当サイト案内
楽天お買い物マラソン

最大2,000円OFFクーポン配布中

FLEXISPOT 9月セール情報記事上下
デスオ
サイト管理人
デスク環境周辺アイテムを発信するサイト。

更新頻度は不定期だが、在宅で快適に過ごせるDIYや環境構築に力を入れている。

1mmでも誰かの参考になれば嬉しい。


9月8日発売|FLEXISPOT E8先行レビュー> 詳細をみる

【Amazonベーシック モニターアーム レビュー】シングル・デュアル両方購入

Amazonベーシックのモニターアーム「シングルタイプ」と「デュアルタイプ」をレビューしていく。
両方購入したレビューは少ないと思うので、迷っている方はぜひ参考にしてほしい。

またノートパソコンを宙に浮かせるトレイもアームに取り付けたので、少々変わった角度から解説できる。

Amazonベーシックとは?

Amazonのオリジナルブランド
OEM(相手ブランドの受託)もあるため、ロゴやデザインが微妙に違うだけで、安価で手に入る商品多数あり。

Amazonのアームは、モニターアーム界のキング「エルゴトロン」のOEMである。
価格も数千円〜数万円安くなっているため、ブラックアームを探している方は、検討してみよう。

またAmazonベーシックのモニターアームは、以下の3種類だ。

  • デスクに設置する/シングルアーム
  • デスクに設置する/デュアルアーム
  • 壁掛けする/シングルアーム

今回紹介するのはデスクに設置する「シングルとデュアル」アームの方である。

モニターアーム補強プレート

当環境は「モニター2枚」と「ノートパソコン」をアームに乗せるため、この組み合わせを選んだわけだが、完全に失敗した。
そのあたりも詳しく解説するので、参考になれば幸いだ。

結論
  • デュアルタイプを買うなら、シングル×2本買ったほうが良い
Amazonベーシックシングルモニターアーム
  • Amazonベーシック
    シングルモニターアーム
  • 耐荷重:2.3kg〜11.3kg
    34インチまで
    カラー:ブラック
    Amazonの口コミを見る
Amazonベーシックデュアルモニターアーム
目次

Amazonベーシックのモニターアーム|シングルとデュアルの違い

本題に入る前に、2つの違いを理解しておこう。
ここを抑えておかないと、アーム選びは必ず失敗する。

比較項目シングルモデルデュアルモデル
耐荷重2.3〜11.3kg
目安34インチまで
3.2〜9.1kg
目安片側27インチまで
最大高44cm39cm
対応天板の厚み10mm〜60mm16mm〜66mm

Amazonベーシックのモニターアーム|シングルとデュアル台座を比較

比較項目シングルモデルデュアルモデル
高さ18cm15cm
横幅15.5cm17.5cm
重量1.5kg1.9kg
取付被せるだけキャップで止める

台座のサイズ感は上記の通り、一番違うのは取り付け方法だ。

シングルはアームを上から被せるだけなので、取り外しも非常にラク。
一方デュアルはキャップを噛ませるのだが、これが超強力。

一度噛ませたら取れない取れない。
外すのに指が破裂しそうになった。
俺の指は細い方なので、ごっつい手の方は取り外す時に相当苦労すると思われる。

Amazonベーシックのデュアルモニターアームは「基本的に」壁ピタ設置不可

Amazonベーシックデュアルモニターアーム

最大の注意点として「デュアルタイプ」でモニターを横並びにする場合、壁から10cmほど離さなければいけないということ。
取り付けたモニターサイズは、24インチなので、それ以上のサイズだとさらに離す必要がある。

これは完全な誤算であり、横並びモニターを考えている方は気をつけてほしい。
あえて「基本的に」と強調した理由は、以下の2つの荒業なら「壁ピタ設置」も可能だからだ。

追加アームを取り付けない!!

Amazonベーシックデュアルモニターアーム壁ピタ設置

これであれば、壁ピタもできなくはない。

正面から見たイメージ

モニター横並びイメージ

デュアルタイプ」は説明書でも「追加アームなし」でも取り付けられると書いてあるが…

Amazonベーシックデュアルモニターアーム説明書

実際やってみると差し込み部分がかなり短く、キャップも引っかかって被せられず、不安定である。
特に縦向きにしようとすると、高さがないため、モニターをかなり手前側に倒さなければいけない。

Amazonベーシックデュアルモニターアーム注意点

また上方向にモニターを上げようとすると、根本がすぐ抜けてしまう。

モニターをかなり前面へ持ってくる

Amazonベーシックデュアルモニターアーム取り付けイメージ

もう1つの方法がこれ。
奥行70cmの天板の2/3ほど手前に持ってくればできなくもない。

デスオ

でも現実的じゃないよね

この点「シングルタイプ」であれば、縦向きの条件こそ同じであれ、差し込み部分の長さがあるので、安定する。
高さを出す必要がなく、横向きで良ければ「追加アームなし」も検討してみると良いだろう。

