当サイト案内
楽天お買い物マラソン

最大2,000円OFFクーポン配布中

FLEXISPOT 9月セール情報記事上下
デスオ
サイト管理人
デスク環境周辺アイテムを発信するサイト。

更新頻度は不定期だが、在宅で快適に過ごせるDIYや環境構築に力を入れている。

1mmでも誰かの参考になれば嬉しい。


9月8日発売|FLEXISPOT E8先行レビュー> 詳細をみる

【Bauhutte G-530とG-550の違い】結論:G-550は買うな!!

2020年11月、同時期に発売されたBauhutteのゲーミングチェア「G-530」と「G-550」…
公式サイトを見ても、いまいち違いがわからん…。

そんな迷えるあなたに、G-530を所有している筆者が、両者の違いを徹底解説した。

結論:身長177cm以下の方は「G-530
178cm以上の方は「G-550」ではなく、高身長モデル「G-570」がおすすめ

またBauhutteゲーミングチェア全シリーズを比較した記事も作成したので、よければ参考にしてくれ。

  • Bauhutteバウヒュッテ G-530
  • 低身長向けモデル
    アームレストは4D設計
    座面は取り外し可能
    4色展開
    ヘッドレスト4段階調整
    Amazonの口コミを見る
Bauhutte G-550
  • Bauhutte G-550
  • 低身長向けモデル
    アームレスト3D設計
    座面取り外し不可
    3色展開
    ヘッドレスト位置調整不可
    Amazonの口コミを見る
目次

Bauhutte G-530とG-550デザインの違い

Bauhutte G-530とG-550フロントデザイン

ヘッドレスト・ランバーサポートの形状、ロゴの位置や大きさも違う。
またG-550の方は、キャスターが角ばっている。

Bauhutte G-530とG-550サイドデザイン

G-530のアームレストは全面ブラックなのに対し、G-550はシルバーとのツートンカラー。
また側面カバーの形状も若干違う。

Bauhutte G-530とG-550バックデザイン

ヘッドレストの穴の形状はまったく違う。
G-550はランバーサポートの位置を調整できるため、ベルトが通っている。

G-530とG-550を徹底比較

G-530 比較項目 G-550
35,280円

37,527円
価格 34,528円

38,327円
154cm

177cm
推定身長 154cm

189cm
40〜45cm 座面高 39.5〜47cm
奥側幅:35cm
前側幅:41cm
厚み:11cm
座面
サイズ
奥側幅:33cm
前側幅:36cm
厚み:11cm
横幅:73cm
奥行:72.5〜113cm
高さ:118〜123cm
重量:19.7kg
本体
サイズ
横幅:68cm
奥行:53〜109cm
高さ:122〜129.5cm
重量:19kg
ブラック
レッド
ブルー
グリーン
カラー展開 ブラック
レッド
ブルー
できる 座面
取り外し
できない
4方向
上下/前後/左右/
アームレスト
可動域
3方向
上下/前後/左右
できる ヘッドレスト
位置調整
できない
できない ランバーサポート
位置調整
できる

価格差はほぼないから値段で選ぶな

G-530チェックポイントG-550
35,280円

37,527円
価格差34,528円

38,327円

ご覧の通り、両者の価格差はないに等しい。
このことからも値段を見て決めるのは絶対にやめよう。

身長の高い方は後継機モデル【G-570】でいい

G-530チェックポイントG-550
177cm推定身長の上限189cm

G-550の方は、189cmまで対応しているが、2021年4月に高身長向けの後継機モデル「G-570」が発売されたので、そちらを推奨する。

見た目もブラック1トーンでカッコイイし、背もたれが広くなり、座面もポケットコイルに変更された。
また価格差も数千円程度である。

座面の幅は約5cmも違うぞ

座面の手前側は約5cmも違う。
座面にあぐらをかく予定の方は、確実にG-530の方がいいだろう。
奥行の「〜」は、ランバーサポートの取り付け有無によるものなので、基本は少ない方の値となる。

背もたれの広さも5cm違う

背もたれの幅も座面同様、5cm違う。
G-550は、全体的にスリムなので、フィット感を重視したい人向けの作り。

カラーの違い

G-550は3色展開

Bauhutte G-550カラー展開

G-530は4色展開

Bauhutte G-530カラー展開

G-530には、新色グリーンが追加されている。

座面取り外しの有無

座面の取り外しのメリットは、主に2つ。
1つは、掃除がしやすく、清潔に保てること。
2つめは、座面の奥行を調整できること。

特に身長に対し脚の長い方は、既存の奥行だと合わないことが多い。
このあたりの悩みを抱えている方は、座面が取り外せる「G-530」がいいだろう。

参考:Bauhutteのゲーミングチェア掃除方法と汚れ防止策

アームレスト可動域の違い

G-530G-550
4方向
上下/前後/左右/
3方向
上下/前後/左右

G-530は、幅を左右5mmずつ調整できる。
この微調整がブラインドタッチの快適性を左右するほど重要。

ヘッドレストの位置調整は神

G-530は、4段階に調整できる仕様。
身長の低い俺は、これによりヘッドレストの良さを初めて体験できた。

腰痛持ちの方はG-550も検討しよう

G-530は置型タイプ

Bauhutte G-530ランバーサポート

G-550は位置調整型

Bauhutte G-550ランバーサポート

G-530が唯一劣っているのが、ランバーサポートの高さ調整の部分。
腰痛持ちの方は、G-550を検討する価値はあるだろう。

結論:99%の方は【G-530】にしておきなさい

以上、Bauhutteのゲーミングチェア G-530とG-550の違いを比較した。

ランバーサポートの位置調整ができること以外は、基本的に「G-530」の方がスペックが高い。

迷っていた方の参考になれば幸いだ。

そのほか、Bauhutteゲーミングチェア全シリーズを比較した記事も作成したので、よければ参考にしてくれ。

  • Bauhutteバウヒュッテ G-530
  • 低身長向けモデル
    アームレストは4D設計
    座面は取り外し可能
    4色展開
    ヘッドレスト4段階調整
    Amazonの口コミを見る
Bauhutte G-550
  • Bauhutte G-550
  • 低身長向けモデル
    アームレスト3D設計
    座面取り外し不可
    3色展開
    ヘッドレスト位置調整不可
    Amazonの口コミを見る

ブログ更新はこちらで!!

シェアしてくれると励みになるぜ!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

記事の感想や質問はこちらからどうぞ

コメント入力欄

※日本語が含まれていないコメントは投稿できません。(スパム対策)

目次
閉じる