漫画・小説・ビジネス書なんでも最大100冊分が半額

【Bingの登録は5分で完了】設定しておけばアクセスアップするよ

WordPressのBing登録方法

第8回目の講座は「BingのWEBマスターツールに登録する方法」です。

解説といっても5分程度で終わる作業です。

Bingとは?

「Microsoft」が提供している検索エンジンです。

2019年現在の傾向からみると、検索流入の比率はおおむね以下のようになります。

Google(70〜80%)→Yahoo!(10〜20%)→ダイレクト(10%)→Bing(2〜5%)→その他

今回登録する「Bing」は多くてもPV全体の5%程度。

5%?じゃあいらんわ。と思ったかもしれませんが、PV全体の5%なので、検索流入が増えれば増えるほど、比例して増えていきます。

例えば10万PVあれば、5000PVくらいは流れてくるわけですね。

無料で簡単かつ、デメリットは1つもないので登録しておきましょう。

まず「BingのWEBマスターツール」に登録するには以下の3つのうちどれか1つが必要です。

  • 「Microsoft」アカウント
  • 「Google」アカウント
  • 「Facebook」アカウント

まだお持ちでない方は先にアカウントを作成してください。(この記事ではGoogleアカウントを使用して解説します)

BingのWEBマスターツールに登録する方法

Bing Webマスターツール登録ページへ

STEP1

BingWEBマスターツールサインイン

サインイン」をクリック


STEP2

Googleアカウントを選択

Googleアカウント」をクリック


STEP3

Bingにサイトを追加

自分のサイト「トップページのURL」を入力後「追加」をクリック


STEP4

Bingにサイトマップを追加

サイトマップの追加」に「自分のサイトURL/sitemap.xml」を貼り付けたら「追加」をクリック

上記の「XMLサイトマップ」を設定していない方は、こちらを先にGoogle XML Sitemapsの設定とサーチコンソールへの登録方法


STEP5

Bingのメタタグ

赤枠内のメタタグ」をコピーする。

一旦WordPressの管理画面に移動します。この時「Bing」のページは閉じず、そのままにしてください。

補足

プラグイン「All in One SEO Pack」を使用している方はメタタグのコピーする箇所が変わるので「All in One SEO PackのBing設定」をご覧ください。


STEP6

Bingのメタタグを追加
手順
  1. 外観の「テーマの編集」をクリック
  2. header.php」をクリック
  3. head」の下に先ほどコピーしたメタタグを貼り付ける
  4. ファイル更新」をクリック

「Bing」ページへ戻る

「header.php」?子テーマ?って方は以下で解説しています。WordPressの子テーマ解説


STEP7

Bingメタタグ確認

確認」をクリック→「ダッシュボード」をクリック

Bing連携完了

ダッシュボードに自分のサイトが表示されれば登録完了です。なおサイトマップは数時間〜数日は「保留中」となるため、そのままで構いません。

BingWEBマスターツールサイトマップ

数日後に「成功」と表示されていれば連携できています。

失敗しました」と表示される場合は「URLが間違っている可能性」があります。

お疲れ様でした。

次回予告

次回は「CloudFlare」の設定について解説します。

CloudFlare」を設定するとサイトが高速化されます。

WordPressのCloudflare設定mixhostのCloudflare設定【簡単・無料・高速化】の3拍子
カゲサイーカゲオカゲオ

第8回目の講座はいかがでしたか?

必須設定に関しては今回の講座で終了です。ここから先はやっておくと便利な設定やツールの解説をしていこうと思います。

あとは記事を書いてブログに慣れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です