同意する」をクリック。

Googleアカウントの作成手順・3

「次へ」をクリック

以上でGoogleアカウント作成完了です。

一応完了すると、以下のようなメールが届きますので確認してください。

Googleアカウントの作成完了メール

アカウント作成したら「GA」の登録作業に入ります。

Googleアナリティクス登録サイト

Googleアナリティクスアカウント作成方法-1

「アカウント作成をクリック」

Googleアナリティクスアカウント作成方法-2

「Googleアカウントで登録したメールアドレスを入力」

「アカウントを作成をクリック」

Googleアナリティクスアカウント作成方法-3

「お申し込みをクリック」

Googleアナリティクスアカウント作成方法-4

「アカウント名は任意のものを入力」

「ウェブサイトの名前はあなたのサイト名」

「ウェブサイトのURLはあなたのサイトURL」

「業種は任意で選択」

「レポートのタイムゾーンは日本に変更」

「データ共有設定は全部チェックでOK」

「トラッキングIDを取得をクリック」

Googleアナリティクスアカウント作成方法-5

利用規約を読みたい人は、左のドロップダウンから「日本」を選択。

基本は飛ばしてOK。

Googleアナリティクスアカウント作成方法-6

一番下までスクロールしても、「同意ボタン」が表示されない場合は、利用規約自体をドラッグして引き上げれば、ボタンが出てきます。

|

「同意するをクリック」

これで登録完了です。

私は「データ分析方法」や「データの開示(pv数など)」を記事にするなら、そのデータが確実でなければ全くの無価値だと思っています。

ついこの間も、私が加入させてもらっているオンラインサロン「PLAY SALON」(以前加入していた)のメンバーと「WordPress」ネタで盛り上がっていたところ、ある方の「トラッキングコードが重複」していることがわかり、PV数が実際より2倍カウントされていました。

この時はサロン内で気づけたから良かったんですが、おそらく「間違ったまま設定している人」や「使える機能を使ってなかったりする人」がたくさんいそうだなぁと思い、今回「データ分析」をする際に、最低限知っておきたい箇所を抜粋してみました。

あくまで「最低限」なので「Eコマース」などの解説はしていません。

絶対に間違えてはいけないGoogleアナリティクスの初期設定

正しい解析をするなら、初期設定が全てと言っても過言ではありません。

なぜならここを間違えれば、今後のデータ全てが間違った方法で蓄積されていきますし、現状間違えているなら今までのデータは正確なものではないということです。

なので、確実に正しく設定しておきましょう。

Googleアナリティクスの初期設定1【プロパティ設定】

STEP1

GoogleアナリティクスへGO!!

Googleアナリティクスプロパティ作成

Googleアナリティクスプロパティ作成

  • 」をクリック
  • +プロパティを作成をクリック

STEP2

Googleアナリティクス新しいプロパティ

Googleアナリティクス新しいプロパティ

  • 「ウェブサイト」が選択されていることを確認
  • 「ウェブサイトの名前」を入力
  • 「https://」を選択後「ウェブサイトのURL」にドメインを入力
  • 「業種」は運営サイトに近いものを選択
  • レポートタイムゾーンを「日本」に変更
  • トラッキングIDを取得をクリック

STEP3

GoogleアナリティクストラッキングID

GoogleアナリティクストラッキングID

GoogleアナリティクストラッキングID入力箇所

GoogleアナリティクストラッキングID入力箇所

テーマ側にこのようなトラッキングIDだけを入力する項目があれば、IDのみコピペしてください。

ない場合は「header.php」の<head>の下にグローバルサイトタグ(赤枠で囲ってあるコード)をコピペしてください。

WordPressのheader.php

WordPressのheader.php

Googleアナリティクスの初期設定2【ビュー設定】

ここで設定するものが「基本ビュー」となるので、この後の設定にも「基本ビュー」という用語が出てくるので覚えておいてください。

Googleアナリティクスビュー設定
 

」をクリック

ビュー設定」をクリック

「①任意のビュー名」を入力

「②自分サイトURL」を入力

「③タイムゾーンの国や地域」を選択」

「④デフォルトのページ」を入力

「⑤通過」を選択(通常は日本円)

