当サイト案内
デスオ
サイト管理人
デスク環境周辺アイテムを発信するサイト。

1mmでも誰かの参考になれば嬉しい。

当サイト限定でFlexiSpot10%OFFクーポンが発行されたぞ。→詳細はこちら


2020年デスク周り買ってよかったもの10選> 記事を見てみる

SteelSeries QcK EdgeマウスパッドXLレビュー|全シリーズの違いも解説

QCK EDGE XL レビュー

評価:5

FLEXISPOTデスクと相性の良いマウスパッドを見つけた。
サイズ・加工・使い勝手は文句なしだ。

当環境は、選び方や特性などを一から調べて、最終的にSteelSeries QcK Edge(スティールシリーズ キューシーケー エッジ)のXLを選択したことになる。

ちなみにゲームはしないので、仕事用として使う場合のレビューだ。
結論:デカいマウスパッドを買うべき

QcK Edge XLサイズ
  • SteelSeries QcK Edge XL
  • 側面ステッチ加工あり
    水洗い可能
    重量:340g
    サイズ
    幅:900×奥行:300×厚み:2mm
目次

SteelSeries QcK Edgeのいいところ3つ

QCK EDGE XL外箱

まずは良かったところを紹介していく。

サイズ感が最高

FLEXISPOT人間工学カーブ型天板

まずサイズ感だ。
幅90cmはめずらしくないが、奥行30cmのマウスパッドは選択肢が少ない。

は中央がへこんでいるので、天板の奥行は61.5cmだ。
となると奥行40cmのマウスパッドでは、広すぎる

QCK EDGE XLサイズ感

マイキーボードLogicool MX KEYSは幅:43cm

その横にMX Master 3幅:8cm

をおいてもこれだけ余裕があり、飲み物や小物も置けてしまう。
また厚み2mmが絶妙で、初日から癖もつかず、天板にピタッと敷ける。

5mmを超えてくると、軽いヨガマットレベルで、端のほうが浮いてしまうのだ。

ステッチ加工で耐久性アップ

続いて、ステッチ縫いされた縁について。
これにより耐久性が向上する。

QCK EDGE XL

購入前に調べていると以下のようにステッチなしのものは、剥がれてきてしまうようだ。

画像引用:LAINEEMA

さらに側面から覗いても、ステッチ加工の厚みはほとんどない。
つまりパッド部分と段差がないため、手首が変に引っかかったりすることもないのだ。

QCK EDGE XL側面

また厚みのあるヘビーよりも価格が安く、癖がつきにくいのもステッチ加工のおかげである。

滑り止め効果抜群

QCK EDGE XL

最後に裏面にバッチリ滑り止めがついているので、どんなに乱暴にマウス操作してもまったく動かないし、表面も適度な滑り具合でコントロールはバッチリだ。

もともとデスク上になるべく物をおきたくなかったから、最初は天板直でやってたんだけど、まぁすべるすべる。
手首がコンっと当たりろうもんなら、20cmくらい右側へ飛んでいってしまう。

でゲーマーの弟に「マウスパッドは絶対買ったほうがいいよ」と言われたので買ってみたが、もう快適オブ快適。
一度体験したら、なしには二度と戻れない。

QcK Edge XLサイズ
  • SteelSeries QcK Edge XL
  • 側面ステッチ加工あり
    水洗い可能
    重量:340g
    サイズ
    幅:900×奥行:300×厚み:2mm

SteelSeries QcK Edgeの微妙なところ2点

デメリット

ここまで褒めちぎってきたが、もちろん良いところばかりではない。

ロゴ問題

QcKロゴ

俺は基本、無地が好きである。
しかしゲーマー用のマウスパッドのため、どうしてもロゴがはいってしまう。

もしこの素材でロゴなしであれば完ぺきだった。

臭い問題

QcK臭い

開封直後は、ゴム臭とでもいうのだろうか…とにかく臭い。
顔を近づけて匂うレベルではなく、部屋中に充満するくらい強烈だ。

なので、開封したその日に風呂場で手洗いし、一日陰干しした。
この洗えるという点も購入したポイントの1つだ。

いくぶんかマシになったが、それでも臭い。
ところが、1週間もするとほとんど臭いはしなくなり、快適なライティングに勤しむことができる。

もちろん今でも顔を近づければ臭いはするが、普通に仕事をしてる分には問題ない。

SteelSeries QcK全シリーズの違い比較表

QcKシリーズはぜんぶで5種類ある。
他のシリーズも見てみたい方は参考にしてくれ。

\各リンクは商品解説に飛ぶよ/

シリーズサイズ(横幅×奥行×厚み)
QcK(小)25cm×21cm×2mm
QcK(中)32cm×27cm×2mm
QcK(大)45cm×40cm×2mm
QcK Heavy(中)32cm×27cm×6mm
QcK Heavy(大)45cm×40cm×6mm
QcK Heavy(XXL)90cm×40cm×4mm
QcK Edge(中)32cm×27cm×2mm
QcK Edge(大)45cm×40cm×2mm
QcK Edge(XL)90cm×30cm×2mm
QcK Hard(中)32cm×27cm×3mm
QcK PRISM CLOTH(中)32cm×27cm×4mm
QcK PRISM CLOTH(XL)90cm×30cm×4mm

QcK

初代QcK。
もっとも安価で「小・中・大」の3サイズ展開。

QcK小サイズ
  • QcK(小)
  • 素材:マイクロウーブンクロス
    カラー:ブラック
    重量:90.7g
    サイズ
    幅:250×奥行:210×厚み:2mm
デスオ

