MENU
デスオの画像
デスオ
サイト管理人
デスク環境周辺アイテムを発信するサイト。

1mmでも誰かの参考になれば嬉しい。

当サイト限定でFlexiSpot10%OFFクーポンが発行されたぞ。→詳細はこちら


↓ FLEXISPOTのすべてをここに置いておく ↓

Amazonベーシックのモニターアームレビュー|シングル・デュアル両方

Amazonベーシックのモニターアーム・シングルとデュアル両方買ったのでレビューするぜ〜。

Amazonベーシックとは?

Amazonのオリジナルブランド、OEM(相手ブランドの受託)もあるため、ロゴやデザインが微妙に違うだけで、安価で手に入る商品多数あり。

Amazon Basicsのモニターアームは3種類
  • デスクに設置する/シングルアーム
  • 壁掛けする/シングルアーム
  • デスクに設置する/デュアルアーム

今回紹介するのはデスクに設置するタイプのシングルとデュアルで、完成後はモニター(23.8インチ)2台とノートPC用トレイという感じ。
FlexiSpot E7設置後
俺はデュアルモニターアーム選びを失敗したので、今まさに検討している人はよく読んでからの購入をすすめる

目次

デュアルモニターアームの注意事項

Amazonベーシックデュアルモニターアーム

まずデュアルタイプを検討していて、デスクを壁ピタで使用する予定の方は注意してほしい。

というのも、デスク後方にアームを折り畳まなければ、適切な位置でデュアルモニターを設置できないからだ。

もちろんアームを手前に出せば壁ピタも可能だが、モニターがかなり手前にきてしまうため、奥行75cmくらいまでのデスクだと実用的ではない。

この辺りも詳しく解説しているので、ぜひ最後まで読んでから購入を検討してくれ。

デュアルモニターアームのパーツ紹介

Amazonベーシックデュアルモニターアーム開封

全部で4.3kgあるので、落とさないように注意しよう。また取り付け方法によって使用するパーツは異なる

今回は、天板に挟むだけのクランプ式を解説する。その場合使用するのは以下のものだけ。

右下の細かい付属品は、赤枠に囲まれた部分だけでいい。

※モニターも新調したため、ネジはそちらを使用した。

デュアルモニターアームの取り付け方は2種類ある

クランプ式グロメット式
取り付け方法は上記の2種類で、両者の違いはこんな感じ。

クランプ式取付方式グロメット式
天板を挟む固定方法天板に穴あけ
簡単作業内容面倒
天板側面設置場所自由
強度

天板に穴をあけるだけあって、自由度が高い”グロメット式”。ただし位置を変更するとき、その都度天板に穴をあけなければいけないのがデメリットだ。

一方天板に挟むだけの”クランプ式”は、とにかくラク。微調整もしやすいし、俺のような不器用素人には助かる。

また強度に関しては”グロメット式”のが強いってだけで、”クランプ式”でもまったく問題ない。なので、設置環境が許せば”クランプ式”の方がおすすめだ

クランプ式なら補強プレートを推奨

補強プレート

天板を傷つけたくない&安定性を求めるなら、補強プレートも合わせて買った方がいい。

個人的にブラックアームなら、ZepSonのやつがオススメ。

モニターアーム用補強プレート

滑り止めシートが両方とも最初から貼ってあるし、サイズ感的にもブラックアームの最適解だと思う。カラーはマット系のブラックでデスクになじむ。(※シルバーもある)