「⑥サイト内検索のトラッキング」をオンにする

「⑦クエリパラメータ」の入力

保存」をクリック

メモ

④の「デフォルトのページ入力」は、忘れている人が多い項目です。

デフォルトの設定では、サイトURLは2つに分かれているので別々に計測されています。

例えば、当サイトのURLなら

「https://kagesai.net/」

「https://kagesai.net/index.php」

のように。

デフォルトページの設定をすることで、URLを1つに統一できます。

WordPressの場合、特別に変更していなければ「/index.php」になります。

自分のURLの後ろに「/index.php」をつけて検索するとサイトが表示されるはずです。

例→https://kagesai.net/index.phpで「検索」

⑦「クエリパラメータの入力」は、サイト内に「検索フォーム」を設置している方のみ設定してください。

WordPressのデフォルトまたは自作の検索フォームを設置している場合は「s」と入力。

Googleカスタム検索を設置している場合は「q」と入力。

この設定をしておくことで、サイト内で検索されたキーワードを「可視化」できます。

Googleアナリティクスサイト内検索キーワード

行動」をクリック

サイト内検索」をクリック

サイト内検索キーワード」をクリック

これで「基本ビュー」設定は完了です。

ここまで設定したら忘れないうちに「自分のアクセス」を除外しちゃいましょう。

こちらの記事を参考に

Googleアナリティクスアクセス除外 Googleアナリティクス自分のアクセス(スマホ・PC)を完全除外

Googleアナリティクスの初期設定3【目標(コンバージョン)の設定】

趣味でブログを書くだけなら、ここは飛ばしてください。

しかし、ブログ運営を本気で考えている方やビジネスとして活用している方には非常に重要な項目です。

ここで様々な「目標設定」をしておくと、達成状況を可視化できるんですね。

私の場合は商品がない雑記ブログですが、1記事完結の資産型ブログを目指しているので、サイトの滞在時間を設定しコンバージョン率(どれだけその記事内にいたか?)を確認しています。

