漫画・小説・ビジネス書なんでも最大100冊分が半額

漫画読むならどっち?紙の本と電子書籍のメリット・デメリットを比較

電子書籍と紙の本メリットデメリット

漫画って最高だよな。

  • ・一度心を掴まれたら抜け出せなくなる中毒性
  • ・どんな体勢でも読みやすいあのサイズ感
  • ・ページをめくるたび訪れる躍動感(やくどうかん)

実家にいた頃まぁまぁデカめの本棚3つ買って、バイト代の80%をぶっ込み、あっという間に数千冊の漫画棚が完成。

お気に入りの漫画に囲まれて寝るのは最高のコンフォートゾーン。地震きたら潰されて死ぬ状態だったけど、それで本望「manga is my life」

そんなヲタク少年もいつしか生涯の伴侶(はんりょ)と出会い、結婚を機に同棲(どうせい)し、2人の子を授かり、マイホームを購入、家具の配置や未来設計を考えるとどうしても漫画棚は置けなくなりました。

でも俺の人生から漫画がなくなる=死を意味します。そして数年前「デン?シ・・ショセキ?」なるものを試す日がやってきたのです。ドゴーン!!!!!脳天に雀部長次郎忠息(ささきべちょうじろうただおき)黄煌厳霊離宮(こうこうごんりょうりきゅう)……いやエネルの雷神万雷(ママラガン)が降り注ぎました。

なんじゃこれ?クソ快適すぎてヤバイ……これ考えた奴だれ?天才だろとっ。それくらい衝撃を受けました。

今では電子書籍を手放すことができず、ある意味重度のスマホ中毒者です。

ってなわけで、単行本3000冊、電子書籍5000冊くらい漫画を買ってきた男が今更ですがそれぞれのメリット・デメリットを語らせてもらおうと思います。

DMM電子書籍キャンペーン【DMM電子書籍】最大100冊分が50%OFFになるクーポンが神です

紙の本VS電子書籍

両者を比較する際、以下の3つが重要です。

価格(\新品の場合/)可読性(\読みやすさ/)発売日(\新刊の場合/)
単行本
電子書籍

電子書籍の方が安いのはなんで?

単行本より電子書籍の方が安い

1つめは価格について

単行本って基本定価でしか売ってないですよね。一方で電子書籍は……

  • ・無料キャンペーン
  • ・半額セール
  • ・ポイント◯◯倍ボーナス
  • ・◯◯%OFFクーポン

などしょっちゅうやってます。

これは不公平過ぎないか?と思うところですが、ちょいと難しい話をすると再販売価格維持」ってものがあるからなんですね。

出版社が書籍・雑誌の定価を決定し、小売書店等で定価販売ができる制度です。

独占禁止法は、再販売価格の拘束を禁止していますが、1953年の独占禁止法の改正により著作物再販制度が認められています。

出版物再販制度は全国の読者に多種多様な出版物を同一価格で提供していくために不可欠なものであり、また文字・活字文化の振興上、書籍・雑誌は基本的な文化資産であり、自国の文化水準を維持するために、重要な役割を果たしています。

簡単にいうと、出版社がAという漫画の値段を「475円」に決めたら、小売店はそれを勝手に変更できない制度です。

なので現状は書店で値引きはありえません。しかしながら、電子書籍は制度対象外のため割引し放題ということです。

つまり新品で買う場合は100%電子書籍の方が安く買えます。

中古だと単行本の方が安い場合がある

中古の場合、店舗だと数十円〜あり、通販だと送料別で1円〜あるので、価格だけでいえば安い場合があります。というより通販の場合は以下のように送料にお金払う感じですね。

中古本サンプル

上記例だと「300円」で購入できます。OUTのレビュー記事はこちら

ただ、私は以下の点から中古漫画はオススメしません。

  1. 作者に印税が入らない
  2. 潔癖スイッチが入る

印税については、読者に関係ないといえば関係ありません。でも漫画の作者さんって神じゃないですか。もちろんウンコみたいなクソ漫画もありますけど、それでも世に出した以上なんらかの形で収入になって欲しいなと思うわけです。

中古だといくら売れても印税は入りません。正確にはその中古本が新品購入された時に一度入っているので2重取りになってしまうからです。なのでどうせなら中古ショップより直接作者に貢献したくないですか?って話

カゲサイーカゲオカゲオ

まぁ難しいところですけどね。ガキの頃は金もねーし、本を売った金で新しい本を買えばwin-winのような気もしますし……。ただ金持ってる大人はなるべく新品買おうぜってことで。