詳しいレビューは後ほど書く。

補強プレート大小の使い分け

モニターアーム補強プレート

補強プレートは、大小どちらが上側でも取付け可能。実際はこんな感じになる。

外観は、プレートが隠れる(小)を上にした方がスマートに見えるけど、俺は以下の点から(大)を上側にした。

モニターアーム の補強プレート

カゲノデスク-デスオ

この隙間、絶対ほこりたまるじゃん。掃除ダルいので却下。

ということで補強プレート上側(大)×2はこんな感じ。天板が黒だとなじ〜む。

モニターアーム の補強プレート

デュアルタイプは追加アームをつけないと機能しない

Amazonベーシックデュアルモニターアーム説明書

取扱説明書だと、追加アームなしでも使えまっせ〜と書いてあるが、ハッキリ言って使いもんにならない。

Amazonベーシックデュアルモニターアーム

上記のようにシングルタイプは根元の棒に高さがあるので、追加アームなしでも問題ない

しかしデュアルは、モニターアームとほぼ同じ高さしかないので、安定性に欠けるのだ。

また付属のキャップは、追加アームを取り付けることが前提のため、サイズが合わずハマらない。

以下のようにモニターを縦にするときも超面倒。

Amazonベーシックデュアルモニターアーム

追加アームがないと高さが出ないので、最大まで上げた状態でも手前に角度をつけないと縦にできない。あとキャップをつけられないので、根本がすっぽ抜けそうになる

もちろんモニターを横並びにして動かさないのであれば、上記の問題はクリアできる。

Amazonベーシックデュアルモニターアーム

このように壁ピタも可能だ。

Amazonベーシックデュアルモニターアーム
ただ並列から動かさないのであれば、そもそも高いアームを買う必要はない

なんだかんだ調整が面倒だし、コスパ的にはFLEXISPOT D1Pで十分だろう。

こちらは、5,000円以下で購入できる。

Loctek固定式モニターアーム

デュアルタイプで壁ピタを検討してる人は読んでから買え

上記のことから、モニターアームの直付が実用的ではいことがわかった。んじゃ追加アームを取り付ければ解決するかと思いきや、そうではない。

結論から言うと”Amazonベーシックのデュアルモニターアームで壁ピタ”は無理だ。

Amazonベーシックデュアルモニターアーム

追加アームをつけた状態で並列にするには、後方に折りたたむか、かなり前面に出すことになる。

当然ながら、後方に折りたためばアームが後ろに出る分、デスクを前にしなければいけない

今度は、壁ピタにするため追加アームを水平にしてモニターを並列させると、これだけ前方に出てきてしまう。

AmazonベーシックデュアルモニターアームAmazonベーシックデュアルモニターアーム

以上のことを踏まえた上で、関節アームを検討しているなら、シングル2本がおすすめだ。

シングル2本であれば、左右の幅を自由に調整できるので、モニターアームを内側に折りたたんでも並列になるようにすれば解決する。

Amazonベーシックシングルアーム

ノートPC用トレイと組み合わせてなんとかそれっぽくなった

デュアルディスプレイ

やべ〜失敗したわ〜。しかし2万も出して無駄に終わるのは納得できない。そこでどうにかできないかマジで考えた……。

そしてある結論にたどり着く。ノートPC用トレイを片側に取り付けて、シングルアームもう一本買い足しでどや?

Amazon→ポチッ→ヤマトで〜す→ネジネジ→ネジネジ→完成。おっ!?これは意外とイケてるんでないの?ってな感じでつけてみたらタマタマそれっぽくなった。

フッフッフ、すべて計算のウチさ。俺の計画に間違いはない……ということにさせてくれ。

結果論だが、この組み合わせは意外と気に入っている。

こうしてみごと壁ピタのデュアルモニター環境を構築したのであった。

モニターアーム部分を取り付け

デュアルモニターアーム

モニターとノート用トレイ取り付け後はこんな感じ。モニターを真ん中にしたい場合は、マスキングテープを貼っておくと調整しやすい

まずは、ディスプレイにモニターアームを取り付ける。

Amazonベーシックモニターアーム

俺はモニターも新調したので、付属のネジをそのまま使った。プラスネジ4箇所締めるだけなので、超簡単。もちろんアーム側にも2種類のネジが付属している。

Amazonベーシックモニターアームネジ

※持ち手が黒い方が手締め用。

もう一台も同じ要領でネジネジしたら、続いてノートPC用のトレイだ。

NBROSモニターアーム

こちらも同じようにネジネジして完成。

裏側から見るとこんな感じ。

ノートPC用モニターアーム

これはまた別でレビュー書くけど、5,000円くらいですげーいいよ。手前に取手がついてるから動かしやすいんだよね。

対応サイズは幅38cmまでだから、16インチくらいまで平気かな?MacBook pro16インチが36cmくらい。

ただトレイ自体の幅は30cmだから13インチくらいがバチっとハマる。

アーム用ノートPCトレイ

根元に追加アームをハメる

Amazonベーシックモニターアーム

追加アームは上からハメるだけ。画像ではキャップをしてあるが、まだしなくていい。(理由は後述する)

モニターアームを取り付ける

Amazonベーシックモニターアーム

あとはモニターアームを取り付ければ外観は完成だ。

デュアルモニターのキャップはマジで外すの大変だから、位置調整とか完璧に終わってからハメた方がいい。


NBROSモニターアーム

モニターアームのガス圧(保持力)が強いと、上記のようにトレイ(またはモニター)が浮いてしまう。

その場合は以下のように、付属の六角棒で左側に回すとガス圧が弱まる

Amazonベーシックモニターアーム

34インチなどのワイドモニターを付ける際もこのガス圧調整が必要なので、覚えておきたい。

電源と変換ケーブルを繋いで完成

iVANKY変換ケーブル

とりあえず2015年のMacBook proに繋ぐため、iVANKYのミニディスプレイポート – ディスプレイポート変換ケーブルを2本購入。(大きい方が2m・小さい方が1mのやつ。)