他にもビジネスをしている人であれば

  • 「メルマガ登録数」
  • 「問い合わせ数」
  • 「カートに入った数」
  • 「ページ/セッション数」

など、様々な目標を立てることができます。

「目標設定」は1つのビュー(1つのデータ)につき、最大20個設定できます。

もし足りない場合は、ビュー自体を最大25個まで増やすことができます。

Googleアナリティクス新しいビューを作成

「新しいビューを作成」をクリック

Googleアナリティクス新しいレポートビュー

ウェブサイト」を選択

任意の名前」を入力

レポートタイムゾーン」を選択

ビューを作成」をクリック

今回は、「メルマガ登録」を例に進めていきます。

Googleアナリティクス目標設定

」をクリック

目標」をクリック

新しい目標」をクリック

Googleアナリティクス目標設定

自社商品のコンバージョン率なら、①番の「注文」にチェック。

メルマガ登録などは、②番の「登録」にチェック。

「滞在時間」や「ページ/セッション数」などは、③番の「カスタム」にチェック。

選択後に「続行」をクリック。

Googleアナリティクス目標の説明

分かりやすい任意の名前」を入力

目標スロットID」はそのまま

到達ページ」を選択

続行」をクリック

補足

※ちなみに、「滞在時間」「ページ/セッション数」のみを計測する場合は、ページごとに「URL」を指定する必要がなく、全ページ計測できるようになっています。

Googleアナリティクス目標の詳細
メモ

※到達ページには「登録完了ページのURL

※スクリーン/ページには「メルマガ登録フォームがあるページURL」

ここを間違えないように注意してください。

到達ページ

この場合は「等しい」を選択します。

URLは「メルマガ登録完了後のページ」のものを指定します。

目標到達プロセス」を「オン」にする。

ここを「オン」にすると、登録画面までは行ったけど登録はされなかったことまで計測できるので、登録ページ(LP)の改善をできたりします。

ステップの入力

任意の名前を入力

スクリーン/ページ

メルマガ登録フォームがあるページURL

必須

「はい」を選択

※登録完了ページまでにいくつかステップがある場合は「別のステップを追加」で追加してください。

保存」をクリック。

Googleアナリティクスの初期設定4【デバイスごとの利用状況を一覧表示する】

この設定をすることによって、それぞれのデバイス(PC、スマホ、タブレット)データをより分かりやすく簡単に解析できるようになります。

Googleアナリティクスビューのコピー

Googleアナリティクスビューのコピー2

」をクリック

ビュー設定」をクリック

ビューをコピー」をクリック

新規ビュー名」にデバイスが分かる名前を入力

ビューをコピー」をクリック

Googleアナリティクスフィルタ削除

Googleアナリティクスフィルタ削除

フィルタ」をクリック

削除」をクリック

フィルタの追加」をクリック

注意

コピーしたビュー内にあるフィルタは、最初に作成した「基本ビュー」のものです。

すぐに削除しないと重複により「GA」がデータを読み取れなくなるので、必ず削除してください。

Googleアナリティクスビューにフィルタを追加

新しいフィルタを作成」を選択

フィルタ名」にデバイスが分かる名前を入力

フィルタの種類」は「カスタム」を選択

一致」を選択

フィルタフィールド」は

デバイス カテゴリ」を選択

「設定したいデバイスを選択」

保存」をクリック

Googleアナリティクスセグメントを追加

ユーザー」をクリック

概要」をクリック

セグメントを追加」をクリック

Googleアナリティクス新しいセグメント

すべてのユーザー」にチェックが入っているのを確認

新しいセグメント」をクリック

Googleアナリティクスセグメント設定

デバイスが分かる名前を入力

条件」をクリック

フィルタ」から「ユーザー」をクリックし、ドロップダウンから「デバイス カテゴリ」をクリック

完全一致」をクリック

desktop」と入力

※同じ要領で「スマホ」「タブレット」「フィルタ」を作成する。

補足

「desktop」の箇所は、スマホなら「mobile」タブレットなら「tablet」に変更してください。

ここまでの設定がうまくいっていると、以下のように美しい分析データを表示できます。

Googleアナリティクス分析データ

左上のアカウント部分を一番最初に作成した「基本ビュー」に変更してください。

「PC」「スマホ」「タブレット」のデータを一覧できるので、とても便利ですね。

Googleアナリティクスの初期設定5【ユーザーの「年齢」「性別」「興味」があるジャンルを取得】

この設定をしておくと、「年齢」・「性別」はもちろんのこと、アクセスしてくれたユーザーが「どんなことに興味があるのか?」ということまで可視化できます。

Googleアナリティクスプロパティ設定

」をクリック

プロパティ設定」をクリック

ユーザー属性レポートとインタレストカテゴリレポートの有効化」を「オン」にする。

保存」をクリック。

これらのデータは、以下の箇所で確認できます。

ユーザー」をクリック

ユーザー属性」をクリック

年齢」または「性別」を選択

|

※この画像では年齢を選択したものを載せています。

|

25歳〜64歳までを10歳単位で区切り、65歳以降は一括りにされています。

Googleアナリティクスインタレスト

ユーザー」をクリック

インタレスト」をクリック

「見たいデータを選択」

※この画像では「概要」を選択しています。

|

特に「購買意欲の強いセグメント」は、重要な指標なので、「マーケティング」や「セールスライティング」が得意な方であれば、このデータだけでも売れるコンテンツの作成や購入までのステップを作れるのではないでしょうか?

