当サイト案内
デスオ
サイト管理人
デスク環境周辺アイテムを発信するサイト。

更新頻度は不定期だが、在宅で快適に過ごせるDIYや環境構築に力を入れている。

1mmでも誰かの参考になれば嬉しい。


→俺の最新デスクツアーをみる

E7Qにキーボードトレイを取り付ける方法

当ページのリンクには広告が含まれています。
FLEXISPOT E7Q-Odinにキーボードトレイを取り付ける方法

FLEXISPOT×Yahoo!
セール中おすすめ電動昇降デスク

身長180cm以上におすすめ
身長195cm以下の万人向け

当サイトのE150・E7・E8・E7Qのレビューをみる

セール期間|7月21日 23:59まで

E150とEC5はFLEXISPOTのサブブランド「SANODESK」のもの。

は、天板裏を支えるバーが前後にあるため、そのままではキーボードトレイを取り付けできない。

FLEXISPOT E7Q-Odinケーブル収納用ネットフック

付属コネクタを使って取り付けることも可能だが、バーとの高さに差異があるため、キーボードトレイの位置が6cm下がってしまう

そこで今回は別途購入した”Z金具“を使った取り付け方法を解説する。

他の方の口コミもみる

目次

E7Q-Odinにキーボードトレイを取り付ける時の注意点

天板直付けは不可

FLEXISPOT E7Q-Odin天板裏

は、天板前方にも支えのバーがあるため、天板裏に直接取付ることはできない

付属コネクタは高さ6cmあるため非推奨

FLEXISPOT KT1コネクタとビームの高さ

バーの高さ3.4cmに対し、付属コネクタは6cmあるため、最終的にキーボードトレイの位置が2.6cm分余計に下がってしまう

FLEXISPOT KT1の高さ位置

位置が下ると膝上のスペースが狭くなるため、なるべくバーの高さギリギリの取付金具が理想

Z金具を使って取り付けるメリット

FLEXISPOT KT1の取付金具

探した中で良さそうだったのがこちら。
高さ4cmなら、バーと差異は6mmなので、悪くないかなと。
今回はこの”Z金具“を使った取付方法を解説していく。
※.白いキーボードトレイ用の工具も紹介している。

E7Q-Odinにキーボードトレイを取り付ける手順

付属品

FLEXISPOT KT1
STEP

用意するもの

FLEXISPOT KT1をE7Q-Odinに取り付ける時に必要なもの
キーボードトレイ取付に必要なものと用途
ハンディ掃除機
①10,000Pa以上のハンディ掃除機
用途:ドリル穴あけによる木くず処理
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
電動ドリルドライバー
②10,8V以上の電動ドリルドライバー
用途:下穴と鬼目ナット埋め込み
※.これ以下だとパワー不足

Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
下穴用ドリルビット3mm
③3mm下穴ドリル
用途:プレート取付時の下穴に使用
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
8mm木工用ドリル
④8mm木工用ドリル
用途:鬼目ナットの下穴用
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
マスキングテープ
⑤マスキングテープ
用途:天板を貫かないための目印
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
ペイントマーカー
⑥ペイントマーカー
用途:下穴の印用
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
鬼目ナット
⑦M5×13mm鬼目ナット×6本
用途:ネジ穴の強化
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
4mm六角ビットの使い方
⑧4mm六角ビット
用途:六角ボルト仮締め用
※.電動ドライバーに付属してくる場合は不要
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
5mm六角ビットの使い方
⑨5mm六角ビット
用途:鬼目ナット増し締め用
※.電動ドライバーに付属してくる場合は不要
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
六角穴付きボルト
⑩M5×15mm六角穴付ボルト×6本
用途:トレイのプレートと天板の固定用
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
Z金具
⑪Z金具×6個
用途:高さを出すための取付金具
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
M5×10mm六角穴付ボルト
⑫M5×10mm六角穴付ボルト×6本
用途:Z金具とプレートの接続に使用
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
M5六角ナット
⑬M5六角ナット×6個
用途:M5×10mmボルトをとめる
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
M5用平ワッシャー
⑭M5用ステンレス平ワッシャー×6個
用途:天板にZ金具を固定する時に使用
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
小型電動ドライバー
⑮電動ボールグリップドライバー
用途:電動ドリルドライバーが入らない箇所の仮締め用
※.手締めでよければなくてもOK
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
六角レンチ
⑯4mm六角レンチ
用途:M5六角穴付ボルトの増し締め用
※.単品ではなくセット購入がおすすめ
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
8mmメガネレンチ
⑰10mmスパナ
用途:M5ナットの増し締め用
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
プラスドライバー
⑱プラスドライバー
用途:キーボード台の固定用
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
すべり止めシート SZ111
⑲すべり止めシート
用途:左手デバイスとマウスの固定用
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
KREBS電動ドライバー

③の下穴ドリル
⑧〜⑨の4〜5mm六角ビット
については、電動ドライバーとセットになっている商品もあるので、その場合は不要。

デスコ

でもこういうのってよく知らないブランドなんだけど、大丈夫なの?