  1. 夢を追い漫画を描く
  2. 狭き門を突破した天才が連載開始
  3. WEBサイトや雑誌で作品の存在を知る
  4. ファンが単行本(電子含む)を買う
  5. 作者の金になる
  6. 見聞が広がる
  7. さらにおもしれー作品が生まれる

基本はこの流れが最強だと思ってます。作者に貢献することは回り回って、より自分を楽しませてくれてるんだぞと。

続いて、潔癖スイッチ

中古本をおすすめしない理由

これについては完全に主観ですけど、どこの誰かもわからんやつがベタベタ触ったものは汚ないって思うだけです。

ほらガキの頃スーファミやプレステやりながら、スナック菓子食って、手を拭かないでコントローラーを触るヤツいたじゃないですか。えっ?君の手は感覚ないの?ヌルヌルしてるの気にならないの?正気ですか?って。まさにアレと同じことを想像しちゃうんですよね。バッチイ。。。以上。

「読みやすさ」は紙の本が最強

紙の本は読みやすい

2つめは読みやすさについて

最近はデバイスの進化も素晴らしく、電子書籍が読みにくいということはありません。

ただし、スクロールやタップして読む特性上、ピンポイントで35ページ目に移動したりすることができないのです。

伏線はりまくった漫画だと、あれ?と思って123ページから16ページ目に飛びたい時や巻をまたぎたい時ってありますよね。

電子書籍だとどうしてもロスタイムが発生するので、この点は単行本に軍パイが上がります。

電子書籍は読み方を工夫できる

とはいえ電子書籍ならではの特典もあります。例えば、単行本を片手で読むのは難しいですよね。

電子書籍ならデバイスを立て掛けておけば、左手で画面をタップしながら、右手でお菓子やご飯を食べることも可能です。(行儀悪いから良い子はマネしちゃだめだぞ)

または肘枕で寝っ転がって、ぐうたら読むこともできます。

カゲサイーカゲオカゲオ

本は持って読むという常識が崩れた瞬間でした。

電子書籍は劣化しない

電子書籍は劣化しない

紙の本は読めば読むほど折り目がついたり、摩擦(まさつ)により劣化していきます。パーフェクトブック状態で保存するには、それこそ「保存用」「読書用」2冊買いでもしなきゃ厳しいです。

あと紙は日光に弱いですから、うっかり窓を閉め忘れた日には悲しいくらい本ヤケします。

それに対し、電子書籍はデータなので何千回読んでも劣化しません。いつ読んでも快適なので可読性(かどくせい)が損なわれないのです。

慣れるまでロード時間がストレスになる

ロード時間

紙の本は開いた瞬間にその世界に入り込めるのに対し、電子書籍は買ってからダウンロードする必要があり、数十秒のロスタイムがあります。

補足

Wi-Fi環境であればダウンロードせず”ブラウザ読み”を選択すると、少しだけ早く読めます。ただし、Wi-Fi環境外では通信料が発生してしまうので忘れないうちにダウンロードしておくことをオススメします。

紙に慣れていると最初はこの数十秒がストレスになるかもしれません。少なくとも私はまどろっこしかったですね。

物によって電子書籍は遅れて発売される

電子書籍は発売日を遅らせる

3つめは発売日について

有名どころだと「ワンピース」は単行本発売日から1カ月遅れで販売されます。他にもこういった作品がいくつかあるので、新刊をすぐに読みたい人は待ちきれないかもしれません。

なんでこんなことするの?ってところですが、1つはコストの問題です。

ワンピースみたいな巨大漫画は初版で何百万部も刷っています。それが発売日に全国の書店やコンビニにドバーッと並ぶわけですね。

例えばですが、100万部刷って最初の勢いで85万部売れ、そこからなだらかに売れていき最終的に95万部まで売れる予定だったとします。同時期に販売すると本来「紙の本」を買うはずだった読者まで電子書籍に流れてしまいます。

価格の面でお話ししたように、出版社にしても漫画家さんにしても定価の単行本が売れた方がありがたいので、それは困るわけです。

書店の経費

それに単行本は店頭までの運搬費や書店の人件費など電子書籍にはないコストがかかります。昨今の不況下ではどこも在庫にシビアなので、1カ月くらい様子を見ないと厳しいのかもしれません。