Amazonベーシックシングルモニターアームの違い

以上が「シングルタイプ」と「デュアルタイプ」の主な違いだ。
やはりデュアルモニターにするにしても、シングル×2をおすすめする。

その分、数千円高く付いてしまうが、安くても使えないのだから仕方がない。

ということで、購入段階では「デュアルタイプ」にモニターを2枚、「シングルタイプ」にノートパソコン用トレイを乗せるつもりだったが、壁ピタにしたかったので現状は以下の配置に落ち着いている。

管理人のデスク環境2021年版

Amazonベーシックモニターアーム完成図

左側のモニターに「シングルタイプ
右側のモニターとノートパソコンに「デュアルタイプ

当初の予定は狂ってしまったが、今ではこの配置も気に入っている。

Amazonベーシックのモニターアーム付属品

さて、ようやく本題のモニターアームの解説に入る。
付属品はほぼ同じ、やはり台座部分が大きく違う。

カラーは「マットブラック」で、指紋などが付きにくい素材だ。

Amazonベーシックモニターアームのロゴ

それと「追加アーム」と「台座」部分に「amazonbasics」のロゴが入っている。

モニターアームの取り付け方法は2種類ある

クランプ式グロメット式
クランプ式 取付方式 グロメット式
天板を挟む 固定方法 天板に穴あけ
簡単 作業内容 面倒
天板側面 設置場所 自由
強度

天板に穴をあけるだけあって、自由度が高い”グロメット式”。
ただし位置を変更するとき、その都度穴をあけなければいけないのがデメリットだ。

一方天板に挟むだけの”クランプ式”は、とにかくラクである。
微調整もしやすく、なんどでも位置を変更可能。

また強度に関しては”グロメット式”の方が若干強いが、”クランプ式”でもまったく問題ない。
なので、設置環境が許せば”クランプ式”の方がおすすめだ

デスオ

デスク環境が変われば、アームの位置替えも当然あるから穴あけはリスク

クランプ式なら補強プレートを推奨

補強プレート

一応Amazonベーシックのモニターアームは、台座裏面にお気持ち程度の滑り止めが4つ付いているが、天板へのダメージを考慮するなら「補強プレート」を噛ませたほうが良いだろう。

1,000円台で購入できるので、費用対効果は悪くない。
当環境は、以下の補強プレートを購入した。

ZepSonモニターアーム補強プレート

設置環境によって、大小どちらを上下にしても挟める仕様だ。

モニターアーム補強プレート

ただ以下の理由から、天板にスペースがあれば「大プレート」を上面にすることを推奨する。

モニターアーム補強プレート
デスオ

この隙間、絶対ホコリたまるよね…

ということで「大プレート」を上面に挟んだ完成形はこんな感じ。

モニターアーム補強プレート
Amazonベーシックシングルモニターアーム
  • Amazonベーシック
    シングルモニターアーム
  • 耐荷重:2.3kg〜11.3kg
    34インチまで
    カラー:ブラック
    Amazonの口コミを見る
Amazonベーシックデュアルモニターアーム

Amazonベーシックのモニターアーム取り付け方法

Amazonベーシックモニター追加アーム

今回は「追加アーム」を取り付けることを前提とした解説になる。
先ほどの補足として、台座の位置をある程度決めたら、モニターを乗せて位置調整に入るのでしっかり増し締めしておこう。

位置が決まったら「追加アーム」を取り付ける。
なお「デュアルタイプ」は安全のためキャップも被せておく。

デスコ

「ノートパソコン用トレイ」の取付方法も解説するわよ

モニターへの取り付け方法

Amazonベーシックモニターアーム取り付け

モニターの背面に「モニターアーム」を取り付けよう。
※天板にアームを設置してからモニター後付けは、大変だぞ!!

Amazonベーシックモニターアーム取り付け②

モニター付属のネジを使う場合は、先ほど外したネジをそのまま使用。
モニターの枚数分、上記の状態を先に作っておく

Amazonベーシックモニターアーム取り付けネジ

中古モニターなどで、ネジがない場合は「モニターアームに付属のネジ」があるので、そちらを使おう。

デュアルタイプはキャップが2つある

Amazonベーシックデュアルモニターアーム取り付け方法

まずモニターアームを乗せて位置を確認しよう。
合わなければ、一旦モニターアームを外し、台座の位置を調整する。

Amazonベーシックデュアルモニターアーム取り付け方法

位置が決まったら、モニターアームの接続部分にキャップを被せる。

シングルタイプはスポッ、パチンッで終わり

Amazonベーシックシングルモニターアーム取り付け方法

モニターへの取り付け方は同じなので「コチラ」を参考に。
モニターアームをスポッと乗せる。

Amazonベーシックシングルモニターアーム接続部分

モニターの位置が決まったら、キャップをパチンッと取り付けて終了。

追加アームとモニターアームに配線を通す(任意)