デスオ

予算を抑えたい、普段DIYはせずデスクの組み立てくらいにしか使わないならアリかな?
今後も作業用にちゃんとした道具を持っておきたいなら、京セラマキタがおすすめだよ

白いキーボードトレイを選んだ方向けの取付金具

FLEXISPOT KT1 ホワイト
Z金具シルバー

白いトレイの場合、取付金具が黒いと浮いてしまうため、ボルト含めシルバーで統一するのがおすすめ
こちらのシルバーZ金具ブラックと比べ3mmほど低い

白いキーボードトレイ用の金具とボルト類
Z金具シルバー
Z金具×6個
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
六角ボルトシルバー
M5×15mm六角穴付ボルト×6本
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
六角ボルトシルバー10mm
M5×10mm六角穴付ボルト×6本
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
六角ナットシルバー
M5六角ナット×6個
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
M5ワッシャー シルバー
M5用ステンレス平ワッシャー×6個
Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
デスオ

この先は黒いキーボードトレイを前提に解説するから、

STEP

プレートにZ金具を固定する

使用するもの

  1. 付属の取付プレート
  2. Z金具
    Z金具×6個
    Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
  3. M5×10mm六角穴付ボルト
    M5×10mm六角穴付ボルト×6本
    Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
  4. M5六角ナット
    ⑬M5六角ナット×6個
    Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
キーボードトレイ KT1 プレートネジ穴

ボルトを通すネジ穴は赤枠部分を使う。
特に前後の穴を間違えないように

キーボードトレイ KT1 プレートにZ金具取り付け

M5×10mmボルトをプレートとZ金具の下から通して、先端をM5用ナットでとめる。

STEP

プレートの取付位置を決める

FLEXISPOT E7Q-Odin キーボードトレイ取り付け位置決め

天板の中央にくるようにビームバー内側の幅を測ってから、取り付け位置を決める

FLEXISPOT E7Q-Odin キーボードトレイ奥行の位置決め

天板奥行80cmの場合、”Z金具“とビームバーの手前側が接触する位置でOK。

天板奥行90cm以上にキーボードトレイを取り付ける方法

天板奥行90cm以上の場合、ビームバーを跨いで、プレートの先〜天板側面まで3.5cmくらいあけるとキーボードトレイがデスク内に収まる。

使用するもの

  1. ペイントマーカー
    ペイントマーカー(細字)
    Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
FLEXISPOT E7Q-Odin KT1取り付け位置の印

Z金具のネジ穴6箇所にペイントマーカーで下穴用の印をつける。
印を付けたら、プレートは一旦どかす。

STEP

プレート取り付け用の下穴をあける

FLEXISPOT KT1 養生

デスク組み立て後に取り付ける方は、穴あけ時木くずがかなり出るため、周辺に養生をしておこう。

使用する物

  1. KREBS電動ドライバー
    10.8V以上の電動ドライバー
    Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
  2. 下穴用ドリルビット3mm
    3mm前後のドリルビット
    Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
  3. マスキングテープ
    ⑤マスキングテープ
    Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
  4. ハンディ掃除機
    10,000Pa以上のハンディ掃除機
    Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
FLEXISPOT E7Q-Odinにキーボードトレイ用の下穴をあける

先ほど付けた印の上から3mmドリル下穴を15mmあける。
貫き防止のため、ドリル先端15mmの位置にマスキングテープを貼っておこう。

鬼目ナット用に下穴を広げる

使用するもの

  1. KREBS電動ドライバー
    電動ドライバー
    Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
  2. 8mm木工用ドリル
    木工用8mmドリル
    Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
    ※.鉄工用じゃないよ
  3. マスキングテープ
    ⑤マスキングテープ
    Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
  4. ハンディ掃除機
    10,000Pa以上のハンディ掃除機
    Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
FLEXISPOT KT1 下穴拡張

先ほどあけた下穴6箇所を木工用8mmドリルで拡大する。
同じようにドリル先端から15mmのところにマスキングテープを巻いて貫き防止をしておこう。

STEP

鬼目ナットを埋め込む

使用するもの

  1. KREBS電動ドライバー
    10.8V以上の電動ドライバー
    Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
  2. 鬼目ナット
    M5×13mm鬼目ナット×6本
    Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
  3. 六角ビット
    5mm六角ビット
    Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
    ※.六角ビットはセット購入がおすすめ
FLEXISPOT KT1 鬼目ナットの使い方