カゲサイーカゲオカゲオ

余談ですが、ファミマに行くとレジの真横にワンピースの新刊が積んであって、毎回欲しいーという欲求と闘ってます。絶対電子書籍で買うけど。

もう1つは、現状ほとんどの出版社が電子コミックの販売数を累計発行部数(るいけいはっこうぶすう)にカウントしない点です。なぜなら電子コミックは無料でダウンロードされたり、半額で購入されたり、アプリで読まれたりするので、元来単行本(定価)でカウントしてきた発行部数に入れてしまうと過去の統計が崩れるからです。

漫画家にとって発行部数は生命線。売れない漫画は容赦なく連載から外されます。以下の記事を読むとなんでも初版が重要のようですね。参考:「電子書籍の購入は作家の応援にならない」は本当? 現役編集者に聞いた

上記では、電子書籍の印税計算や市場規模の関係で出版社が電子に本気になっていないことを語られています。しかしコミック市場に限っていえば、2017年に電子が上回り、2018年の市場推計は以下の通りです。

2018年コミック売上推移参考:出版月報2019年1月号

この比率は年々増加傾向にあります。なおアプリの売上は含まれていないので、実際はさらに開きがあるはずです。

こういったことからも電子コミックの発行部数(連載続投の指標)をカウントしないというのは、出版社のエゴに他なりません。

ただ、これって逆に言えばチャンスですよね?このまま比率が拡大していけば、「電子コミック」がスタンダードとなり、どの出版社も無視できなくなります。

確かに、短期的に見れば単行本の方が売上は上がるかもしれません。しかし時代が電子書籍に流れている以上、少なくとも「漫画」に関しては、電子コミックを主流にした方が長期的な経済効果は高いと考えます。

また小難しい話を抜きにしても、ブログを書いてる身として数字って気になりますし、モチベーションにも大きく影響します。

すべてをカウントしてあげた方が漫画家さんにも良い影響を与えるはずです。

紙の本の方が遅い場合もある

漫画アプリ限定作品

最近では漫画アプリで先行配信する作品も多くなってきており、アプリで話数を重ね、人気が出たら「書籍化」みたいな逆パターンもあります。

例えば当サイトで紹介している「サレタガワのブルー」は2019年3月現在「マンガMee」でしか読めません。

不倫を描いたマンガですが、この人気なら100%書籍化するでしょう。

比較表まとめ
  • 新刊の価格は電子書籍のが100%安い
  • ページ移動まで考慮すると読みやすさは単行本が最強
  • メジャー漫画は電子書籍の発売日が遅い作品がある
  • 漫画アプリ限定作品は後から書籍化されることがある

ここまで色々語ってきましたが、結局今は電子書籍にどっぷりハマってるので、ここから先は電子コミックのデメリットメリットの順に語らせてもらおうと思います。

電子書籍のデメリット

いくら便利とはいえ、当然ながらデメリットもあります。

視力低下問題

視力低下

昔からテレビは離れて見ろとか、部屋を明るくして見ろと言われてきましたが、画面を通して読む以上視力低下の起因(きいん)は避けられません。

私の場合、PCをイジってる時間も多いので、電子書籍だけが原因ではありませんが、1.0あった視力が数年で0.3まで落ちました。

これに関しては「適度に休憩をはさむ」「暗い部屋で読まない」など、ある程度自分で対策できますね。

カゲサイーカゲオカゲオ

ただメガネ屋さんに聞いたところ、今の時代(ネット時代)に視力が1.0以上あると逆に疲れるだけと言っていました。

セキュリティ問題

電子書籍のセキュリティ問題

電子書籍は購入しているとはいえ、あくまでデータなので、運営会社がハッキングされればデータ消失する可能性はあります。

単行本であれば手元にあるので、災害で家ごと吹き飛んだり、マニアックな泥棒でも入らない限り、なくなることはありませんよね。

電子書籍ストア潰れてしまう問題

電子書籍ストア潰れる

大手の運営会社が潰れる可能性はまずないと思いますが、新参の会社やアプリが潰れることは十分ありえます。なので、多少安くてもマイナーなところで購入することはオススメしません。

実際、2014年にヤマダ電機が運営していた「ヤマダイーブック」閉鎖の時は炎上しましたからね。参考:ヤマダイーブック「炎上」 電子書籍事業への教訓

ちなみに潰れた場合、再ダウンロードができなくなるので、お使いのデバイス(スマホやタブレット)を買い換えるまでが賞味期限です。

参考:電子書籍は永遠に読めるのか?運営会社が潰れたら?