安くて小さいサイズのマウスパッドで良ければこれで良いかも


QcK中サイズ
  • QcK(中)
  • 素材:マイクロウーブンクロス
    カラー:ブラック
    重量:136g
    サイズ
    幅:320×奥行:270×厚み:2mm
デスコ

先ほどより一回り大きくなってるわよ


QcK大サイズ
  • QcK(大)
  • 素材:マイクロウーブンクロス
    カラー:ブラック
    重量:227g
    サイズ
    幅:450×奥行:400×厚み:2mm
デスオ

初代Qckで一番大きいサイズだね

QcK Heavy(ヘビー)

初代QcKに厚みをもたせたヘビー(2mm→4〜6mm)またサイズ展開は(中)〜で、XXLサイズが追加されているのもポイント

QcK中サイズ
  • QcK Heavy(中)
  • 素材:マイクロウーブンクロス
    カラー:ブラック
    重量:300g
    サイズ
    幅:320×奥行:270×厚み:6mm
デスコ

見た目も素材も変わらないんだけど、厚みは6mmもあるわよ


QcK大サイズ
  • QcK Heavy(大)
  • 素材:マイクロウーブンクロス
    カラー:ブラック
    重量:635g
    サイズ
    幅:450×奥行:400×厚み:6mm
デスオ

大サイズになると600g超えだからずっしり感はすごいぜ


QcK Heavy XXLサイズ
  • QcK Heavy(XXL)
  • 素材:マイクロウーブンクロス
    カラー:ブラック
    重量:1,160g
    サイズ
    幅:900×奥行:400×厚み:4mm
デスコ

さすがにマウスパッドで1kgを超えると重いわね
どかして掃除するときにストレスになりそうだわ

QcK Edge(エッジ)

縁に沿ってステッチ加工されているモデル
厚みは2mmのままで耐久性のみ向上させている。

また奥行が30cmになったXLサイズも魅力の1つ
俺が購入したのは↑これね。


QcK Edge Mサイズ
  • QcK Edge(中)
  • 側面ステッチ加工
    カラー:ブラック
    重量:119.75g
    サイズ
    幅:320×奥行:270×厚み:2mm
デスオ

厚みはそのまま側面にステッチ加工を施したモデルだね


QcK Edge Lサイズ
  • QcK Edge(大)
  • 側面ステッチ加工
    カラー:ブラック
    重量:不明
    サイズ
    幅:450×奥行:400×厚み:2mm
デスコ

横長タイプがいらない方はこれがオススメよ


QcK Edge XLサイズ
  • SteelSeries QcK Edge XL
  • 側面ステッチ加工あり
    カラー:ブラック
    重量:340g
    サイズ
    幅:900×奥行:300×厚み:2mm
デスオ

横長で奥行30cm×2mmのゲキ薄モデルはこれだけ
個人的に一番オススメ

QcK Hard(ハード)

硬質ポリエチレンを使った固めのマウスパッド。
サイズ展開は中サイズのみ。
滑り止めが一切ないので、天板直と変わらず仕事用としては推奨しない。

その分操作速度に優れているので、ゲーム等でスピードを求めている方向け。
また厚みは3㎜になっている。


QcK Hard
  • QcK Hard(中のみ)
  • 素材:ポリエチレン
    カラー:ブラック
    重量:不明
    サイズ
    幅:320×奥行:270×厚み:3mm
デスコ

ゲーマーさん以外にはおすすめできませんわ

QcK PRISM CLOTH(プリズムクロス)

ゲーマー御用達で縁がRGBイルミネーション効果を発揮。
USB-AでPCに繋ぐとDiscordやゲームアラートなどの通知が可能。

マウスケーブルと干渉しないように、パッドの左側からケーブルを繋げるなどユーザーのことをよく考えたつくり。
サイズは中とXLのみ。


QcK PRISM CLOTH中サイズ
  • QcK PRISM CLOTH(中)
  • 素材:マイクロウーブンクロス
    カラー:ブラック×RGBLED
    重量:223g
    サイズ
    幅:320×奥行:270×厚み:4mm
デスオ

イルミネーション仕様はゲーマーには良さそうだけど、仕事には向かないね


QcK Heavy:XXLサイズ
  • QcK PRISM CLOTH(XL)
  • 素材:マイクロウーブンクロス
    カラー:ブラック
    重量:610g
    サイズ
    幅:900×奥行:300×厚み:4mm
デスコ

ゲーマーモデルは厚みが少し気になるわね

結論:SteelSeries QcK Edge XLはありそうでない絶妙なマウスパッド

以上がSteelSeries QcK Edge マウスパッド XLサイズのレビューだ。

この快適さを3,000円台で買えるのだから、コスパはかなりいい。
マウスパッドデビューとして十分満足できる商品だといえる。

特に横長タイプを探している方にはおすすめだ。

QcK Edge XLサイズ
  • SteelSeries QcK Edge XL
  • 側面ステッチ加工あり
    水洗い可能
    重量:340g
    サイズ
    幅:900×奥行:300×厚み:2mm
QCK EDGE XL レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると励みになるぜ!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

質問・感想・助言・指摘・専用フォーム

何かあればこちらにご記入ください

※日本語が含まれていないコメントは投稿できません。(スパム対策)

目次
閉じる