|

ちなみに、私はそういうスキルはからっきしです。悲

Googleアナリティクスの初期設定6【チャネルグループの名前変更】

ここは「任意の項目」ですが、私はわかりやすい名前に変更しています。

Googleアナリティクスチャネルグループ

Googleアナリティクスチャネルグループ変更前

Googleアナリティクスチャネルグループ変更後

」をクリック

チャネル設定」をクリック

チャネルグループ」をクリック

Default Channel Grouping」をクリック

名前を「デフォルトチャネルグループ」変更

チャネル定義名」を変更

Direct」→「URL直入・ブクマ・アプリ」

Organic Search」→「検索流入」

Social」→「ソーシャルメディア」

Email」→「メルマガ」

保存」をクリック

※この変更名は、過去のデータには反映されません。

Googleアナリティクスの初期設定7【Google Search Consoleアカウントとリンクさせる】

「Google Search Console」(以下:GSC)は、SEOに関するデータを見れるものなので、必ずリンク設定しておきましょう。

「GSC」の登録がまだの方はこちらから。

Google search console登録サイト

「GSC」の登録方法は「プラグインを使う方法」と「header.php」に埋め込む2つの方法があるので、両方の方法を載せておきます。

Googlesearchconsoleへ登録・1

「プロパティを追加」をクリック

「あなたのサイトURLを入力」

「追加」をクリック

「All in One SEO Pack」を使って連携させる方法

Googlesearchconsoleへ登録・2

All in One SEO Pack設定・Googleウェブマスター認証

「別の方法」をクリック

「HTMLタグ」を選択

「All in One SEO Pack」を使う場合は「出てきたタグの”の中だけをコピー”」

注意

ここはよく間違えられるので注意!!