電子書籍デメリットまとめ
  • 視力が悪くなる可能性大
  • セキュリテイは運営会社次第
  • 電子書籍ストア自体が潰れる可能性アリ

電子書籍のメリット

上記ではデメリットについて語りました。もちろんそれ以上にメリットがあるからこそ電子書籍を手放せなくなっています。

この先は電子書籍の素晴らしさをアツく語らせてください。

数千万冊の本を片手に収めることができる

電子書籍の仕組み

3000冊の本に囲まれて寝ていた男ですが、家なら最高です。いつでも好きな時にいくらでも読めるから。

でも一歩外に出れば、脳内の海馬に詰め込んだ情報をつなぎ合わせるしかありません。持ち運ぶにしても2~3冊がいいとこです。

  • ・いくら考えてもやる意味を見出せない地獄の組長会議
  • ・説明欄に書いてあることをバカでかい声で話してるだけの説明会
  • ・いったい中で何をしてるんだ?ってくらい時の流れが止まった病院の待ち時間

って死ぬほど暇ですよね。

そんな時、数百千冊の漫画がスマホの中にあったら最高じゃないですか?むしろ暇な時間が待ちどうしくなります。

書店員に見栄を張らなくて済む

私が高校生の頃は、まだ電子書籍は流行っていませんでした。なので、TSUTAYAで恋愛漫画とかちょっとエッチな本を買う時、それを隠すためにフェイク漫画買ったり、美人店員さんにかち合った時に恥ずか死ぬ思いしたりしたんですよね。

カゲサイーカゲオカゲオ

レジに並んだ時、片方に美人もう片方にモサイおっさんパターンはよくあって、流れを読んでおっさんになるタイミングで並んだのに前の奴らがポイントがどうちゃらこうちゃらやりだして、ズレて美人列で買う羽目になり、あっアレを買い忘れたわ〜みたいなフリしてまたフラフラと漫画コーナーに戻る……みたいなことやってましたからね。

こういうの気にしなくて済みます。誰の目も気にせず好きな漫画を好きなだけ買えるって、本当に最高です。

あなたにオススメ機能が秀逸すぎる

電子書籍マーケティング

今やどこのお店も会員登録を行うと定期的にメールマガジンが届きますよね。ウザい店なんか一日何通も送ってくる始末で、迷惑メールまたはメルマガ解除、確定案件です。

しかしこと漫画に関しては、この機能はメリットしかありません。さすが膨大なユーザーの検索履歴や購入履歴からデータを取ってるだけあって、精度がめちゃくちゃ高いのです。

イチイチ次何するかな〜と探す必要がなくなり、時短良きです。

全作試し読みできるとか便利すぎて笑う

電子書籍試し読み機能

最近書店でもカバーをつけて試し読みできないところが増えてきました。ワザワザ足を運んでるのに中身が読めず、ネットのレビュー頼りに予測して買うことってありませんか?

ご安心を。電子書籍なら、どこにいても気になる作品をボタン1つで「試し読み」できます。

店にいかず気になる作品を探し放題

電子書籍の検索機能

初めて足を踏み入れる書店って、場所の配置を探すところから始めますよね?アレって結構時間食いませんか?

しかーし、電子書籍なら検索ボックスから探したり、お気に入りの作者一覧を表示させたり、ジャンルで探したり自由自在です。

これもまた時短になる大きなメリットの1つです。

無料キャンペーンがチート過ぎてヤバイ件

電子書籍無料キャンペーン

書店よっては1巻無料のサンプルが置いてある場合もあります。でも1巻……多くても2巻なのです。

電子書籍は私の知る限りだと、「弱虫ペダル」の59巻無料キャンペーンがありました。

弱ペダ漫画無料キャンペーン

59巻ですよ?金額にすると25000円以上……もちろんありがたく読ませていただきました。

マーケティングでいう「フリー戦略」ってやつですが、それにしても読者にはありがたいですよね。

ザーッと語ってきましたが、電子書籍のメリット・デメリットは以下の通りです。

電子書籍のメリット・デメリット

電子書籍と紙の本比較まとめ

電子書籍のVR体験はできましたか?

まだ使ったことがない方はぜひ使ってみてください。すでに使っている方は友人やご家族の方に勧めていきましょう。

マンガヲタクの漫パワーが電子書籍市場を盛り上げるのですよ。

管理人おすすめ電子書籍サイト
DMM電子書籍キャンペーン【DMM電子書籍】最大100冊分が50%OFFになるクーポンが神です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です