Amazonベーシック追加アームケーブルカバー

一応「追加アーム」「モニターアーム」共にケーブルを通せるように工夫してある。
追加アームは下から上に通してからカバーを被せる仕様。

Amazonベーシックモニターアームケーブルカバー

モニターアームは、上下のフックに付属のインシュロックで固定する仕様。
※基本的に配線は都度増えていくので、こちらはある程度デスク環境が完成してからの方が良い。

ノートパソコントレイはガス圧調整が必須

ノートパソコン用トレイ

モニターと同じく、トレイの背面にも4箇所穴が空いているので、付属のネジでモニターアームと留める。

ノートパソコン用トレイ

「追加アーム」に乗せてみて、上記のようにトレイが浮いてしまうようなら、ガス圧を調整する必要がある。
トレイの重量に対し、ガス圧が強すぎると浮く

Amazonベーシックモニターアームガス圧調整

モニターアーム上側の接続部分にボルトがあるので、付属の六角で左側に回すとガス圧が弱まる。

Amazonベーシックモニターアーム取り付け後

ガス圧を調整すれば、定位置まで下げることが可能。

ノートPC用トレイ

エルゴトロン・ベーシック・HPモニターアームを比較

モニターアーム比較

冒頭でAmazonベーシックのモニターアームは、エルゴトロンのOEMだと記載したが、ここでは実際何が違うのかを一覧できる表を作成した。

シングルタイプ(価格はAmazon参照)

横にスクロールできるよ

ブランド 価格 保証期間 対応サイズ カラー
タップで拡大
エルゴトロンLXシングルモニターアーム
Ergotron(エルゴトロン)
12,000円

12,759円
10年 34インチまで
3.2〜11.3kg
アルミニウム
マットブラック
ホワイト
タップで拡大
Amazonベーシックシングルモニターアーム
Amazon Basics(アマゾンベーシック)
11,980円 1年 34インチまで
2.3k〜11.3kg
ペイントブラック
タップで拡大
HPモニターアーム
Hewlett-Packard(ヒューレットパッカード)
11,091円 1年 24インチまで
3.1kg〜9.1kg
ジャックブラック

価格はほぼ一緒、「HP」の耐荷重が他の2つと比べ弱いので、モニターサイズは確認しておこう。
一応レビューを見ていると、40インチ以上でも大丈夫みたいだが、保証対象外になってしまうはずだ。

またカラーを選択できるのは「エルゴトロン」のみなので、ブラックアーム以外のを探しているなら、実質一択となる。

デスオ

こうして比べると、この価格差で保証10年あるから「エルゴトロン」でよかったかも…

デュアルタイプ(価格はAmazon参照)

横にスクロールできるよ

ブランド 価格 保証期間 対応サイズ カラー
タップで拡大
エルゴトロンLXデュアルモニターアーム
Ergotron(エルゴトロン)
34,600円

38,175円
10年 1モニター
〜27インチ
3.2〜9.1kg
最大耐荷重
18.1kg
アルミニウム
マットブラック
ホワイト
タップで拡大
Amazonベーシックデュアルモニターアーム
Amazon Basics(アマゾンベーシック)
20,182円 1年 1モニター
〜27インチ
3.2〜9.1kg
最大耐荷重
18.1kg
ペイントブラック
Hewlett-Packard(ヒューレットパッカード) なし

HP」はデュアルタイプを販売していない。
シングルタイプと違い、価格差がかなりあるので注意しよう。

デスコ

これくらい価格差があると、検討しがいあるわね
私はAmazonベーシックでいいわ

結論:Amazonベーシックのモニターアームはシングルタイプがおすすめ

以上、Amazonベーシックのモニターアーム「シングルタイプ」と「デュアルタイプ」をレビューした。

両方買ってみたからこそ、デメリットにも気づけたので、少しでも参考なれば幸いだ。
※基本は「シングルタイプ」を推奨する。

Amazonセールの時は、少しお得に購入できるので、待てる方はSALE時期に狙うのもありだろう。
また定価のシングルであれば「エルゴトロン」との価格差もないので、そちらがおすすめだ。

Amazonベーシックシングルモニターアーム
  • Amazonベーシック
    シングルモニターアーム
  • 耐荷重:2.3kg〜11.3kg
    34インチまで
    カラー:ブラック
    Amazonの口コミを見る
Amazonベーシックデュアルモニターアーム

ブログ更新はこちらで!!

シェアしてくれると励みになるぜ!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

記事の感想や質問はこちらからどうぞ

コメント入力欄

※日本語が含まれていないコメントは投稿できません。(スパム対策)

目次
閉じる