5mm六角ビットを使い、M5×13mm鬼目ナットを6本埋め込んでいく。
木工用ボンドで固定した方が強度は増すが、俺は面倒なので付けていない。

FLEXISPOT E7Q-Odinにキーボードトレイ用鬼目ナット埋め込み

鬼目ナット埋め込み後のイメージ。

STEP

プレートを天板に取り付ける

使用するもの

  1. 小型電動ドライバー
    電動ボールグリップドライバー
    Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
  2. M5用平ワッシャー
    M5用ステンレス平ワッシャー×6個
    Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
  3. 六角穴付きボルト
    M5×15mm六角穴付ボルト×6本
    Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
  4. 六角ビット
    4mm六角ビット
    Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
  5. 六角レンチ
    4mm六角レンチ
    Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
    ※.六角ビットはセット購入がおすすめ
FLEXISPOT E7Q-Odinにキーボードトレイのプレートを取り付け

鬼目ナットの上にプレートを重ねたら、ワッシャーをZ金具の上に乗せる。

FLEXISPOT E7Q-Odinにキーボードトレイのプレートをネジ止め

ワッシャーの上からM5×15mmボルトでとめる。

FLEXISPOT E7Q-Odinにキーボードトレイを固定

最後の増し締めは六角レンチを使おう。

STEP

キーボード台を組み立てる

FLEXISPOT KT1組み立て

使用する物

  • 付属:アーム
  • 付属:キーボード台
  • 付属:ネジ×4本
  • プラスドライバー
    プラスドライバー
    Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
FLEXISPOT KT1ネジ止め

上からではなく、キーボード台を立てた方がやりやすい。
ネジ穴はかなり小さいため、グッと押し込むようにとめる。

FLEXISPOT KT1 キーボード台組み立て後

キーボード台ネジ止め後。

FLEXISPOT KT1リストレスト
FLEXISPOT KT1リストレスト用途

リストレストを貼る。
実際は、それぞれのリストレストを用意するので、こちらは落下防止用途
キーボード台手前ギリギリに貼るのがおすすめ。

FLEXISPOT KT1すべり止めシート

左右にすべり止めシートを貼る。
左手デバイスやトラックボールマウスが固定されるので、操作性が増す。
こちらも左右ギリギリに貼るのがおすすめ。

STEP

プレートにアームを取り付ける

使用する物

  • 付属:キーボード台付きアーム
  • 付属:プレートカバー
  • 付属:M4×8mm(C)×2本
  • プラスドライバー
    プラスドライバー
    Amazon|→Rakuten|→Yahoo!
FLEXISPOT KT1

プレートにアームをスライドして差し込む。

FLEXISPOT KT1プレートカバー取り付け

プレートカバーを被せて、下からネジ止めする。

STEP

取り付け完成

FLEXISPOT KT1 取り付け完成

あとはお使いのキーボードなどを乗せれば完成。
キーボードトレイと一緒に使ってほしい神デバイスまとめ

俺は使っていないが、一応アームの左右にケーブルクリップが設置されている。

スライドの収納がスムーズにいかなくなってきたらこれで回復

FLEXISPOT KT1すべり剤

プレートの左右のレールに吹きかけると、ビックリするくらい滑りが良くなる。
なんなら最初から吹きかけるのもアリ。

その他E7Q-Odinのカスタム情報

E7Q-Odinレビュー

キーボードトレイに乗せたいデバイス3選

カゲノデスクキーボードトレイKT1構成

デスク下引き出し

配線整理

結論:E7Q-Odinにネジ止め式キーボードトレイは取付可能

以上、FLEXISPOT にキーボードトレイを取り付ける方法を解説した。

工程は増えてしまうが、取り付け後の完成度を加味すれば、DIYする価値は十分にあると思う。
また応用すれば、他のマウント類の取り付けにも参考になるはず

他の方の口コミもみる

FLEXISPOT×Yahoo!
セール中おすすめ電動昇降デスク

身長180cm以上におすすめ
身長195cm以下の万人向け

当サイトのE150・E7・E8・E7Qのレビューをみる

セール期間|7月21日 23:59まで

E150とEC5はFLEXISPOTのサブブランド「SANODESK」のもの。

FLEXISPOT E7Q-Odinにキーボードトレイを取り付ける方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると励みになるぜ!!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

※日本語が含まれていないコメントは投稿できません。(スパム対策)

目次