電源ケーブルと一緒にモニター背面にブッ挿す。

モニターアームケーブル
ノートにも変換ケーブルをブスリ。

Mac変換ケーブル

余分なケーブルは追加アーム部分に結束バンドでとめておくと、デスク上が多少スッキリする。

モニターアームケーブル

モニターを縦にするときのことも考えて、多少たるませておく。

デュアルモニター縦横

完成〜。これで作業が捗るはずだぜ〜。

iVANKY変換ケーブル

Amazon Basicsシングルモニターアームとデュアルモニターアームの違い

せっかく両方買ったので、一応比較をしておく。

といっても違いは挟み込む部分だけで、追加アームやモニターアームはまったく一緒。

やっぱシングルは棒部分が長いのがいいよね。モニターアーム直付もできるし、モニター2台を自由に動かす予定なら、シングル2本がおすすめ

カゲノデスク-デスオ

これから買う人は、失敗しないようにね。

エルゴトロン・ベーシック・HPのモニターアームを比較

冒頭で述べたとおり、Amazonベーシックのモニターアームは、モニターアーム界のキング”エルゴトロン社”のOEM(委託製造)だ。

そしてもう1つ、Hewlett-Packard(ヒューレットパッカード)も同じく、エルゴのOEMを販売している。

せっかくなので、3社を簡単に比較してみた。

※価格はAmazon・6月調べ

※壁掛けタイプは除く

※エルゴトロン製品は数が多すぎるため、モニターアームで代表的な「LXシリーズ」のみ記載

販売元価格保証期間設置方法対応サイズVESA規格カラー
Ergotron(エルゴトロン)LXシリーズシングル・通常13,980円|シングル・長身18,511円|デュアル・固定32,769円|デュアル・横型38,889円|デュアル・縦横38,092円|デュアル・長縦横39,761円10年クランプ式(天板挟む)グロメット式(天板穴あけ)シングル・通常3.2〜11.3kg〜34インチ
シングル・長身3.2〜11.3kg〜34インチ
デュアル・固定1.8kg〜10kg〜25インチデュアル・横型3.2kg〜9.1kg〜27インチデュアル・縦横3.2kg〜9.1kg〜24インチデュアル・長縦横6.4kg〜18.1kg〜40インチ
MIS-C75×75mmorMIS-D100×100mmシングル・通常アルミニウムマットブラックホワイト|シングル・長身アルミニウム・ホワイト|デュアル・固定アルミニウムマットブラックホワイト|デュアル・横型アルミニウム・マットブラック|デュアル・縦横アルミニウム|デュアル・長縦横アルミニウム・ホワイト
Amazon Basics(アマゾンベーシック)シングルDP11,980円|デュアルDP19,980円1年シングルDP2.3〜11.3kg〜34インチデュアルDP3.2kg〜9.1kg〜27インチペイントブラック
Hewlett-Packard(ヒューレットパッカード)シングルのみ12,500円シングル3.1kg〜9.1kg〜24インチジャックブラック

安いって口コミあったから、思考停止でAmazon Basics(アマゾンベーシック)にしちゃったけど、こう見比べるとシングルアームだけならエルゴが一番いいな

差額2千円くらいで、保証期間10年はデカイっしょ

あとAmazonとHPは、アームカラーがブラックしかないから、インテリアこだわってる人はそこも検討した方がいいかも。

例えば、部屋とか天板がオーク系なら、エルゴのホワイトが一番合うと思うよ。

対応のモニターサイズは、公式の推奨値なので参考程度に。

HPのアームは24インチまでだけど、レビュー見てると43インチつけてる猛者もいたから、ガス圧調整すればどうにでもなるっぽい。

ただ推奨サイズ以上の取り付けは自己責任で、保証の範囲外になると思うけど。

シングル&デュアルモニター構築別おすすめアーム

今回いろいろ調べてみて、モニター3台未満の環境を構築別に考えてみた。もちろん価格も含め。

カゲサイ-カゲオ

何回も言ってるけど、シングル一本ならエルゴにしておけば間違いないと思うよ。


デュアルモニター並列のみ
カゲサイ-カゲオ

横並びだけでいいなら、関節付きより固定式のがラクだしキレイに並ぶよ。


カゲサイ-カゲオ

縦にもする予定なら、デュアルよりシングル2本がおすすめ。価格も大して変わらないよ。


カゲサイ-カゲオ

手前味噌だけど、アームが黒でよければベーシックの組み合わせはGood。

Amazonベーシックのモニターアーム ・まとめ

以上Amazonベーシックのモニターアームをレビューした。

いや〜レビュー記事って得意じゃねぇから、時間かかるし本当苦手だわ。写真もスマホで撮ってるだけだけど面倒くせ〜し、撮影技術なさすぎて死ねる。

ちなみにデスク下のケーブルは無法地帯。ということで次回はケーブル収納をレビューする。

PC配線

デスク環境のレビュー1発目はコイツ。

あわせて読みたい
FlexiSpot E7レビュー・マジでおすすめしたい電動スタンディングデスク
FlexiSpot E7レビュー・マジでおすすめしたい電動スタンディングデスク※2020年8月発売分より商品名が「SANODESK E7」から「FlexiSpot E7」に変更されているが、同じ商品なので混乱しないように。予約していた電動スタンディングデスク Flexi...
Amazonベーシックシングルアーム
Amazonベーシックデュアルアーム
アーム用ノートPCトレイ

質問・感想・助言・指摘・専用フォーム

何かあればこちらにご記入ください

※日本語が含まれていないコメントは投稿できません。(スパム対策)

目次
閉じる