使うのは””の中のタグだけです。

「GSC」の画面を開いたまま、「自分のサイトの管理画面に戻る」

「All in One SEO Pack一般設定」をクリック

Googleウェブマスターツールにタグを貼り付ける

一番下までスクロールし、「設定を更新」をクリック

「GSC」の画面に戻る

「確認ボタン」をクリック

「header.php」から連携させる方法

Google Search ConsoleのHTMLタグ

「header.php」に貼り付ける場合は、「<meta〜/>」まで全てのタグをコピーします。

「GSC」の画面を開いたまま、自分のサイトに戻る

テーマヘッダーの編集方法

「外観」をクリック

「テーマの編集」をクリック

「テーマヘッダー」をクリック

<head>の下にタグを貼り付ける。

一番下までスクロールし「ファイルを更新」をクリック

「GSC」画面に戻り、確認をクリック

Googlesearchconsoleへ登録・3

この画面が出れば、認証成功です。

Googleアナリティクスサーチコンソールを調整

」をクリック

プロパティ設定」をクリック

Search Consoleを調整」をクリック

Googleアナリティクスサーチコンソールの設定

追加」をクリック

Googleアナリティクスサーチコンソールのデータを使用する

Googleアナリティクスサーチコンソール関連付けの追加

「GA」とリンクするサイトをクリック

「保存」をクリック

「OK」をクリック

サーチコンソールトップページ

「すべてのメッセージ」をクリック

「関連付けらた」というメッセージを確認できればOK

Googleアナリティクスサーチコンソールの設定2

「GA」のSearch-Consoleの設定画面を確認すると、先ほど関連付けたサイトURLが表示されています。

これで「GSC」との関連付けは完了です。

「GSC」のデータは以下の箇所で確認できます。

Googleアナリティクスサーチコンソールデータの見方

「集客」

「Search Console」

見たいレポートを選択

※この画像では「ランディングページ」を選択しています。

Googleアナリティクスの初期設定8【Google AdSenseのアカウントをリンクさせる】

こちらは「Googleアドセンス」の審査に受かった方だけが行う設定です。

ここをリンクさせておくとアドセンスのレポートだけでは見れない、「どのページで、いくら収益が発生したか?」などの詳細もわかります。

Googleアナリティクスアドセンスリンク設定

」をクリック

AdSenseのリンク設定」をクリック

新しいAdSenseリンク」をクリック

GoogleアナリティクスAdSenseリンクの設定

コンテンツ向けAdSense」をクリック

続行」をクリック

GoogleアナリティクスAdSenseリンクの設定2

1個のビューが選択済み」をクリック

基本ビュー」を選択

GoogleアナリティクスAdSenseリンクの設定3

リンクを有効化」をクリック

GoogleアナリティクスAdSenseリンクの設定4

完了」をクリック

これでAdSenseとリンクが出来ました。

AdSenseデータは、以下の箇所から確認してください。

Googleアナリティクスサイト運営者

サイト運営者」をクリック

概要」をクリック

どのページで収益が発生しているかが一目でわかるので、「アドセンス広告の見直し」や「ASP広告に変更」「リライトの優先度」など色々な施策を取れますね。

まとめ

今回は「GA」の基本的な機能について解説しました。

ネット上でも「分析方法」「分析データを公開」しているブロガーやアフィリエイターはたくさんいますが、データを見れば一目瞭然しっかり設定している人はほとんどいません。

たったこれだけでもライバルより1段も2段も深い分析ができるはずです。

正しい設定を終えたら、取得したデータの見方や用語も合わせて覚えておきましょう。

Googleアナリティクス解説 Googleアナリティクス23用語の見方をわかりやすく解説

今回紹介したものは「GA」機能の中でもほんの一部です。

ブログ程度であれば上記の設定だけで十分ですが

  • ビジネスとして本格的にサイト運営をしている
  • さらに専門的な「深い分析」や「知見を深めたい」

という方にはこちら本をオススメします。

Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ【260】
★Amazonは現金チャージがお得★

チャージ額に応じてポイントが貯まります。

プライム会員」なら最大2.5%ポイント還元!!貯まったポイントは次回のお買い物から使えます。さらに、今なら初回購入1000ポイントキャンペーン中!!

※キャンペーン条件がやや複雑なので不安な方は下記の手順を確認してください

STEP1

キャンペーンページへ

Amazonギフトポイント付与キャンペーン

STEP2

エントリー完了後、「Amazonギフト券チャージタイプ」をクリック

Amazonギフトポイント付与キャンペーンエントリー

STEP3

キャンペーン条件の5000円以上を選択または自由金額を5000円以上に入力次へをクリック

Amazonギフトチャージタイプ購入

STEP4

Amazonギフトチャージタイプ支払い方法選択PC

「コンビニ・ATM・ネットバンキング払い・電子マネー払い」を選択次に進むをクリック


STEP5

注意×10

特に何もせず注文を確定するをクリック

Amazonギフトチャージタイプ購入PC

以下キャンペーン条件から外れてしまうトラップについて。

  • 支払い方法の「電子マネー」はNG
  • Amazonギフト券・Amazonショッピングカード・クーポンも使用できるようになっていますがNG
  • 2000円以上で200ポイントも初回特典ですが、チャージは対象外なのでこちらを選択すると本来1000ポイントもらえるのに200ポイントになってしまうのでNG

私はAmazonヘビーユーザーですが、このキャンペーンに関してはユーザーを欺くようなUX(導線)でよろしくないなと思いました。


STEP6

Amazonギフトチャージタイプ購入確認メール

Amazonに登録してるメールアドレスに「お支払い番号のお知らせ」メールが届きます。お支払い方法別の手順」のリンクをクリックしてください。


STEP7

Amazonギフトチャージタイプ支払い確定PC

もう一度言っておきますが、ここで「電子マネーでの支払い」を選択しないように注意してください。

それ以外の支払い方法をクリックすると詳細が載っているので、期限である6日以内に支払いを済ませて完了です。

以上がキャンペーンの手順です。注意点に気をつけながらぜひこの機会に1000ポイントGETしてください。

プライム会員」なら最大2.5%ポイント還元!!

※チャージした金額の有効期限は安心の10年間

ご質問・ご感想・受付中

「メールアドレス入力欄」を削除した為「返信通知」は届きません。
確実に返信が必要な場合は「お問い合わせ」または「TwitterのDM」よりご連絡ください。

他の方にも有益になると判断した質問やコメントは記事に引用させて頂く場合がありますのであらかじめご了承下さい。