SWELLで特化サイト作ってみた

Googleに警告されたのでアドセンスのads.txtファイル問題を解決した

Googleアドセンスads-txt

アドセンスのホーム画面に「ads.txtファイルの問題を修正してください。」ってありますよね。

アドセンスads.txt警告

超めんどくさがりな私は最近まで放置していたんですが、ついにGoogle先生から「ご対応ください」って煽られました。

アドセンス警告メール

なので、さすがに対応しとくかと思い、今回その解説をします。内容としては5分で終わるほど簡単なものです。

アドセンスのads.txtファイルをドメインに設置する理由

ファイル内に自分のアドセンスコードが記載されているので、ドメイン内に設置すると「このコードはうちのですよ〜」と証明できます。

そして、広告を出す側も「ads.txt」が設置してあるサイトかどうかを判別できるため、偽の広告枠(他人のコードを抜き取った悪質なサイトなど)に打たないようにできます。

「サイト運営者・広告主」お互いにメリットがあるみたいですね。

ってことで設置する手順を解説します。

アドセンスのads.txtファイルをダウンロード

STEP1

アドセンスへログイン

アドセンスads.txt今すぐ修正

今すぐ修正」をクリック

ads.txtファイルをダウンロード

ダウンロード」をクリック

サーバーにads.txtファイルをアップロード

慣れた人ならFTPソフトでドメイン直下に設置してもいいですし、お使いのレンタルサーバーから直接設置してもOKです。当サイトは「mixhost」を使用しているので、確実な管理画面からアップロードする方法を解説します。

STEP2

mixhost」にログイン

mixhostファイルマネージャー

ファイルマネージャー」をクリック

mixhostファイルマネージャー2
  • ①「public_html」をクリック
  • ②「自分のドメイン」をクリック
  • ③「アップロード」をクリック

mixhostファイルマネージャーにアップロード

ファイルの選択」をクリック

ファイルを選択
ads.txtファイル」を選択

mixhostファイルマネージャーにアップロード完了

上記「赤枠」でアップロード確認後「戻る」をクリック

mixhostファイルマネージャー3
ドメイン直下に「ads.txt」が表示されているのを確認する

最後に正しく設置されているかを確認します。

自分のドメイン/ads.txt」で検索をかけます。

ads_txtファイル設置の確認

正しく設置されていると上記のように「ads.txt」内容が表示されます。

これで終わりです。ただし公式サイトによると警告が消えるまで時間がかかる場合があるそうです。

アドセンス注意書き

最長1カ月とのことなので、気長に待ちましょう。

当サイトの場合は1日で消えました。

アドセンスホーム

アドセンスのads.txtファイル問題を解決・まとめ

以上アドセンスの「ads.txt」ファイル設置方法について解説しました。

やってみると簡単でしたが、相変わらず公式サイトはわかりにくかったです。

アドセンスの自動広告についても書いています。
Googleアドセンス自動広告設定Googleアドセンス自動広告の設定を自在に操るテクニック

コメントはお気軽にどうぞ

コスパ最高の電動スタンディングデスクを本気でレビューしてみたぜ!!
記事を読んでみる